HANAIZUMI Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:44
 
Avatar
Name
HANAIZUMI Hiroshi
E-mail
hanahosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Computer and Information Sciences, Department of Digital Media
Job title
Professor
Research funding number
60143385

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1981
 - 
Mar 1987
東京大学工学部 助手
 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
法政大学工学部 専任講師
 
Apr 1989
 - 
Mar 1996
法政大学工学部 助教授
 
Apr 1996
   
 
法政大学大学院工学研究科システム工学専攻(「リモートセンシング特論」担当) (現在に至る)
 
Apr 1996
   
 
法政大学工学部 教授 (「制御工学」「画像処理」担当)
 

Education

 
 
 - 
1978
通信工学科, Faculty of Electro Communications, The University of Electro-Communications
 
 
 - 
1981
計数工学専門課程, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Jul 1995
計測自動制御学会論文賞「三角形の相関を利用するリモートセンシング画像の自動重ね合わせ」
 
Jul 1985
計測自動制御学会技術賞「高感度熱赤外放射計の開発とその応用」
 

Published Papers

 
An Improved Post-Processing Method For Three-Dimensional Visualization In Terahertz Pulse-Echo Imaging
Hiroshi Hanaizumi
Proceedings of the 2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves      Sep 2018   [Refereed]
Based on the fact that polarity of the echo depended on types of dielectric discontinuity, we proposed an improved method of the previous post-processing method for 3-D visualization for terahertz pulse-echo imaging (3D TPEI). The proposed method ...
A Method for Detecting Baggage Left in A Crowded Public Space
Kohei Saito and Hiroshi Hanaizumi
Proceedings of the 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018      Sep 2018   [Refereed]
A new background subtraction method was proposed for detecting baggage left in a crowded public space with high accuracy and high stability. Those properties came from the combination of an inter-frame subtraction method with a mode image method. ...
Takuma Sasaki and Hiroshi Hanaizumi
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   6(3) 139-143   Jul 2018   [Refereed]
A Three-Dimensional Scanning Method (TDSM) was proposed to detect an object or a person in a three-dimensional Region Of Interested (ROI) without the stereo matching process. The method TDSM included two processes; ROI scanning in the field of vie...
Kohei Saito and Hiroshi Hanaizumi
Proceedings of the 6th International Conference on Industrial Application Engineering 2018   101-106   Mar 2018   [Refereed]
A new method was proposed for improving the performance in detecting passing persons with high accuracy and high stability in the background subtraction algorithm. The method, Improved Background Quick Updater (IBQU), was structured by combining ...
A Three-Dimensional Spatial Scanning Method for Detecting An Object Using Multiple Cameras
Takuma Sasaki and Hiroshi Hanaizumi
Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   262-266   Sep 2017   [Refereed]
A Three-Dimensional Scanning Method (TDSM) was proposed to detect an object or a person in a 3D Region Of Interested (ROI) without the stereo matching process. The method TDSM consisted of two processes; the ROI scanning in the field of view of th...

