SATO Yuji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:59
 
Avatar
Name
SATO Yuji
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Computer and Information Sciences, Department of Computer Science
Job title
Professor
Research funding number
20328909

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1981
 - 
Mar 2000
日立製作所所員
 
Oct 1992
 - 
Oct 1995
新情報処理開発機構つくば研究所に出向
 
Apr 2000
 - 
Mar 2001
法政大学情報科学部 助教授
 
Apr 2001
   
 
法政大学情報科学部 教授(「遺伝的アルゴリズム」、「プログラミング基礎」ほか担当)
 
Apr 2002
   
 
情報科学研究科開設に伴う文部科学省の教員資格審査において、Dマル合取得。情報科学研究科兼担教授(現在に至る)
 

Education

 
 
 - 
1981
物理工学科, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Mar 2015
The 2015 Highly Commended Award for International Journal of Intelligent Computing and Cybernetics
 
Feb 2007
Listed in Marquis Who's Who in the World, 2008 (25th) Edition, Marquis Who's Who
 
Dec 2006
Listed in Marquis Who's Who in Asia, 2007 (First) Edition, Marquis Who's Who
 
Sep 2006
Listed in Marquis Who's Who in Science and Engineering, 2006-2007 (9th) Edition, MARQUIS Who's Who
 
Dec 1997
日立製作所事業所技術賞1等
 

Published Papers

 
Distributed Multi-Objective Particle Swarm Optimization Using Time-delayed Virtual Global Best Method
Yuji Sato, Shota Ueno and Toshio Hirotsu
Proceedings of the 11th International Joint Conference on Computational Intelligence (IJCCI-2019) (Full paper acceptance rate = 24%)   21-30   Sep 2019   [Refereed]
Distributed NSGA-II Sharing Extreme Non-dominated Solutions for Improving Accuracy and Achieving Speed-up
Yuji Sato, Mikiko Sato and Minami Miyakawa
Proceedings of the 2019 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC-2019) (Oral paper acceptance rate = 39%)   3087-3094   Jun 2019   [Refereed]
Specification-based Test Case Generation with Genetic Algorithm
Rong Wang, Yuji Sato and Shaoying Liu
Proceedings of the 2019 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC-2019)   1359-1366   Jun 2019   [Refereed]
Daphne T. C. Lai, Minami Miyakawa and Yuji Sato
Soft Computing (Impact Factor = 2.784)   1-12   Jun 2019   [Refereed]
Jia Guo and Yuji Sato
Applied Intelligence (Impact Factor = 2.882)   1-11   Apr 2019   [Refereed]

Misc

 
EC application in Speech Processing - Voice Quality Conversion Using Interactive Evolution of Prosodic Control
Yuji Sato
Evolutionary Computation, Wellington Pinheiro dos Santos (Ed.), I-Tech Education and Publishing   509-522   Nov 2009
Improving Small Population Performance under Noise with Viral Infection + Tropism
Sato Y., Goldberg D. E., and Sastry K.
Illinois Genetic Algorithms Laboratory Technical reports   1-14   Jan 2008
Event-driven Hybrid Classifier Systems and Online Learning for Soccer Game Strategies
Yuji Sato
Robot Soccer, Pedro U. Lima (Ed.), Advanced Robotic Systems   375-394   Jan 2008
In this section we introduce an idea for autonomous adaptive evolution with respect to the strategies of opponents in games, and we present the results of evaluating this idea. Specifically, we start by introducing a hybrid system configuration of...
Adaptive Parallel Genetic Algorithms that Depend on Fitness Landscapes for the Synthesis of Neural Networks
Y. Sato
Abstracts book of the Third European Conf. on Artificial Life   79   Jun 1995
本論文では、適応度に応じて、遺伝的操作の頻度を学習過程において動的に変化させる進化的アルゴリズムの提案を行っている。例えば、自律適応システムなどにおいて、外界に対して行った行動に対する適応度をもとに、遺伝的操作の対象とする個体の数や交差率などを動的に変化させる。進化的学習は並列学習アルゴリズムの一つであることから、学習過程において並列度を動的に変化させる手法の一つと考えられる。 全1頁79頁
Artificial Thought Model for Realizing Flexible Infornation Processing
Sato Y., Furuya T
Proc. of the IEEE/INNS Inter. Joint Conf. on Neural Networks   2909-2912   Oct 1993
本稿では、リカレント型ニューラルネットワーク(RNN)が、時系列予測問題やカオスの隠れた特徴の学習など、高い学習能力を持つことに着目して複数のRNNが相互作用をもちながら学習を行うモデルを提案している。得に、外界の内部モデルをRNNとして学習しながら先読みに利用することを提案し、動的問題への有効性を示している。 全4頁2909~2912頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:Sato Y, Furuya T

