松本 雅則

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 15:29
 
アバター
研究者氏名
松本 雅則
 
マツモト マサノリ
所属
奈良県立医科大学
部署
附属病院 中央診療施設 輸血部
職名
教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
60316081
ORCID ID
0000-0002-7243-3126

プロフィール

平成 元 年3月    自治医科大学卒業
平成 元 年5月- 平成 3年4月 奈良県立奈良病院 研修医
平成 3 年5月- 平成 5年6月 十津川村国保小原診療所 所長
平成 5 年7月- 平成 7年6月 奈良県立奈良病院 内科医員
平成 7 年7月- 平成 9年6月 十津川村国保上野地診療所 所長
平成 9 年7月- 平成11年6月 奈良県立奈良病院内科・輸血部医長
平成11年6月- 平成16年6月 奈良県立医科大学輸血部 助手
平成16年7月- 平成19年9月 奈良県立医科大学輸血部 講師
平成19年10月- 平成26年3月 奈良県立医科大学輸血部 准教授(副部長)
平成26年4月-        奈良県立医科大学輸血部 教授(部長)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
自治医科大学(JMU) 医学部 医学科
 

受賞

 
2008年11月
第45回エルフィン・フォン・ベルツ賞 2等賞 動脈血栓症の制圧:VWF-GPIb軸依存性血小板血栓形成を調節するADAMTS13の基礎・臨床病態解析
 

