IMAIZUMI Yumiko

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
IMAIZUMI Yumiko
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Intercultural Communication, Department of Intercultural Communication
Job title
Professor
Research funding number
30266275

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
Research Scholar at the Library of Congress, USA
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1994
International and cultural studeis, Graduate school of International and Cultural Studies, Tsuda College
 

Published Papers

 
Yumiko Imaizumi
E-publication(http://issuu.com/guampedia/docs/mhc_iii_2017_3),The 3rd Marianas History Conference,One Archipelago, Many Stories:Milestones in Marianas History(Garapan,Saipan,NMI,September 1-2,2017),Part 3(World War II, Recent History and Genealogy).   1-20   May 2018   [Refereed]
How did the Japanese army emerge into a military government operation in Saipan and Tinian prior to the war? What were the perceptions of the Japanese Army about the Japanese civilians and local people and their sense of loyalty to Japan? This pap...
米軍占領下南洋群島の朝鮮人―1944年~1945年を中心に
今泉裕美子
『第2回啓明大学校国境学研究所国際学術会議「近代アジアに於ける経済国境とヒトの移動」予稿集』   61-72   Jan 2018   [Invited]
"The Marianas under Japanese Navy Administration (1914–1922)"
E-publication (http://issuu.com/guampedia/docs/mhc_history_bookpft#). The 2nd Marianas History Conference (August 30-31,2013, Mangilao, Guam), History of Mariana Islands,Three of Three, Guampedia Foundation, Inc., UOG Station,Mangilao, Guam, 2013.   287-300   Dec 2013   [Refereed]
This paper analyzes Marianas under Japanese naval administration (1914-1922) and elucidates fundamental policies of Japanese administration for Micronesia were made in navy period. At the beginning year of W.W.I, the German pacific islands north o...
The Role of Okinawa in Japan-Pacific Islands Forum Leaders Meeting: Review of Okinawa's Regional Cooperation in the Pacific Region
小柏葉子、黒神直純、河原祐馬、玉田大
Yoko Ogashiwa ed. Regional Cooperation and Transformation of Transnational Networks: Comparative Studies of the Islnds, Grant-in-Aid Research Project Sponsored by Japan Society for the Promotion of Science, April 2010-March 2013.   82-96   Mar 2013
The Japanese government has held the Pacific Islands Leaders Meeting (PALM) between Japan and members of the Pacific Islands Forum (PIF) since 1997. Since the second PALM, Okinawa has played a special role in the cooperation between Japan and the ...
旧南洋群島における朝鮮人の戦時労働動員
『在日済州人センター開館記念シンポジウム予稿集』   32-46(朝鮮語訳47-62)   Dec 2012
南洋群島における朝鮮人戦時労働動員について、日本の南洋群島占領以来の南洋群島経済と朝鮮半島からの人の移動、南洋群島への定着の歴史、朝鮮人親睦会の形成などを統計、従来公開されてこなかった写真や資料などを用いて説明し、南洋群島戦時経済の特徴のなかで明らかにした。

Misc

 
Perception of "Nanyo Gunto (South Seas Islands) region" under Japanese Administration
The Report of Groug Study on "Land as Symbol: Regionalism and Identity in Asia and Pacific"   79-97   Mar 2010
「アジア・太平洋におけるリージョナリズムとアイデンティティー」研究会(中島成久代表)2008年1月21日報告(於法政大学富士見キャンパス)での報告を活字化したものである。ヨーロッパ人により「ミクロネシア」と命名された地域が、日本統治下「南洋群島」としていかなる地域的なまとまりを持っていたのか、日本の南洋群島統治政策と、チャモロ、カロリニアンなどの現地住民、日本空の移民、特に沖縄からの南洋移民たちのありようから、明らかにし、第二次世界大戦後の信託統治、そして信託統治からの独立を経て現在にいた...
"Korian Immigrants"to Japanese Mandtates Micronesia; An analysis on "South Seas Collection" in Library Congress(US) and related archives in Koria
Arirang Courier   №23    May 2004
筆者が史料整理に協力した米国議会図書館の「南洋庁史料」のなかで、朝鮮人の南洋群島「移民」関連の史料を、韓国政府所蔵の南洋群島「移民」関係の史料と突き合わせ、その関連について分析し、なおかつ戦時期南洋群島への「朝鮮人移民」について明らかにした。
The Issue of Study on Immigration for Japanese Ruled Micronesia; From the Perspective of International Studies
Narihisa NAKASIMA, et.al.
Report on the Group Study for "Review of Colonialism"(2002)   Working Paper,No.114    Apr 2003
旧日本統治地域ミクロネシア(南洋群島)への移民研究の先行研究と現状を、国際関係研究の視点と方法から概説し、今後の研究課題を提示した。また、戦前の植民政策研究、戦後の移民研究を国際関係研究の発展のなかに位置づけた。
南洋群島における戦時経済体制の展開と経済団体
1999・2000年度科学研究費補助金:研究課題「戦時期アジアにおける日本人経済団体の研究」(研究代表者柳沢遊)(課題番号11630086、基盤研究(C))報告書      Apr 2001
日本の戦時期アジア勢力圏内の日本人経済団体に関する共同研究(平成11,12年度科研費補助金(基盤研究C(1)研究)の報告書である。商工会議所のような経済団体が存在しなかった南洋群島における戦時統制経済を日本の対中政策との関係で明らかにし、南洋群島での在住日本人人口及び企業の動態をふまえ、1936年に設立された「南洋拓殖株式会社」の経営を中心に分析した。すなわち、同社と、従来南洋群島経済を独占し、かつ経済団体的機能を代替した南洋興発株式会社との経営の異同をおさえつつ、戦時体制期の南洋群島経済...
The Issue on Study on Japanese Colonies
The Front Lines of Study on Japanese History      Jun 2000
「多様化する植民地研究」を担当し、日本の植民地研究がポスト・コロニアリズム、「帝国」史研究、アメリカでの近代化論に基づく研究の影響を受けながらも、実証研究に基づく事実の発掘と、現代世界の支配-従属関係を明らかにする上で蓄積があることを指摘し、その蓄積を踏まえ、発展させるべきことを、諸研究を具体的に取り上げて説明した。そして日本の諸植民地への支配政策の相互関連、世界の植民地支配における日本の支配の位置づけを行なう必要性を指摘した。 全4頁