Misc

 
An Automated Method for Registration of Remotely Sensed Images with Adaptive Generation of Corresponding Point Pairs to Local Disparities
Electronics and Communications in Japan, Part 1, Vol.86, No.1 (Wiley)      Jan 2003
遠隔計測画像を高精度にかつ高速に重ね合わせる場合、最適な個数の対応点対を最適な位置に配置する事が必要になる。ここでは、画像の位置ずれをオプティカルフローとして計測し、最大の位置ずれを示す点にこのように対応点対を生成していくことで、このような重ねあわせを実現した。 全10頁38~47頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:山本貴弘、花泉弘
InSARにおける位相情報処理システムの開発
計測自動制御学会論文集 Vol.37, No.11      Nov 2001
高精度のDEM (Digital Elevation Map) や Differential Interferogram を得るための高品質のインターフェログラム作成に有用なSLC (Single Lool Complex) 画像重ね合わせ手法を提案し、それを基に開発したInSAR位相情報処理システムについて述べている。 全8頁1012~1019頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:香川昌己、花泉弘
局所的位置ずれに適応的な対応点対生成を行う遠隔計測画像の自動重ね合わせ手法
電子情報通信学会論文誌B Vol.J84‐B No.9      Sep 2001
遠隔計測画像を精度良く重ね合わせる場合、選定すべき対応点対の最適な個数や位置は画像間に含まれる相対的な位置ずれ(幾何学的ひずみ)の内容に関係して一意に定まると考えられる。本手法はオプティカルフローを求めてフローの長さが最大になる位置に新しい対応点対を生成することを繰り返すことにより、必要とされる精度を満たす最低限の対応点対を最適位置に求めることができる。 全10頁1673~1682頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:山本貴弘、花泉弘
A Change Detection Method for Remotely Sensed Multispectral and Multitemporal Images Using 3-d Segmentation
IEEE Trans., GRS-39, No.5      May 2001
衛星遠隔計測画像を使って時間変化領域を抽出する際には、相互の位置ずれの補正をはじめ局所的な画素濃度の見かけの変化も補正する必要がある。さらに、画像に含まれる雑音が見かけの時間変化として検出されてしまうことがあるので、雑音の低減も重要となる。ここでは、3次元セグメンテーションを用いることにより雑音による見かけの時間変化を効率よく低減する手法を提案している。使用している波長帯やその数が異なっていても変化領域の抽出の可能なことが特長である。 全10頁976~985頁、共同研究につき本人担当部分...
遠隔計測画像の自動重ね合わせ手法の改良
計測自動制御学会論文集 Vol.36, No.12      Dec 2000
これまで、画像間の空間的な相関をキーとして自動的に対応点対を抽出して重ねあわせを行う手法を提案してきた。ここでは、その手法を改良して画像間の倍率を自動的に推定できるようにした。また、対応点対を抽出する際の相関処理にも改良を加え、画像のピラミッド構造を利用した高速のアルゴリズムを開発した。この際、統計的な検定により、対応点対抽出の際の誤りを大きく低減している。 全6頁1065~1070頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:山本貴弘、花泉弘

Books etc

 
Pythonで学ぶ 実践画像・音声処理入門
コロナ社   Apr 2018   ISBN:978-4-339-00902-6
音声や画像などのディジタルメディアを処理するためのプログラミングの基礎を学ぶことを目的としている。なるべく実際の音声データや画像データを処理して実践的な知識を習得することを目指している。
車載センシング技術の開発とADAS,自動運転システムへの応用
花泉 弘
技術情報協会   May 2017   
運転席近くに設置した車載カメラを用いて動画を撮影すると、1点から湧き出るように見える。この動きをモデル化すると、ある時刻の撮影画像から次の時刻に撮影されるであろう画像を動的に予測することができる。予測された画像を背景と考え、実際にカメラで撮影された画像との間で背景差分法を適用すると、もしその間に飛び出しがあれば、差分として検出できる。この手法を動的背景差分法と呼んでいる。ここでは、この動的背景差分法について解説している。

Conference Activities & Talks

 
複数カメラを用いる空間走査システム
佐々木拓馬,花泉 弘
情報処理学会第80回全国大会   14 Mar 2018   情報処理学会
立ち止まる人も抽出可能な背景差分法
斎藤浩平,花泉 弘
情報処理学会第80回全国大会   13 Mar 2018   情報処理学会
ステレオカメラを用いた顔認証システム
当麻凌平,花泉 弘
情報処理学会第80回全国大会   13 Mar 2018   情報処理学会
サッカー動画からのハイライトシーンの抽出
笹原規睦,花泉 弘
情報処理学会第80回全国大会   13 Mar 2018   
Kinect V2を用いる歩容認識に基づく個人識別手法
三堀 裕,花泉 弘
情報処理学会第79回全国大会   16 Mar 2017   情報処理学会
近年ウォークスルー認証が注目を集めている。ここでは、Kinect V2を用いて歩容特徴量を計測し、それに基づいて個人識別を行う手法を提案する。2台のKinect v2から得られた被験者の関節の位置から関節の角度データを算出し、その歩行動作1周期分の変化パターンを歩容特徴量とする。これをあらかじめ取得しておいた複数人のデータと比較し、最も類似度の高い結果から個人識別を行う。