論文

 
Takaya H, Kawaratani H, Tsuji Y, Nakanishi K, Saikawa S, Sato S, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Shimozato N, Kitade M, Akahane T, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
United European gastroenterology journal   6(9) 1401-1409   2018年11月   [査読有り]
Tsuda M, Shiratsuchi M, Nakashima Y, Ikeda M, Muta H, Narazaki T, Masuda T, Kimura D, Takamatsu A, Matsumoto M, Fujimura Y, Kokame K, Matsushima T, Ogawa Y
Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis      2018年11月   [査読有り]
Itami H, Hara S, Matsumoto M, Imamura S, Kanai R, Nishiyama K, Ishimura M, Ohga S, Yoshida M, Tanaka R, Ogawa Y, Asada Y, Sekita-Hatakeyama Y, Hatakeyama K, Ohbayashi C
Thrombosis research   170 148-155   2018年9月   [査読有り]
Fujisawa M, Kato H, Yoshida Y, Usui T, Takata M, Fujimoto M, Wada H, Uchida Y, Kokame K, Matsumoto M, Fujimura Y, Miyata T, Nangaku M
Clinical and experimental nephrology   22(5) 1088-1099   2018年10月   [査読有り]
Shigekiyo T, Udaka K, Sekimoto E, Shibata H, Ozaki S, Higuchi Y, Matsumoto M
Haemophilia : the official journal of the World Federation of Hemophilia      2018年9月   [査読有り]
Ito S, Hidaka Y, Inoue N, Kaname S, Kato H, Matsumoto M, Miyakawa Y, Mizuno M, Okada H, Shimono A, Matsuda T, Maruyama S, Fujimura Y, Nangaku M, Kagami S
Clinical and experimental nephrology      2018年7月   [査読有り]
Kato H, Miyakawa Y, Hidaka Y, Inoue N, Ito S, Kagami S, Kaname S, Matsumoto M, Mizuno M, Matsuda T, Shimono A, Maruyama S, Fujimura Y, Nangaku M, Okada H
Clinical and experimental nephrology      2018年6月   [査読有り]
Takaya H, Kawaratani H, Kubo T, Seki K, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Takeda K, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(3) E52-E60   2018年2月   [査読有り]
Matsunaga Y, Ishimura M, Nagata H, Uike K, Kinjo T, Ochiai M, Yamamura K, Takada H, Tanoue Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Hara T, Ohga S
Pediatrics and neonatology      2018年2月   [査読有り]
Yamashita M, Matsumoto M, Hayakawa M, Sakai K, Fujimura Y, Ogata N
Scientific reports   8(1) 1491   2018年1月   [査読有り]
Matsumoto T, Toyoda H, Amano K, Hirayama M, Ishikawa E, Fujimoto M, Ito M, Ohishi K, Katayama N, Yoshida Y, Matsumoto M, Kawamura N, Ikejiri M, Kawakami K, Miyata T, Wada H
Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis   1076029618771750   2018年1月   [査読有り]
Kawano N,Yokota-Ikeda N,Kawano S,kuriyama T,Yamashita K,Ono N,Ueda N,Ochiai H,Ishikawa F,Kikuchi I,Shimoda K, Matsumoto M.
Modern Rheumatology Case Reports   2 59-67   2018年   [査読有り]
Wada H, Matsumoto T, Suzuki K, Imai H, Katayama N, Iba T, Matsumoto M
Thrombosis journal   16 14   2018年   [査読有り]
Yagi H, Yamaguchi N, Shida Y, Sugimoto M, Tubaki K, Fujimura Y, Matsumoto M
Thrombosis research   159 91-95   2017年11月   [査読有り]
Akutagawa T, Shindo T, Yamanouchi K, Hayakawa M, Ureshino H, Tsuruoka N, Sakata Y, Shimoda R, Noguchi R, Furukawa K, Morita S, Iwakiri R, Kimura S, Matsumoto M, Fujimoto K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(18) 2431-2433   2017年9月   [査読有り]
Takaya H, Yoshiji H, Kawaratani H, Sakai K, Matsumoto M, Fujimura Y, Fukui H
Biomedical reports   7(3) 277-285   2017年9月   [査読有り]
Yoshida Y, Matsumoto M, Yagi H, Isonishi A, Sakai K, Hayakawa M, Hori Y, Sado T, Kobayashi H, Fujimura Y
Blood advances   1(20) 1628-1631   2017年9月   [査読有り]
Yoshii Y, Fujimura Y, Bennett CL, Isonishi A, Kurumatani N, Matsumoto M
Transfusion   57(8) 2045-2053   2017年8月   [査読有り]
Matsumoto M, Fujimura Y, Wada H, Kokame K, Miyakawa Y, Ueda Y, Higasa S, Moriki T, Yagi H, Miyata T, Murata M, For TTP group of Blood Coagulation Abnormalities Research Team,Research on Rare and Intractable Disease supported by Health,Labour,and Welfare Sciences Research Grants.
International journal of hematology   106(1) 3-15   2017年7月   [査読有り]
Nakao H, Ishiguro A, Ikoma N, Nishi K, Su C, Nakadate H, Kubota M, Hayakawa M, Matsumoto M
Medicine   96(14) e6547   2017年4月   [査読有り]
Matsui T, Hori A, Hamako J, Matsushita F, Ozeki Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Sakurai, Y, Fujimura Y.
Journal of Thrombosis and Haemostasis   15(3) 538-548   2017年3月   [査読有り]
Scully M, Cataland S, Coppo P, de la Rubia J, Friedman KD, Kremer Hovinga J, Lämmle B, Matsumoto M, Pavenski K, Sadler E, Sarode R, Wu H, on behalf of the international working group for Thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP).
J Thromb Haemost.   15(2) 312-322   2017年2月   [査読有り]
市川 聡,氷室 真仁,沖津 庸子,福原 規子,渡邉 真威,八田 俊介,小林 匡洋,大西 康,松本 雅則,張替 秀郎
日本内科学会雑誌   106(1) 99-106   2017年1月   [査読有り]
内藤 千晶, 小川 孔幸, 柳澤 邦雄, 石埼 卓馬, 三原 正大, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久, 半田 寛
臨床血液   58(2) 108-112   2017年   [査読有り]
飯野 宏允, 小川 孔幸, 柳澤 邦雄, 清水 啓明, 三井 健揮, 石埼 卓馬, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久, 半田 寛
臨床血液   58(3) 204-209   2017年   [査読有り]
舩越 康智, 岡田 雅彦, 松本 雅則, 小亀 浩市, 森内 浩幸
臨床血液   58(8) 933-937   2017年   [査読有り]
Tsujii N, Shiraishi I, Kokame K, Shima M, Fujimura Y, Takahashi Y, Matsumoto M
Pediatrics   138(6)    2016年12月   [査読有り]
Yamashita K, Yagi H, Hayakawa M, Abe T, Hayata Y, Yamaguchi N, Sugimoto M, Fujimura Y, Matsumoto M, Taniguchi S
Journal of atherosclerosis and thrombosis   23(10) 1150-1158   2016年10月   [査読有り]
Tsujii N, Nogami K, Yoshizawa H, Hayakawa M, Isonishi A, Matsumoto M, Shima M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   58(9) 926-929   2016年9月   [査読有り]
Miyakawa Y, Imada K, Ichinohe T, Nishio K, Abe T, Murata M, Ueda Y, Fujimura Y, Matsumoto M, Okamoto S
International journal of hematology   104(2) 228-235   2016年8月   [査読有り]
Miyata T, Uchida Y, Yoshida Y, Kato H, Matsumoto M, Kokame K, Fujimura Y, Nangaku M
International journal of hematology   104(2) 223-227   2016年8月   [査読有り]
Fujiwara S, Mochinaga H, Nakata H, Ohshima K, Matsumoto M, Uchiba M, Mikami Y, Hata H, Okuno Y, Mitsuya H, Nosaka K
International journal of hematology   103(6) 718-723   2016年6月   [査読有り]
Fujino Y, Inoue Y, Onodera M, Kikuchi S, Sato M, Kojika M, Sato H, Suzuki K, Matsumoto M
Clinical journal of gastroenterology   9(2) 104-108   2016年4月   [査読有り]
内藤 千晶, 小川 孔幸, 柳澤 邦雄, 石埼 卓馬, 三原 正大, 半田 寛, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久
臨床血液   57(3) 364-368   2016年3月   [査読有り]
Ichikawa S, Sasaki K, Takahashi T, Hayakawa M, Matsumoto M, Harigae H.
Case Reports in Internal Medicine   3 30-35   2016年   [査読有り]
Kato S, Tanaka M, Isonishi A, Matsumoto M, Samori T, Fujimura Y
British journal of haematology   171(4) 655-658   2015年11月   [査読有り]
Ko S, Chisuwa H, Matsumoto M, Fujimura Y, Okano E, Nakajima Y
World journal of hepatology   7(13) 1772-1781   2015年7月   [査読有り]
Hisano M, Ashida A, Nakano E, Suehiro M, Yoshida Y, Matsumoto M, Miyata T, Fujimura Y, Hattori M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57(2) 313-317   2015年4月   [査読有り]
Yada N, Fujioka M, Bennett CL, Inoki K, Miki T, Watanabe A, Yoshida T, Hayakawa M, Matsumoto M, Fujimura Y
Clinical case reports   3(4) 208-212   2015年4月   [査読有り]
Ogawa Y, Matsumoto M, Sadakata H, Isonishi A, Kato S, Nojima Y, Fujimura Y
Transfusion medicine and hemotherapy : offizielles Organ der Deutschen Gesellschaft fur Transfusionsmedizin und Immunhamatologie   42(1) 59-63   2015年1月   [査読有り]
Yoshida Y, Miyata T, Matsumoto M, Shirotani-Ikejima H, Uchida Y, Ohyama Y, Kokubo T, Fujimura Y
PloS one   10(5) e0124655   2015年   [査読有り]
Nishigori N, Matsumoto M, Koyama F, Hayakawa M, Hatakeyayama K, Ko S, Fujimura Y, Nakajima Y
PloS one   10(11) e0143136   2015年   [査読有り]
Matsumoto T, Fan X, Ishikawa E, Ito M, Amano K, Toyoda H, Komada Y, Ohishi K, Katayama N, Yoshida Y, Matsumoto M, Fujimura Y, Ikejiri M, Wada H, Miyata T
International journal of hematology   100(5) 437-442   2014年11月   [査読有り]
Eura Y, Kokame K, Takafuta T, Tanaka R, Kobayashi H, Ishida F, Hisanaga S, Matsumoto M, Fujimura Y, Miyata T
Molecular genetics & genomic medicine   2(3) 240-244   2014年5月   [査読有り]
Morioka M, Matsumoto M, Saito M, Kokame K, Miyata T, Fujimura Y
Blood transfusion = Trasfusione del sangue   12 Suppl 1 s153-5   2014年1月   [査読有り]
Sorvillo N, Kaijen PH, Matsumoto M, Fujimura Y, van der Zwaan C, Verbij FC, Pos W, Fijnheer R, Voorberg J, Meijer AB.
J Thromb Haemost   12 670-679   2014年   [査読有り]
Hori Y, Hayakawa M, Isonishi A, Soejima K, Matsumoto M, Fujimura Y
Transfusion   53(12) 3192-3202   2013年12月   [査読有り]
Doi T, Ohga S, Ito N, Ishimura M, Suga N, Nomura A, Takada H, Matsumoto M, Fujimura Y, Hara T
Pediatric blood & cancer   60(9) 1557-1558   2013年9月   [査読有り]
Mise K, Ubara Y, Matsumoto M, Sumida K, Hiramatsu R, Hasegawa E, Yamanouchi M, Hayami N, Suwabe T, Hoshino J, Sawa N, Ohashi K, Kokame K, Miyata T, Fujimura Y, Takaichi K
BMC nephrology   14 156   2013年7月   [査読有り]
Fan X, Yoshida Y, Honda S, Matsumoto M, Sawada Y, Hattori M, Hisanaga S, Hiwa R, Nakamura F, Tomomori M, Miyagawa S, Fujimaru R, Yamada H, Sawai T, Ikeda Y, Iwata N, Uemura O, Matsukuma E, Aizawa Y, Harada H, Wada H, Ishikawa E, Ashida A, Nangaku M, Miyata T, Fujimura Y