Books etc

 
Massively Parallel Evolutionary Computation on GPGPUs (Natural Computing Series), S. Tsutsui and P. Collet (Eds.)
Yuji Sato, Naohiro Hasegawa and Mikiko Sato (Part:Joint Work)
Springer   Apr 2014   ISBN:978-3642379581
Evolutionary Computation, Wellington Pinheiro dos Santos (Ed.)
Yuji Sato (Part:Joint Work)
I-Tech Education and Publishing   Nov 2009   ISBN:978-953-307-008-7
Soccer Robotics, Pedro Lima (Ed.)
Yuji Sato (Part:Joint Work)
I-Tech Education and Publishing   Dec 2007   ISBN:978-3-902613-07-3
遺伝的アルゴリズム2, 北野宏明編著
佐藤裕二、古谷立美 (Part:Joint Work)
産業図書㈱   May 1995   
本論文では自律適応システムの行動制御の問題を対象として、2つのリカレント型ニュートラルネットワークが相互作用を持ちながら学習を行うモデル(先読みモデル)を提案し、このモデルの学習に進化的計算を適用する基礎的な実験について述べている。結果として、行動を決定するために十分な情報が予め得られない状況下での行動制御を対象として先読みモデルの有効性を示した。 全327頁中、第6章「適応システムにおける先読みモデルの進化的獲得」(147~173頁)を担当 共著者:相澤彰子(第1章)、筒井茂義(...

Conference Activities & Talks

 
対話型進化を用いた多目的最適化によるトータルファッションコーディネート支援システム
岩﨑泰司, 佐藤裕二
第10回進化計算学会研究会資料集, pp. 138-143   18 Mar 2016   
決定的アルゴリズムを併用した遺伝的アルゴリズムによるピクロス解決の効率化
上水流歩望, 佐藤裕二
情報処理学会研究報告(第107回MPS研究会, 2016-MPS-107(4),1-6 (2016-03-01) , 2188-8833)   8 Mar 2016   
トータルファッションコーディネートシステムのためのハイブリッド型 iGA の提案
岩﨑泰司、 佐藤裕二
自動計測学会 システム・情報部門学術講演会2015講演論文 自動計測学会 システム・情報部門学術講演会2015講演論文集   18 Nov 2015   自動計測学会
ファッションコーディネートの支援を目的として,明確な評価関数を定義できない問題に有効な対話型遺伝的アルゴリズム(iGA)を使用する研究が報告されている.一方,これらの研究はトップス単体,あるいは服の色に限定して適用するものがほとんどであり,トップスからボトムスまでトータルでのファッションコーディネートは実現できていない.トータルファッションコーディネートでは,個々の服の選択は色・柄・繊維などの好みがあるため多目的最適化問題であり,さらに服の組合せについても多目的最適化問題と言えるため,入子...
進化計算を用いた噛み合わせ治療診断支援システム
武田 由美 佐藤 裕二
情報処理学会第77回全国大会   18 Mar 2015   情報処理学会
形式仕様に基づくATMシステムにおけるテストケース自動生成へのGAの適用
杉原 拓、劉 少英、佐藤 裕二
情報処理学会第77回全国大会   18 Mar 2015   情報処理学会

Research Grants & Projects

 
スマート社会における実時間多数目的最適化のための分散進化計算の研究
Project Year: Apr 2019 - Mar 2021    Investigator(s): 佐藤裕二
大規模計算機環境における分散型進化計算の新たな展開
北海道大学情報基盤センター: 
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
大規模問題解決のための進化計算並列化技術とクラウド時代の応用発掘
北海道大学情報基盤センター: 
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
メニーコアに対応した進化計算並列化技術による大規模問題解決
北海道大学情報基盤センター: 
Project Year: Oct 2010 - Mar 2014

Patents

 
特願2014-119358 : 消込処理装置等
PCT特願2002-502600 : 不揮発性半導体記憶装置および情報配信システムにおける情報管理方法
特願平11-91266 特開2000-285251 : 手書き入力編集システム
特願平11-4508 特開2000-207079 : データ処理装置およびプログラム記録媒体
特願平10-357250 特開2000-181870 : 携帯電子装置のオンラインテスト方法と装置