田中 敏光

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 12:42
 
アバター
研究者氏名
田中 敏光
 
タナカ トシミツ
URL
http://www-ie.meijo-u.ac.jp/~tanaka/
所属
名城大学
部署
理工学部 情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)

プロフィール

1984名古屋大学大学院情報工学専攻博士(前期)修了.工学博士.1984 NTT入社.1994名古屋大学大型計算機センター助教授.2000名城大学理工学部情報科学科(現情報工学科)教授.現在に至る.CGの研究・教育に従事.電子情報通信学会,情報処理学会,ヒューマンインタフェース学会,モバイル学会会員.

学歴

 
 
 - 
1984年
名古屋大学 情報工学研究科 情報
 
 
 - 
1982年
名古屋大学 工学部 電子工学科
 

受賞

 
1991年
平成2年度電子情報通信学会篠原記念学術奨励賞
 
1992年
平成3年度情報処理学会論文賞
 

論文

 
尾崎 尚人, 本多 信吾, 田中 敏光, 秋田 光平, 佐川 雄二
情報処理学会論文誌   59(8) 1511-1519   2018年8月
角型スマートウォッチを対象として,ストロークジェスチャとタップを用いた,初心者が使いやすく画面占有率の低い文字入力手法を開発した.この手法では,50音表の行と段をこの順に指定することで平仮名1文字を入力する.行は画面の四隅のいずれかから始めるストロークジェスチャで指定する.このとき,画面の縁にはジェスチャを始める位置とジャスチャの形が表示される.表示はユーザの指の位置により変化するので,指示に従って指を動かせば,ジェスチャを覚えていなくても行を指定することができる.段はタップで指定する.タ...
Toshimitsu Tanaka,Takuya Mano,Yuuya Tanaka,Kohei Akita,Yuji Sagawa
Human-Computer Interaction. Interaction Technologies - 20th International Conference, HCI International 2018, Las Vegas, NV, USA, July 15-20, 2018, Proceedings, Part III   79-91   2018年   [査読有り]
Kohei Akita,Toshimitsu Tanaka,Yuji Sagawa
Human-Computer Interaction. Interaction Technologies - 20th International Conference, HCI International 2018, Las Vegas, NV, USA, July 15-20, 2018, Proceedings, Part III   3-16   2018年   [査読有り]
尾崎 尚人, 田中 敏光, 佐川 雄二
シンポジウムモバイル研究論文集   75-78   2017年
坂 香太朗, 田中 敏光, 佐川 雄二
シンポジウムモバイル研究論文集   61-66   2017年
田中 雄也, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   137(2) 370-378   2017年
<p>We developed a method for inputting characters by thumb gestures. The method is optimized to be used while holding the left and right ends of a tablet PC with hands. In this paper, one stroke means a movement of a certain distance to either dir...
久保 雅貴, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   135(12) 1486-1492   2015年
This paper presents a real-time method that simulates motion of snowflakes on a windshield. A few minutes after snowflakes attach on a windshield, the snowflakes start to slip down. And they reach to the bottom of the windshield, by repeating the ...
高橋 尚史, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   135(12) 1493-1500   2015年
We proposed the method which generates ground texture by evaluating pressure applied at each point. The method standardizes diameter of clod to original size and its 1/2, 1/4, and 1/8 size, then defines condition of land by heft percentage of the ...
福田 泰大, 田中 敏光, 佐川 雄二
映情学誌   67(6) J163-J170   2013年
A method of generating the textures of dirty floors is presented. First, the method computes the position and speed of each walker by simulating the behavior of the crowd. Then, footmarks caused by soil, dust, black grime on the floor and scratche...
武仲 毅知, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   132(4) 548-554   2012年4月
Dirty floors and walls are commonly viewed in the place where many people walk over. Intensity of the grime increases in proportion to the number of people passing through the place. And pattern of the grime changes by the walking speed of the peo...
平野 陽裕, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   130(2) 351-357   2010年2月
This paper presents a real-time method for generating various footprints in relation to state of walking. In addition, the method is expanded to cover both on hard floor and soft ground. Results of the previous method were not so realistic, becaus...
後藤 優, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   129(12) 2152-2158   2009年12月
This research presents a method to display realistic flow of water drops on windshield in real time. The grid system well simulates irregular movements of the water drops on glass surfaces. Realistic shape of the water drops can be displayed by co...
後藤 優, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2009(12) 19-24   2009年2月
本研究の目的は,フロントガラスを流れる雨滴を実時間でリアルに表示することである.水滴の不規則な運動や尾を引いて流れ落ちる様子は,ガラス面をメッシュに分けて親和係数を使って運動を制御することで表現する.ワイパーで雨滴がかき集められる様子は,水を粒子で定義し,その反発を計算することで表現する.この 2 つの手法を状況により切り替えることで,ガラス面上の水滴運動をシミュレーションする.表示には 2 次元メタボールを用いるが,高さを非線形圧縮することで,滑らかな水滴表面と,自然な融合・分離を表示す...
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報処理学会論文誌   49(12) 4080-4087   2008年12月
本論文では,グラフィックスハードウェアを使って,メタボールを直接リアルタイム表示する方法を提案する.提案手法は,レイキャストと同様に,視線上を等間隔に区切ったサンプル点でポテンシャルを計算する.ただし,ポテンシャルが存在しない場所で無駄な計算を行うことを避けるために,各粒子の最大影響範囲を表面とする球を包含する立方体を作成し,その視点側の半分を計算候補領域に選ぶ.そして,計算候補領域が不連続の場合には,Zバッファによる前後判定を使って次の計算候補領域にサンプル点を移動することで,効率的なサ...
木谷 佳将, 田中 敏光, 佐川 雄二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   128(12) 1735-1740   2008年12月
To display the break of paper, we propose the new method for calculating transformation of paper and for representing a minute structure of paper. Paper is defined as a &ldquo;spring-mass&rdquo; cubic mesh model. And, to express the flow of the pa...
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報処理学会論文誌 論文誌ジャーナル   49(12) 4080-4087   2008年12月
岩佐 和真, 田中 敏光, 佐川 雄二, 杉江 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   127(3) 338-344   2007年3月
An increase in the number of parking lots is very slow though that of cars increases much every year. Thus, efficient management of parking lots is needed. If information of vacant divisions is transmitted to cars waiting at gates of parking lots,...