Molecular immunology   54(2) 238-246   2013年6月   [査読有り]
Bennett CL, Jacob S, Dunn BL, Georgantopoulos P, Zheng XL, Kwaan HC, McKoy JM, Magwood JS, Qureshi ZP, Bandarenko N, Winters JL, Raife TJ, Carey PM, Sarode R, Kiss JE, Danielson C, Ortel TL, Clark WF, Ablin RJ, Rock G, Matsumoto M, Fujimura Y
British journal of haematology   161(6) 896-898   2013年6月   [査読有り]
Fukushima H, Nishio K, Asai H, Watanabe T, Seki T, Matsui H, Sugimoto M, Matsumoto M, Fujimura Y, Okuchi K
Shock (Augusta, Ga.)   39(5) 409-414   2013年5月   [査読有り]
吉井 由美, 松村 弥生, 朴 将源, 上辻 由里, 安田 考志, 川瀬 義夫, 松本 雅則, 藤村 吉博, 魚嶋 伸彦
日本内科学会雑誌   102(1) 147-149   2013年1月   [査読有り]
Miyata T, Kokame K, Matsumoto M, Fujimura Y
Hӓmostaseologie   33 131-137   2013年   [査読有り]
Nishijima Y, Hirata H, Himeno A, Kida H, Matsumoto M, Takahashi R, Otani Y, Inoue K, Nagatomo I, Takeda Y, Kijima T, Tachibana I, Fujimura Y, Kumanogoh A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(10) 1111-1114   2013年   [査読有り]
Kawano N, Yokota-Ikeda N, Yoshida S, Kuriyama T, Yamashita K, Sugio Y, Makino S, Ono N, Inoue Y, Himeji D, Kodama K, Uezono S, Shimao Y, Ueda A, Matsumoto M, Iino H, Fujimura Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(17) 1883-1891   2013年   [査読有り]
Tanabe S, Yagi H, Kimura T, Isonishi A, Kato S, Yoshida Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Ohtaki S, Takahashi Y, Fujimura Y
International journal of hematology   96(6) 789-797   2012年12月   [査読有り]
Jacob S, Dunn BL, Qureshi ZP, Bandarenko N, Kwaan HC, Pandey DK, McKoy JM, Barnato SE, Winters JL, Cursio JF, Weiss I, Raife TJ, Carey PM, Sarode R, Kiss JE, Danielson C, Ortel TL, Clark WF, Rock G, Matsumoto M, Fujimura Y, Zheng XL, Chen H, Chen F, Armstrong JM, Raisch DW, Bennett CL
Seminars in thrombosis and hemostasis   38(8) 845-853   2012年11月   [査読有り]
Yamashita A, Nishihira K, Matsuura Y, Ito T, Kawahara K, Hatakeyama K, Hashiguchi T, Maruyama I, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Kitamura K, Shibata Y, Asada Y
Atherosclerosis   224(2) 511-514   2012年10月   [査読有り]
Koyama N, Matsumoto M, Tamaki S, Yoshikawa M, Fujimura Y, Kimura H
The European respiratory journal   40(3) 657-664   2012年9月   [査読有り]
Igari A, Nakagawa T, Moriki T, Yamaguchi Y, Matsumoto M, Fujimura Y, Soejima K, Murata M
Thrombosis research   130(3) e79-83   2012年9月   [査読有り]
Yagi H, Yamaguchi N, Shida Y, Hayakawa M, Matsumoto M, Sugimoto M, Wada H, Tsubaki K, Fujimura Y
European journal of pharmacology   691(1-3) 151-155   2012年9月   [査読有り]
Yamamoto-Suzuki Y, Sakurai Y, Fujimura Y, Matsumoto M, Hamako J, Kokubo T, Kitagawa H, Kawsar SM, Fujii Y, Ozeki Y, Matsushita F, Matsui T
Biochemistry   51(26) 5329-5338   2012年7月   [査読有り]
Morishima T, Nomura A, Saida S, Watanabe K, Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Heike T, Nakahata T, Adachi S
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   54(3) 422-423   2012年6月   [査読有り]
Takaya H, Uemura M, Fujimura Y, Matsumoto M, Matsuyama T, Kato S, Morioka C, Ishizashi H, Hori Y, Fujimoto M, Tsujimoto T, Kawaratani H, Toyohara M, Kurumatani N, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   42(5) 459-472   2012年5月   [査読有り]
Taguchi F, Yagi H, Matsumoto M, Sadamura S, Isonishi A, Soejima K, Fujimura Y
Thrombosis and haemostasis   107(5) 1003-1005   2012年5月   [査読有り]
Yagi H, Matsumoto M, Fujimura Y
Presse medicale (Paris, France : 1983)   41(3 Pt 2) e137-55   2012年3月   [査読有り]
Matsumoto M, Bennett CL, Isonishi A, Qureshi Z, Hori Y, Hayakawa M, Yoshida Y, Yagi H, Fujimura Y
PloS one   7(3) e33029   2012年   [査読有り]
Yamaguchi Y, Moriki T, Igari A, Nakagawa T, Wada H, Matsumoto M, Fujimura Y, Murata M
Thrombosis research   128(2) 169-173   2011年8月   [査読有り]
Fujimura Y, Matsumoto M, Isonishi A, Yagi H, Kokame K, Soejima K, Murata M, Miyata T.
J Thromb Haemost.   9 283-301   2011年   [査読有り]
Akiyama R, Komori I, Hiramoto R, Isonishi A, Matsumoto M, Fujimura Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   50(6) 643-647   2011年   [査読有り]
Uemura M, Fujimura Y, Ko S, Matsumoto M, Nakajima Y, Fukui H
International journal of hepatology   2011 759047   2011年   [査読有り]
Hiura H, Matsui T, Matsumoto M, Hori Y, Isonishi A, Kato S, Iwamoto T, Mori T, Fujimura Y
Journal of biochemistry   148(4) 403-411   2010年10月   [査読有り]
Ito-Habe N, Wada H, Matsumoto M, Fujimura Y, Murata M, Izuno T, Sugita M, Ikeda Y
International journal of hematology   92(1) 68-75   2010年7月   [査読有り]
Kato K, Kobayashi C, Katayama Y, Moriyama N, Shiono J, Kudo K, Koike K, Aoki K, Fujisawa K, Okada M, Matsumoto M, Fujimura Y, Tsuchida M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   52(3) 485-487   2010年6月   [査読有り]
ADAMTS13 activity decreases after hepatectomy, reflecting a postoperative liver dysfunction.
Okano E, Ko S, Kanehiro H, Matsumoto M, Fujimura Y, Nakajima Y
Hepato-gastroenterology   57(98) 316-320   2010年3月   [査読有り]
Ishikawa M, Uemura M, Matsuyama T, Matsumoto M, Ishizashi H, Kato S, Morioka C, Fujimoto M, Kojima H, Yoshiji H, Tsujimoto T, Takimura C, Fujimura Y, Fukui H
Alcoholism, clinical and experimental research   34 Suppl 1 S25-33   2010年2月   [査読有り]
Sato A, Hoshi Y, Onuma M, Sato R, Tsunematsu Y, Isonishi A, Matsumoto M, Fujimura Y, Imaizumi M
Pediatric hematology and oncology   27(1) 53-58   2010年2月   [査読有り]
Uemura M, Fujimura Y, Ko S, Matsumoto M, Nakajima Y, Fukui H
International journal of hematology   91(1) 20-29   2010年1月   [査読有り]
Fujimura Y, Matsumoto M
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(1) 7-15   2010年   [査読有り]
Kosugi N, Tsurutani Y, Isonishi A, Hori Y, Matsumoto M, Fujimura Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(7) 689-693   2010年   [査読有り]
Kobayashi T, Wada H, Usui M, Sakurai H, Matsumoto T, Nobori T, Katayama N, Uemoto S, Ishizashi H, Matsumoto M, Fujimura Y, Isaji S
Thrombosis research   124(5) 541-545   2009年11月   [査読有り]
Ito N, Wada H, Matsumoto M, Fujimura Y, Murata M, Izuno T, Sugita M, Ikeda Y
International journal of hematology   90(3) 328-335   2009年10月   [査読有り]
Matsuyama T, Kuwana M, Matsumoto M, Isonishi A, Inokuma S, Fujimura Y
Thrombosis and haemostasis   102(2) 371-378   2009年8月   [査読有り]
Watanabe N, Ikeda H, Kume Y, Satoh Y, Kaneko M, Takai D, Tejima K, Nagamine M, Mashima H, Tomiya T, Noiri E, Omata M, Matsumoto M, Fujimura Y, Yatomi Y
Thrombosis and haemostasis   102(2) 389-396   2009年8月   [査読有り]
Takemoto Y, Kawata H, Soeda T, Imagawa K, Somekawa S, Takeda Y, Uemura S, Matsumoto M, Fujimura Y, Jo J, Kimura Y, Tabata Y, Saito Y
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   29(6) 857-862   2009年6月   [査読有り]
Fujimura Y, Matsumoto M, Kokame K, Isonishi A, Soejima K, Akiyama N, Tomiyama J, Natori K, Kuranishi Y, Imamura Y, Inoue N, Higasa S, Seike M, Kozuka T, Hara M, Wada H, Murata M, Ikeda Y, Miyata T, George JN
British journal of haematology   144(5) 742-754   2009年3月   [査読有り]
Shimizu M, Nomura S, Ishii K, Mohri Y, Umei N, Suzuki S, Matsuo Y, Isonishi A, Matsumoto M, Urase F, Maeda Y, Fujimura Y
Thrombosis and haemostasis   101(3) 599-600   2009年3月   [査読有り]
木村 典子, 松本 雅則, 松本 克也, 浅井 典彦, 國島 伸治
臨床血液   49(12) 1614-1618   2008年12月   [査読有り]
Kanno M, Nakamura S, Kawahara M, Ueno S, Nakamine H, Matsumoto M, Fujimura Y
International journal of hematology   88(3) 345-347   2008年10月   [査読有り]
Matsumoto Masanori, Shigeta Akiko, Miyasaka Masayuki, Hirata Takako
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   181(5) 3628-3635   2008年9月   [査読有り]
Horii M, Uemura S, Uemura M, Matsumoto M, Ishizashi H, Imagawa K, Iwama H, Takeda Y, Kawata H, Nakajima T, Fujimura Y, Saito Y
Heart and vessels   23(5) 301-307   2008年9月   [査読有り]
Takemoto Yasuhiro, Kawata Hiroyuki, Imagawa Keiichi, Soeda Tsunenari, Somekawa Satoshi, Uemura Shiro, Matsumoto Masanori, Fujimura Yoshihiro, Tabata Yasuhiko, Saito Yoshihiko
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   14(7) S149   2008年9月   [査読有り]
Uemura M, Fujimura Y, Matsumoto M, Ishizashi H, Kato S, Matsuyama T, Isonishi A, Ishikawa M, Yagita M, Morioka C, Yoshiji H, Tsujimoto T, Kurumatani N, Fukui H
Thrombosis and haemostasis   99(6) 1019-1029   2008年6月   [査読有り]
Uemura M, Fujimura Y, Matsuyama T, Matsumoto M, Ishikawa M, Ishizashi H, Kato S, Tsujimoto T, Fujimoto M, Yoshiji H, Morioka C, Fukui H
Current drug abuse reviews   1(2) 188-196   2008年6月   [査読有り]
Guo Zijin, Jang Myoung Ho, Otani Kazuhiro, Bai Zhongbin, Umemoto Eiji, Matsumoto Masanori, Nishiyama Mika, Yamasaki Mikako, Ueha Satoshi, Matsushima Kouji, Hirata Takako, Miyasaka Masayuki
INTERNATIONAL IMMUNOLOGY   20(3) 307-315   2008年3月   [査読有り]
Shida Y, Nishio K, Sugimoto M, Mizuno T, Hamada M, Kato S, Matsumoto M, Okuchi K, Fujimura Y, Yoshioka A
Blood   111(3) 1295-1298   2008年2月   [査読有り]
Furukoji E, Tanaka N, Yamashita A, Matsumoto M, Fujimura Y, Yamamoto R, Tamura S, Asada Y
Thrombosis research   121(4) 583-585   2008年   [査読有り]

