轟 朝幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:21
 
アバター
研究者氏名
轟 朝幸
 
トドロキ トモユキ
URL
http://www.trpt.cst.nihon-u.ac.jp/PUBTRPLAN/todo/
所属
日本大学
部署
理工学部交通システム工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(日本大学), 工学修士(日本大学)
科研費研究者番号
60262036

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1994年5月
日本大学 助手
 
1994年6月
 - 
1996年5月
東京大学 助手
 
1996年6月
 - 
1997年3月
東京大学 講師
 
1997年4月
 - 
2003年3月
高知工科大学 助教授
 
2003年4月
 - 
2007年3月
日本大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
日本大学 理工学部 交通土木工学科
 
 
 - 
1993年
日本大学 大学院 理工学研究科 交通土木工学専攻
 

受賞

 
2016年3月
一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会 ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞) レジリエンス最優秀賞 東日本大震災被災地の更なる復興と全国津々浦々の発展のためのSeaplane Network構想の実現
受賞者: 東日本復興水上空港ネットワーク構想研究会(日本大学理工学部復興支援チーム)
 

論文

 
Hiroaki Nishiuchi, Yasuyuki Kobayashi, Tomoyuki Todoroki, Tomoya Kawasaki
Public Transport   Planning and Operations(12469) 1-19   2018年8月   [査読有り]
Calibrating a social force based model for simulating personal mobility vehicles and pedestrian mixed traffic
Charitha Dias, MihoIryo Asano,Hiroaki Nishiuchi, Tomoyuki Todoroki
Simulation Modelling Practice and Theory   Volume 87 395-411   2018年8月   [査読有り]
高知県を対象とした南海トラフ巨大地震発災後の航空機運用方法の検討
川崎智也,荒谷太郎,轟朝幸,古川詩乃
土木学会論文集D3(土木計画学)   Vol.73(No.5) I_897-I_908   2017年12月   [査読有り]
日本発着クルーズ客船観光の潜在的需要分析
川崎智也,轟朝幸,小更涼太,井口賢人
土木学会論文集D3(土木計画学)   Vol.73(No.5) I_799-I_808   2017年12月   [査読有り]
Attitude Modification of Attention, Consideration, and Action for Initial Use of Cruise Ship Tourism in Japan
Kawasaki, T., Todoroki, T., Hyodo, S. and Inokuchi, K.
International Association of Maritime Economics (IAME) 2017 Conference      2017年6月   [査読有り]

Misc

 
地域公共交通論 地域と公共交通の維持活性化
轟朝幸
国土と政策   No.37 16-23   2016年2月   [依頼有り]
災害時における多用な航空機活動を支える空港運用のあり方
轟朝幸
国土と政策   (33) 74-75   2013年12月

書籍等出版物

 
3・11 復興プロジェクトの挑戦とその射程 建築・土木、エネルギーの融合の活動から
伊澤岬・小林直明・轟朝幸 (担当:共著)
彰国社   2018年12月   ISBN:978-4-395-32125-4
災害と空港 救援救助活動を支える空港運用
轟 朝幸引頭 雄一花岡 伸也平田 輝満長田 哲平川崎 智也荒谷 太郎崔 善鏡 (担当:共編者, 範囲:共編著)
成山堂書店   2018年2月   
土木・交通工学のための統計学 基礎と演習
轟朝幸・金子雄一郎・大沢昌玄・長谷部寛・小沼晋・川﨑智也 (担当:共著)
コロナ社   2015年10月   ISBN:978-4-339-05249-7
災害時における多様な航空機活動を支える空港運用のあり方に関する研究 - 東日本大震災の空港利用実態調査を踏まえて -(2011年度研究プロジェクト支援報告書)
轟朝幸,花岡伸也 ,平田輝満,長田哲平,荒谷太郎,引頭雄一 (担当:共著)
航空政策研究会   2013年2月   
交通経済ハンドブック
日本交通学会編 (担当:共著)
白桃書房   2011年10月   ISBN:978-4-561-76192-1

講演・口頭発表等

 
水上飛行機の活用に向けた北米における水域利用の実態と課題
江守央,轟朝幸,川﨑智也
日本交通学会第76回研究報告会   2017年10月   日本交通学会
Analysis of the User Benefits on Japanese Departures by Airport's Capacity Expansion at the Tokyo Metropolitan Airports
Tomoya Nishizono,Tomoyuki Todoroki,Satoshi Hyodo
6th INTERNATIONAL CONFERRENCE ON CIVIL ENGINEERING   2017年8月   
Estimation of Transport Modal Share by Introducing Seaplane  -Case Study on Western Japan Area
Haruna Komiyama,Tomoyuki Todoroki,Satoshi Hyodo
6th INTERNATIONAL CONFERRENCE ON CIVIL ENGINEERING   2017年8月   
事故の重大性を考慮した都市高速道路における交通事故リスク要因分析
兵頭知,轟朝幸,吉井稔雄
第55回土木計画学研究発表会   2017年6月   土木学会
クルーズ船初回利用時に着目した態度・行動変容分析
川崎智也,井口賢人,轟朝幸,兵頭知
第55回土木計画学研究発表会   2017年6月   土木学会

競争的資金等の研究課題

 
安心安全運航のための水上飛行機離発着場整備に関する研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 轟朝幸
水上飛行機の離発着場整備に関する基礎調査
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 轟朝幸
広域災害時の救援救助活動を支える空港運用最適化モデルの開発と効果的運用方策の検討
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
都市間交通におけるモビリティの地域格差分析
研究期間: 2009年 - 2011年
都市間交通におけるモビリティの地域格差分析
研究期間: 2009年 - 2011年