MASUJIMA Mariko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 2, 2019 at 15:00
 
Avatar
Name
MASUJIMA Mariko
Affiliation
Chiba University
Job title
Chiba University
Degree
Master of Nursing Science

Education

 
 
 - 
Mar 2008
Chiba University
 

Awards & Honors

 
Nov 2016
Assessing the usability of a web-based end of life care education for adults in Japan., Award of the Excellent Poster, The 11th International Conference Innovative Nursing Care & Technology
Winner: Mariko Masujima, Miyuki Ishibashi, Naho Sato, Miwa Watanabe, Takeshi Umezawa, Sumie Ikezaki
 
科学研究費 基盤(B)

Published Papers

 
Kozu M, Masujima M, Majima T
Japan journal of nursing science : JJNS      Oct 2019   [Refereed]
Tsuchiya M, Masujima M, Kato T, Ikeda SI, Shimizu C, Kinoshita T, Shiino S, Suzuki M, Mori M, Takahashi M
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   27(2) 547-555   Feb 2019   [Refereed]
Tsuchiya M, Masujima M, Mori M, Takahashi M, Kato T, Ikeda SI, Shimizu C, Kinoshita T, Shiino S, Suzuki M
Japanese journal of clinical oncology   48(11) 974-981   Nov 2018   [Refereed]
Tsuchiya M, Mori M, Takahashi M, Masujima M
Japan journal of nursing science : JJNS   15(4) 340-350   Oct 2018   [Refereed]
Challenges of community-based advance care planning in Japan
Takahashi Zaiya, Masujima Mariko, Sato Naho, Ishibashi Miyuki
PSYCHO-ONCOLOGY   27 28-29   Oct 2018   [Refereed]
長坂育代, 眞嶋朋子, 増島麻里子, 岡本明美, 神津三佳, 渡邉美和, 楠潤子
千葉大学大学院看護学研究科紀要   (40) 49‐54-54   Mar 2018
[Abstract] Effective collaboration in team medical care centered on patients and families is a challenge for professionals engaged in cancer medical care. We report a trial proposal for"The Educational Program for Interprofessional Clinical Judgme...
Hisayoshi Sugawara,Ayumi Amemiya,Ryutaro Kase,Mariko Masujima,Ikuko Sakai,Yuji L. Tanaka,Masatoshi Komiyama
40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2018, Honolulu, HI, USA, July 18-21, 2018   2096-2099   2018   [Refereed]
Knowledge, fatigue and cognitive factors as predictors of lymphedema risk reduction behaviors: An application of the theory of planned behavior
Tsuchiya Miyako, Masujima Mariko, Kato Tomoyasu, Ikeda Shun-ichi, Shimizu Chikako, Kinoshita Takayuki, Shiino Sho, Suzuki Makiko, Mori Miki, Takahashi Miyako
PSYCHO-ONCOLOGY   26 87-88   Aug 2017   [Refereed]
Changes in Menopausal Symptoms in Premenopausal Breast Cancer Patients Undergoing Endocrine Therapy
Arahori Yuko, Masujima Mariko, Abe Kyoko, Naduka Yuko