五十住 拓哉, 田中 敏光, 佐川 雄二, 杉江 昇
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   60(4) 538-544   2006年4月
To display realistic water drops on glass surfaces, we added a new method, that controls the shape change of water drops, to the conventional motion control method. The shape of a water drop was defined as a sphere or a metaball in the conventiona...
竹内 鋭典, 田中 敏光, 佐川 雄二, 杉江 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   125(12) 1805-1811   2005年12月
In a city, roadside trees are regularly pruned. The pruning also not only changes the shape of the trees immediately but also changes subsequent growth of them. In addition, artificial illumination, which is caused by the light coming in through w...
竹内 鋭典, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会論文誌 D 情報・システム   88(5) 906-915   2005年5月
本研究では, VRや3Dゲームなどのインタラクティブシステムで足跡による床面汚れを実時間表現する手法を提案する.この方法では, 対話操作中は, データ更新を速くするため, 足跡を足型のテクスチャを貼り付けた長方形ポリゴンで表現して移動経路に沿って動的に配置する.ただし, 時間経過とともに描画しなければならないポリゴンが増えるので, 場面転換などの操作が中断するタイミングで, それまでの床面テクスチャに足跡を重ねがきすることで, 描画コストのかからないテクスチャによる表現に変換する.広範囲を...
田内 真紀子, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   124(12) 2475-2481   2004年12月
Simulation studies were carried out about a group of self-autonomous mobile robots collaborating in collection cleaning-up tasks. The robots are endowed with two kinds of human-like personalities; positivity and tenderness. Dependent on the rank o...
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   124(11) 954-960   2004年11月
The nighttime visibility of LED type outdoor display gets deteriorated due to the glare in the case of high luminance, while in the case of low luminance the visibility is enhanced, but not very conspicuous. The glare is caused by the high contras...
伊藤 寛隆, 田中 敏光, 杉江 昇
人工知能学会論文誌 = Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence : AI   18 161-164   2003年11月
In order to realize advanced man-machine interfaces, it is desired to develop a system that can infer the mental state of human users and then return appropriate responses. As the first step toward the above goal, we developed a system capable of ...
阪野 紘史, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   123(1) 165-166   2003年1月
In the study by Yasuda et al., a basic scheme of subjective contour extraction was proposed. It succeeded in extracting subjective contours from relatively simple figures. However, the scheme when applied to the figure of a subjective zebra agains...
太田 篤史, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   121(12) 1834-1843   2001年12月
田中 敏光, 松井 健太郎, 安形 正人, 平野 一視, 吉岡 政洋, 大西 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   120(1) 88-97   2000年1月
Yongmei Liu 0005,Toshimitsu Tanaka,Tsuyoshi Yamamura,Noboru Ohnishi
Proceedings 1999 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems. Human and Environment Friendly Robots with High Intelligence and Emotional Quotients, October 17-21,1999, Hyundai Hotel, Kyongju, Korea   610-616   1999年   [査読有り]
岩瀬 正樹, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-情報処理   81(6) 1224-1232   1998年6月
映り込み現象は身の周りに多く存在する.しかし, 映り込み映像はコンピュータビジョンの分野では, そのアルゴリズムの適用を妨げるため, 多くの場合望まれない現象となっている.本論文では, 透明物体または不透明物体に映り込んだ映像を, 映り込み映像と映り込み除去映像とにオンラインで分離するカメラシステムを提案する.一般に, 鏡面反射光(映り込み)は偏光の度合いが強いが, 拡散反射光や透過光(映り込み以外)は偏光しない, あるいは偏光の度合いが弱いので, この光の偏光という情報を利用して, 映り...
Toshimitsu Tanaka,Noboru Ohnishi
Comput. Graph. Forum   16(3) 253-260   1997年   [査読有り]
Toshimitsu Tanaka,Tokiichiro Takahashi
Comput. Graph. Forum   16(3) 231-240   1997年   [査読有り]
Toshimitsu Tanaka,Tokiichiro Takahashi
Systems and Computers in Japan   26(11) 26-37   1995年   [査読有り]
Toshimitsu Tanaka,Tokiichiro Takahashi
Comput. Graph. Forum   14(3) 205-216   1995年   [査読有り]
適応分割テーブルを用いた高速・高精度画像生成 共著
田中 敏光
電子情報通信学会論文誌D-II   78(1) 19-28   1995年
Toshimitsu Tanaka,Tokiichiro Takahashi
Comput. Graph. Forum   13(3) 467-376   1994年   [査読有り]
田中 敏光, 高橋 時市郎
情報処理学会論文誌   33(4) 471-480   1992年4月
多くの物体の稜線や頂点は微小な曲面でできているこれら曲率の大きな曲面には広い範囲の光源が映り込むため ハイライトが発生することが多いハイライトは立体形状を認識する有力な手がかりとなるコンピュータグラフィックスで写実的な画像を生成するには 正確なハイライト描画が不可欠である丸められた稜線や頂点を細いポリゴンや微小なポリゴンで近似すると これらのポリゴンは画素に比べ小さく かつ法線の変化が大きいこのため Zバッファ法のようなサンプリング手法でレンダリングするとエリアシングが発生する本論文では ...
Toshimitsu Tanaka,Tokiichiro Takahashi
The Visual Computer   8(5&6) 315-326   1992年   [査読有り]
Yoshiyasu Takefuji,Toshimitsu Tanaka,Kuo Chun Lee
IEEE Trans. Systems, Man, and Cybernetics   22(2) 332-336   1992年   [査読有り]
田中 敏光, 高橋 時市郎
情報処理学会論文誌   32(11) 1383-1391   1991年11月
計算機を用いて写実的な画像を生成することはCGの重要な課題の一つである日常的に使われている光源の多くは固有の大きさを持つ面光源である現実的な照明条件の下で画像を生成するには 面光源で照らされた物体の反射を正確に求める必要がある面光源はサンプリングにより点光源の集合で近似できるが 点光源数が十分でないとエリアシングが生じるエリアシングを完全に除去するには面光源による照度を解析的に求める必要がある物体の反射特性は 一般に 拡散反射成分と鏡面反射成分とに分けることができるこのうろ 拡散反射成分の...
田中 敏光, 高橋 時市郎
情報処理学会論文誌   32(2) 197-205   1991年2月
エリアシングは画質を劣化させる大きな要因であり その除去はコンピュータグラフィックスの重要な課題であるエリアリングは 画素内に投影される物体の面積を精密に求めることで減少できる本論文では 画面を画素の水平境界で走査した後で2本の隣合う水平走査線の間を1画素の長さだけ垂直方向に走査する直交スキャンライン法を提案する直交スキャンライソ法は1画素内のポリゴンの面積を正確に求めることができるこのため 高度のアンチ・エリアシングが可能である画像生成実験により エッジの方向に依存しないアンチ・エリアシ...
Toshimitsu Tanaka,Seiichiro Naito,Tokiichiro Takahashi,Isao Masuda
Systems and Computers in Japan   20(3) 13-21   1989年   [査読有り]
Toshimitsu Tanaka,Seiichiro Naito,Tokiichiro Takahashi
The Visual Computer   5(1&2) 83-94   1989年   [査読有り]
田中 敏光
電子情報通信学会論文誌 D 情報・システム   71(1) p84-91   1988年1月

