佐々木 健夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/29 03:10
 
アバター
研究者氏名
佐々木 健夫
 
ササキ タケオ
URL
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/photoref/
所属
東京理科大学
部署
東京理科大学 理学部第二部 化学科
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1994年
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
1994年
 - 
1996年
東北大学 助手
 
1996年
 - 
1998年
大分大学 講師
 
1998年
 - 
2000年
大分大学 助教授
 
2000年
 - 
2010年
東京理科大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京理科大学 理学部 応用化学
 
 
 - 
1994年
東京工業大学 総合理工学研究科 電子化学
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
2016年9月
日本液晶学会  学会理事等
 
2014年9月
 - 
2020年8月
高分子学会  光反応・電子材料研究会幹事
 
2012年3月
 - 
2016年4月
学会誌及び論文誌の編集者
 
2011年6月
 - 
2012年5月
日本高分子学会  学会賞選考委員
 
2010年6月
 - 
2011年5月
日本高分子学会  学会賞選考委員
 

受賞

 
2016年9月
SPIE シニアメンバー
 
2004年9月
日本液晶学会賞(論文賞A部門)
 
2004年9月
高分子学会Wiley賞
 

論文

 
Time-Resolved Observation of Isothermal Phase Transition of Liquid Crystals Triggered by Photochemical Reaction of Dopant
S. Kurihara, T. Ikeda, T. Sasaki, H.-B. Kim, and S. Tazuke
J. Chem. Soc. Chem. Commun   1751   1990年   [査読有り]
Photochemical Phase Transition Behaviors of Ternary Mixtures of Photochromic Azobenzene Derivative, Low Molecular Weight Liquid Crystal
T. Ikeda, T. Miyamoto, T. Sasaki, B. Lee, and S. Tazuke
Mol. Cryst. Liq. Cryst.   188 235   1990年   [査読有り]
Excimer Formation in Main-Chain Polymer Liquid Crystals with Mesogenic p-Phenyleneacrylic Acids
T. Ikeda, C.H. Lee, T. Sasaki, B. Lee, S. Kurihara, and S. Tazuke
Macromolecules   23 1691   1990年   [査読有り]
Photoreactivity and Emission Properties of Liquid Crystalline Twin Dimers Containing Cinnamic Acid Moieties at Both Ends of Ethylene Glycol Spacers.
T. Ikeda, Ta. Ikeda, T. Sasaki, B. Lee, S. Kurihara, and S. Tazuke
Liquid Crystals   9 469   1991年   [査読有り]
Photoreactivity and Emission Properties of Liquid Crystalline Twin Dimers Containing Cinnamic Acid Moieties at Both Ends of Ethylene Glycol Spacers. I. Synthesis, Thermotropic Properties and Photoreactivity
T. Ikeda, Ta. Ikeda, T. Sasaki, B. Lee, S. Kurihara, and S. Tazuke
Liquid Crystals   9 457   1991年   [査読有り]

Misc

 
液晶性高分子のフォトリフラクティブ効果
1人
高分子加工   48(5) 6   1999年5月
強誘電性液晶における自発分極ベクトル転向型高速応答フォトリフラクティブ効果
佐々木健夫
マテリアルインテグレーション   15(3) 27-29   2002年3月
新指導要領導入と理数系教育を思う:ファインマンの父親
佐々木健夫
理大科学フォーラム   217 43   2002年
フォトリフラクティブ液晶の研究
佐々木健夫
理大科学フォーラム   218 26-27   2002年
側鎖型ブロック共重合体のフォトリフラクティブ効果
佐々木健夫
高分子加工   54(10) 460-466   2005年10月

書籍等出版物

 
Liquid Crystals - Self-Organized Soft Functional Materials for Advanced Applications
Takeo Sasaki, 他14名 (担当:共著)
InTech   2019年1月   ISBN:978-1-78984-885-4
Alkenes
Takeo Sasaki, 他17名 (担当:共著)
INTECH   2018年2月   ISBN:10.5772/65566
ゼロからの最速理解 量子化学
佐々木健夫
株式会社コロナ社   2017年5月   ISBN:978-4-339-06639-5
理工系の基礎 教養化学
佐々木健夫 他 教養化学編集委員会 (担当:共著)
丸善出版株式会社   2016年8月   ISBN:978-4-621-30041-1C30
Ferroelectric Materials - Synthesis and Characterization
Takeo Sasaki 他8名
INTECH   2015年7月   

講演・口頭発表等

 
クロモニック液晶におけるキラリティの影響
白井達也、ミンシュライ、ノエルクラーク、中裕美子、レバンコア、佐々木健夫
2018年度日本液晶学会討論会   2019年9月4日   
Large Photorefractive Effect Observed in Smectic Liquid Crystal Blends Containing Small Amount of Chiral Compound
Takeo Sasaki
PHOTONICS2018 The International Conference on Fiber Optics and Photonics   2018年12月12日   
イソシアネート架橋剤を含むポリオレフィンスルホン系解体性接着剤
小泉綾音、レバンコア、佐々木健夫
第67回高分子討論会   2018年9月12日   
アルキル鎖長の異なる三環ビオロゲンの合成と液晶性評価
木村明日香、伊藤雷、レバンコア、佐々木健夫、中裕美子
2018年度日本液晶学会討論会   2018年9月4日   
コレステリック液晶中におけるバブルドメインの構造と高分子化の検討
高橋佐和子、堀江啓介、中裕美子、レバンコア、佐々木健夫
2018年度日本液晶学会討論会   2018年9月4日   

競争的資金等の研究課題

 
強誘電性液晶のフォトリフラクティブ効果
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2015年
フォトリフラクティブ効果とは、屈折率を様々なプロセスを経る光学的過程によって変調する現象として定義される。フォトリフラクティブ効果を示す物質中でレーザー光を干渉させると屈折率格子が形成される。この現象は様々なフォトニクス技術に応用できる。強誘電性液晶は電界に対する応答が高速である。光導電性の強誘電性液晶中でレーザーを干渉させれば、液晶分子の配向変化に基づく格子が形成される。強誘電性液晶における屈折率格子の形成は高速である。
高分子のフォトリフラクティブ効果
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2015年
高分子、特に液晶性高分子のフォトリフラクティブ効果の研究を行っている。
高分子の光誘起解重合
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2015年
光塩基発生基を有する一連のポリオレフィンスルホンを合成し、その光化学的に誘起される解重合を研究している。光化学的に発生した塩基はポリオレフィンスルホンの主鎖から水素を引き抜き、解重合反応を誘起させる。

特許

 
10-2018-7029807 : リチウム電池用結着剤、電極作製用組成物および電極
TW201810782 : リチウム電池用結着剤、電極作製用組成物および電極
US2018/138508 : リチウム電池用結着剤、電極作製用組成物および電極
特許6457043 : リチウム電池用結着剤、電極作製用組成物および電極
US10044040 : リチウム電池用結着剤、電極作製用組成物および電極