CANCER NURSING   39 S78-S79   Nov 2016   [Refereed]
眞嶋 朋子, 佐藤 禮子, 泰圓澄 洋子, 楠 潤子, 増島 麻里子, 岡本 明美, 渡邉 美和, 佐藤 美和, 浅野 美知恵, 正木 治恵
千葉大学大学院看護学研究科紀要   (37) 57-64   Mar 2015
This study aimed to clarify cognitive changes experienced by nurses who participated in a consultation support program for certified nurse specialists (hereafter referred to as "the support program"),and to propose improvements in certain aspects ...
増島 麻里子, 佐藤 まゆみ, 岡本 明美, 泰圓澄 洋子, 吉田 千文, 阿部 恭子, 長坂 育代, 土屋 雅子, 渡邉 美和, 楠 潤子
千葉看護学会会誌   20(2) 41-49   Jan 2015
A support group program called" Hotto Cafe" was set up as a support organization for postoperative breast cancerpatients and was developed by researchers. The program was structured with four session themes established based onprevious studies. At...
中村 伸枝, 谷本 真理子, 坂上 明子, 増島 麻里子, 斉藤 しのぶ, 小澤 治美, 河井 伸子
千葉大学大学院看護学研究科紀要   (35) 21-24   Mar 2013
文部科学省の「キャリアガイダンスを適切に大学の教育活動に位置づける」方針に基づく大学全体の初年次キャリア教育導入を受け,看護学部教務委員会が中心となり,キャリア教育として正課内の科目と正課外の活動を1年次から4年次まで位置づけ体系化するとともに,キャリアポートフォリオを作成した.正課内のキャリア教育として,1年次4月の専門職連携Ⅰ(学部独自プログラム),および,4年次後期の看護学セミナー統合を位置づけた.正課外キャリア教育としては,3年次の学部主催就職ガイダンス,4年次4月に行う卒業後の進...
坂上 明子, 谷本 真理子, 増島 麻里子, 斉藤 しのぶ, 小澤 治美
千葉大学大学院看護学研究科紀要   (35) 15-20   Mar 2013
社会の要請に応え,資質の高い看護職者を育成するためには,看護基礎教育課程における教育の質を向上させ,卒業時の看護実践能力の水準を一定に保証することが必要である.千葉大学看護学部では,学生が卒業時までに獲得することが求められる看護実践能力を育成するために,平成18年より看護実践能力自己評価ポートフォリオを活用している.これは,「看護基本技術の到達レベル自己評価編」と「実習の到達レベル自己評価編」から構成され,看護基本技術の授業(演習)と実習において,積み重ね学習と自己教育力の育成ができるよう...
Older Adults' Perceptions About End Of Life in Japan: Different Perspectives by Trajectories
Izumi Shigeko, Masujima Mariko, Tanimoto Mariko, Sakurai Chihoko, Nagae Hiroko
JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT   45(2) 435-436   Feb 2013   [Refereed]
岡本 明美, 眞嶋 朋子, 増島 麻里子, 重田 宏恵, 田中 史子, 岡本 明美, 眞嶋 朋子, 増島 麻里子, 渡邉 美和, 淺井 潤子
Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University   (33) 1-9   Mar 2011
These results indicate that students reflected on their current lives and gained a newawareness regarding their future lives as well as relationships with others by learning aboutways of thinking about death, as well as by deepening their understa...
佐藤 まゆみ, 佐藤 禮子, 増島 麻里子, 泰圓澄 洋子, 岡本 明美
千葉看護学会会誌   16(2) 75-83   Jan 2011
The purpose of this study is to clarify practical methods of outpatient nursing taking advantage of their independence in outpatients with cancer. The subjects were 10 nurses working at the outpatient section who had been evaluated to practice nur...