Misc

 
造血管細胞移植後TMAの診断と治療
酒井 和哉, 松本 雅則
血液内科   77(5) 613-620   2018年11月
【血小板減少症の病態と治療】 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の病態
久保 政之, 松本 雅則
Thrombosis Medicine   8(3) 174-180   2018年9月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は全身の微小血管に血小板血栓が形成され発症する疾患である。ADAMTS13活性低下により超高分子量VWF重合体が切断されずに血液中に残存し、高ずり応力の発生する微小血管で活性化され、血小板血栓を形成する。先天性はADAMTS13遺伝子異常によって、後天性はADAMTS13に対する自己抗体が産生されることにより発症する。急性期治療としてADAMTS13補充および自己抗体の除去を目的とした血漿交換と、自己抗体産生抑制のためのステロイド療法が推奨されている。また...
von Willebrand因子A1ドメインに対する新規DNAアプタマーの血小板血栓形成の阻害効果(Inhibitory effect of novel DNA aptamer for von Willebrand factor on platelet thrombosis formation)
酒井 和哉, 八木 秀男, 早川 正樹, 原田 香織, 染谷 龍彦, 藤村 吉博, 松本 雅則
臨床血液   59(9) 1577-1577   2018年9月
【血漿交換療法】 造血幹細胞移植後合併症に対するアフェレシス
松本 雅則
血液フロンティア   28(10) 1479-1485   2018年9月
<文献概要>造血幹細胞移植後には,感染症や移植片対宿主病(GVHD)などの様々な合併症が発生する。その中でアフェレシス(特に血漿交換)による治療の対象となるのが,血栓性微小血管症(TMA)である。また,厳密には予防としてアフェレシスが検討されるのは,ABO不適合移植,ドナーに対するHLA抗体を持つ患者である。なお,これらに対する血漿交換は保険適用ではなく,通常実施されることは稀である。ただし,造血幹細胞移植後TMAに関して急性GVHDが並存しない場合には血漿交換が有効である可能性があり,今...
膜性腎症の経過中に後天性TTPを発症した1例
飯尾 麗, 高塚 泰輔, 芳村 大介, 岩田 幸真, 奥嶋 拓樹, 島田 果林, 光本 憲祐, 勝二 達也, 松本 雅則, 秋山 真一, 林 晃正
大阪透析研究会会誌   36(2) 215-215   2018年9月
【出血性疾患と血栓性疾患 これを読めば貴方も二刀流】 セミナー 実地医家が知っておくべき最新の知見 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)診療ガイド2017
久保 政之, 松本 雅則
Medical Practice   35(7) 1067-1072   2018年7月
血栓性微小血管障害症(TMA)
松本 雅則
Coagulation & Inflammation   4(1) 3-10   2018年6月
血栓性微小血管症(TMA)は、微小血管症性溶血性貧血、消費性血小板減少、微小血管内血栓による臓器障害を3主徴とする致死的疾患である。TMAの中で病因が明らかになった血栓性血小板減少性紫斑病と非典型溶血性尿毒症症候群の2疾患と、現状では病因が明らかではないが臨床的に重要な造血幹細胞移植後TMAについて、その概要、病因、診断、治療に分けて概説した。最近の病態解析の結果から新たな治療法が登場しており、正確な診断が重要であると考えられた。
【現場で使い尽くす診療ガイドライン選集2018】救急医ならはずせない必修ガイドライン その他 輸血・血液製剤に関する指針・ガイドライン
矢田 憲孝, 松本 雅則
救急医学   42(10) 1262-1267   2018年9月
【血栓・塞栓症-診断・治療・予防の最新動向-】 血栓性血小板減少性紫斑病の病態と治療
酒井 和哉, 松本 雅則
日本臨床   76(9) 1687-1693   2018年9月
【適切な貧血診療のポイント】 貧血に対する輸血療法
松本 雅則
日本医師会雑誌   147(4) 730-730   2018年7月
「DIC診断UP TO DATE」 TTPにおける凝固検査の検討 DICとの鑑別が可能か?
酒井 和哉, 松本 雅則
日本血栓止血学会誌   29(2) 90-90   2018年5月
小児aHUS患者に対するエクリズマブ市販後調査の中間解析
伊藤 秀一, 日高 義彦, 井上 徳光, 要 伸也, 加藤 秀樹, 松本 雅則, 宮川 義隆, 水野 正司, 岡田 浩一, 松田 貴久, 下野 明彦, 丸山 彰一, 藤村 吉博, 南学 正臣, 香美 祥二
日本小児腎臓病学会雑誌      2018年5月
膜性腎症の経過中に後天性TTPを発症した1例
飯尾 麗, 高塚 泰輔, 芳村 大介, 岩田 幸真, 奥嶋 拓樹, 島田 果林, 光本 憲祐, 勝二 達也, 松本 雅則, 秋山 真一, 林 晃正
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 525-525   2018年5月
血漿交換及び2回のリツキシマブ投与が有効であった難治性血栓性血小板減少性紫斑病の一例
金子 朋広, 新井 桃子, 藤田 恵美子, 杉野 健太, 河合 貴広, 尾崎 勝俊, 松本 雅則, 鶴岡 秀一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 728-728   2018年5月
循環器疾患に伴うvon Willebrand症候群 von Willebrand病と後天性von Willebrand症候群
松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   64(2) 268-268   2018年4月
Pringle法に伴う虚血再灌流傷害はunusually large Von Willebrand Factor multimersを誘導する
吉川 高宏, 野見 武男, 北東 大督, 松尾 泰子, 中村 広太, 長井 美奈子, 中川 顕志, 西和田 敏, 赤堀 宇宏, 金廣 裕道, 庄 雅之, 松本 雅則
日本外科学会定期学術集会抄録集      2018年4月
成人aHUS患者に対するエクリズマブ市販後調査の中間解析
加藤 秀樹, 宮川 義隆, 日高 義彦, 井上 徳光, 伊藤 秀一, 香美 祥二, 要 伸也, 松本 雅則, 水野 正司, 松田 貴久, 下野 明彦, 丸山 彰一, 藤村 吉博, 南学 正臣, 岡田 浩一
日本腎臓学会誌   60(3) 338-338   2018年4月
【リウマチ・膠原病の診療において注意すべき難治性疾患】 血栓性微小血管症
久保 政之, 松本 雅則
炎症と免疫   26(3) 220-225   2018年4月
血栓性微小血管症(TMA)は、溶血性貧血、血小板減少、種々の臓器障害を合併する症候群である。膠原病は二次性TMAの基礎疾患として最も多くを占めることが報告され、膠原病のなかでは全身性エリテマトーデスが最多であり、ついで強皮症が多いといわれている。膠原病関連TMAではADAMTS13活性が著減する血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)症例と正常または軽〜中等度の減少にとどまる非TTP症例があり、前者では特発性TTPと同様に血漿交換、免疫抑制療法により高い奏効が期待できる。一方で非TTP症例では病...
【病気とくすり2018 基礎と実践Expert's Guide】血液・造血器系の病気とくすり 血小板減少性紫斑病
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   69(4) 1102-1106   2018年3月
【病気とくすり2018 基礎と実践Expert's Guide】血液・造血器系の病気とくすり 白血球減少症
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   69(4) 1107-1111   2018年3月
【大改定:血液製剤の使用指針】 日本輸血・細胞治療学会の新しい血液製剤使用ガイドライン
松本 雅則
医学のあゆみ   264(6) 507-510   2018年2月
平成29年(2017)3月に厚生労働省の血液製剤の使用指針が改定された。12年前に作成された旧使用指針は、赤血球、血小板、新鮮凍結血漿(FFP)、アルブミン、の4製剤や新生児・小児に対する輸血療法の使用基準を示しており、臨床医にとって非常に有用であった。しかし、旧使用指針の多くはエキスパートの意見に基づいて作成されており、科学的根拠に基づく改定が望まれていた。日本輸血・細胞治療学会は、使用指針の改定のためガイドライン委員会を組織し、下部委員会として4製剤に対応するタスクフォースなどで活動を...
【血栓傾向を示す患者データの読み方】 実践編 この検査データをどう読みますか? 症例(3)
酒井 和哉, 松本 雅則
Medical Technology   46(1) 33-39   2018年1月
血栓性血小板減少性紫斑病に対し血漿交換療法が奏効した1小児症例
小西 康司, 萱島 道徳, 松本 雅則, 大前 隆志, 井上 聡己, 川口 昌彦, 米田 龍生, 吉田 克法
奈良県医師会透析部会誌   23(1) 117-120   2018年1月
11歳女児。皮下出血・発熱・口腔内出血を主訴に近医受診し、抗ADAMTS13自己抗体の存在から後天性TTPと診断され、当院に紹介された。治療は血漿交換療法(PE)とステロイドパルス療法を行った。PEを施行する際、児の年齢・体格に合わせてFFPの使用量や血漿分離膜の面積、抗凝固薬の投与量を調整することにより、小児であっても問題なく施行可能であった。
小児に発症した血栓性血小板減少性紫斑病に対し血漿交換療法が奏効した1症例
小西 康司, 萱島 道徳, 松本 雅則, 井上 聡己, 川口 昌彦, 米田 龍生, 吉田 克法
奈良県医師会透析部会誌   23(1) 131-131   2018年1月
北澤 淳一, 小原 明, 東 寛, 小川 千登世, 梶原 道子, 小山 典久, 細野 茂春, 堀越 泰雄, 松本 雅則, 松下 正, 厚生労働科学研究費補助金事業(平成25年度)ならびに国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究開発事業(平成26、27年度)「科学的根拠に基づく輸血ガイドラインの策定等に関する研究」,日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会,小児輸血ガイドライン検討タスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   63(6) 741-747   2017年12月
血栓性血小板減少性紫斑病
松本 雅則
今日の臨床サポート      2017年11月
科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン(Evidence-based Guidelines for the Use of Albumin Products Japan Society of Transfusion Medicine and Cell Therapy)
安村 敏, 牧野 茂義, 松本 雅則, 河野 武弘, 紀野 修一, 田中 朝志, 脇坂 明美, 米村 雄士, 松下 正
日本輸血細胞治療学会誌   63(5) 641-663   2017年10月
北澤 淳一, 玉井 佳子, 藤田 浩, 牧野 茂義, 正木 康史, 大本 英次郎, 小田 秀隆, 中村 弘, 二木 敏彦, 黒田 優, 立花 直樹, 松本 雅則, 松下 正, 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会小規模医療機関(在宅を含む)輸血ガイドライン策定タスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   63(5) 664-673   2017年10月
血栓性血小板減少性紫斑病の診断と治療
松本 雅則
The Word on Hematology   4-5   2017年8月
松下 正, 長谷川 雄一, 玉井 佳子, 宮田 茂樹, 安村 敏, 山本 晃士, 松本 雅則, 日本輸血・細胞治療学会「ガイドライン委員会」,新鮮凍結血漿の使用指針に関するタスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   63(4) 561-568   2017年8月
高見 昭良, 松下 正, 緒方 正男, 藤井 伸治, 羽藤 高明, 冨山 佳昭, 久冨木 庸子, 水田 秀一, 河野 武弘, 松崎 浩史, 米村 雄士, 松本 雅則, 日本輸血・細胞治療学会「指針改訂検討委員会」,日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会,血小板製剤の使用指針策定に関するタスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   63(4) 569-584   2017年8月
血液疾患に対する輸血の諸問題と対策 TTPにおける輸血療法(血漿交換と血小板輸血)
松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   63(4) 巻末28-巻末28   2017年8月
身近な話題・世界の話題 後天性血栓性血小板減少性紫斑病に対する新規治療薬
久保 政之, 松本 雅則
血液フロンティア   27(9) 1304-1308   2017年8月
血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura:TTP)急性期における標準治療は血漿交換とステロイドによる免疫抑制療法であり,難治例,早期再発例に対してはリツキシマブが推奨されている。リツキシマブは高い有効性が報告されているが,一部には抵抗例が存在する。また,免疫抑制療法は効果発現までに期間を要することから,急性期の致死的な血栓症を完全には回避できないなどの課題が依然として残されている。そのような課題克服のため,新規薬剤の開発,臨床試験が進...
【病気とくすり2017 基礎と実践Expert's Guide】循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 血液・造血器系疾患 血小板減少性紫斑病
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   68(4) 1104-1108   2017年3月
【病気とくすり2017 基礎と実践Expert's Guide】循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 血液・造血器系疾患 白血球減少症
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   68(4) 1110-1114   2017年3月
酒井 和哉, 松本 雅則
臨床検査   61(2) 132-138   2017年2月