Misc

 
瀧口 智史, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2010(11) 1-6   2010年10月
Web カメラとクレジットカード大の矩形物体を使って,モバイル環境で,片手で文字入力とポインタ操作を行うシステムを作成する.文字はカード上の親指の位置と動きで入力するが,1 文字を 50 音表の行と段の 2 ステップで入力することで指が動く範囲を限定する.ポインタは腕の動きで操作する.ポインタを視野内のカードの位置と同期させることで,ジェスチャで直感的に移動できる.この 2 つのモードは,腕の伸縮により,瞬時に切り替えることができる.In this paper, we propose th...
今津 友邦, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013    2013年3月
瀧口 智史, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2010(11) 1-6   2010年10月
Web カメラとクレジットカード大の矩形物体を使って,モバイル環境で,片手で文字入力とポインタ操作を行うシステムを作成する.文字はカード上の親指の位置と動きで入力するが,1 文字を 50 音表の行と段の 2 ステップで入力することで指が動く範囲を限定する.ポインタは腕の動きで操作する.ポインタを視野内のカードの位置と同期させることで,ジェスチャで直感的に移動できる.この 2 つのモードは,腕の伸縮により,瞬時に切り替えることができる.In this paper, we propose th...
伊藤 健太, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
武仲 毅知, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2010(1) 1-6   2010年7月
駅構内や学校の廊下などの多人数が恒常的に使用する場所では,その場所を通過する人の速度や数により,汚れの濃さが変化する.そこで本研究では,仮想空間に通路を設定して,人どうしや人や壁との相互干渉を考慮した群集の移動シミュレーション行うことで,各個体の移動経路を求める.そして,移動経路に沿って移動速度や歩幅を考慮した足跡をつけることで,床面の汚れを生成する.また,壁ぎわを通過する個体については,人体や持ち物が壁に接触することで生じる汚れを計算し,壁に付加する.こうすることで,床面や壁面の汚れをリ...
安士 景祐, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
杉浦 司, 田中 敏光, 佐川 雄二, 手島 裕詞
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2010(5) 1-6   2010年7月
一般に類似画像検索では,画像に様々な処理を施して抽出した特徴を比較している.しかし,画像から特徴量を抽出する処理には多くのコストがかかるため,対象とする画像が多数になると検索時間がかかりすぎる問題がある.本研究では,特徴抽出に GPU を活用することで類似画像検索の処理時間の短縮を図る.モルフォロジー演算を用いる特徴抽出処理を GPU(GeForce GTX285) に実装した場合,CPU(Core i7 920) で実行した場合に比べて類似画像検索全体で約 3 倍の高速化が見込める.Th...
辻 拓実, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
村井 基祐, 佐川 雄二, 田中 敏光
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 221-222   2007年8月
岡崎 和雄, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
矢島 健司, 佐川 雄二, 田中 敏光
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 247-248   2007年8月
柴田 祐希, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(1)    2013年3月
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 211-212   2007年8月
福田 泰大, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(1)    2013年3月
野田 明宏, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 235-236   2007年8月
柴田 祐希, 田中 敏光, 佐川 雄二
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2013(0) 3-1-1-_3-1-2_   2013年
The proposed method inputs characters by touch gestures. Each gesture is defined by motions sliding index finger along edge of the display of a micro size touch device. Start position and length of the gestures are optimized to the romaji input. T...
木谷 佳将, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 319-320   2007年8月
福田 泰大, 田中 敏光, 佐川 雄二
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2013(0) 3-2-1-_3-2-2_   2013年
Our method is designed to input characters without seeing input device by one hand. Each character is specified by a touch gesture, which is a combination of vertical and horizontal movement of a thumb. Position of the thumb is ignored. Input guid...
平野 陽裕, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 385-386   2007年8月
岡崎 信一郎, 大西 昇, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   107(57) 53-58   2007年5月
シルエット画像から三次元人物姿勢を推定する新しい手法を提案した.提案手法は,候補姿勢の取得と再順位付けという二つの処理を含む.候補姿勢は,近似Chamfer距離を用いて200万の姿勢データベースから効率的に検索される.そしてカーネルCCAに基づく順位付け法により,候補姿勢の優先順位を改善する.多様な姿勢バリエーションに対する実験により,提案方法の有効性を示した.
矢島 健司, 佐川 雄二, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
村井 基祐, 佐川 雄二, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
米田 友貴, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
川井 誠, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(1)    2007年3月
木谷 佳将, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
野田 明宏, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
曹 暉, 大西 昇, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   106(540) 53-58   2007年2月
シルエット画像から三次元人物姿勢を推定する新しい手法を提案した.提案手法は,候補姿勢の取得と再順位付けという二つの処理を含む.候補姿勢は,近似Chamfer距離を用いて200万の姿勢データベースから効率的に検索される.そしてカーネルCCAに基づく順位付け法により,候補姿勢の優先順位を改善する.多様な姿勢バリエーションに対する実験により,提案方法の有効性を示した.
五十住拓哉, 田中 敏光, 佐川 雄二
信学全大, 2007-3      2007年
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料. ITS, ITS研究会   2006(13) 25-30   2006年6月
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料 ITS   2006(13) 25-30   2006年6月
旭 健作, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇, 小川 明
情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications   27(2) 711-714   2005年12月
旭 健作, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇, 小川 明
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005 "S-56"   2005年3月
Yusuke Ishida,Toshimitsu Tanaka,Noboru Sugie,Yuji Sagawa
Proceedings of the IAPR Conference on Machine Vision Applications (IAPR MVA 2005), May 16-18, 2005, Tsukuba Science City, Japan   249-252   2005年   [査読有り]
鈴木 淳也, 佐川 雄二, 田中 敏光
名城大学総合研究所総合学術研究論文集   (4) 27-36   2005年
曹 暉, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   104(192) 19-23   2004年7月
我々は最適な候補姿勢の決定による静止画像から人物の三次元姿勢を復元する手法を提案した.候補姿勢の生成と,最も可能な姿勢の決定との2ステップが含んでいる.与えられた入力画像に対し,入力画像と類似した訓練データを種子として選択,種子データの姿勢パーツの徹底的な組み合わせによって,候補姿勢集合を得る.候補姿勢集合から最も可能な姿勢は,画像と姿勢との共同固有空間に基づいた決定モデルを通して選択される.埋め込まれた姿勢の組み合わせ能力は,候補姿勢を増大させるだけではなく,推定方法を使用するときよく起...
曹 暉, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   104(196) 19-23   2004年7月
我々は最適な候補姿勢の決定による静止画像から人物の三次元姿勢を復元する手法を提案した.候補姿勢の生成と,最も可能な姿勢の決定との2ステップが含んでいる.与えられた入力画像に対し,入力画像と類似した訓練データを種子として選択,種子データの姿勢パーツの徹底的な組み合わせによって,候補姿勢集合を得る.候補姿勢集合から最も可能な姿勢は,画像と姿勢との共同固有空間に基づいた決定モデルを通して選択される.埋め込まれた姿勢の組み合わせ能力は,候補姿勢を増大させるだけではなく,推定方法を使用するときよく起...
曹 暉, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   104(194) 19-23   2004年7月
我々は最適な候補姿勢の決定による静止画像から人物の三次元姿勢を復元する手法を提案した.候補姿勢の生成と,最も可能な姿勢の決定との2ステップが含んでいる.与えられた入力画像に対し,入力画像と類似した訓練データを種子として選択,種子データの姿勢パーツの徹底的な組み合わせによって,候補姿勢集合を得る.候補姿勢集合から最も可能な姿勢は,画像と姿勢との共同固有空間に基づいた決定モデルを通して選択される.埋め込まれた姿勢の組み合わせ能力は,候補姿勢を増大させるだけではなく,推定方法を使用するときよく起...
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料. TER, 交通・電気鉄道研究会   2004(10) 43-50   2004年3月
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
情報処理学会研究報告高度交通システム(ITS)   2004(19) 107-114   2004年3月
高速道路などで用いられる維持作業用車両の後部には,ドライバーに注意を促すために車載標識装置が搭載されているが,作業車両発見の遅れを原因とする追突事故が発生し,尊い命が失われる事態も生じている.作業者を危険にさらす大きな事故の多くは夜間に発生している.そこで,ドライバーに,より遠方から作業車両の存在を認識させることができれば,事故防止に結び付くと考えられる.われわれは,夜間におけるヒトの視覚特性に着目し,高輝度表示による誘目性と視認性を両立可能な新しい表示方法を提案する.一連の実験により提案...
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   103(673) 43-50   2004年2月
高速道路等で用いられる維持作業用車両の後部には,ドライバーに注意を促すために車載標識装置が搭載されているが,作業車両発見の遅れを原因とする追突事故が発生し,尊い命が失われる事態も生じている.作業者を危険にさらす大きな事故の多くは夜間に発生している.そこで,ドライバーに,より遠方から作業車両の存在を認識させることができれば,事故防止に結び付くと考えられる.われわれは,夜間におけるヒトの視覚特性に着目し,高輝度表示による誘目性と視認性を両立可能な新しい表示方法を提案する.一連の実験により提案手...
