戸口 日出夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/12 14:00
 
アバター
研究者氏名
戸口 日出夫
 
トグチ ヒデオ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00019255.html

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
中央大学 商学部 教授
 
1986年4月
 - 
2017年3月
 中央大学商学部教授
 
1978年4月
 - 
1986年3月
 中央大学商学部助教授
 
1977年4月
 - 
1978年3月
 高知大学人文学部助教授
 
1973年4月
 - 
1977年3月
 高知大学文理学部専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京都立大学 人文科学研究科 独文学専攻
 

Misc

 
リルケの『オルフォイスによせるソネット』Ⅱ――詩学的装置としての超越者(5)――
戸口日出夫
ドイツ文化   (71) 27-53   2016年2月
リルケの『オルフォイスによせるソネット』1――詩学的装置としての超越者(4)――
戸口日出夫
ドイツ文化   (70) 113-134   2015年2月
平地人を戦慄せしめよ――『遠野物語』に見る異界と神々
戸口日出夫
中央オンライン      2014年12月
グリムのメルヒェンにおける「愚者」たち ―― 笑話の一考察
戸口日出夫
人文研紀要   (74) 1-20   2012年9月
グリムのメルヒェンを読む
戸口日出夫
中央オンライン      2010年12月

書籍等出版物

 
アーダルベルト・シュティフター他著『ウィーンとウィーン人』
中央大学出版部   2012年3月   
賛美に生きる人間
教友社   2008年10月   
カトリックと文化――出会い・受容・変容
中央大学出版部   2008年3月   
A.リーダー著『ウィーンの森――自然・文化・歴史』
南窓社   2007年6月   
カール・バルト著『十九世紀のプロテスタント神学 中 第一部 前史』
新教出版社   2006年9月   

講演・口頭発表等

 
グリム童話における「愚者」
中央大学人文科学研究所「カトリックと文化」チーム研究会   2012年   
グリム童話の人間像-その深層を探る
中央大学学術講演   2010年   
グリム童話の人間像―その多様性を考える
中央大学学術講演会   2009年   
(1)グリム兄弟の足跡を訪ねる(スライド)(2)KHM第3番「マリアの子」を読む
中央大学人文科学研究所「カトリックと文化」研究会   2009年   
シュティフターとクレムスミュンスター―ギムナージウム時代を中心に
中央大学人文科学研究所「ビーダーマイヤー」研究会   2008年   

所属学協会

 
 

Works

 
ミニレクチャー
2009年1月

競争的資金等の研究課題

 
19世紀以降のウィーン文化
研究期間: 2008年   
グリム兄弟・シュティフター・リルケの詩的世界
研究期間: 2006年   
日本昔話、『遠野物語』の世界
研究期間: 2012年