<Point>血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は,von Willebrand因子(VWF)切断酵素であるvon Willebrand因子分解酵素(ADAMTS13)の活性低下に起因する致死的血栓症である.溶血性貧血と血小板減少を認める患者ではTTPを疑うことが重要である.同様の病態を呈する鑑別疾患を除外し,臨床的にTTPを疑えば,速やかに血漿交換を行う.TTPの確定診断はADAMTS13の活性10%未満によって行われる.後天性TTPでは自己抗体(ADAMTS13インヒビター)によってA...
当院の末梢血幹細胞採取における現状と課題
梶原 聡司, 小西 康司, 萱島 道徳, 米田 龍生, 吉田 克法, 早川 正樹, 松本 雅則
奈良県医師会透析部会誌   22(1) 127-128   2017年1月
松本 雅則
臨床血液   58(10) 2081-2086   2017年   [査読有り]
難治性疾患等政策研究事業「血液凝固異常症に関する調査研究班」TTPグループ, 松本 雅則, 藤村 吉博, 和田 英夫, 小亀 浩市, 宮川 義隆, 上田 恭典, 日笠 聡, 森木 隆典, 八木 秀男, 宮田 敏行, 村田 満
臨床血液   58(4) 271-281   2017年   [査読有り]
米村 雄士, 松本 雅則, 稲田 英一, 上田 恭典, 大石 晃嗣, 紀野 修一, 久保 隆彦, 熊川 みどり, 末岡 榮三朗, 園木 孝志, 長井 一浩, 藤島 直仁, 脇本 信博, 松下 正, 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会赤血球製剤の使用指針策定に関するタスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   62(6) 641-650   2016年12月
滲出型加齢黄斑変性患者における補体H因子とvon Willebrand因子の検討
山下 真理子, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 緒方 奈保子
眼科臨床紀要   9(11) 927-927   2016年11月
急性冠症候群の症状で発症した難治性TTPの1例
神谷 真理子, 新井 桃子, 山本 良也, 藤田 恵美子, 金子 朋広, 小谷 英太郎, 中込 明裕, 井川 修, 松本 雅則, 草間 芳樹
日本内科学会関東地方会   628回 39-39   2016年11月
松本 雅則
日本血栓止血学会誌   27(5) 553-556   2016年10月
【血栓性微小血管症(TMA)】 後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の病態
松本 雅則
血栓と循環   24(1) 8-12   2016年7月
<論文のポイント>[1]後天性TTPは、ADAMTS13に対する自己抗体によって同活性が10%未満に低下することにより発症する。[2]ADAMTS13活性が低下すると超高分子量von Willebrand因子重合体が切断されず、微小血管で血小板血栓が形成される。[3]自己抗体のほとんどがADAMTS13の活性阻害抗体(インヒビター)であるが、結合型抗体によってADAMTS13の血液中からのクリアランスが亢進する場合も報告されている。[4]自己抗体は主としてIgG型であるが、IgAやIgM型...
臨床検査アップデート 血栓性微小血管症(TMA)診断におけるADAMTS13検査の重要性
松本 雅則
Modern Media   62(7) 1-6   2016年7月
松本 雅則
日本造血細胞移植学会雑誌   5(3) 74-81   2016年7月
血栓性微小血管症(TMA)は、血小板減少、溶血性貧血、全身もしくは腎臓内の血小板血栓を特徴とする疾患群である。血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS)が代表的な疾患であるが、造血幹細胞移植後にも移植後TMAが発症する。移植後TMAはTTPと同様の疾患と考えられていたが、血漿交換に対する反応の違いから別疾患と考えられるようになった。TTPではADAMTS13活性が著減するが、移植後TMAでは著減しない。病因は不明な部分が多いが、移植変対宿主病(GVHD)、カルシニュー...
【後天性凝固異常症の病態と診療】 後天性TTP
松本 雅則
Thrombosis Medicine   6(2) 130-136   2016年6月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は古典的5徴候で診断されていたが、原因不明の血小板減少と溶血性貧血で疑うことが重要とされている。TTPは指定難病となり、その診断基準ではADAMTS13活性が10%未満とされた。後天性TTPは、ADAMTS13に対する自己抗体が産生されることによって発症し、自己抗体の多くは同酵素の活性阻害抗体(インヒビター)である。後天性TTPの第一選択の治療法は血漿交換であり、多くの場合ステロイド治療が併用される。このような急性期治療に対して不応である難治例や再発例に、...
【循環器疾患が引き起こすフォンウィルブランド症候群】 フォンウィルブランド因子とその切断酵素ADAMTS13
松本 雅則
BIO Clinica   31(6) 564-568   2016年6月
フォンウィルブランド因子(VWF)は、血液中の止血因子で、その機能が低下するとフォンウィルブランド病(VWD)になり、逆に亢進すると血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)となる。そのため、VWFの機能は、その切断酵素ADAMTS13によって厳密に制御されている。ADAMTS13によるVWFの切断はずり応力が高いほど亢進するが、ずり応力が非常に高くなる大動脈弁狭窄の部位などでVWFが過剰に切断される。そのため、高分子のVWFが欠損して2A型VWDと同じ病態の後天性フォンウィルブランド症候群となる...
本邦における非典型溶血性尿毒症症候群の解析状況
吉田 瑶子, 加藤 秀樹, 藤澤 まどか, 菅原 有佳, 内田 裕美子, 芦田 明, 松本 雅則, 伊藤 秀一, 服部 元史, 香美 祥二, 宮田 敏行, 藤村 吉博, 南学 正臣
日本小児腎臓病学会雑誌   29(1Suppl.) 91-91   2016年6月
堀内 久徳, 松本 雅則, 小亀 浩市
日本血栓止血学会誌   27(3) 316-321   2016年6月
生体内において過度の高ずり応力が生じる循環器疾患では,止血機能に重要なフォンウィルブランド因子(VWF)の機能異常が生じ,出血性疾患である後天性フォンウィルブランド症候群(AVWS)が発症する場合がある.重症大動脈弁狭窄症では大半が血液学的にAVWSを合併しているが,肺高血圧等では頻度が不明である.近年機械的補助循環は重症心不全の治療に大きく貢献してきたが,ほとんどの場合高度のAVWSを合併する.これまであまり注目を集めてこなかったが,高ずり応力によるAVWSの臨床的インパクトは非常に大き...
非典型溶血性尿毒症症候群における原因遺伝子別の定量的羊赤血球溶血試験の検討
吉田 瑶子, 加藤 秀樹, 藤澤 まどか, 内田 裕美子, 松本 雅則, 宮田 敏行, 藤村 吉博, 南学 正臣
日本腎臓学会誌   58(3) 299-299   2016年5月
腎生検が施行されたUpshaw-Schulman症候群の4例
伊丹 弘恵, 畠山 金太, 内山 智子, 中井 登紀子, 高野 将人, 武田 麻衣子, 松本 雅則, 大林 千穂
日本病理学会会誌   105(1) 435-435   2016年4月
寒冷凝集反応陽性が疑われた体外循環症例への検討
井ノ上 哲智, 橋本 裕貴, 山本 和輝, 黒川 宗雄, 横田 基次, 小西 康司, 萱島 道徳, 山下 慶悟, 早田 義宏, 阿部 毅寿, 谷口 繁樹, 早川 正樹, 松本 雅則
日本臨床工学技士会会誌   (57) 247-247   2016年4月
【病気とくすり2016 基礎と実践Expert's Guide】 循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 血液・造血器系疾患 血小板減少性紫斑病
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   67(4) 980-984   2016年3月
【病気とくすり2016 基礎と実践Expert's Guide】 循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 血液・造血器系疾患 白血球減少症
吉井 由美, 松本 雅則
薬局   67(4) 986-990   2016年3月
滲出型加齢黄斑変性患者における抗VEGF薬治療に伴うvon Willebrand因子の検討
山下 真理子, 岡本 全弘, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 緒方 奈保子
日本眼科学会雑誌   120(臨増) 276-276   2016年3月
輸血関連副作用の問題点 血小板輸血は後天性TTPの予後を悪化させるか?
吉井 由美, 藤村 吉博, 松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   62(1) 63-63   2016年2月
巽 恵美子, 紙谷 史夏, 吉本 清巳, 藤村 貴則, 藤本 隆, 早川 正樹, 松本 雅則, 赤井 靖宏, 西尾 健治
日本内科学会雑誌   104(12) 2581-2586   2015年12月
症例は26歳女性で、1ヵ月前から顔面と下腿に浮腫が出現した。血小板数減少を認めた。破砕赤血球の出現とADAMTS13活性の著減から血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を疑った。血漿交換でADAMTS13活性が上昇したが血小板数の再減少及び破砕赤血球や腎障害が持続した。血小板数低下、破砕赤血球、LDの上昇、ハプトグロビン低下よりthrombotic microangiopathy(TMA)の病態が持続していると考えられた。TMAの原因としてSLEによる血管炎を疑い、ステロイドパルスを開始した。...
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性血液疾患 血栓性血小板減少性紫斑病
松本 雅則
日本臨床   別冊(免疫症候群I) 286-289   2015年11月
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の病態、診断と治療
松本 雅則
日本検査血液学会雑誌   16(3) 223-231   2015年11月
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)は、血小板減少、微小血管症性溶血性貧血、急性腎障害の3徴候で知られている。aHUSという病名は、志賀毒素産生大腸菌(STEC)感染以外のHUSという意味で使用されてきたが、最近ではH因子やC3などの遺伝子変異によって補体活性化第二経路が過剰に活性化することが報告されている。より最近にはプラスミノゲンなどの凝固関連因子異常がaHUSの病因となることが報告されたが、本稿では補体関連aHUSを中心に概説する。aHUSは、上記の3徴候の他にADAMTS13活性が...
松本 雅則
臨床血液   56(10) 2092-2099   2015年10月   [査読有り]
経時的なADAMTS13活性値測定によりThrombotic Thrombocytopenic Purpura(TTP)再発前に治療介入することができたSLEの1例
吉川 知伸, 野坂 宜之, 齋藤 有希惠, 藤井 洋輔, 塚原 宏一, 松本 雅則
日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   25回 135-135   2015年10月
溶血性疾患において輸血部門が適切に対応するために 血栓性微小血管症(TMA) 診断と輸血療法を含めた治療法
松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   61(5) 巻末23-巻末23   2015年10月
重症type1 von Willebrand病の診断におけるデスモプレッシン負荷試験の有用性(The usefulness of desmopressin loading test for the diagnosis of severe type 1 von Willebrand disease)
武山 雅博, 大仲 雅之, 矢田 弘史, 志田 泰明, 松本 智子, 早川 正樹, 松本 雅則, 野上 恵嗣, 嶋 緑倫
日本小児血液・がん学会雑誌   52(4) 262-262   2015年10月
クリオグロブリン血症患者における体外循環を経験した1例
横田 基次, 山本 和輝, 井ノ上 哲智, 小西 康司, 萱島 道徳, 早田 義宏, 阿部 毅寿, 谷口 繁樹, 早川 正樹, 松本 雅則
体外循環技術   42(3) 275-275   2015年9月
大腸 大腸がんの肝・脳転移への対応 Oxaliplatinによる肝類洞障害における血小板血栓とvon Willebrand factorの検討
錦織 直人, 松本 雅則, 小山 文一, 早川 正樹, 畠山 金太, 中村 信治, 植田 剛, 井上 隆, 川崎 敬次郎, 尾原 伸作, 中本 貴透, 藤井 久男, 藤村 吉博, 中島 祥介
日本癌治療学会誌   50(3) 2029-2029   2015年9月
日本人の非典型溶血性尿毒症症候群患者の遺伝子解析補体系因子とDGKEの遺伝子変異
宮田 敏行, 加藤 秀樹, 内田 裕美子, 吉田 瑶子, 小亀 浩市, 福岡 利仁, 要 伸也, 大田 敏之, 浦山 耕太郎, 藤永 周一郎, 櫻谷 浩志, 喜瀬 智郎, 渡邉 栄三, 織田 成人, 永田 裕子, 玉井 宏史, 小松 真太郎, 前沢 浩司, 川村 尚久, 永野 幸治, 河野 智康, 松本 雅則, 藤村 吉博, 南学 正臣
補体   52(1) 71-72   2015年8月
血漿輸注のみで寛解した非典型溶血性尿毒症症候群の1例
松本 祐嗣, 近藤 朋実, 中島 葉子, 山本 康人, 諸岡 正史, 伊藤 哲哉, 吉田 瑶子, 松本 雅則, 藤村 吉博
日本小児腎臓病学会雑誌   28(1Suppl.) 215-215   2015年6月
科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン(2015年6月1日 第1版)
牧野 茂義, 松下 正, 米村 雄士, 安村 敏, 紀野 修一, 河野 武弘, 田中 朝志, 松本 雅則, 脇坂 明美, 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会アルブミン製剤の使用指針策定に関するタスクフォース
日本輸血細胞治療学会誌   61(3) 巻末3-巻末22   2015年6月
標準治療抵抗性の血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブ投与のタイミングについての考察
浅井 英樹, 福島 英賢, 北岡 寛教, 川井 廉之, 西尾 健治, 松本 雅則, 奥地 一夫
日本救急医学会雑誌   26(6) 152-159   2015年6月
【目的】血漿交換とステロイド投与による標準治療に反応しない、難治性の血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)にはリツキシマブの投与が有効であるが、その必要性や投与時期の判断には、ADAMTS13活性やADAMTS13に対するinhibitorの測定が必要となる。しかし、これらマーカーのリアルタイムな測定は限られた施設でしか行われていない。本研究では、当施設で経験したTTPを後ろ向きに検討し、簡便な血液データの推移から、難治性の判断およびリツキシマブ投与の判断が可能かどうかについて検討する。【対象...