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料 ITS   2004(10) 43-50   2004年3月
Makiko Tauchi,Yuji Sagawa,Toshimitsu Tanaka,Noboru Sugie
2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Sendai, Japan, September 28 - October 2, 2004   388-393   2004年   [査読有り]
許 智評, 田中 敏光, 杉江 昇, 上田 浩次
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   102(233) 37-42   2002年7月
本論文では,駐車場に設置されている監視カメラから撮影した画像を用い,画像処理により駐車車両の検出方法を提案する.駐車場に入る際に,駐車された台数やどこが空いているかなどの情報をドライバーに提供することが重要な課題になる.本研究では,ドライバーに有効な,駐車場の空車場所の情報,混雑情報を提供することが目的である.画像による方法は,少数台のカメラで駐車場の全領域が監視できるので,システムのコンパクト化やコストの低減が可能になる.駐車場の画像は,常に駐車場に隣接する建物の屋上に設置されたカメラに...
山本 健介, 内田 和宏, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   102(233) 47-52   2002年7月
この論文では、高速道路を一定時間走行したとき発生する運動残効について扱う。動的刺激の向きに対する動きの感度は低下し、走行速度の誤判定、また時にはドライバーが車の速度を減速させるつもりでいるとき車の事故へとつながる。我々は様々な条件のもとで運動残効の定量的な測定のシステムを開発した;刺激の時間周波数、刺激の空間周波数、奥行の手がかりがある刺激、中心視および周辺視領域の網膜に対する複雑な刺激、など。順応度はMAEの持続時間で評価した。そして、我々は以下の結果を得た:順応度はおよそ5Hzが最も強...
益村 明人, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001    2001年8月
太田 篤史, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2000(115) 61-66   2000年12月
本研究では、魅力的な3次元CGアニメーションを作り出すために、カメラワークを自動生成する、または、カメラワークの設計を支援する手法を提案する。提案手法では、映像文法に基づいてカットの提案・追加提案・評価を行う仮想的な演出家を定義する。各演出家は、独自のポリシーに基づき、シーンの3次元モデルや負荷情報を考慮していくつかのカットを提案する。また、他の演出家のカットに自己の案を追加したカットも提案する。さらに、提案されたカットの1つ1つに評点を与える。評点の高いカットをつないで仮のカメラワークを...
田中 敏光
名古屋大学大型計算機センターニュース   31(2) 101-113   2000年5月
生田 大介, 田中 敏光, 堀場 勇夫, 山本 新, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   99(723) 19-24   2000年3月
レリーフのような高さ方向に圧縮された形状は, 家具や室内装飾など身の回りに多く見られる.本研究では, ツールやインターフェースを2.5次元形状に最適化することで, 誰にでも簡単にレリーフを作成できるシステムを開発する.実際の造形手段と類似したインターフェースは直感的なシステム操作の手助けとなる.そこで彫刻刀を摸したツールを, 下絵を表示しながら使うことで形状を切削する.また, 領域を一括加工オたりマスキングする機能や, 濃淡画像から表面の細かい凹凸を自動生成する機能など, 仮想造形でなけれ...
平野 一視, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   99(710) 97-104   2000年3月
単眼動画像の姿勢推定は光軸方向の信頼性が低く, セルフオクルージョンで隠された動作を復元できない.また、過去の推定結果から次を予測するので誤差が蓄積する.そこで, 本研究では, 動作モデルを用いて人物の三次元姿勢を安定して抽出する.動作モデルは人体の関節角度の時間変化を記録したもので, 演技者はこれを手本に運動する.はじめに, モデルと画像の双方を動きが激しい区間と穏やかな区間に分けて対応付けることで, タイミングやテンポのずれを吸収する.次に, 人体モデルを使って姿勢を推定する.シルエッ...
平野 一視, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   99(708) 97-104   2000年3月
単眼動画像の姿勢推定は光軸方向の信頼性が低く, セルフォクルージョンで隠された動作を復元できない.また、過去の推定結果から次を予測するので誤差が蓄積する.そこで, 本研究では, 動作モデルを用いて人物の三次元姿勢を安定して抽出する.動作モデルは人体の関節角度の時間変化を記録したもので, 演技者はこれを手本に運動する.はじめに, モデルと画像の双方を動きが激しい区間と緩やかな区間に分けて対応付けることで, タイミングやテンポのずれを吸収する.次に, 人体モデルを使って姿勢を推定する.シルエッ...
押領司 宏, 田中 敏光, 竹内 義則, 大西 昇
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2000(0)    2000年
劉 詠梅, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   99(453) 39-42   1999年11月
本研究では、まず、文字と文字列についての一般的特徴を利用し、シーンの濃淡画像から文字領域を抽出する。次に、看板の向きを推定し、画像中の看板の歪みを補正するための、2つの方法を示す。一つは、抽出した看板の平行エッジの消失点に基づき、看板の座標軸まわりの回転角を推定する。もう一つは、看板の矩形性を利用し、四つの頂点の相対座標を求めて、カメラ光軸と看板法線とがなす角度を推定する。得られた角度を利用し、斜め方向から撮影した看板の補正処理を行なう。シミュレーション実験の結果、歪み補正により文字認識率...
津田 知子, 田中 敏光, 長谷川 明生
名古屋大学大型計算機センターニュース   30(4) 355-362   1999年11月
水野 隆行, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   121(12) 1844-1852   2001年12月
田中 敏光, 大西 昇
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   25 9-20   1999年10月
川村 和也, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   98(677) 89-96   1999年3月
本稿では, ステレオビジョン技術を用い, 写真から建物の3次元構造を簡単にかつ効率よく復元する手法を提案する. 通常のステレオカメラでは建築物のような大きな対象を十分な精度で復元できない. そこで, 写真から撮影位置を復元することで十分なカメラ間距離を確保する. 具体的には, 建物の互いに直交する3本の稜線とそのうち1本の長さを手がかりとして, それらを軸とする座標系でカメラの位置と向きを決定する. そして, 同じ3稜線を用いてカメラの位置を求めた1組の画像からステレオビジョンにより建物の...
太田 篤史, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   121(12) 1834-1843   2001年
This paper presents a computer system that automatically generates camera works for a scene with moving objects. Most realistic and attractive shots follow the common sense of camera control. Thus we implement each rule of the camera control as a ...
Lim Jit Kean, 工藤 博章, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   98(677) 97-104   1999年3月
動作識別はコンピュータビジョンの重要な課題の一つであり, その実現により, マンマシンインターフェイス, セキュリティなどへの応用が考えられる. 本研究では, 画像から抽出した運動パラメータに基づいて, 手の動きの識別を試みる. 運動パラメータの推定は, 画像のノーマルフロー式と幾何的情報とから導かれる線形方程式を用いて行われる. 濃淡画像系列の時空間勾配情報を用いて, 動いている手腕のエッジを抽出し, 所属パーツに分割した後, エッジの各点において, 線形方程式を連立させて問題を解き, ...
水野 隆行, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   121(12) 1844-1852   2001年
Spray Modeling System is a real-time interactive 3D modeling system that shaves and swells objects by spraying virtual particles onto their surfaces. Users can make holes and fill them with the same spraying operation. This system achieves the sim...
水野 康生, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   98(608) 25-32   1999年2月
標準的な画像表示装置では, 赤, 緑, 青のそれぞれの明暗を高々256階調までしか表現できないため, それらを介して画像を提示する場合, その表現能力の限界や量子化誤差などによって本来はあるはずの画像情報が見えにくくなったり, 失われたりする. そこで, 高度な知覚機能を持つ人間の視覚特性を参考にして画像強調を行う. 明度, 色相, 彩度の全てに対して補正処理を行うことにより, より効果的な画像表現を実現する. 強調処理を制御するパラメータを設定するためのインターフェースを作成し, ユーザ...
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   98(575) 97-102   1999年2月
建築シミュレーション等でリアルな室内シーンを表示するには, 汚れ, 傷といったその場所が使われることによる材質感の変化を表現することが必要である. 現在は主に写真マッピングが用いられているが, これでは時間変化や使用条件による違いを表現することが難しい. 本稿では, 対象を建物内の階段として, 環境や使用頻度, 時間経過によって生成される汚れや埃などに着目し, よりリアリティの高い質感を持つテクスチャの生成手法を提案する. 階段における歩行の密度分布をもとめて, これから床面の付着と埃を計...
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ   98(573) 97-102   1999年2月
建築シミュレーション等でリアルな室内シーンを表示するには, 汚れ, 傷といったその場所が使われることによる材質感の変化を表現することが必要である. 現在は主に写真マッピングが用いられているが, これでは時間変化や使用条件による違いを表現することが難しい. 本稿では, 対象を建物内の階段として, 環境や使用頻度, 時間経過によって生成される汚れや埃などに着目し, よりリアリティの高い質感を持つテクスチャの生成手法を提案する. 階段における歩行の密度分布をもとめて, これから床面の付着と埃を計...
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   23(0) 97-102   1999年
建築シミュレーション等でリアルな室内シーンを表示するには, 汚れ, 傷といったその場所が使われることによる材質感の変化を表現することが必要である.現在は主に写真マッピングが用いられているが, これでは時間変化や使用条件による違いを表現することが難しい.本稿では, 対象を建物内の階段として, 環境や使用頻度, 時間経過によって生成される汚れや埃などに着目し, よりリアリティの高い質感を持つテクスチャの生成手法を提案する.階段における歩行の密度分布をもとめて, これから床面の付着と埃を計算する...
劉 詠梅, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   23(0) 39-42   1999年
本研究では、まず、文字と文字列についての一般的特徴を利用し、シーンの濃淡画像から文字領域を抽出する。次に、看板の向きを推定し、画像中の看板の歪みを補正するための、二つの方法を示す。一つは、抽出した看板の平行エッジの消失点に基づき、看板の座標軸まわりの回転角を推定する。もう一つは、看板の矩形性を利用し、四つの頂点の相対座標を求めて、カメラ光軸と看板法線とがなす角度を推定する。得られた角度を利用し、斜め方向から撮影した看板の補正処理を行なう。シミュレーション実験の結果、歪み補正により文字認識率...
田中 敏光, 柿原 敬房
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   24 11-18   1998年10月
水野 康生, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   57(0) 113-114   1998年10月