Books etc

 
近代朝鮮の境界を越えた人びと
李成煥、木村健二、宮本正明(編著)、尹裕淑、金明洙、崔範洵、今泉裕美子 (Part:Joint Work, 第5章 豊南産業株式会社による「南洋農業移民」-朝鮮総督府との交渉を中心に)
日本経済評論社   Feb 2019   
Comparative Studies on the "Repatriation" during the dissolution of Japanese Empire- from the Regional and International Perspectives
今泉裕美子、木村健二、柳沢遊 (Part:Joint Editor, "Introduction- Review of the study of "Repatriaton" and the object of our book," " Chapter3 Repatriation from Palau Islands: from Japanese Military Occupation to US Military Occupation.")
日本経済評論社   Jun 2016   ISBN:978-4-8188-2425-6
Series Military in the Region vol.7- Colony and Military
論文著者は今泉裕美子。本の編者、坂本悠一、その他論文著者(共著者)庵逧由香、加藤聖文、金慶南、近藤正己、徐民教、竹野学、塚﨑昌之、都留俊太郎、朴延鎬、柳教烈 (Part:Joint Work)
Yoshikawakobun Kan   May 2015   ISBN:987-4-642-06479-8
"Japanese Military in Japanese-ruled Micronesia,""Gyokusai (Honable Death)" in Saipan and Tinian.”
Iwanami Series: Japan's History vol.20
李成市他編、共著者:簑島栄紀、橋本繁、樋口知志、山内晋次、中村和之、木村直也、石井龍太、池内敏、朴俊炯、芳井研一、遠藤正敬、菅浩二
Iwanami Shoten   Oct 2014   ISBN:978-4-00-011340-3
"Formation of Pacific 'Rigion' and Japan"
YANAIHARA TADAO
Shigehiko KAMOSITA et al.
University of Tokyo Press   Nov 2011   ISBN:978-4-13-003370-1
"Reviwing of Yanaihara's Study for Pacific Islnads of Japanese Mandate"

Conference Activities & Talks

 
Mobilization of Civilian Population in Palau Islands during the Pacific War and their Repatriation before and after the Surrender of Japan-With a Focus on Koreans [Invited]
Yumiko IMAIZUMI
Colonial Mobilization in Africa and Asia during the Second World War:Soldiers, Labourers and Women   22 Mar 2018   Research project "Colonial Soldiers in World War II: War,Labour and Gender under Colonialism" (Representative of project: Prof. Yoko NAGAHARA, Kyoto University)
米軍占領下南洋群島の朝鮮人―1944年~1945年を中心に [Invited]
今泉裕美子
第2回啓明大学校国境学研究所国際学術会議「近代アジアに於ける経済国境とヒトの移動」   12 Jan 2018   啓明大学校国境学研究所
“Mobilization and Perspectives by the Japanese Military on Japanese and Native Civilians during the Pacific War in Saipan and Tinian”
Yumiko Imaizumi
3rd Marianas History Conference-Milestones in Mariana History   1 Sep 2017   The Northern Marianas Humanities Council, University of Guam, Northern Marianas College, and Guampedia
パラオ諸島における引揚げー日本軍と米軍の二つの占領を生きた人々 [Invited]
今泉裕美子
政治経済学・経済史学会秋季大会「パネル・ディスカッションA 1940年代日本帝国主義権力の崩壊と人の移動ー敗戦前後の在留「日本人」を中心に」   22 Oct 2016   政治経済学・経済史学会
Japan's Policy for Micronesia
Pof. Hiroshi MOMOSE, Tomomi YAMADA, Prof. Shin Chang Wo, (Commentetor) Prof. Frederick Dickinson, Prof. Shusuke TAKAHARA
The Emergence of <Asia-Pacific>in the International Relations-The First World War and Japan-   6 Dec 2014   Commission of History of International Relations, Japan Bureau

Works

 
JICA横浜 海外移住資料館・日本移民学会共催公開講座「日本人と海外移住」第7回「南洋群島への移民」
The Others   Apr 2015 - Apr 2015
原爆の図丸木美術館・ギャラリートーク「赤松俊子の旅した『南洋群島』」
The Others   Mar 2015 - Mar 2015
『琉球新報』特集70年旧南洋群島の戦争で「地上戦から何を学ぶか」のコラム執筆
The Others   Jul 2014 - Jul 2014
歴史学研究会80周年記念シンポジウム「歴史学のアクチュアリティ」に参加して
The Others   Apr 2013
「ミクロネシアと沖縄研究会」と沖縄大学地域研究所共催「ミクロネシア基礎講座」(全2回)第1回「ミクロネシア概説」
The Others   Nov 2010 - Nov 2010

Others

 
Apr 2018
南洋群島への移民の概略と引揚げ、引揚げ後の帰還者組織及び現状に関する概説