DiegoaおよびRh E血液型不適合による新生児溶血性黄疸の一例
箕浦 啓宣, 内田 優美子, 釜本 智之, 林 環, 中川 隆志, 新居 育世, 下村 志帆, 前田 英恵, 松本 雅則, 小泉 敏三, 森本 千裕, 西久保 敏也, 嶋 緑倫, 高橋 幸博
日本産婦人科・新生児血液学会誌   25(1) S-77   2015年5月
【ICUで遭遇する血液疾患】(Part 2.)血液内科のクリティカルシンドローム 血液疾患およびその治療に伴う重症合併症 血栓性血小板減少性紫斑病/溶血性尿毒症症候群 鑑別,病因,病態と治療方針
八木 秀男, 松本 雅則
Intensivist   7(2) 363-373   2015年4月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は微小血管症性溶血性貧血,血小板減少性紫斑,精神神経症状,腎機能障害,発熱の5徴候を呈する疾患であり,止血因子であるvon Willebrand因子(VWF)を特異的に切断し,その機能調節を司っている酵素であるADAMTS13活性の著減によりVWF依存性血小板血栓形成が亢進し,全身性の血栓症が引き起こされる。溶血性尿毒症症候群(HUS)は溶血性貧血,血小板減少,急性腎不全の3徴候を呈する疾患であり,そのほぼ90%が乳幼児や小児に好発する志賀毒素産生大腸菌に...
疾患REVIEW 血栓性微小血管症(TMA)
松本 雅則
SRL宝函   36(1) 12-21   2015年4月
血栓性微小血管症(thrombotic microangiopathy:TMA)は、血小板減少、溶血性貧血に腎障害などの臓器障害を伴う疾患群で、その代表が血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura:TTP)と溶血性尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome:HUS)である。TTPは、ADAMTS13活性が10%未満への著減で診断され、HUSには志賀毒素産生大腸菌(Shiga toxin producing Eshe...
von Willebrand factor抗原の肝病態を反映するバイオマーカーとしての可能性
高谷 広章, 松本 雅則, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 藤本 正男, 吉治 仁志, 藤村 吉博, 福井 博
肝臓   56(Suppl.1) A339-A339   2015年4月
先天性アンチトロンビンIII欠損症に対する左心室内血栓除去術、冠動脈バイパス術を施行した1症例
井ノ上 哲智, 山本 和輝, 衣笠 佑基, 黒川 宗雄, 岩下 裕一, 横田 基次, 小西 康司, 萱島 道徳, 山下 慶悟, 早田 義宏, 阿部 毅寿, 谷口 繁樹, 早川 正樹, 松本 雅則
日本臨床工学技士会会誌   (54) 155-155   2015年4月
八木 秀男, 松本 雅則
日本内科学会雑誌   104(3) 607-614   2015年3月   [査読有り]
八木 秀男, 松本 雅則
日本内科学会雑誌   104(3) 607-614   2015年3月
滲出性加齢黄斑変性患者におけるvon Willebrand因子の検討
山下 真理子, 石西 綾美, 早川 正樹, 吉田 瑤子, 松本 雅則, 緒方 奈保子
日本眼科学会雑誌   119(臨増) 320-320   2015年3月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)との鑑別が困難であった進行胃癌に伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)の一例
原田 涼香, 池田 直也, 上野 正闘, 金村 哲宏, 榎本 浩士, 北野 睦子, 西谷 喜治, 左官 弘和, 川口 正一郎, 松本 雅則
奈良県西和医療センター医学雑誌   4(1) 100-104   2015年3月
播種性血管内凝固症候群(DIC)と類似した疾患として血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)がある。両者の鑑別は時に難しく、日常臨床においてしばしば診断に苦慮することがある。近年、ADAMTS-13(A Disintegrin And Metalloproteinase with Thrombospondin type-1 motif,member 13)の活性及びインヒビターが両者の鑑別に有用であることが知られるようになった。症例は68歳女性。胃癌からの大量吐血のため救急搬送された。血小板減少...
吉田 瑶子, 松本 雅則
臨床血液   56(2) 185-193   2015年2月   [査読有り]
日本血栓止血学会 血友病患者に対する止血治療ガイドライン 2014年補遺版
藤井 輝久, 天野 景裕, 渥美 達也, 石黒 精, 大平 勝美, 岡本 好司, 勝沼 俊雄, 嶋 緑倫, 高橋 芳右, 松下 正, 松本 剛史, 森下 英理子, 岡 敏明, 齊藤 誠司, 酒井 道生, 白幡 聡, 鈴木 伸明, 瀧 正志, 竹谷 英之, 長江 千愛, 西田 恭治, 野上 恵嗣, 花房 秀次, 日笠 聡, 福武 勝幸, 堀越 泰雄, 家子 正裕, 井田 孔明, 松下 功, 松本 雅則, 窓岩 清治, 荻原 建一, 澤田 暁宏, 鈴木 隆史, インヒビターのない血友病患者に対する止血治療ガイドライン作成委員会,インヒビター保有先天性血友病患者に対する止血治療ガイドライン作成委員会
日本血栓止血学会誌   26(1) 75-78   2015年2月
維持透析患者における予後因子としてのフォンビルブランド因子抗原/ADAMTS13活性比の検討
早川 正樹, 松本 雅則, 石西 綾美, 吉田 瑤子, 吉井 由美, 藤村 吉博, 田中 賢治, 前田 琢磨, 亀井 政孝, 宮田 茂樹
臨床血液   56(1) 73-73   2015年1月
血小板系 溶血性尿毒症症候群(HUS)の分類と治療の進歩
吉田 瑶子, 松本 雅則
Annual Review血液   2015 225-231   2015年1月
溶血性尿毒症症候群(HUS)は,細血管障害性溶血性貧血,血小板減少,急性腎傷害を3主徴とする疾患である.HUSの多くは志賀毒素産生性大腸菌(STEC)への感染を契機に発症し"典型HUS"や"STEC-HUS"と呼ばれる.従来,HUSの多くはO157によるものであったが,近年ではO111やO104など,O157以外の原因菌による多数の重症例が報告されるようになり,その診断・治療法が見直されてきている.一方,STECに起因しないHUSは非典型HUS(aHUS)と呼ばれ,原因の多くは補体活性化の...
松本 雅則
日本血栓止血学会誌   25(6) 713-719   2014年12月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は,全身の微小血管に血小板血栓を生じる予後不良疾患である.無治療の場合は90%以上が死亡するが,血漿交換を実施することにより致死率が約20%になることが報告されている.TTPの病因として,von Willebrand因子(VWF)の切断酵素であるADAMTS13欠損が報告された.後天性TTPでは,ADAMTS13に対する自己抗体が産生され,同酵素活性が低下することが明らかとなり,なぜ血漿交換が有効であるかの説明可能となった.血漿交換無効例も存在するが,治療...
リツキシマブが著効した難治性血栓性血小板減少性紫斑病の一例
池田 守登, 大城 一郁, 和氣 亨, 野原 健, 上原 周一, 増田 陽子, 永元 哲治, 仲本 麗雅, 座覇 明子, 岩淵 悠介, 松本 雅則, 藤村 吉博
沖縄医学会雑誌   53(2) 15-18   2014年11月
22歳女。点状出血を主訴とした。血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)疑いで紹介受診し、来院時には眼瞼結膜貧血、両下腿の点状出血、膝周囲の紫斑、右上腕屈曲部に帯状の点状出血を認めたが、消化器症状は乏しかった。検査所見では凝固線溶系の異常はみられなかったが、溶血性貧血、血小板減少、破砕赤血球を認め、ADAMTS13活性減少、抗ADAMTS13抗体価5.6BU/mlより後天性TTPの中の定型的TTPと診断した。血漿交換とステロイドパルス療法を行うも、血小板減少が持続したため、難治性TTPの疑いでリ...
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)との鑑別が困難であった胃癌に伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)の一例
原田 涼香, 池田 直也, 上野 正闘, 金村 哲宏, 榎本 浩士, 北野 睦子, 岡村 昭彦, 中村 卓也, 市川 和樹, 西谷 喜治, 左官 弘和, 川口 正一郎, 松本 雅則
日本臨床外科学会雑誌   75(増刊) 860-860   2014年10月
【一般内科外来でみる出血傾向 「ぶつけてないのにアザ!」にあわてない】 血小板減少を生じる主な疾患の診断と治療 血栓性微小血管障害症
松本 雅則
内科   114(2) 225-228   2014年8月
血栓性微小血管障害症(TMA)は,血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)や溶血性尿毒症症候群(HUS)を含む疾患概念である.TMAは,原因不明の血小板減少と溶血性貧血で疑うことが重要であり,早期に診断し,治療を開始することが予後改善につながる.TTPはADAMTS13活性著減で診断される場合がある.TTPで有効性が明らかな治療法は血漿交換のみであるが,最近抗CD20モノクローナル抗体rituximabが有効であることが報告されている.志賀毒素産生大腸菌感染に伴うHUSは保存的な治療であるが,そ...
血便を認めない腸管出血性大腸菌感染症で発症した溶血性尿毒症症候群の一例
藤丸 季可, 熊谷 雄介, 上田 博章, 吉田 瑶子, 伊豫田 淳, 松本 雅則, 大西 真, 藤村 吉博, 芦田 明
日本腎臓学会誌   56(6) 706-706   2014年8月
日本人の非典型溶血性尿毒症症候群患者41人の遺伝子解析
宮田 敏行, 内田 裕美子, 吉田 瑶子, 池島 裕子, Fan Xinping, 芦田 明, 和田 英夫, 大塚 泰史, 中村 健治, 石川 智朗, 八田 和大, 服部 元史, 久野 正貴, 才田 謙, 西尾 健治, 瀧本 智仁, 幡谷 浩史, 大原 敦子, 川村 尚久, 波多江 健, 松本 雅則, 加藤 秀樹, 南学 正臣, 藤村 吉博
補体   51(1) 86-87   2014年8月
松本 雅則
日本内科学会雑誌   103(7) 1613-1621   2014年7月   [査読有り]
【フォンウィルブランド病〜分子基盤から臨床まで〜】 臨床 フォンウィルブランド病の検査と診断 VWFマルチマー解析を中心に
早川 正樹, 松本 雅則
血液フロンティア   24(8) 1177-1183   2014年7月
フォンウィルブランド病(VWD)は、血液中の止血因子であるフォンウィルブランド因子(VWF)の質的・量的異常により発症する先天性の出血性疾患である。VWFの量的減少であるType1、VWFの質的異常であるType2、VWFの完全欠損であるType3と分類されている。このような診断と病型分類には、VWF抗原量やリストセチンコファクターなどの活性検査を組み合わせて実施する必要がある。また、VWFマルチマー解析は実施が困難な検査であるが、VWF抗原と活性の両者を確認することが可能な検査で、VWD...
ADAMTS13解析の新展開 TTPから種々の病態へ
松本 雅則
東北止血・血栓研究会会誌   XXVI(1) 1-3   2014年5月
日本人家系で非典型溶血性尿毒症症候群の原因と推定されたC3変異の分子構造解析
芦田 明, 山本 大助, 吉田 瑤子, Xining Fan, 松本 雅則, 宮田 敏行, 藤村 吉博, 玉井 浩
日本腎臓学会誌   56(3) 281-281   2014年5月
エクリズマブ投与を要した非典型溶血性尿毒症症候群の一例
森川 聖子, 熊谷 雄介, 上田 博章, 吉田 瑶子, 松本 雅則, 藤村 吉博, 芦田 明, 藤丸 季可
大阪小児科学会誌   31(1) 11-11   2014年4月
自己抗体の最前線(第4回) 血液疾患の新たな自己抗体 血栓性血小板減少性紫斑病における抗ADAMTS13自己抗体
松本 雅則
炎症と免疫   22(3) 213-217   2014年4月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は、無治療の場合は致死率90%以上で予後不良であるが、血漿交換の導入により致死率20%程度に低下した。病因不明の時代が長くつづいたが、1998年に後天性TTPではADAMTS13自己抗体によって同活性が著減することが明らかになった。多くの後天性TTPでは急性期を過ぎると自己抗体を認めなくなり、一般的な自己免疫疾患とは経過が異なっている。また、後天性TTPで唯一効果が明らかな治療法は血漿交換であるが、治療により抗原(ADAMTS13)を投与することになり自己...
慢性肝炎患者の肝癌発症とADAMTS13活性、von Willebrand factor抗原の動態
高谷 広章, 瓦谷 英人, 森岡 千恵, 藤本 正男, 早川 正樹, 松本 雅則, 吉治 仁志, 藤村 吉博, 福井 博
肝臓   55(Suppl.1) A338-A338   2014年4月
本邦における非典型溶血性尿毒症症候群患者の登録状況と診断法の確立
吉田 瑶子, 内田 裕美子, 芦田 明, 服部 元史, 松本 雅則, 宮田 敏行, 藤村 吉博
日本小児腎臓病学会雑誌   27(1Suppl.) 103-103   2014年4月
エクリズマブ投与を検討した非典型溶血性尿毒症症候群2例
久富 隆太郎, 熊谷 雄介, 上田 博章, 吉田 瑶子, 松本 雅則, 宮田 敏行, 藤村 吉博, 芦田 明, 藤丸 季可
日本小児腎臓病学会雑誌   27(1Suppl.) 105-105   2014年4月
症例から学ぶ血栓症Q&A 妊婦TMA(TTP、HUS)の診断と治療のポイントとは?
松本 雅則
Thrombosis Medicine   4(1) 71-75   2014年3月
リツキシマブ療法を行った再発難治性血栓性血小板減少性紫斑病の1例
鈴木 秀幸, 梶口 智弘, 奥野 真吾, 小川 陽生, 唐澤 千夏, 竹内 達哉, 松本 雅則, 藤村 吉博, 大野 稔人, 瀧本 淳
陶生医報   (29) 89-92   2014年3月
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)は急性の致死的疾患でありその原因の多くはADAMTS13に対する抗体産生と考えられている主な治療法は血漿交換とされているが、それに反応しない難治性の症例も存在する。近年、再発難治性TTPに対してRituximabによる免疫抑制療法の有効性が報告されている。症例は29歳男性で、TTPに対して連日の血漿交換を行うも奏功せず、Rituximab療法にて寛解を得た。その2年後に再発を認め、治療開始時より血漿交換療法とRituximab療法の併用を行った結果、初発時...