川村 和也, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   57(0) 181-182   1998年10月
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   57(0) 172-173   1998年10月
米山 英彦, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
全国大会講演論文集   57(0) 174-175   1998年10月
野田 靖之, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   97(599) 23-30   1998年3月
吹き付け加工を模倣した直感的な3次元形状モデリング手法を報告する.この方法は仮想空間に置いたスプレーから物体に粒子を吹き付けることで物体表面を削ったり盛り上げたりするもので, 吹き付ける範囲, 単位時間当たりの吹き付け量, 粒子の分布を変えることで様々な加工が可能である.ボタンを押してスプレーを移動する単純な操作だけでほとんどの形状加工ができるので, システムの習得も容易である.また, 形状が変形する様子がリアルタイム表示されるため, 直感的な造形が可能である.提案手法は非接触の造形方法を...
松井 健太郎, 平野 一視, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   97(595) 15-22   1998年3月
サッカー中継の状況理解の支援と臨場感向上を目的として, プレイ中の選手, 及び任意の視点から見たシーンを動画像で生成するシステムを開発した.まず, カメラキャリブレーションの理論に基づき, 位置, 姿勢が未知のカメラで撮影された画像の座標系からワールド座標系への変換式を求める.そのために, グラウンド上のライン, ゴールバー, ポストを抽出し, 直線近似されたラインの交点を参照点として変換パラメータを計算する.次に, テンプレートマッチングにより選手, ボールを追跡し, 変換式を用いてグラ...
Kentaro Matsui,Masaki Iwase,Masato Agata,Toshimitsu Tanaka,Noboru Ohnishi
1998 Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR '98), June 23-25, 1998, Santa Barbara, CA, USA   860-865   1998年   [査読有り]
田中 敏光
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   23 7-14   1997年10月
野田 靖之, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告   72 7-12   1997年5月
本報告では,吹き付け加工の模倣による直感的なモデリング手法を提案する.この方法は仮想空間に置いたスプレーから物体に粒子を吹き付けることで物体の加工を行うもので,吹き付ける範囲や粒子の量,分布を変えることで大まかな加工も詳細な加工も行える.このため,スプレーを動かすという単純な操作だけで,さまざまな形状をモデリングできる.提案手法では物体とスプレーは接触しないので,粘土細工や彫刻を模倣する手法で求められる力感のフィードバックは必要としない.また作業面を限定することで,マウスなどの2次元ポイン...
梅田 茂之, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇, 久野 実
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   96(564) 39-46   1997年3月
配管部材のカタログに記載されている一面図から,部材を任意の視点から見た投影図(線画)を作成するシステムを作成した.ベクトルデータとして入力された図面を解析し,cyclideモデルを応用して部材の3次元形状を構成する.CADシステムで利用できるように,部材の任意方向への投影図を構成する外形線のパラメータを出力とする。本システムは,12種類の部材を扱うことができ,実際の部材の「見え」に忠実な出力になるように隠線処理を行ない,相貫線も扱う.
岩瀬 正樹, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   96(507) 69-76   1997年2月
コンピュータビジヨンで, 映り込みは, 多くの場合望まれない現象である. なぜなら2つの重なった映像は, ビジョンアルゴリズムの適用を妨げるからである. 我々は, 透明物体または不透明物体に映り込んだ映像を映り込み映像と, 映り込み除去映像にオンラインで分離するカメラシステムを提案する. 映り込みの分離に際し鏡面反射光の偏光の度合いが強いのに対し拡散反射光は偏光せず,透過光の偏光の度合いが弱い, という性質を利用する. カメラの前の偏光フィルタを回転させ, 異なったフィルタ角度で得た複数画...
白澤 敏行, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   96(499) 79-84   1997年1月
本論文では, 音声に含まれる話者の感情を多変量解析の手法を用いて判別した. 話者が意図した感情を適切に表現している224音声資料から, 時間構造, 振幅構造, ピッチ構造といった韻律情報を抽出し, ピッチが存在する部分での韻律情報の統計量や時系列パターン, 語句の長さに依存しない時間構造を, 感情表現の特徴量として採用した. これらの特徴量の主成分のマハラノビスの距雄を計算して, 語句や話者を特定しない感情判別を行った結果, 92.0%の204音声に対し, その所属する感情と同じ感情に判別...
岩瀬 正樹, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   21(0) 69-76   1997年
コンピュータビジョンで, 映り込みは, 多くの場合望まれない現象である.なぜなら2つの重なった映像は, ビジョンアルゴリズムの適用を妨げるからである.我々は, 透明物体または不透明物体に映り込んだ映像を映り込み映像と, 映り込み除去映像にオンラインで分離するカメラシステムを提案する.映り込みの分離に際し, 鏡面反射光の偏光の度合いが強いのに対し, 拡散反射光は偏光せず, 透過光の偏光の度合いが弱い, という性質を利用する.カメラの前の偏光フィルタを回転させ, 異なったフィルタ角度で得た複数...
田中 敏光, 田中 祐治, 大西 昇
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   1996(115) 9-16   1996年11月
コントラストの大きな画像を単純に256階調で量子化すると,ハイライト周辺が白く抜けたり,影の部分が黒くつぶれたりする.一方,絵画では同様のシーンも物体輪郭の濃淡を強調したり暗部を実際より明るく描くことでディテールを失うことなく描写される,これらの技法は,画家が自らの目で外界を翻訳した結果,つまり,人間の視覚系の特性を反映したものと考えられる.そこで,視細胞の順応や視神経の側抑制を取り入れた画像強調手法で,絵画のように画像の細かい明暗を維持しつつ輝度のダイナミックレンジを圧縮する.This ...
谷山 昌幸, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRU, パターン認識・理解   95(583) 115-122   1996年3月
本稿では, 一枚の線画と概念モデルから立体形状を入力する手法を提案する. 概念モデルは, 線画では表現することが難しい論理的な情報を集約したもので, 六面体, 円筒形等の要素形状に, 面対称, 軸対称等の形状特徴, 接触, 平行, 直交等の要素間の関係を与えることで抽象的な形状を記述する. 提案手法の有効性を示すためのシステムを作成し, コンピュータ・マウスの形状入力実験を行った. 対話的に線画と概念モデルを対応づけることで, 簡単に立体形状を生成できた. 線画を変えることで形状の様々なバ...
Noboru Ohnishi,Kenji Kumaki,Tsuyoshi Yamamura,Toshimitsu Tanaka
Computer Vision - ECCV'96, 4th European Conference on Computer Vision, Cambridge, UK, April 15-18, 1996, Proceedings, Volume II   636-646   1996年   [査読有り]
松井健太郎, 岩瀬 正樹, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会, システムソサイエティ学会, 1996      1996年
筆者らは,サッカーの試合中継を画像処理し,プレイ中の選手から見たシーンをCGで生成するシステムを提案した.このシステムは,静止画像を対象とし,キャリブレーションや選手抽出に際して,人間の補助を必要としている.本研究は,対象を動画像まで拡張するために,上記の処理を自動化したものである.自動化を可能にした手法と,システムの概要について報告する.
熊木 健二, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   1995(108) 31-37   1995年11月
本研究では,ガラスなどの透明物体に映り込んだ虚像と,その背後にある物体を分離する手法を提案する.一般に,ガラスの表面で反射する光は,ガラスを透過してくる光よりも強く偏光しているので,偏光フィルタを適切な角度(偏光角)で用いることにより,映り込み物体を除去することができる.偏光角は,ガラス及び映り込みを生じさせる物体のカメラに対する位置と姿勢により求めることができるが,これは,容易でない.そこで,偏光フィルタを少しずつ回転させながら取り込んだ複数枚の画像から各画素の最大値・最小値を求めること...
岩瀬正樹, 田中 敏光, 大西 昇
信学技法   133-138   1995年
スポーツ中継の臨場感向上を目的として,サッカーのテレビ中継の一枚の画像から選手の位置を推定し,選手から見たシーンをコンピュータグラフィックスで再現するシステムを構築した。本研究では,サッカーのルールで決められているグラウンド内のラインの位置と長さから,カメラパラメータを推定する。次に推定されたカメラモデルを用いて画像上の選手の位置を求める。最後に位置データをもとにTVカメラからは撮影することのできない任意の視点からのシーンを生成する。また,実験により本システムの有効性を示す。
白澤敏行, 田中 敏光, 大西 昇
信学会 システムソサエティ大会, 1995      1995年
金属,ガラス,木,石,布地,生物の皮革などの質感をコンピュータグラフィックス(CG)で表現する研究が盛んに行なわれている.しかし,これらの多くは素材そのものの質感表現手法であり,汚れや傷などの生活感を表現する研究はあまり行なわれていない.景観シミュレーションでは写真のマッピングで路面の質感を表示することが一般的である.このため,建設されてからの時間や道路の使用状態による経年変化は考慮されず,単調で現実感の乏しい路面となっている.そこで,生活感のあるCG画像生成の第一歩として,建設されてから...
田中 敏光, 高橋 時市郎
全国大会講演論文集   47(0) 329-330   1993年9月
画像生成過程で視点や物体の移動は行わないが、照明を移動したり、質感パラメータを変更すると言った試行錯誤はしばしば行われる。このような場合、隠れ面消去結果をバッファに保存しておけば、レンダリングだけを再実行することで画像生成時間を短縮できる。このアイデアはSpan buffer、光線追跡木、G-buffers等により実現されているが、これらのバッファは物体を量子化して保存しているので、エリアシングの発生を避けることができない。量子化によるエリアシングは画像を拡大表示すると顕著になる。また、拡...
野田 靖之, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   1997(43) 7-12   1997年5月
本報告では,吹き付け加工の模倣による直感的なモデリング手法を提案する.この方法は仮想空間に置いたスプレーから物体に粒子を吹き付けることで物体の加工を行うもので,吹き付ける範囲や粒子の量,分布を変えることで大まかな加工も詳細な加工も行える.このため,スプレーを動かすという単純な操作だけで,さまざまな形状をモデリングできる.提案手法では物体とスプレーは接触しないので,粘土細工や彫刻を模倣する手法で求められる力感のフィードバックは必要としない.また作業面を限定することで,マウスなどの2次元ポイン...
田中 敏光, 高橋 時市郎, 増田 功
全国大会講演論文集   33(0) 1621-1622   1986年10月
最近CGによる画像生成が盛んになってきた。しかし、CSG(Constructive Solid Geometry)等現在使われている形状入力技術では、複雑な曲面を持った形状を入力するには、多くの労力と時間が必要である。そこで、曲面が簡便に入力でき、直感的に理解しやすい形状入力法が望まれている。我々は、物体がGeneralized Symmetryの性質を持つと仮定することにより、正射影像と付加情報から三次元形状を復元する原理を提案した。その適用例として、スケッチを用いて三次元曲面形状を復元...
田中 敏光, 杉原 厚吉, 杉江 昇
情報処理学会論文誌   26(1) 104-111   1985年1月
人間同士で形状情報を伝達する場合には 図でだいたいの形を表し そこに長さ・角度等の寸法指定情報を与えて形状を一義的に決定する という方法をよく使う.そこで この方法により計算機に形状が入力できれば 正確な座標値などを直接入力する方法と比べて 人間にとってずっと苦痛の少ない入力方法になるであろう.このとき問題となるのは 与えられた寸法指定情報が適正か否かということである.従来この問題は 形状を決定するために寸法指定情報に過不足がないか否かの観点から論じられてきた.しかし 実際に寸法指定情報を...
田中敏光, 杉原厚吉, 杉江昇
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)   1983(15) 1-10   1983年7月

