堤 誠司

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 16:46
 
アバター
研究者氏名
堤 誠司
 
ツツミ セイジ
URL
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/
所属
山形大学医学部
学位
医学博士(山形大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
山形大学医学部 産科婦人科 准教授
 
2011年4月
 - 
2017年3月
山形大学医学部 産科婦人科 講師
 
2005年8月
 - 
2011年3月
山形大学医学部 産科婦人科 助教
 
2002年8月
 - 
2005年7月
ニューイングランドメディカルセンター モレキュラーカルディオロジーリサーチセンター 博士研究員
 
2000年5月
 - 
2002年7月
山形大学医学部 産科婦人科 助手
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
山形大学大学院 医学部 医学研究科
 
1994年4月
 - 
1990年3月
山形大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
周生期医療支援機構(ALSO-Japan)  ALSO-Japan リサーチ委員会
 
2015年9月
 - 
現在
日本医療機能評価機構  産科医療補償制度原因分析委員会部会
 

受賞

 
2017年8月
ALSO-Japan グッドプレゼンテーション賞
 
2016年12月
山形大学 優秀教育者賞
 
2015年
山形大学医学部 教育功績賞
 

論文

 
Watanabe N, Tsutsumi S, Miyano Y, Sato H, Nagase S
Congenital anomalies   58(5) 171-172   2018年9月   [査読有り]
Seino M, Ohta T, Sugiyama A, Sakaki H, Sudo T, Tsutsumi S, Shigeta S, Tokunaga H, Toyoshima M, Yaegashi N, Nagase S
Oncotarget   9(62) 31985-31998   2018年8月   [査読有り]
Ono H, Numakura C, Homma K, Hasegawa T, Tsutsumi S, Kato F, Fujisawa Y, Fukami M, Ogata T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   178 177-184   2018年4月   [査読有り]
Matsumura S, Ohta T, Yamanouchi K, Liu Z, Sudo T, Kojimahara T, Seino M, Narumi M, Tsutsumi S, Takahashi T, Takahashi K, Kurachi H, Nagase S
Cancer biology & therapy   18(9) 730-739   2017年9月   [査読有り]
Obata M, Tsutsumi S, Makino S, Takahashi K, Watanabe N, Yoshida T, Tamiya G, Kurachi H
Platelets   26(4) 364-369   2015年   [査読有り]

Misc

 
妊娠中卵巣腫瘍の腹腔鏡下手術の際に臓器固定用シリコンデバイスを利用した2例
竹原 功, 松尾 幸城, 西村 杏子, 石田 博美, 渡邉 憲和, 川越 淳, 堤 誠司, 永瀬 智
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 375-375   2018年8月
双胎子宮外妊娠の1症例。
堤 誠司, 山田 和徳, 畠山 義徳
山形済生館医誌   17(1) 121-124   1992年8月
腹腔鏡下に治療し得た腹膜妊娠の1例
松川 淳, 松尾 幸城, 深瀬 実加, 渡邉 憲和, 川越 淳, 堤 誠司, 永瀬 智
産婦人科手術   (29) 174-174   2018年6月
妊娠初期の卵巣腫瘍に臓器固定用シリコンデバイスを用いて腹腔鏡手術を行った2例
松尾 幸城, 堤 誠司, 深瀬 実加, 松川 淳, 渡辺 憲和, 清野 学, 太田 剛, 永瀬 智
産婦人科手術   (29) 175-175   2018年6月
プラスミノゲン分子異常症、及び欠損症の遺伝子診断。
堤 誠司
第56回日本血液学会   59(Suppl.1) 307-307   1994年4月

書籍等出版物

 
先天性プラスミノゲン異常症
臨床DNA診断法/金原出版   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
エストロゲンの脂質及び線溶・血栓に対する影響について
エストロゲンの抗動脈硬化作用に関する細胞内情報伝達機構の解析