古賀 庸憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/12 13:10
 
アバター
研究者氏名
古賀 庸憲
 
コガ ツネノリ
所属
和歌山大学
部署
教育学部 科学教育専修 生物学教室
職名
教授
学位
理学修士(九州大学), 博士(理学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
和歌山大学 教育学部 教授
 
2000年
 - 
2007年
和歌山大学 教育学部 助教授、准教授
 
1999年
 - 
2000年
科学技術振興事業団 特別研究員
 
1996年
 - 
1998年
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

学歴

 
 
 - 
1994年
九州大学 理学研究科 生物学
 
 
 - 
1987年
九州大学 理学部 生物
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
日本動物行動学会  Journal of Ethology 副編集長
 
2011年4月
 - 
現在
日本生態学会近畿地区会  自然保護専門委員会委員
 
2011年1月
 - 
現在
日本生態学会  生態系管理委員会委員
 
2005年1月
 - 
現在
日本生態学会  日本生態学会誌編集委員
 
2014年1月
 - 
2016年12月
日本生態学会  日本生態学会誌編集委員長
 
2013年
 - 
2013年
日本生態学会大会ポスター賞審査員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
 日本生態学会大会企画委員会委員(シンポジウム部会)
 
2005年1月
 - 
2010年12月
日本動物行動学会Journal of Ethology 編集委員
 
2006年6月
 - 
2009年5月
日本ベントス学会自然環境保全委員(全国)
 
2008年
 - 
2008年
日本生態学会大会ポスター賞審査員
 
2007年
 - 
現在
〜 日本国際湿地保全連合干潟分科会委員(環境省モニタリング1000事業)
 
2003年6月
 - 
2006年6月
 日本ベントス学会自然環境保全委員(和歌浦担当)
 
2006年4月
   
 
〜 和歌山県自然保護調査会幹事
 
2006年
 - 
2006年
日本生態学会  日本生態学会大会ポスター賞審査員
 
2005年
   
 
日本生態学会大会ポスター賞審査員
 
2004年
 - 
2013年
〜 日本生態学会地区委員(和歌山県)
 
2002年
   
 
〜 日本国際湿地保全連合近畿地区委員(干潟調査)
 

受賞

 
2008年
第1回日本生態学会大島賞(2008年度)
 

論文

 
和歌川河口妹背山周辺の干潟において2011年の春と秋に実施した「干潟生物の市民調査」の結果
坂田直彦・古賀庸憲・柚原剛・鈴木孝男・中川雅博・佐々木美貴
和歌山大学教育学部紀要─自然科学─   (67) 31-39   2017年2月
Yasuda CI, Otoda M, Nakano R, Takiya Y, Koga T
Ecological Research   32 347-357   2017年   [査読有り]
宮川直明・古賀庸憲
日本ベントス学会誌   71(2) 70-77   2017年   [査読有り]
和歌山県の加太と友ヶ島における宿貝サイズに依存したヤドカリのサイズの違い
塩﨑祐斗・寺島杏奈・石原(安田)千晶・古賀庸憲
南紀生物   58 48-51   2016年6月   [査読有り]
Muramatsu D & Koga T
Behavioral Ecology and Sociobiology   70(5) 713-724   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
カニを用いた生き物観察の実践
塩﨑祐斗・新明郁実・裏橋慶一・林和希・梶村麻紀子・古賀庸憲・廣瀬正紀・高須英樹
和歌山大学教育学部紀要   (68) 41-45   2018年1月
日本生態学会誌編集委員長への就任にあたり
古賀 庸憲
日本生態学会誌   64 1-2   2014年
捕食回避か配偶闘争か:オスの配偶生存戦略の謎を解く
古賀庸憲
生物科学   61(2) 67-75   2010年
和歌山大学周辺におけるオオタカ等猛禽類の生息状況報告書(全168頁)
古賀庸憲・高須英樹
学長裁量経費報告書      2009年
和歌川・有田川河口干潟に棲息する貴重な生きものたちと干潟をとりまく状況
古賀庸憲
関西自然保護機構会誌   28(2) 167-173   2007年
「シオマネキ類の配偶行動」
「海洋と生物」   21(6) 509-515   1999年
コメツキガニ Scopimera globosa (de Haan) の交尾行動と精子競争
海洋と生物   17 (4): 314-321    1995年
繁殖と生活史に関連したコメツキガニ Scopimera globosa (de Haan) の生息場所利用 2. エネルギー要求説の検証
海洋と生物   17 (3): 246-251    1995年
繁殖と生活史に関連したコメツキガニ Scopimera globosa (de Haan) の生息場所利用 1. 社会的相互作用説と水分条件説の検証
海洋と生物   17 (1): 64-68    1995年