講演・口頭発表等

 
D-9-41 親指のジェスチャーによる文字の入力(D-9.ライフインテリジェンスとオフィス情報システム)
福田 泰大, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
D-9-38 超小型タッチデバイスを想定した文字入力方法(D-9.ライフインテリジェンスとオフィス情報システム)
柴田 祐希, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
D-11-87 顔画像を使った学生の授業集中度評価(D-11.画像工学)
岡崎 和雄, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
D-11-82 前進位置視点における画像生成を考慮したKinectを用いた撮影システムの検討(D-11.画像工学)
辻 拓実, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
D-11-43 距離画像を用いた3次元個人モデル作成手法の検討(D-11.画像工学)
安士 景祐, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
3-2 片手親指のタッチジェスチャーによる文字入力(第3部門 ヒューマンインフォメーション1)
福田 泰大, 田中 敏光, 佐川 雄二
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2013年   
Our method is designed to input characters without seeing input device by one hand. Each character is specified by a touch gesture, which is a combination of vertical and horizontal movement of a thumb. Position of the thumb is ignored. Input guid...
3-1 超小型タッチデバイスに適した文字入力手法(第3部門 ヒューマンインフォメーション1)
柴田 祐希, 田中 敏光, 佐川 雄二
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2013年   
The proposed method inputs characters by touch gestures. Each gesture is defined by motions sliding index finger along edge of the display of a micro size touch device. Start position and length of the gestures are optimized to the romaji input. T...
E-035 SVMを用いたブログ自動分類システム(E分野:自然言語・音声・音楽)
村井 基祐, 佐川 雄二, 田中 敏光
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
E-046 用語の説明を収集抽出・分類するシステム(E分野:自然言語・音声・音楽)
矢島 健司, 佐川 雄二, 田中 敏光
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
I-007 GPUを用いた相互作用のある粒子の実時間描画(I分野:グラフィクス・画像)
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
D-11-32 係数自動調整型NL-meansを用いたランダムノイズ削減(D-11.画像工学)
伊藤 健太, 阿知葉 征彦, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
I-019 スクラッチインタフェースによる3次元形状のモデリング(I分野:グラフィクス・画像)
野田 明宏, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
I-055 CGによる紙の破断表現(I分野:グラフィクス・画像)
木谷 佳将, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
I-084 歩き方の違いを反映した足跡のリアルタイム生成(I分野:グラフィクス・画像)
平野 陽裕, 田中 敏光, 佐川 雄二
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
人の行動による屋内の汚れの表現
武仲 毅知, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2010年7月9日   
駅構内や学校の廊下などの多人数が恒常的に使用する場所では,その場所を通過する人の速度や数により,汚れの濃さが変化する.そこで本研究では,仮想空間に通路を設定して,人どうしや人や壁との相互干渉を考慮した群集の移動シミュレーション行うことで,各個体の移動経路を求める.そして,移動経路に沿って移動速度や歩幅を考慮した足跡をつけることで,床面の汚れを生成する.また,壁ぎわを通過する個体については,人体や持ち物が壁に接触することで生じる汚れを計算し,壁に付加する.こうすることで,床面や壁面の汚れをリ...
類似画像検索におけるGPUの活用
杉浦 司, 田中 敏光, 佐川 雄二, 手島 裕詞
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2010年7月9日   
一般に類似画像検索では,画像に様々な処理を施して抽出した特徴を比較している.しかし,画像から特徴量を抽出する処理には多くのコストがかかるため,対象とする画像が多数になると検索時間がかかりすぎる問題がある.本研究では,特徴抽出に GPU を活用することで類似画像検索の処理時間の短縮を図る.モルフォロジー演算を用いる特徴抽出処理を GPU(GeForce GTX285) に実装した場合,CPU(Core i7 920) で実行した場合に比べて類似画像検索全体で約 3 倍の高速化が見込める.Th...
Webカメラを用いた片手文字・座標入力システム
瀧口 智史, 田中 敏光, 佐川 雄二
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2010年10月22日   
Web カメラとクレジットカード大の矩形物体を使って,モバイル環境で,片手で文字入力とポインタ操作を行うシステムを作成する.文字はカード上の親指の位置と動きで入力するが,1 文字を 50 音表の行と段の 2 ステップで入力することで指が動く範囲を限定する.ポインタは腕の動きで操作する.ポインタを視野内のカードの位置と同期させることで,ジェスチャで直感的に移動できる.この 2 つのモードは,腕の伸縮により,瞬時に切り替えることができる.In this paper, we propose th...
A-16-6 さまざまな歩行により生じる床面の汚れの生成(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎)
今津 友邦, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013年3月5日   
高並列プロセッサIMAPCARと車載画像認識への適用
岡崎 信一郎, 大西 昇, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   2007年5月17日   
シルエット画像から三次元人物姿勢を推定する新しい手法を提案した.提案手法は,候補姿勢の取得と再順位付けという二つの処理を含む.候補姿勢は,近似Chamfer距離を用いて200万の姿勢データベースから効率的に検索される.そしてカーネルCCAに基づく順位付け法により,候補姿勢の優先順位を改善する.多様な姿勢バリエーションに対する実験により,提案方法の有効性を示した.
D-4-1 用語の説明を収集・分類するシステム(D-4.データ工学,一般講演)
矢島 健司, 佐川 雄二, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-4-5 blog自動分類システム(D-4.データ工学,一般講演)
村井 基祐, 佐川 雄二, 田中 敏光
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-15-1 講義中の教示情報を利用した画像処理による受講者の集中度評価(D-15.教育工学,一般講演)
米田 友貴, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-15-5 デュアルマウスインターフェースを持つ3次元ブロックモデラの開発(D-15.教育工学,一般講演)
川井 誠, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-11-109 紙の破れ目形状のCG表現(D-11.画像工学D(画像処理・計測),一般講演)
木谷 佳将, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-12-49 GPUによる相互作用のある粒子の実時間表示(D-12.パターン認識・メディア理解,一般講演)
三嶋 仁, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
D-12-132 スクラッチインタフェースによる3次元形状モデリングシステム(D-12.パターン認識・メディア理解,一般講演)
野田 明宏, 田中 敏光, 佐川 雄二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
近似 Chamfer 距離とカーネル部分空間を用いたシルエット画像からの三次元人物姿勢推定
曹 暉, 大西 昇, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   2007年2月15日   
シルエット画像から三次元人物姿勢を推定する新しい手法を提案した.提案手法は,候補姿勢の取得と再順位付けという二つの処理を含む.候補姿勢は,近似Chamfer距離を用いて200万の姿勢データベースから効率的に検索される.そしてカーネルCCAに基づく順位付け法により,候補姿勢の優先順位を改善する.多様な姿勢バリエーションに対する実験により,提案方法の有効性を示した.
ガラス面上を流れる水滴のCG表現-形状表現の改良-
五十住拓哉, 田中 敏光, 佐川 雄二
信学全大, 2007-3   2007年   
視覚シミュレータを用いた道路情報板における文字フォントに関する研究
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料. ITS, ITS研究会   2006年6月20日   
スペクトログラムを利用した音声の雑音低減法
旭 健作, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇, 小川 明
情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications   2005年12月14日   
歯科診療前後における要介護高齢者の心拍変動に関する研究
金 博和, 見崎 徹, 堀江 伸行, 鈴木 潔, 渡邉 武之, 中川 種昭, 小野 敬惠, 高岡 啓太, 根本 明, 田中 敏光
老年歯科医学 = Japanese journal of gerodontology   2005年6月30日   
AS-2-6 スペクトログラムによる音声の雑音低減(AS-2. 画像・音声認識に関する最近の応用技術, 基礎・境界)
旭 健作, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇, 小川 明
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005年3月7日   
鈴木 淳也, 佐川 雄二, 田中 敏光
名城大学総合研究所総合学術研究論文集   2005年   
最適な候補姿勢の決定による静止画像からの人物姿勢復元
曹 暉, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   2004年7月9日   
我々は最適な候補姿勢の決定による静止画像から人物の三次元姿勢を復元する手法を提案した.候補姿勢の生成と,最も可能な姿勢の決定との2ステップが含んでいる.与えられた入力画像に対し,入力画像と類似した訓練データを種子として選択,種子データの姿勢パーツの徹底的な組み合わせによって,候補姿勢集合を得る.候補姿勢集合から最も可能な姿勢は,画像と姿勢との共同固有空間に基づいた決定モデルを通して選択される.埋め込まれた姿勢の組み合わせ能力は,候補姿勢を増大させるだけではなく,推定方法を使用するときよく起...
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電気学会研究会資料 ITS   2004年3月2日   
高速道路などで用いられる維持作業用車両の後部には,ドライバーに注意を促すために車載標識装置が搭載されているが,作業車両発見の遅れを原因とする追突事故が発生し,尊い命が失われる事態も生じている.作業者を危険にさらす大きな事故の多くは夜間に発生している.そこで,ドライバーに,より遠方から作業車両の存在を認識させることができれば,事故防止に結び付くと考えられる.われわれは,夜間におけるヒトの視覚特性に着目し,高輝度表示による誘目性と視認性を両立可能な新しい表示方法を提案する.一連の実験により提案...
LED式車載標識装置における夜間視認性の向上
内田 和宏, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   2004年2月24日   
高速道路等で用いられる維持作業用車両の後部には,ドライバーに注意を促すために車載標識装置が搭載されているが,作業車両発見の遅れを原因とする追突事故が発生し,尊い命が失われる事態も生じている.作業者を危険にさらす大きな事故の多くは夜間に発生している.そこで,ドライバーに,より遠方から作業車両の存在を認識させることができれば,事故防止に結び付くと考えられる.われわれは,夜間におけるヒトの視覚特性に着目し,高輝度表示による誘目性と視認性を両立可能な新しい表示方法を提案する.一連の実験により提案手...