書籍等出版物

 
小児慢性特定疾病 診断の手引き
松本雅則
2016年   
血栓性微小血管症 診断・治療実践 マニュアル
宮川義隆、松本雅則、南学正臣(監修)
医薬ジャーナル   2016年   
今日の治療指針
松本雅則
医学書院   2015年   
血液専門医テキスト
松本雅則
南江堂   2015年   
今日の診断指針
松本雅則
医学書院   2015年   

講演・口頭発表等

 
Miltenberger関連抗体の同定と抗体価測定に苦慮した妊婦の1症例
長谷川 真弓, 下村 史帆, 谷川 歩, 梅木 弥生, 松本 雅則, 佐道 俊幸, 小林 浩, 内川 誠
第62回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会   2018年11月24日   
後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)における凝固マーカーの後方視的解析
中塚 優希, 酒井 和哉, 吉井 由美, 早川 正樹, 和田 英夫, 松本 雅則
第40回日本血栓止血学会   2018年6月28日   
後天性TTPにおける凝固検査の意義
酒井 和哉,中塚 優希, 早川 正樹,松本 雅則
第109回近畿血液学地方会   2018年6月9日   
循環器疾患に伴うvon Willebrand症候群 von Willebrand病と後天性von Willebrand症候群
松本 雅則
日本輸血細胞治療学会   2018年5月24日   
ABO血液型A型抗原を持つvon Willebrand因子はADAMTS13による切断を受けにくい
早川 正樹, 加藤 誠司, 松井 太衛, 酒井 和哉, 藤村 吉博, 松本 雅則
日本輸血細胞治療学会   2018年5月24日   
男性仮性半陰陽患者の血液型精査にFCMが有用であった1症例
長谷川 真弓, 上野 華恵, 下村 志帆, 前田 美和, 馬場 由美, 梅木 弥生, 田中 忍, 酒井 和哉, 早川 正樹, 松本 雅則
日本輸血細胞治療学会   2018年5月24日   
「DIC診断UP TO DATE」 TTPにおける凝固検査の検討 DICとの鑑別が可能か?
酒井 和哉, 松本 雅則
日本血栓止血学会誌   2018年5月   
経皮的心肺補助循環装置使用時に合併する後天性von Willebrand症候群の基礎解析
早川 正樹, 井上 雄介, 山田 昭博, 白石 泰之, 堀内 久徳, 山家 智之, 松本 雅則
日本血栓止血学会誌   2018年5月   
Ischemia-Reperfusion Injury with Pringle's Maneuver Induces Increasing of Unusually Large Von Willebrand Factor Multimers after Hepatectomy.
Takahiro Yoshikawa, Takeo Nomi, Kazuya Sakai, Masaki Hayakawa, Daisuke Hokuto, Satoshi Yasuda, Masayuki Sho, Masanori Matsumoto.
59th ASH Annual Meeting and Exposition   2017年12月11日   
ヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注の院内管理体制の構築と投与まで
杉邑 俊樹, 谷山 歩, 隅 志穂里, 上野 華恵, 松下 彰利, 前田 美和, 下村 志帆, 馬場 由美, 長谷川 真弓, 梅木 弥生, 酒井 和哉, 早川 正樹, 松本 雅則, 久保 政之, 天野 逸人
第61回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会   2017年11月11日   
Risk factors of ADAMTS13 inhibitor boosting in primary acquired thrombotic thrombocytopenic purpura.
吉井由美,酒井和哉,松浦佳代子,三浦侑子,早川正樹,松本雅則
第79回日本血液学会   2017年10月21日   
The retrospective analysis of prognostic factors of Japanese patients with congenital TTP.
酒井和哉,藤村吉博,石西綾美,早川正樹,八木秀男,松本雅則.
第79回日本血液学会   2017年10月21日   
血小板減少症における輸血療法
松本 雅則
第69回日本輸血・細胞治療学会東海支部例会   2017年10月14日   
他領域からみた妊娠高血圧症候群 HELLP症候群の病態解析 [招待有り]
松本 雅則
第38回日本妊娠高血圧学会   2017年9月23日   
Von Willebrand Factor Propeptide May Identify the Patients Susceptible for Renal Dysfunction in Collagen Disease
N.Yada,M Matsumoto,K Sakai, M Hayakawa,Y Fujimura,T Fujimoto,S Ono,K Yoshimoto,Y Urizono,K Nishino.
XXVI Congress and 63rd Annual SSC Meeting of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH)   2017年7月10日   
Successful International Standardisation of the ADAMTS13 Assays - Results from the APMAT (Asia Pacific Microangiopathic Thrombocytopenia) Network
J.Y. Tiao, D. Oh, P. Angchaisuksiri, J. Sathar, M. Yap, C. Ruan, Z. Yu, K. Dai, R. Yang, M. Smith, E. Merriman, S. McRae, R. Wong, A. Enjeti, J. Curnow, J. Joseph, A. Davies, G. Chan, C. McLintock, L. Young, P. Meijer, N. Binder, M. Matsumoto, S.L. Tien, W.H. Wong, S.C. Nair, M.-C. Shen, R. Bird, T. Brighton, G.V. D‘Aulerio, G. Gilmore, J. Tay, Q. Hughes, R.I. Baker.
XXVI Congress and 63rd Annual SSC Meeting of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH)   2017年7月10日   
A proposal of VWF large multimer index for standardization of the quantitative description of VWF multimers among laboratories.
The 63rd Annual Scientific and Standardization Committee Meeting   2017年7月8日   
奈良県内における血液製剤使用量の増減に関するアンケート調査報告
酒井 和哉, 中村 文彦, 八木 秀男, 沢井 正佳, 中瀬 有遠, 西野 正人, 高 済峯, 西村 公男, 高橋 幸博, 松本 雅則
第65回日本輸血細胞治療学会   2017年6月22日   
学会認定・臨床輸血看護師アンケート結果(2016年8月実施)
田崎 哲典, 牧野 茂義, 水田 秀一, 梶原 道子, 松本 雅則, 大久保 光夫, 大戸 斉
第65回日本輸血細胞治療学会   2017年6月22日   
本態性血小板血症におけるフォンウィルブランド因子マルチマー解析の重要性について
久保 政之, 酒井 和哉, 早川 正樹, 松本 雅則, 八木 秀男
第39回日本血栓止血学会学術集会   2017年6月10日   
膠原病の血管炎予測におけるvon Willebrand factor propeptideの有用性
矢田 憲孝, 松本 雅則, 酒井 和哉, 早川 正樹, 藤村 貴則, 藤本 隆, 大野 史郎, 吉本 清巳, 西尾 健治
第39回日本血栓止血学会学術集会   2017年6月10日   
川崎病急性期におけるADAMTS13の動態
辻井 信之, 野上 恵嗣, 吉澤 弘行, 松本 雅則, 高瀬 俊夫, 田中 一郎, 阪井 利幸, 嶋 緑倫
第39回日本血栓止血学会学術集会   2017年6月8日   
さらなる適正使用に向け た、血液製剤の使用と輸血療法の実 施に関する研究
松本 雅則
平成28年度輸血関 連研究班 第 2 回合同班会議   2017年2月11日   
血栓性血小板減少性紫斑 病(TTP)診療ガイドの作成状況.
松本雅則、厚生労働科研「血液凝固異 常症等に関する研究班」TTPサブ
第11回日本血栓止血学会学術標準化 委員会シンポジウム   2017年1月21日   
The Avec Study Group.標準化したVWF マルチマー解析によって評価した循 環器疾患随伴AVWSの重症度と出 血性合併症の関係
堀内久徳、松本雅則、小亀浩市
第11回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジ ウム   2017年1月21日   
Quantitative ELISA Using N10 Antibody, Targeting on VWF-Y1605 Residue, Indicates That N-Linked Blood Group Type A Carbohydrate on VWF Molecule Functions Against ADAMTS13 Cleavage.
Hayakawa M, Kato S, Matsui T, Sakai K, Yoshii Y, Yagi H, Fujimura Y, Matsumoto M.
The 58th Annual meeting of American Society of Hematology.   2016年12月5日   
Severe Reduction of Free ADAMTS13, Unbound to Von Willebrand Factor, in Plasma Milieu Is a Unique Feature of HELLP Syndrome.
Yoshida Y, Isonishi A, Sado T, Hayakawa M, Yagi H, Kobayashi H, Fujimura Y, Matsumoto M.
The 58th Annual meeting of American Society of Hematology.   2016年12月3日   
大動脈弁狭窄症の根治術により難治性消化管出血が改善した症例
早川 正樹, 酒井 和哉, 長谷川 真弓, 前田 美和, 辻内 智美, 馬場 由美, 下村 志帆, 隅 志穂里, 上野 華恵, 松下 彰利, 杉邑 俊樹, 梅木 弥生, 松本 雅則
第60回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会   2016年11月26日   
Quantitative evaluation of degradation products in von Willebrand factor A2 domain by ADAMTS13.
Hayakawa M, Kato S, Fujimura Y, Matsumoto M.
第 78 回日 本血液学会学術集会.パシフィコ横 浜   2016年10月15日   
Pulmonary hypertension complicated by severe hemolysis in neonate with congenital TTP.
Tsujii N, Matsumoto M, Kokame K, Takahashi Y, Fujimura Y.
第 78 回日本血液学会学術集会.パシフィコ横浜   2016年10月15日   
The point-mutated botorocetin-2 inhibits VWF-induced platelet agglutination.
Matsui T, Hori A, Hamako J, Matsushita F, Matsumoto M, Hayakawa M, Fujimura Y.
第 78 回日本血液学 会学術集会.パシフィコ横浜   2016年10月13日   
Analysis of Thrombotic Microangiopathy with Severe ADAMTS13 Deficiency in Japanese Registry. [招待有り]
松本 雅則
The 9th Congress of the Asia-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis.   2016年10月8日   
人工心臓内の高ずり応力が引き起こす出血性疾患 後天性フォンウィルブランド症候群
堀内 久徳, 坂爪 公, 松本 雅則, 小亀 浩市, 齋木 佳克
第89回日本生化学会大会   2016年9月25日   
Analysis of genetic background and evaluation with hemolysis assay in patients with atypical hemolytic uremic syndrome in Japan.
Masaomi Nangaku, Hideki Kato, Yoko Yoshida, Madoka Fujisawa, Yuka Sugawara, Toshiyuki Miyata,
Asian Pacific Congress of Nephrology (APCN)   2016年9月20日   
Characterization of the patients with atypical hemolytic uremic syndrome by combination of hemolytic assay and gene analysis in Japan.
Yoko Yoshida, Hideki Kato, Madoka Fujisawa, Yuuka Sugahara, Yumiko Uchida, Masanori Matsumoto, Yoshihiro Fujimura, Toshiyuki Miyata, Nangaku Masaomi.
26th INTERNATIONAL COMPLEMENT WORKSHOP   2016年9月6日   
No association between dysplasminogenemia with p.Ala620Thr mutation and atypical
Toshiyuki Miyata, Yumiko Uchida, Yoko Yoshida, Hideki Kato, Masanori Matsumoto, Koichi Kokame, Yoshihiro Fujimura, and Masaomi Nangaku
The 26th International Complement Workshop   2016年9月4日   
デジタルPCRを用いたaHUS関連遺伝子異常の検出
小亀 浩市, 内田 裕美子, 宮田 敏行, 松本 雅則, 藤村 吉博, 吉田 瑶子, 加藤 秀樹, 南学 正臣
第38回日本血栓止血学会学術集会   2016年6月18日   
病因に基づいたTMAの診断と治療法の選択
松本 雅則
第38回日本血栓 止血学会学術集会   2016年6月17日   
Inhibitor boostingにリツキシマブが著効した血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)症例
飯野 宏允, 柳澤 邦雄, 小川 孔幸, 清水 啓明, 三井 健揮, 石埼 卓馬, 半田 寛, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久
第38回日本血栓 止血学会学術集会   2016年6月18日   
低力価ADAMTS13インヒビター残存状態で均衡を保っている血栓性血小板減少性紫斑病の1例
内藤 千晶, 小川 孔幸, 柳澤 邦雄, 石埼 卓馬, 三原 正大, 半田 寛, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久
第38回日本血栓 止血学会学術集会   2016年6月18日   
大動脈弁置換術で小腸血管異常まで改善したHeyde症候群のマルチマー解析
早川 正樹, 松本 雅則, 山下 慶吾, 阿部 毅寿, 谷口 繁樹
第38回日本血栓止血学会学術集会   2016年6月18日   
大腸がん化学療法後の肝類洞障害はvon Willebrand因子による血小板血栓形成により発症する
松本 雅則, 錦織 直人, 小山 文一, 早川 正樹, 畠山 金太, 高 済峯, 藤村 吉博, 中島 祥介
第38回日本血栓止血学会学術集会   2016年6月18日   
後天性原発性血栓性血小板減少性紫斑病の再発危険因子の検討
吉井 由美, 早川 正樹, 石西 綾美, 堀 勇二, 藤村 吉博, 松本 雅則
第38回日本血栓 止血学会学術集会   2016年6月18日   
血小板減少症の病態と輸血療法 TMAにおける血漿療法と病因に基づいた新規治療法の選択
松本 雅則
第 64 回日本輸血・細胞治療学会総会   2016年4月28日   
当院で過去5年半に血液型判定困難で精査となった65症例の検討
杉邑 俊樹, 長谷川 真弓, 隅 志穂里, 下村 志帆, 馬場 由美, 辻内 智美, 前田 美和, 早川 正樹, 松本 雅則
第 64 回 日本 輸血・細胞治療学会総会   2016年4月28日   
自施設作成混合血の組成およびその機能解析と緊急時の新生児の交換輸血
高橋 幸博, 長谷川 真弓, 松本 雅則
第 64 回日本輸血・細胞治療学会総会   2016年4月28日   
超低体重出生児に認めたABO式血液型キメラの解析
馬塲 由美, 長谷川 真弓, 前田 美和, 辻内 智美, 下村 志帆, 隅 志穂里, 梅木 弥生, 早川 正樹, 松本 雅則, 内田 優美子, 高橋 幸博
日本輸血細胞治療学会誌   2016年2月   
von Willebrand因子マルチマー解析における目的に応じた方法の選択について
早川 正樹, 松本 雅則
日本検査血液学会雑誌   2015年6月   
妊娠を契機に診断されたUpshaw-Schulman症候群症例における第二子妊娠の周産期管理
森山 雅人, 玉木 悦子, 松本 雅則, 石西 綾美, 松本 吉史, 冨永 麻理恵, 工藤 理沙, 安達 聡介, 生野 寿史, 高桑 好一, 宮腰 淑子, 小堺 貴司, 小林 弘典, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 増子 正義, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 西條 康夫
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
若年性脳梗塞を契機に診断された高ホモシスチン血症合併Upshaw-Schulman症候群の1例
金谷 秀平, 小川 孔幸, 平形 絢子, 柳澤 邦雄, 石埼 卓馬, 三原 正大, 内藤 千晶, 半田 寛, 早川 正樹, 石西 綾美, 松本 雅則, 野島 美久
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
腹部大動脈瘤切迫破裂術後に重症意識障害で発症した血栓性血小板減少性紫斑病の1例
内藤 千晶, 小川 孔幸, 柳澤 邦雄, 石埼 卓馬, 三原 正大, 半田 寛, 石西 綾美, 早川 正樹, 松本 雅則, 野島 美久
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
血小板輸血は後天性TTPの予後を悪化させるか?
吉井 由美, 藤村 吉博, 石西 綾美, 堀 勇二, 早川 正樹, 車谷 典男, Bennett Charles L., 松本 雅則
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
ヒトVWFに存在するABO(H)血液型抗原の付加経路の解析
狩野 泰輝, 松下 文雄, 浜子 二治, 松本 雅則, 藤村 吉博, 近藤 一直, 松井 太衛
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
滲出性加齢黄斑変性患者におけるFactor Hとvon Willebrand因子による病態解析
山下 真理子, 松本 雅則, 石西 綾美, 早川 正樹, 吉田 瑤子, 藤村 吉博, 緒方 奈保子
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
変異導入組換えボトロセチン-2を用いた血小板凝集の制御
高岸 波穂, 堀 有沙, 浜子 二治, 松下 文雄, 松本 雅則, 早川 正樹, 藤村 吉博, 狩野 泰揮, 近藤 一直, 松井 太衛
日本血栓止血学会誌   2015年4月   
血漿分画製剤による副作用の検討
隅 志穂里, 長谷川 真弓, 辻内 智美, 門池 真弓, 下村 志帆, 前田 美和, 早川 正樹, 松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   2015年4月   
奈良医大病院における緊急輸血の現状と問題点
下村 志帆, 前田 美和, 長谷川 真弓, 辻内 智美, 門池 真弓, 馬塲 由美, 上野 華恵, 隅 志穂里, 西田 幸世, 早川 正樹, 松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   2015年2月   
血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの第2相医師主導治験
宮川 義隆, 松本 雅則, 上田 恭典, 村田 満, 阿部 貴行, 三宅 真二, 菊地 佳代子, 岡本 真一郎, 太田 秀一, 半田 寛, 朝倉 英策, 和田 英夫, 西尾 健治, 椿 和央, 日笠 聡, 野村 昌作, 一戸 辰夫, 藤村 吉博
臨床血液   2014年9月   
腎臓内科領域におけるアフェレシスの未来展望 血栓性微小血管障害症に対する治療法の進歩
松本 雅則
日本アフェレシス学会雑誌   2014年9月   
TTPの診断と治療
松本 雅則
日本検査血液学会雑誌   2014年6月   
造血幹細胞移植後の肝中心静脈閉塞症の発症と予防的血小板輸血との関連性
早川 正樹, 松本 雅則, 吉井 由美, 八木 秀男, 藤村 吉博
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
後天性TTPの血漿交換療法の影響によるADAMTS13自己抗体の動態解析
石西 綾美, 松本 雅則, 藤村 吉博
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
TTPとHUS TTPの診断と治療
松本 雅則
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
奈良医大付属病院における輸血後感染症検査の実施状況
長谷川 真弓, 西田 幸世, 前田 美和, 辻内 智美, 門池 真弓, 馬塲 由美, 下村 志帆, 内池 敬男, 早川 正樹, 松本 雅則, 藤村 吉博
日本輸血細胞治療学会誌   2014年4月   
造血幹細胞移植患者における好中球生着とUL-VWFM出現との関連
早川 正樹, 松本 雅則, 八木 秀男, 天野 逸人, 田中 晴之, 木村 弘, 藤村 吉博
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
定量的溶血試験と遺伝子解析を用いた本邦aHUS患者の病態解析
吉田 瑶子, 範 新萍, 大山 良文, 古久保 哲朗, 岩本 顕聰, 森 俊雄, 松本 雅則, 池島 裕子, 宮田 敏行, 藤村 吉博
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
ダイレクトシークエンシング、定量PCR、次世代シークエンシングを用いたTTP患者の遺伝子解析
樋口 由佳[江浦], 小亀 浩市, 高蓋 寿朗, 田中 亮二郎, 小林 光, 石田 文宏, 久永 修一, 松本 雅則, 藤村 吉博, 宮田 敏行
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
維持血液透析患者の血小板減少に対する抗血小板第4因子/ヘパリン抗体の関与
松本 雅則, 早川 正樹, 石西 綾美, 吉田 瑶子, 吉井 由美, 田中 賢治, 前田 琢磨, 宮田 茂樹, 藤村 吉博
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
デジタルPCRを用いたADAMTS13遺伝子変異のヘテロ接合性の解析
小亀 浩市, 樋口 由佳[江浦], 松本 雅則, 藤村 吉博, 宮田 敏行
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
インフルエンザ感染時の血小板減少を契機に診断された非典型溶血性尿毒症症候群の1例
田井 義彬, 西尾 健治, 大野 史郎, 吉本 清巳, 赤井 靖宏, 池島 裕子, 宮田 敏行, 吉田 瑶子, 松本 雅則, 藤村 吉博
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
重症大動脈弁狭窄症患者の弁置換術前後におけるVWF依存性血小板血栓形成の計時的変化の検討
八木 秀男, 早川 正樹, 山口 尚子, 山下 慶悟, 松本 雅則, 谷口 繁樹, 杉本 充彦, 椿 和央, 藤村 吉博
日本血栓止血学会誌   2014年4月   
奈良県立医科大学附属病院における自己血輸血の現状と課題
松本 雅則
自己血輸血   2013年12月   