柴田 純子, 佐藤 まゆみ, 増島 麻里子, 泰圓澄 洋子, 眞嶋 朋子, 櫻井 智穂子, 小坂 美智代
千葉看護学会会誌   16(2) 19-26   Jan 2011
The purpose of this study was to clarify the experiences of family members living with cancer patients in end of life in Japan. Subjects were 12 oncology nurses working at four areas in Japan, and they had experienced in end-of-life care more than...
山下 亮子, 増島 麻里子, 眞嶋 朋子
千葉看護学会会誌   16(2) 45-53   Jan 2011
The purpose of this study is to describe how chronic heart failure patients balance preventive measures against deterioration and daily life, and to determine the nursing implications for these patients. The subjects were heart failure outpatients...
中村 英子, 増島 麻里子, 眞嶋 朋子
千葉看護学会会誌   16(1) 27-34   Aug 2010
This study aimed to identify the perception of family members of older adult cancer patients undergoing surgery and examine methods for assisting such family members. Data was collected through semi-structured interview and participatory observati...
神間 洋子, 増島 麻里子, 柴田 純子, 佐藤 まゆみ, 眞嶋 朋子
千葉看護学会会誌   14(2) 20-27   Dec 2008
The purpose of this study was to clarify nursing interventions for cancer patients to help overcome their crisis. Subjects were eight oncology nurses working in four regions of Japan. Data were collected through semi-structured interviews, based o...
増島 麻里子, 佐藤 禮子
千葉看護学会会誌   14(1) 17-25   Jun 2008
The results of a survey on 11 patients who developed lymphedema following breast cancer surgery revealed that lymphedema was exacerbated by various perceptions and coping behaviors regarding lymphedema. Perceptions of lymphedema included the follo...
増島 麻里子, 佐藤 禮子
千葉看護学会会誌   13(1) 85-93   Jun 2007
We aimed to clarify the distress for patients with lymphedema after breast cancer treatment and determine to an appropriate way of administering nursing care support to breast cancer patients with lymphedema. Subjects are 11 breast cancer survivor...
佐藤 まゆみ, 増島 麻里子, 柴田 純子, 神間 洋子, 櫻井 智穂子, 眞嶋 朋子, 小坂 美智代, 伊藤 道子, 本田 彰子
千葉看護学会会誌   12(1) 42-49   Jun 2006   [Refereed]
A purpose of this study was to identify experiences of family members of end-stage cancer patients from a comprehensive viewpoint. Of masters and doctoral theses from Graduate School of Nnursing, Chiba University, 5 theses on experiences of family...
SHIBATA Junko, SATO Mayumi, MASUJIMA Mariko, SUGAWARA Satomi, TAKEYAMA Fumiko, KANAZAWA Kaoru, SATO Junko, KONO Asako, MATSUMOTO Yuriko, KONISHI Miyuki, ONO Tomoka, ABIRU Satomi, YOSHIDA Chifumi, NAGASHIMA Takeshi, MIYAZAWA Yukimasa, ABE Kyoko, SUZUKI Masato, YAGATA Hiroshi