画像処理による照明変動等にロバストな駐車状況判定法
許 智評, 田中 敏光, 杉江 昇, 上田 浩次
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   2002年7月18日   
本論文では,駐車場に設置されている監視カメラから撮影した画像を用い,画像処理により駐車車両の検出方法を提案する.駐車場に入る際に,駐車された台数やどこが空いているかなどの情報をドライバーに提供することが重要な課題になる.本研究では,ドライバーに有効な,駐車場の空車場所の情報,混雑情報を提供することが目的である.画像による方法は,少数台のカメラで駐車場の全領域が監視できるので,システムのコンパクト化やコストの低減が可能になる.駐車場の画像は,常に駐車場に隣接する建物の屋上に設置されたカメラに...
ドライバの運動残効の定量的計測とその解消法を探る
山本 健介, 内田 和宏, 佐川 雄二, 田中 敏光, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. ITS   2002年7月18日   
この論文では、高速道路を一定時間走行したとき発生する運動残効について扱う。動的刺激の向きに対する動きの感度は低下し、走行速度の誤判定、また時にはドライバーが車の速度を減速させるつもりでいるとき車の事故へとつながる。我々は様々な条件のもとで運動残効の定量的な測定のシステムを開発した;刺激の時間周波数、刺激の空間周波数、奥行の手がかりがある刺激、中心視および周辺視領域の網膜に対する複雑な刺激、など。順応度はMAEの持続時間で評価した。そして、我々は以下の結果を得た:順応度はおよそ5Hzが最も強...
Chihping Hsu,Toshimitsu Tanaka,Noboru Sugie,Kouzi Ueda
Proceedings of the IAPR Conference on Machine Vision Applications (IAPR MVA 2002), December 11-13, 2002, Nara-ken New Public Hall, Nara, Japan   2002年   
吹き付けモデリングシステム
水野 隆行, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   2001年12月1日   
D-15-16 VRを利用した消火訓練システム
益村 明人, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2001年8月29日   
Yoshinori Takeuchi,Hiroshi Oryoji,Tsuyoshi Yamamura,Toshimitsu Tanaka,Noboru Ohnishi
Proceedings of the IASTED International Conference on Visualization, Imaging and Image Processing (VIIP 2001), Marbella, Spain, September 3-5, 2001   2001年   
Hiroshi Banno,Yasunori Ohtsuka,Toshimitsu Tanaka,Noboru Sugie
Human-Computer Interaction INTERACT '01: IFIP TC13 International Conference on Human-Computer Interaction, Tokyo, Japan, July 9-13, 2001   2001年   
Hirotaka Ito,Toshimitsu Tanaka,Noboru Sugie
Human-Computer Interaction INTERACT '01: IFIP TC13 International Conference on Human-Computer Interaction, Tokyo, Japan, July 9-13, 2001   2001年   
吹き付けモデリングシステム
水野 隆行, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   2001年   
Spray Modeling System is a real-time interactive 3D modeling system that shaves and swells objects by spraying virtual particles onto their surfaces. Users can make holes and fill them with the same spraying operation. This system achieves the sim...
三次元CGにおけるカメラワークの自動生成
太田 篤史, 田中 敏光, 大西 昇
電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)   2001年   
This paper presents a computer system that automatically generates camera works for a scene with moving objects. Most realistic and attractive shots follow the common sense of camera control. Thus we implement each rule of the camera control as a ...
3DCGにおけるカメラワークの自動生成及び支援 (シミュレーション,アニメーション技術および一般)
太田 篤史, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2000年12月8日   
本研究では、魅力的な3次元CGアニメーションを作り出すために、カメラワークを自動生成する、または、カメラワークの設計を支援する手法を提案する。提案手法では、映像文法に基づいてカットの提案・追加提案・評価を行う仮想的な演出家を定義する。各演出家は、独自のポリシーに基づき、シーンの3次元モデルや負荷情報を考慮していくつかのカットを提案する。また、他の演出家のカットに自己の案を追加したカットも提案する。さらに、提案されたカットの1つ1つに評点を与える。評点の高いカットをつないで仮のカメラワークを...
田中 敏光
名古屋大学大型計算機センターニュース   2000年5月31日   
多角的造形手段を備えた仮想レリーフシステムの提案
生田 大介, 田中 敏光, 堀場 勇夫, 山本 新, 杉江 昇
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   2000年3月22日   
レリーフのような高さ方向に圧縮された形状は, 家具や室内装飾など身の回りに多く見られる.本研究では, ツールやインターフェースを2.5次元形状に最適化することで, 誰にでも簡単にレリーフを作成できるシステムを開発する.実際の造形手段と類似したインターフェースは直感的なシステム操作の手助けとなる.そこで彫刻刀を摸したツールを, 下絵を表示しながら使うことで形状を切削する.また, 領域を一括加工オたりマスキングする機能や, 濃淡画像から表面の細かい凹凸を自動生成する機能など, 仮想造形でなけれ...
動作モデルを用いた単眼動画像からの人体姿勢の推定
平野 一視, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   2000年3月17日   
単眼動画像の姿勢推定は光軸方向の信頼性が低く, セルフオクルージョンで隠された動作を復元できない.また、過去の推定結果から次を予測するので誤差が蓄積する.そこで, 本研究では, 動作モデルを用いて人物の三次元姿勢を安定して抽出する.動作モデルは人体の関節角度の時間変化を記録したもので, 演技者はこれを手本に運動する.はじめに, モデルと画像の双方を動きが激しい区間と穏やかな区間に分けて対応付けることで, タイミングやテンポのずれを吸収する.次に, 人体モデルを使って姿勢を推定する.シルエッ...
1-3 演技中の人物のリアルタイム抽出
押領司 宏, 田中 敏光, 竹内 義則, 大西 昇
映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2000年   
看板の向きの推定と歪みの補正
劉 詠梅, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   1999年11月20日   
本研究では、まず、文字と文字列についての一般的特徴を利用し、シーンの濃淡画像から文字領域を抽出する。次に、看板の向きを推定し、画像中の看板の歪みを補正するための、2つの方法を示す。一つは、抽出した看板の平行エッジの消失点に基づき、看板の座標軸まわりの回転角を推定する。もう一つは、看板の矩形性を利用し、四つの頂点の相対座標を求めて、カメラ光軸と看板法線とがなす角度を推定する。得られた角度を利用し、斜め方向から撮影した看板の補正処理を行なう。シミュレーション実験の結果、歪み補正により文字認識率...
新汎用コンピュータシステム紹介
津田 知子, 田中 敏光, 長谷川 明生
名古屋大学大型計算機センターニュース   1999年11月10日   
田中 敏光, 大西 昇
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   1999年10月12日   
人間の視覚特性を用いた画像強調法
水野 康生, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   1999年2月18日   
標準的な画像表示装置では, 赤, 緑, 青のそれぞれの明暗を高々256階調までしか表現できないため, それらを介して画像を提示する場合, その表現能力の限界や量子化誤差などによって本来はあるはずの画像情報が見えにくくなったり, 失われたりする. そこで, 高度な知覚機能を持つ人間の視覚特性を参考にして画像強調を行う. 明度, 色相, 彩度の全てに対して補正処理を行うことにより, より効果的な画像表現を実現する. 強調処理を制御するパラメータを設定するためのインターフェースを作成し, ユーザ...
景観シミュレーションのための対話的建物形状入力
川村 和也, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   1999年3月18日   
本稿では, ステレオビジョン技術を用い, 写真から建物の3次元構造を簡単にかつ効率よく復元する手法を提案する. 通常のステレオカメラでは建築物のような大きな対象を十分な精度で復元できない. そこで, 写真から撮影位置を復元することで十分なカメラ間距離を確保する. 具体的には, 建物の互いに直交する3本の稜線とそのうち1本の長さを手がかりとして, それらを軸とする座標系でカメラの位置と向きを決定する. そして, 同じ3稜線を用いてカメラの位置を求めた1組の画像からステレオビジョンにより建物の...
運動パラメータに基づく手の動きの識別
Lim Jit Kean, 工藤 博章, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   1999年3月18日   
動作識別はコンピュータビジョンの重要な課題の一つであり, その実現により, マンマシンインターフェイス, セキュリティなどへの応用が考えられる. 本研究では, 画像から抽出した運動パラメータに基づいて, 手の動きの識別を試みる. 運動パラメータの推定は, 画像のノーマルフロー式と幾何的情報とから導かれる線形方程式を用いて行われる. 濃淡画像系列の時空間勾配情報を用いて, 動いている手腕のエッジを抽出し, 所属パーツに分割した後, エッジの各点において, 線形方程式を連立させて問題を解き, ...
汚れによる室内の質感表現手法の提案
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   1999年2月2日   
建築シミュレーション等でリアルな室内シーンを表示するには, 汚れ, 傷といったその場所が使われることによる材質感の変化を表現することが必要である. 現在は主に写真マッピングが用いられているが, これでは時間変化や使用条件による違いを表現することが難しい. 本稿では, 対象を建物内の階段として, 環境や使用頻度, 時間経過によって生成される汚れや埃などに着目し, よりリアリティの高い質感を持つテクスチャの生成手法を提案する. 階段における歩行の密度分布をもとめて, これから床面の付着と埃を計...
田中 敏光, 柿原 敬房
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   1998年10月17日   
人間の視覚特性を用いた画像強調法の検討
水野 康生, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   1998年10月5日   
景観シミュレーションのための対話的建物形状入力
川村 和也, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   1998年10月5日   
歩行による汚れを用いた質感表現手法
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
全国大会講演論文集   1998年10月5日   
米山 英彦, 田中 敏光, 大西 昇, 杉江 昇
全国大会講演論文集   1998年10月5日   
吹き付けによる3次元形状モデリング
野田 靖之, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   1998年3月13日   
吹き付け加工を模倣した直感的な3次元形状モデリング手法を報告する.この方法は仮想空間に置いたスプレーから物体に粒子を吹き付けることで物体表面を削ったり盛り上げたりするもので, 吹き付ける範囲, 単位時間当たりの吹き付け量, 粒子の分布を変えることで様々な加工が可能である.ボタンを押してスプレーを移動する単純な操作だけでほとんどの形状加工ができるので, システムの習得も容易である.また, 形状が変形する様子がリアルタイム表示されるため, 直感的な造形が可能である.提案手法は非接触の造形方法を...
