NISHIZAWA Eiichiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
NISHIZAWA Eiichiro
E-mail
nishizawhosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Institute of Comparative Economic Studies
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(University of Maryland(U.S.A.))
Research funding number
30328900

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
   
 
農林水産省入省 食品流通局に配属
 
Apr 1990
   
 
農業総合研究所に出向 農業構造部地域・環境研究室に配属
 
Aug 1995
   
 
農業構造部環境経済研究室に配置換え
 
Jul 1998
   
 
農業総合研究所 農業構造部環境経済研究室 主任研究官
 
Apr 2000
   
 
法政大学経済学部助教授(「環境政策論」担当)
 

Education

 
 
 - 
1988
教養学科人文地理学分科, Faculty of Liberal Arts, The University of Tokyo
 
 
 - 
1998
Agricultural and Resource Economics, University of Maryland
 

Published Papers

 
地域資源を活用したむらづくりにおけるソーシャル・キャピタルの役割-滋賀県近江八幡市白王町を事例として-
林岳・西澤栄一郎・合田素行
農林水産政策研究   (28) 63-78   Jul 2018   [Refereed]
農業環境支払いの費用効率性をめぐる議論と実践
西澤栄一郎
農業経済研究   88(4) 420-425   Mar 2017   [Refereed]
地域資源を活用したむらづくりにおける活動の階層性-滋賀県近江八幡市白王町を事例として-
西澤栄一郎・合田素行・林岳
農村計画学会誌   35 339-344   Nov 2016   [Refereed]
Agri-environmental Policies of Japan and Shiga Prefecture
Journal of International Economic Studies   29 23-34   Mar 2015
オランダにおける家畜ふん尿政策と家畜ふん尿の利用
矢部光保編『高水分バイオマスの液肥利用――環境影響評価と日中欧の比較――』筑波書房   270-285   Dec 2014

Misc

 
農村振興を理解する枠組みとしての農村ウェブ
西澤栄一郎
経済志林   85(2) 563-576   Mar 2018
優れた農村振興の要点とは
西澤栄一郎
農林水産政策研究所レビュー   (74) 1   Nov 2016
ドイツ環境支払いの今-バーデンビュルテンベルク州を例に-
西澤栄一郎
日本農業新聞      May 2016
農業環境政策の展開-EU・アメリカとの比較-
農業と経済   80(9) 16-25   Oct 2014
オランダの環境協同組合
清水純一・坂内久・茂野隆一編『復興から地域循環型社会の構築へ』農林統計出版   349-364   Jul 2013

Books etc

 
環境政策史:いまなぜ歴史から問うのか
西澤栄一郎・喜多川進(編) (Part:Joint Editor)
ミネルヴァ書房   Mar 2017   
Economic Analysis of Agri-environmental policy
川崎賢太郎、金昌吉、林頌洙、山田七絵、藤栄剛、田中勝也、栗山浩一、佐藤祐一
日本評論社   Mar 2014   ISBN:978-4-535-55780-2
(翻訳) スコット・J.カラン, ジャネット・M.トーマス 「環境管理の原理と政策」
食料・農業政策研究センター国際部会   Aug 1999   
環境経済学の教科書であるScott J. Callan & Janet M. Thomas, Environmental Economics and Management, McGraw-Hill, 1997. を翻訳した。第Ⅴ部「水質」(第13章 水質を定義する、第14章 水質環境を達成する、第15章 飲料水をまもる)を担当した。 全132頁521~652頁
(翻訳) OECD「農業の環境便益:その論点と対策」
家の光協会   Jun 1998   
本書は、OECDが平成8年9月にヘルシンキで開催した「農業の環境便益に関するセミナー」の報告書“Environmental Benefits from Agriculture: Issues and Policies”を翻訳したものである。序文、第Ⅰ章「セミナーの結論」、第Ⅱ章「総括と主要な論点」および第Ⅲ章「セミナーの概要」の翻訳を担当した。 全236頁中1~2、7~46頁

Conference Activities & Talks

 
Preferences for result-based agri-environmental measures: a choice experiment study with Japanese farmers
Eiichiro Nishizawa, Tetsuji Kurokawa
BIOECON XXI   13 Sep 2019   
地域資源を活用したむらづくりにおけるソーシャル・キャピタルの役割-滋賀県近江八幡市白王町を事例として-
林岳・西澤栄一郎・合田素行
日本農業経済学会   29 Mar 2017   
地域資源を活用したむらづくりにおける活動の階層性-滋賀県近江八幡市白王町を事例として-
西澤栄一郎・合田素行・林岳
農村計画学会   4 Dec 2016   
Result-oriented agri-environmental payments for water quality improvement in Germany
Eiichiro Nishizawa
The Sixth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics   9 Aug 2016   
Cost-effectiveness of Agri-environmental Payments: Theory and Practice
Eiichiro Nishizawa
日本農業経済学会   30 Mar 2016   日本農業経済学会

Research Grants & Projects

 
Designing results-based agri-environmental payments
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020