Journal of School of Nursing,Chiba University.   (27) 49-53   Mar 2005
再発乳がん患者ががんと共に自分らしく生きるために抱えるニーズを明らかにすることを目的に,質問紙調査を実施した.35名の対象候補者に質問紙を郵送し,17名から回答が得られた(回収率48.6%).再発乳がん患者が抱えるニーズは,再発・転移を早く見つける方法について知りたい,身体に不調や大きな変化があった時の対処方法について知りたい,治療の後遺症や副作用とその予防・対処方法について知りたい,ホルモン療法について知りたい,化学療法について知りたい,治療法の選択方法について知りたい,術後の検査・治療...
菅原 聡美, 佐藤 まゆみ, 小西 美ゆき, 増島 麻里子, 佐藤 禮子
Journal of School of Nursing,Chiba University.   26(26) 27-37   Mar 2004
The purpose of this study is to identify multidimensional needs in outpatients Uving with cancer.The study was designed using a structured questionnaire which consists of 80 items extracted from 74 articles published in Japan between 1994 and 1999...
外来に通院するがん患者の療養生活上のニード
菅原 聡美, 佐藤 まゆみ, 小西 美ゆき, 増島 麻里子, 佐藤 禮子
千葉大学看護学部紀要   (26) 27-37   Mar 2003
外来通院のがん患者1034名の療育生活上のニードを明らかにするため質問紙調査を実施した.その結果を因子分析にかけたところ,「病気・治療に起因する心理社会的苦痛と医療者の支援の要望」,「周囲の人との関係に関する負担と支援の要望」,「生活の変化により生じる苦痛と再発への恐れ」,「身体的変化による苦痛」,「正しい病名・病状の不安を軽減するような説明への要望」,「治療の十分な説明と意志決定への援助の要望」「外来通院の苦痛と待ち時間への要望」の7つの因子が抽出された.また,外来通院のがん患者の克服課...
MASUJIMA Mariko, SATO Mayumi, KONISHI Miyuki, SUGAWARA Satomi, SATO Reiko
Journal of School of Nursing,Chiba University.   (25) 61-66   Mar 2003
米国のがん専門病院における看護実践の実際とその効果に対する知見を得て,日本の外来におけるがん患者の支援のあり方について考察することを目的に,米国のがん専門施設2施設を対象に調査研究した.外来看護システムが確立しているといわれる米国でも,看護師は多くの課題を抱えながら,細やかな看護実践と機能的な看護職者の配置を工夫することで,患者の主体的な療養生活を支援していることを確認した.得られた知見を検討して,日本の現状から外来におけるがん患者を支援のあり方として有用な点である,看護実践の取り組み,外...
SATO Mayumi, KONISHI Niyuki, SUGAWARA Satomi, MASUJIMA Mariko, SATO Reiko
Journal of School of Nursing,Chiba University.   (25) 37-44   Mar 2003
The purpose of this study was to identify issues and resolution in outpatient oncology clinic at considering from a point of support of independent living of cancer patient Subjects were 10 nurse managers in outpatient clinic of cancer center who ...
KONISHI Miyuki, SATO Mayumi, SATO Reiko, SUGAWARA Satomi, MASUJIMA Mariko, MIZAUNO Terumi, AOYMA Miki, HAMADA Yuka, INOMATA Sakurako
Journal of School of Nursing,Chiba University.   (24) 41-45   Mar 2002
外来通院中のがん患者のニードの内容と,ニードが起因する事項を明らかにすることを目的に,がん専門病院外来に通院するがん患者を対象とし面接調査を行った.37名の面接記述から,「身体的,心理的,社会的な平衡が乱れた状態」,「身体的,心理的,社会的な平衡が乱れていないまたは整えられている状態」,「自ら必要とし望んでいること」,「他者に求めていること」をニードとして抽出し,それぞれのなかで類似したものどうしを集め,ニードが生じる原因の共通性がまとめられ,【がん診断と治療に対する気持ちと姿勢】,【身体...
外来に通院するがん患者の療養生活上のニードの起因
小西 美ゆき, 佐藤 まゆみ, 佐藤 禮子, 菅原 聡美, 増島 麻里子, 水野 照美, 青山 美貴, 濱田 由香, 猪俣 桜子
千葉大学看護学部紀要   (24) 41-45   Mar 2002