任意視点からサッカーシーンを復元する仮想カメラシステム
松井 健太郎, 平野 一視, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   1998年3月12日   
サッカー中継の状況理解の支援と臨場感向上を目的として, プレイ中の選手, 及び任意の視点から見たシーンを動画像で生成するシステムを開発した.まず, カメラキャリブレーションの理論に基づき, 位置, 姿勢が未知のカメラで撮影された画像の座標系からワールド座標系への変換式を求める.そのために, グラウンド上のライン, ゴールバー, ポストを抽出し, 直線近似されたラインの交点を参照点として変換パラメータを計算する.次に, テンプレートマッチングにより選手, ボールを追跡し, 変換式を用いてグラ...
田中 敏光
名古屋大学大型計算機センター研究開発部研究報告   1997年10月17日   
吹き付けによる3次元形状モデリングの提案
野田 靖之, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告   1997年5月16日   
本報告では,吹き付け加工の模倣による直感的なモデリング手法を提案する.この方法は仮想空間に置いたスプレーから物体に粒子を吹き付けることで物体の加工を行うもので,吹き付ける範囲や粒子の量,分布を変えることで大まかな加工も詳細な加工も行える.このため,スプレーを動かすという単純な操作だけで,さまざまな形状をモデリングできる.提案手法では物体とスプレーは接触しないので,粘土細工や彫刻を模倣する手法で求められる力感のフィードバックは必要としない.また作業面を限定することで,マウスなどの2次元ポイン...
看板の向きの推定と歪みの補正
劉 詠梅, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   1999年   
本研究では、まず、文字と文字列についての一般的特徴を利用し、シーンの濃淡画像から文字領域を抽出する。次に、看板の向きを推定し、画像中の看板の歪みを補正するための、二つの方法を示す。一つは、抽出した看板の平行エッジの消失点に基づき、看板の座標軸まわりの回転角を推定する。もう一つは、看板の矩形性を利用し、四つの頂点の相対座標を求めて、カメラ光軸と看板法線とがなす角度を推定する。得られた角度を利用し、斜め方向から撮影した看板の補正処理を行なう。シミュレーション実験の結果、歪み補正により文字認識率...
一面図からの配管部材の3次元形状復元システム
梅田 茂之, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇, 久野 実
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   1997年3月7日   
配管部材のカタログに記載されている一面図から,部材を任意の視点から見た投影図(線画)を作成するシステムを作成した.ベクトルデータとして入力された図面を解析し,cyclideモデルを応用して部材の3次元形状を構成する.CADシステムで利用できるように,部材の任意方向への投影図を構成する外形線のパラメータを出力とする。本システムは,12種類の部材を扱うことができ,実際の部材の「見え」に忠実な出力になるように隠線処理を行ない,相貫線も扱う.
汚れによる室内の質感表現手法の提案
穂浪 大輔, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   1999年   
建築シミュレーション等でリアルな室内シーンを表示するには, 汚れ, 傷といったその場所が使われることによる材質感の変化を表現することが必要である.現在は主に写真マッピングが用いられているが, これでは時間変化や使用条件による違いを表現することが難しい.本稿では, 対象を建物内の階段として, 環境や使用頻度, 時間経過によって生成される汚れや埃などに着目し, よりリアリティの高い質感を持つテクスチャの生成手法を提案する.階段における歩行の密度分布をもとめて, これから床面の付着と埃を計算する...
映り込み分離カメラシステム
岩瀬 正樹, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   1997年2月3日   
コンピュータビジヨンで, 映り込みは, 多くの場合望まれない現象である. なぜなら2つの重なった映像は, ビジョンアルゴリズムの適用を妨げるからである. 我々は, 透明物体または不透明物体に映り込んだ映像を映り込み映像と, 映り込み除去映像にオンラインで分離するカメラシステムを提案する. 映り込みの分離に際し鏡面反射光の偏光の度合いが強いのに対し拡散反射光は偏光せず,透過光の偏光の度合いが弱い, という性質を利用する. カメラの前の偏光フィルタを回転させ, 異なったフィルタ角度で得た複数画...
音声に込められた感情の判別
白澤 敏行, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   1997年1月24日   
本論文では, 音声に含まれる話者の感情を多変量解析の手法を用いて判別した. 話者が意図した感情を適切に表現している224音声資料から, 時間構造, 振幅構造, ピッチ構造といった韻律情報を抽出し, ピッチが存在する部分での韻律情報の統計量や時系列パターン, 語句の長さに依存しない時間構造を, 感情表現の特徴量として採用した. これらの特徴量の主成分のマハラノビスの距雄を計算して, 語句や話者を特定しない感情判別を行った結果, 92.0%の204音声に対し, その所属する感情と同じ感情に判別...
絵画をまねた画像強調方法
田中 敏光, 田中 祐治, 大西 昇
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   1996年11月21日   
コントラストの大きな画像を単純に256階調で量子化すると,ハイライト周辺が白く抜けたり,影の部分が黒くつぶれたりする.一方,絵画では同様のシーンも物体輪郭の濃淡を強調したり暗部を実際より明るく描くことでディテールを失うことなく描写される,これらの技法は,画家が自らの目で外界を翻訳した結果,つまり,人間の視覚系の特性を反映したものと考えられる.そこで,視細胞の順応や視神経の側抑制を取り入れた画像強調手法で,絵画のように画像の細かい明暗を維持しつつ輝度のダイナミックレンジを圧縮する.This ...
概念モデルを用いた線画からの形状入力
谷山 昌幸, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会技術研究報告. PRU, パターン認識・理解   1996年3月14日   
本稿では, 一枚の線画と概念モデルから立体形状を入力する手法を提案する. 概念モデルは, 線画では表現することが難しい論理的な情報を集約したもので, 六面体, 円筒形等の要素形状に, 面対称, 軸対称等の形状特徴, 接触, 平行, 直交等の要素間の関係を与えることで抽象的な形状を記述する. 提案手法の有効性を示すためのシステムを作成し, コンピュータ・マウスの形状入力実験を行った. 対話的に線画と概念モデルを対応づけることで, 簡単に立体形状を生成できた. 線画を変えることで形状の様々なバ...
移動する選手から見たシーンの生成-キャリブレーションと選手抽出の自動化
松井健太郎, 岩瀬 正樹, 田中 敏光, 大西 昇
電子情報通信学会, システムソサイエティ学会, 1996   1996年   
筆者らは,サッカーの試合中継を画像処理し,プレイ中の選手から見たシーンをCGで生成するシステムを提案した.このシステムは,静止画像を対象とし,キャリブレーションや選手抽出に際して,人間の補助を必要としている.本研究は,対象を動画像まで拡張するために,上記の処理を自動化したものである.自動化を可能にした手法と,システムの概要について報告する.
実物体と映り込みの分離方法
熊木 健二, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   1995年11月16日   
本研究では,ガラスなどの透明物体に映り込んだ虚像と,その背後にある物体を分離する手法を提案する.一般に,ガラスの表面で反射する光は,ガラスを透過してくる光よりも強く偏光しているので,偏光フィルタを適切な角度(偏光角)で用いることにより,映り込み物体を除去することができる.偏光角は,ガラス及び映り込みを生じさせる物体のカメラに対する位置と姿勢により求めることができるが,これは,容易でない.そこで,偏光フィルタを少しずつ回転させながら取り込んだ複数枚の画像から各画素の最大値・最小値を求めること...
サッカー選手から見たシーンの生成
岩瀬正樹, 田中 敏光, 大西 昇
信学技法   1995年   
スポーツ中継の臨場感向上を目的として,サッカーのテレビ中継の一枚の画像から選手の位置を推定し,選手から見たシーンをコンピュータグラフィックスで再現するシステムを構築した。本研究では,サッカーのルールで決められているグラウンド内のラインの位置と長さから,カメラパラメータを推定する。次に推定されたカメラモデルを用いて画像上の選手の位置を求める。最後に位置データをもとにTVカメラからは撮影することのできない任意の視点からのシーンを生成する。また,実験により本システムの有効性を示す。
使用状態を考慮した路面の質感表現
白澤敏行, 田中 敏光, 大西 昇
信学会 システムソサエティ大会, 1995   1995年   
金属,ガラス,木,石,布地,生物の皮革などの質感をコンピュータグラフィックス(CG)で表現する研究が盛んに行なわれている.しかし,これらの多くは素材そのものの質感表現手法であり,汚れや傷などの生活感を表現する研究はあまり行なわれていない.景観シミュレーションでは写真のマッピングで路面の質感を表示することが一般的である.このため,建設されてからの時間や道路の使用状態による経年変化は考慮されず,単調で現実感の乏しい路面となっている.そこで,生活感のあるCG画像生成の第一歩として,建設されてから...
Cross Scan Bufferによる画像の任意倍率拡大縮小
田中 敏光, 高橋 時市郎
全国大会講演論文集   1993年9月27日   
画像生成過程で視点や物体の移動は行わないが、照明を移動したり、質感パラメータを変更すると言った試行錯誤はしばしば行われる。このような場合、隠れ面消去結果をバッファに保存しておけば、レンダリングだけを再実行することで画像生成時間を短縮できる。このアイデアはSpan buffer、光線追跡木、G-buffers等により実現されているが、これらのバッファは物体を量子化して保存しているので、エリアシングの発生を避けることができない。量子化によるエリアシングは画像を拡大表示すると顕著になる。また、拡...
Generalized Symmetryに基づく立体形状の復元
田中 敏光, 高橋 時市郎, 増田 功
全国大会講演論文集   1986年10月1日   
最近CGによる画像生成が盛んになってきた。しかし、CSG(Constructive Solid Geometry)等現在使われている形状入力技術では、複雑な曲面を持った形状を入力するには、多くの労力と時間が必要である。そこで、曲面が簡便に入力でき、直感的に理解しやすい形状入力法が望まれている。我々は、物体がGeneralized Symmetryの性質を持つと仮定することにより、正射影像と付加情報から三次元形状を復元する原理を提案した。その適用例として、スケッチを用いて三次元曲面形状を復元...
多面体に対する寸法指定情報の適正さとその判定法
田中 敏光, 杉原 厚吉, 杉江 昇
情報処理学会論文誌   1985年1月15日   
人間同士で形状情報を伝達する場合には 図でだいたいの形を表し そこに長さ・角度等の寸法指定情報を与えて形状を一義的に決定する という方法をよく使う.そこで この方法により計算機に形状が入力できれば 正確な座標値などを直接入力する方法と比べて 人間にとってずっと苦痛の少ない入力方法になるであろう.このとき問題となるのは 与えられた寸法指定情報が適正か否かということである.従来この問題は 形状を決定するために寸法指定情報に過不足がないか否かの観点から論じられてきた.しかし 実際に寸法指定情報を...
田中敏光, 杉原厚吉, 杉江昇
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)   1983年7月6日   
映り込み分離カメラシステム
岩瀬 正樹, 山村 毅, 田中 敏光, 大西 昇
映情学技報   1997年   
コンピュータビジョンで, 映り込みは, 多くの場合望まれない現象である.なぜなら2つの重なった映像は, ビジョンアルゴリズムの適用を妨げるからである.我々は, 透明物体または不透明物体に映り込んだ映像を映り込み映像と, 映り込み除去映像にオンラインで分離するカメラシステムを提案する.映り込みの分離に際し, 鏡面反射光の偏光の度合いが強いのに対し, 拡散反射光は偏光せず, 透過光の偏光の度合いが弱い, という性質を利用する.カメラの前の偏光フィルタを回転させ, 異なったフィルタ角度で得た複数...
16周波伝送に関する一つの実験
只野 豊治, 田中 敏光
電気通信施設   1952年4月   

競争的資金等の研究課題

 
ストロークとタップを使うスマートウォッチ向け文字入力手法と専用タッチボードの 開発
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 田中 敏光
学生の動きと教示情報との相関から講義中の学生の集中度を評価するシステムの開発
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 田中 敏光
児童を対象とした仮想組み合わせブロックによる三次元モデリング教育システムの開発
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 田中 敏光
バルーンアートをモチーフとした子供向け三次元モデリング教育システムの開発
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 田中 敏光
高品質画像生成手法の研究
代表者: 田中 敏光
直観的に操作できる3Dモデリングシステムの開発
代表者: 田中 敏光
エデュテイメントCGソフトウェアの研究
代表者: 田中 敏光