競争的資金等の研究課題

 
難治性疾患実用化研究事業 高ずり応力を伴う循環器難病に随伴する出血性合併症予知法の開発
日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 堀内 久徳
難治性疾患実用化研究事業 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の複合的アプローチによる診断と治療向上に関する研究
日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤 秀樹
難治性疾患実用化研究事業 機械的補助循環に合併する後天性von Willebrand症候群の治療法の開発
日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 松本 雅則
難治性疾患実用化研究事業 植込型補助人工心臓装着後の出血性合併症予知法および予防法の確立に関する研究
日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 斎木 佳克
重症大動脈弁狭窄症に合併する消化管出血のフォンビレブランド因子による病態解析
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 早川 正樹
難治性疾患等政策研究事業 血液凝固異常症等に関する研究
厚生労働省科学研究費
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 村田 満
医薬品等規制調和・評価研究事業 さらなる適正使用に向けた、血液製剤の使用と輸血療法の実施に関する研究
日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松下 正
フォンビルブランド因子特異的切断酵素(ADAMTS13)
血栓性微小血管障害症(TMA)
TMAのVWFとADAMTS13による解析。

特許

 
加藤 誠司, 日裏 久英, 藤村 吉博, 松本 雅則
加藤 誠司, 日裏 久英, 藤村 吉博, 松本 雅則
加藤 誠司, 日裏 久英, 藤村 吉博, 松本 雅則
日裏 久英, 加藤 誠司, 藤村 吉博, 松本 雅則
日裏 久英, 藤村 吉博, 松本 雅則, 加藤 誠司
日裏 久英, 藤村 吉博, 松本 雅則, 加藤 誠司
日裏 久英, 加藤 誠司, 藤村 吉博, 松本 雅則
宮田 敏行, 小亀 浩市, 松本 雅則, 藤村 吉博, 河野 雄平