Misc

 
増島麻里子
Nursing Canvas   7(9) 9‐14   Aug 2019
【在宅でがん患者を看取る-体調の変化の「ちょっと先」を予測し、備えよ】がん終末期にある在宅療養者へのケア 患者・家族と、何をどう話すか
増島 麻里子
訪問看護と介護   24(8) 562-565   Aug 2019
【患者さんと家族の"生きる"を支援する エンドオブライフケア】エンドオブライフケアに関する用語を整理しよう エンドオブライフケアの概念
増島 麻里子
Nursing Canvas   7(9) 9-11   Aug 2019
【患者さんと家族の"生きる"を支援する エンドオブライフケア】エンドオブライフケアに関する用語を整理しよう エンドオブライフケアにおいて患者さんの意向を尊重するために
増島 麻里子
Nursing Canvas   7(9) 11-14   Aug 2019
齊藤太樹, 渡邉美和, 増島麻里子
日本がん看護学会誌(Web)   33 195   Jan 2019
松山直美, 楠潤子, 増島麻里子
日本がん看護学会誌(Web)   33 153   Jan 2019
水流添秀行, 増島麻里子, 小野智子
日本がん看護学会誌(Web)   33 158   Jan 2019
エンドオブライフ期にある造血器腫瘍患者の生き方の志向
松山 直美, 楠 潤子, 増島 麻里子
日本がん看護学会誌   33(Suppl.) 153-153   Jan 2019
永久的消化管ストーマを造設したがん患者の就労に関わる体験
水流添 秀行, 増島 麻里子, 小野 智子
日本がん看護学会誌   33(Suppl.) 158-158   Jan 2019
苦悩から考える治療期にあるAYA世代がん患者の自立を支える看護
齊藤 太樹, 渡邉 美和, 増島 麻里子
日本がん看護学会誌   33(Suppl.) 195-195   Jan 2019
永久的消化管ストーマを造設したがん患者の雇用形態による就労に関わる体験の比較
水流添 秀行, 増島 麻里子, 小野 智子
日本看護科学学会学術集会講演集   38回 [P1-4   Dec 2018
水流添秀行, 増島麻里子, 小野智子
医療の広場   58(11) 17‐20   Nov 2018
永久的消化管ストーマを造設したがん患者の就労体験の質的分析に基づく包括的看護支援の開発
水流添 秀行, 増島 麻里子, 小野 智子
医療の広場   58(11) 17-20   Nov 2018
2017年4月から11月に関東の永久的消化管ストーマの造設手術を行う病院の外来およびオスメイト関連の患者会で、永久的消化管ストーマを造設したがん患者の就労についての質問紙調査のデータ収集をし、半構造化面接調査を実施した。8名(男性4名、女性4名)の対象者から半構造化面接調査の協力を得た。録音した面接内容から逐語録を作成し、コード化、カテゴリー化の分析を行った。分析の結果、永久的消化管ストーマを造設したがん患者の就労体験は34サブカテゴリー、「就業中の便もれや臭気への懸念」「ストーマ造設後の...
関屋晨, 奥朋子, 増島麻里子, 秋田新介, 下村義弘
国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会プログラム・抄録集   8th 43   Sep 2018
リンパ浮腫ケアのための周径計測メジャーテープ用アタッチメントの開発と評価
関屋 晨, 奥 朋子, 増島 麻里子, 秋田 新介, 下村 義弘
国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会プログラム・抄録集   8回 43-43   Sep 2018
河村奈緒, 増島麻里子, 楠潤子
日本がん看護学会誌(Web)   32 230   Jan 2018
木滑美紗子, 長坂育代, 増島麻里子
日本がん看護学会誌(Web)   32 139   Jan 2018
リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する看護師教育プログラムの実践と評価 一般社団法人日本がん看護学会 教育・研究活動委員会
増島 麻里子, 井沢 知子, 奥 朋子, 矢ヶ崎 香, 木村 恵美子, 作田 裕美, 高橋 由美子, 小松 浩子, 荒尾 晴惠, 藤田 佐和, 2008〜2014年度日本がん看護学会教育・研究活動委員会
日本がん看護学会誌   32 127-136   Jan 2018
専門看護師が必要とする看護管理者からの支援 組織文化からの一考察
眞嶋 朋子, 楠 潤子, 渡邉 美和, 岡本 明美, 増島 麻里子, 長坂 育代, 山下 亮子, 佐藤 まゆみ, 正木 治恵, 浅野 美知恵, 佐藤 禮子
文化看護学会誌   4(1) 13-25   Mar 2012
専門看護師(CNS)が必要とする看護管理者からの支援の内容を明らかにすることを目的に、全国の8医療機関のCNS・看護管理者各1名、計16名を対象に「CNSが期待される役割を遂行するための看護管理者からの支援」について半構成的面接を行った。その結果、CNSへの調査から得られた支援のニーズは、【CNSの思いを考慮に入れて関わる】【役割を組織に浸透させるためにCNSが自信をもてるように後押しする】【管理的視点の獲得を促すために具体的に助言する】【役割を組織に浸透させるために職場環境を調整する】【...
外来通院がん患者の主体的療養を支援する外来看護師の取り組みと成長
神間 洋子, 佐藤 まゆみ, 増島 麻里子, 佐藤 禮子, 柴田 純子
日本がん看護学会誌   22(Suppl.) 122-122   Jan 2008
眞嶋 朋子, 佐藤 まