KANO Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2018 at 03:41
 
Avatar
Name
KANO Satoru
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Computer and Information Sciences, Department of Computer Science
Job title
Professor
Degree
Doctor of Science(The University of Tokyo), Master of Science(The University of Tokyo), 理学士(The University of Tokyo)
Research funding number
80134865

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 1976
 - 
Mar 1979
東京大学理学部 助手(物理学教室)
 
May 1977
 - 
Sep 1978
IBM研究部門San Jose研究所 客員研究員
 
Apr 1979
 - 
Jun 1980
(株)小松製作所技術研究所 副主任研究員
 
Jun 1980
 - 
Oct 1987
電気通信大学新形レーザー研究センター 助教授
 
Nov 1980
 - 
Mar 1981
東京工業大学資源化学研究所 講師兼務
 

Education

 
 
 - 
1972
物理, Faculty of Science, The University of Tokyo
 
 
 - 
1974
物理, Graduate School, Division of Natural Science, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
遠越 光輝, 狩野 覚, 善甫 康成
Journal of Computer Chemistry, Japan   14(3) 71-73   2015
The maximum entropy method (MEM) is one of the key techniques for spectral analysis. The main feature is to describe spectra in low frequency with short time-series data. We adopted MEM to analyze the spectrum from the dipole moment obtained by th...
遠越 光輝, 加藤 舞, 狩野 覚, 善甫 康成
Journal of Computer Chemistry, Japan   13(3) 190-192   2014
Maximum entropy method (MEM) is one of the key techniques for spectral analysis. The main feature is improving spectral resolution with short time-series data. We adopt MEM to the calculation of time-dependent density functional ...
M Toogoshi, M Kato, S S Kano and Y Zempo
Journal of Physics: Conference Series   (510) 012027   May 2014
In the calculation of time-dependent density-functional theory in real time, we apply an external field to perturb the optimized electronic structure, and follow the time evolution of the dipole moment to calculate the oscillator strength distribu...
K. Hashimoto, A. Wada
Rev. Sci. Inst.   79 83108   Sep 2008   [Refereed]
Jun Kubota, Koji Kusafuka, Akihide Wada, Kazunari Domen, and Satoru S. Kano
Journal of Physical Chemistry   B 2006(110) 10785-10791   May 2006   [Refereed]
Methoxy (CH3O-) and deuterated (d-) methoxy (CD3O-) species on Ni(111) are investigated by sum-frequency generation (SFG) spectroscopy. Methoxy adsorbed on the Ni(111) surface is confirmed by SFG spectroscopy to be oriented normal to the surface. ...

Misc

 
分光研究(日本分光学会) 49巻、第6号      2000   [Refereed]
フェムト秒超短光パルスをスペクトル分解した後に空間変調して再合成することでパルス波形と位相を変換するシステムにおいて、空間変調部分に遺伝的アルゴリズムを用いて目的に応じた最適パルス形状を自動探索する系を完成した。これは、たとえばコヒーレンス効果が重要になる分子反応等に適用することが可能である。 287~291頁 共著者:溝口隆一、恩田健、山村雅幸、廣瀬千秋、和田昭英
応用物理学用語大事典
オーム社      Apr 1998
量子エレクトロニクス分野を編集委員・執筆委員として担当
J. Appl. Phys. Vol.74(1), 1993      Jul 1993   [Refereed]
多重反射第二高調波発声法で、AlxGa1-x3Asの2次非線型光学定数を成分比を変化させて系統的に測定した。その結果はMillerの法則を支援するものであった。理論的には、薄膜の光吸収が無視できない場合への拡張がなされ、広い適用範囲を持つようになったことが重要である。 596~601頁 共著者:M.Ohashi, T.Kondo, S.S.Kano, S.Fukatsu, Y.Shiraki and R.Ito 他
Appl. Phys. Lett. Vol.61      Jul 1992   [Refereed]
半導体薄膜の2次非線型光学特性を評価するための新しい方法(多重反射第二高調波発声法)を開発した。薄膜内の多重反射を積極的に利用するもので、この報告では測定の原理を述べるとともに、方法の現実性を実証するためのZnSe/GaAsの実験結果を示した。 145~146頁 共著者:Y.Hase, K.Kumata and S.S.Kano
Crossed-beam study of initial vibrational distribution of KrF excimer produced in the reaction of Kr+F2
Jpn. J. Appl. Phys. Vol.31(3A), 1992      Mar 1992   [Refereed]
交差電子線法により準安定状態のKrとF2を衝突させ、反応直後のKrFからの発光スペクトルを観測した。その結果はアフターロー法によるものとはかなり異なり、高い振動状態により多くの分布が発生していることが分かった。また、エキシマーレーザーの緩衝気体であるArによる脱励起についても、これらのデータをもとにして高い振動励起状態を論じた。 L280~L282頁 共著者:H.Komatsu, S.S.Kano, H.Takuma and T.Shimizu

Books etc

 
Physics
春日隆,善甫康成,佐藤修一,別役潔
東京化学同人   Nov 2012   ISBN:978-4-8079-0801-1
大学初年級の物理入門
物理学入門 I 力学 (2版)
市村宗武 狩野覚 (Part:Contributor)
東京化学同人   Sep 2012   
物理学入門 II 電磁気学
狩野覚 市村宗武 (Part:Joint Work)
東京化学同人   Apr 2005   
解析入門 Part2
狩野覚 狩野秀子 市村宗武 (Part:Joint Work)
丸善   Oct 2002   
微積分法の教科書。 Basic Calculus (Alexander Hahn) の後半の翻訳。とくに微積分法の応用に焦点をあて、吊橋や望遠鏡の設計、年代測定や人口変化、企業経営、ロケットの運動、宇宙の膨張などに話題を広げる。 全388頁、ほぼ全てを担当 監訳者:市村宗武 共訳者:狩野秀子
解析入門 Part 1
狩野覚 狩野秀子 市村宗武 (Part:Joint Work)
丸善   Dec 2001   
微積分法の教科書。自然科学をより深く理解するために創造された微積分法を歴史をたどってやさしく解説した。理系文型を問わず使用できる。ギリシャの数学、ガリレオとケプラーによる天文学、デカルトの解析幾何学、ニュートンとライプニッツの微積分法について。Basic Calculus (Alexander Hahn) の前半の翻訳。ほぼ全ての部分を担当。 全230頁 監訳:市村宗武 共訳者:狩野秀子

Association Memberships