高橋 英児

J-GLOBALへ         更新日: 04/11/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
高橋 英児
 
タカハシ エイジ
所属
山梨大学
部署
教育人間科学部 学校教育講座 山梨大学 教育人間科学部 学校教育講座
職名
助教授・准教授
学位
教育学修士(広島大学), 教育学士(広島大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1996年
広島大学大学院  
 
 
 - 
1999年
広島大学大学院  
 
 
 - 
1994年
広島大学  
 

Misc

 
「ドイツにおける現代的課題に取り組む授業の展開‐クラフキの『鍵的問題』構想を中心に」
高橋英児
日本教育方法学会編『教育方法学研究』   (24) 67-75   1998年
戦後「共通教養」論の再検討
高橋英児
中国四国教育学会編『教育学研究紀要』   第46巻(第1部) 340-345   2001年
参加型フィールドワークに関する教育方法学的考察
庄井良信,福田敦志,大本紀子,高橋英児
中国四国教育学会編『教育学研究紀要』   第46巻(第1部) 390-401   2001年
カリキュラムとしての「大学における教員養成」の可能性
榊原禎宏,高橋英児,大和真希子
日本教師教育学会編 『日本教師教育学会年報』   (第14号) 116-127   2005年
「現代的課題」に取り組む授業づくりの視点―教育内容における隠された政治性を問い直す試み―
高橋英児
『山梨大学教育人間科学部紀要』   第3巻(第2号) 278-289   2002年

書籍等出版物

 
柴田義松編『海外の「総合的学習」の実践に学ぶ』(共著)
明治図書   1999年   
メトーデ研究会・久田敏彦・湯浅恭正・住野佳久編『新しい授業づくりの物語を織る』(共著)
フォーラムA   2002年   
子安潤・山田綾・山本敏郎編『学校と教室のポリティクス』
フォーラム・A   2004年   
地域研究と現地理解-グローバル化時代の教育動向-
全国共同利用施設 東京学芸大学国際教育センター   2005年   
『“競争と抑圧”の教室を変える』
明治図書   2007年   

講演・口頭発表等

 
「鍵的問題」とカリキュラム改革―ドイツにおける総合的学習と教科教育の課題―
日本教育方法学会第37回大会 課題研究Ⅱ「総合的な学習」と教科教育の課題   2001年   
「『大人』はどのようにマンガに付き合ってきたか-そして、どのように付き合っていけるのか」
「シンポジウム・マンガ教育論」(連続講座「子どもと本を考える」第5回)   2008年   
ドイツの場合-ドイツにおける「国家」基準の開発と教育課程開発の現状
日本カリキュラム学会、第19回大会   2008年   
クラフキ「鍵的問題」構想の再考
日本教育方法学会第44回大会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
教育課程の編成原理
共通教養論
授業論
生活指導論(集団づくり)