原 大介

J-GLOBALへ         更新日: 04/12/07 00:00
 
アバター
研究者氏名
原 大介
 
ハラ ダイスケ
所属
愛知医科大学
部署
看護学部 看護学科
職名
助教授
学位
教育学修士(国際基督教大学), 博士(言語学)(シカゴ大学(アメリカ合衆国))

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2004年
.9 愛知医科大学看護学部 講師
 
2004年10月
 - 
現在
 愛知医科大学看護学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年
シカゴ大学大学院 人文科学研究科 言語学
 
 
 - 
1989年
早稲田大学 文学部 人文専修
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本手話学会  副会長
 

Misc

 
手話の音素をキーワードとした手話・日本語辞書システムの試作
『日本手話学会第30回大会予稿集』日本手話学会   4-7   2004年
Maximum Syllable Complexity Constraint in ASL and JSL
The Annual Meeting of the German Linguistic Society 2004      2004年
A Complexity-Based Approach to the Syllable Formation in Sign Language
The University of Chicago      2003年
Brandi Chery1 L., J. Lockhart, and D. Hara. 2003. "Overcoming barriers in international keypal exchange programs: An exemplar between Japanese and American nursing students."
Nurse Educator   28(4) 156-160   2003年
手話における文法、感情、意図の視覚化(共同発表)
   2003年

書籍等出版物

 
A Complexity-based Approach to the Syllable Formation in American Sign Language
CLS 38: The Panels   2004年   
"Notation System and Statistical Analysis of NMS in JSL"(共著)
Springer(Gesture and Sign Language in Human-Computer Interaction)   2002年   
"Directional Inflections in Japanese Sign Language Morphology"(共著)
文化評論出版 社会における言語機能の諸相(言語科学シリーズ No.3)   1991年   
Structure of sign language-sign language phonology-
Selections in humanities, The University of Waseda, Department of Literature, Humanities Press   1991年   
Directional inflections in Japanese Sign Language morphology(共著)
Aspects of Language Functions in Society, Bunka Hyoron Publishing Company   1991年   

競争的資金等の研究課題

 
日本手話使用者の言語的直観に即した日本手話造語システムに関する基礎研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年
手話記述法のための認知機構に関する基礎研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2006年
「手型・位置・動き音素を検索キーワードとする『手話-日本語電子辞典』」の提案と試作
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2004年 - 2004年