松本 博文

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 04:07
 
アバター
研究者氏名
松本 博文
 
マツモト ヒロブミ
所属
玉川大学
部署
文学部 英語教育学科
職名
教授
学位
学士(玉川大学)

プロフィール

・言語獲得論
・英語教育
・文法理論
・言語景観

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
玉川大学 文学部英語教育学科 教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
玉川大学 脳科学研究所言語情報研究センター 准教授(兼担)
 
2007年4月
 - 
2015年3月
玉川大学 文学部比較文化学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
玉川大学 脳科学研究所言語情報研究施設 准教授(兼担)
 
2007年4月
 - 
2010年3月
玉川大学 学術研究所K-16教育研究施設 准教授(兼担)
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
玉川大学 文学部 外国語学科英語学専攻
 

論文

 
英語教職課程の学生が修得すべきコンピテンシーの研究とCan-doリスト作成の試み:初年次報告
鈴木彩子・工藤洋路・日臺滋之・松本博文
論叢(玉川大学文学部紀要)   56 105-141   2016年3月
文学部英語教育学科における課題解決型学習を取り入れた授業の研究
丹治めぐみ・太田美帆・小田眞幸・Marco Gottardo・坂下孝憲・鈴木彩子・中嶋真美・日臺滋之・松本博文・三馬志伸
論叢(玉川大学文学部紀要)   55 31-80   2015年3月
英語教師を育成するためのカリキュラム研究
小田眞幸・高橋貞雄・丹治めぐみ・日臺滋之・鈴木彩子・松本博文・Paul MCBRIDE・Glenn TOH
論叢(玉川大学文学部紀要)   54 55-100   2014年3月
大学入学前の文法の定着度に関する研究
日臺滋之・松本博文・高橋貞雄・鈴木彩子・小田眞幸・榎本正嗣・丹治めぐみ
論叢(玉川大学文学部紀要)   53 31-58   2013年3月
玉川大学EFLプログラム導入に向けた基礎的研究
高橋貞雄・小田眞幸・鈴木彩子・松本博文・Toh Glenn・日臺滋之・榎本正嗣・丹治めぐみ
論叢(玉川大学文学部紀要)   52 97-118   2012年3月

Misc

 
英語教職課程の学生が修得すべきコンピテンシーの研究とCan-doリスト作成の試み:初年次報告
鈴木彩子・工藤洋路・日?滋之・松本博文
論叢(玉川大学文学部紀要)   56 105-141   2016年
文学部英語教育学科における課題解決型学習を取り入れた授業の研究
丹治めぐみ・太田美帆・小田眞幸・Marco Gottardo・坂下孝憲・鈴木彩子・中嶋真美・日臺滋之・松本博文・三馬志伸
論叢(玉川大学文学部紀要)   55 31-80   2015年
英語教師を育成するためのカリキュラム研究
小田眞幸・高橋貞雄・丹治めぐみ・日臺滋之・鈴木彩子・松本博文・Paul MCBRIDE・Glenn TOH
論叢(玉川大学文学部紀要)   54 55-100   2014年
大学入学前の文法の定着度に関する研究
日臺滋之・松本博文・高橋貞雄・鈴木彩子・小田眞幸・榎本正嗣・丹治めぐみ
論叢(玉川大学文学部紀要)   53 31-58   2013年
玉川大学EFLプログラム導入に向けた基礎的研究
高橋貞雄・小田眞幸・鈴木彩子・松本博文・Toh Glenn・日臺滋之・榎本正嗣・丹治めぐみ
論叢(玉川大学文学部紀要)   52 97-118   2012年

書籍等出版物

 
ロングマン言語教育・応用言語学用語辞典(増補改訂版)
南雲堂   2013年9月   ISBN:9784523310471
現代社会と英語?コンテンツ型英語ワークショップ
南雲堂   2009年1月   ISBN:978-4-523-17611-4
シカゴ大学教授法ハンドブック
玉川大学出版部   2005年5月   ISBN:4-472-40321-8
見たい!聞きたい!オーストラリア?ビデオで触れる文化と日常
朝日出版社   2005年4月   ISBN:4-255-15409-0
ことばを調べる
玉川大学出版部   2003年6月   ISBN:978-4472402937

講演・口頭発表等

 
見たものが得るもの:日本の言語景観における実用面での課題 【英語による発表】
日本・ルーマニア ? グローバル文脈での交差点(第4回会議)   2016年5月13日   
統合型海外留学プログラムの構築:玉川大学英語教育学科の事例 【英語による発表】
大学英語教育学会(JACET)第53回国際大会   2014年8月30日   
日本人英語学習者の英語に関する認識への窓としての日本の言語景観 【英語による発表】
外国語教育2013年国際学会   2013年12月13日   
日本の言語景観における誤訳、重大情報欠如、擬似バイリンガリズムおよび装飾英語?日 本の英語教育への示唆 【英語による発表】
北欧日本学・韓国学学会 第9回研究大会 (NAJAKS 2013)   2013年8月23日   
言語景観の言語学的研究?日本の日本語・英語二言語表記標識における情報相違 【英語による発表】
北欧日本学・韓国学学会 第8回研究大会 (NAJAKS 2010)   2010年8月19日   

競争的資金等の研究課題

 
英語教員養成における英語力育成プログラムの研究
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月
大学生基礎学力の研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月
コンテンツ型英語教育の研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
K-16 スーパーイングリッシュランゲージプログラム策定のための基礎的研究
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
英語カリキュラム開発
研究期間: 2007年 - 2010年