書籍等出版物

 
和歌山の干潟と干潟の役割 東悦子・藤田和史[編]「わかやまを学ぶ─紀州地域学初歩の初歩─」
古賀 庸憲 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 137–139)
清文堂   2017年   
感染症の生態学. 日本生態学会編(シリーズ現代の生態学、第6巻)
川端善一郎・吉田丈人・古賀庸憲・鏡味麻衣子 (担当:共編者)
共立出版   2016年   
行動生態学
沓掛展之・古賀庸憲 (担当:共編者)
共立出版   2012年6月   
性・性淘汰(Ⅰ)
狩野賢司・古賀庸憲 (担当:共著, 範囲:行動生態学 第6章)
共立出版   2012年6月   
性・性淘汰(Ⅱ)
古賀庸憲・沓掛展之・狩野賢司 (担当:共著, 範囲:行動生態学 第7章)
共立出版   2012年6月   
「第7回自然環境保全基礎調査 浅海域生態系調査(干潟調査)業務報告書」/和歌山県沿岸域
環境省自然環境局 生物多様性センター   2007年   
子どもたちと自然教室:干潟で役立つ本や教材(「ナチュラルヒストリーの時間」内の第19話)
大学出版部協会   2007年   
寄生虫はコメツキガニの繁殖や行動に影響を与えるか? 長澤和也編著「フィールドの寄生中学—水族寄生虫学の最前線—」
東海大学出版会   2004年   
コメツキガニやシオマネキの仲間に見られる2つの交尾行動.朝倉彰編著「甲殻類学—エビ・カニとその仲間の世界—」
東海大学出版会.   2003年   

講演・口頭発表等

 
Resource value differentially affects fighting success between reproductive and non-reproductive seasons
Sultana Z, Takaoka J, Koga T
Behaviour 2013 - International Ethological Conference Association for the Study of Animal Behaviour   2013年8月   
Underground mating (UM) of the fiddler crab Uca tetragonon with intermediate traits for the evolution of UM in the genus Uca and different traits from others depending on the life history in this species
Koga T, Murai M, Goshima S, Poovachiranon S
The First Asian Marine Biology Symposium   2012年12月   
Contests for multifunctional resources: the effects of qualitatively different factors on resource values and animal personality [招待有り]
Koga T, Yoshino K, Ikeda S
The Crustacean Society Summer Meetings   2011年6月   
Predation intensity by birds affects parasite prevalence in inter tidal crabs [招待有り]
古賀庸憲・沖彩矢香・熊谷直喜
第58回日本生態学会札幌大会   2011年3月   
Resource value and/or resource holding power determine(s) the outcome of fights in male crabs in reproductive and non-reproductive seasons
13th International Society for Behavioral Ecology Congress   2010年   
Perceived predation risk and mate defense jointly alter the outcome of territorial fights
The Crustacean Society Summer Meetings & 47th Annual Meeting of Carcinological Society of Japan   2009年   
Predation intensity by birds affects parasite prevalence in inter tidal crabs
45th Annual Meeting of the Animal Behavior Society   2008年   
Increased predation risk and acquisition of mate simultaneously alter the outcome of territorial fights
12th International Behavioral Ecology Congress   2008年   
Parasites in a crab: infection by a digenean trematode implys high species richness and the trematode potentially manipulates the crab
VIII INTECOL International Congress of Ecology   2002年   
Elevated predation risk affects how females choose mates in the fiddler crab Uca beebei
The 7th International Behavioral Ecology Congress   1998年   
Effects of the parasites on reproductive success of the sand crabs
The 35th Annual Meeting of the Animal Behavior Society   1998年   

Works

 
干潟教材DVD for Macintosh, for Windows
2003年 - 2004年
シマネキの1種Uca beebeiにおける捕食のリスクと交尾行動
1997年

競争的資金等の研究課題

 
非常識な脱皮?ヤドカリが対捕食者反応として雄の二次的性形質を小さくしている
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 古賀 庸憲
宿主間の食う・食われる等の相互作用が二生吸虫類の多様性を決めているか?
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 古賀 庸憲
干潟の寄生虫による条件依存的な宿主操作および寄生虫の存在と生物多様性との関係
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 古賀 庸憲
干潟の生物多様性:寄生虫の介在により種間相互作用が促進されるか?
科学技術事業団: 特別研究員
研究期間: 1999年1月 - 2000年3月    代表者: 古賀 庸憲
パナマにおけるスナガニ科カニ類の行動と生態
文部省: 科研費補助金(基盤B海外)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 村井 実
コメツキガニの婚姻システムに及ぼすジストマの影響─性選択における寄生虫説の検証
日本学術振興会: 特別研究員
研究期間: 1996年1月 - 1998年12月    代表者: 古賀 庸憲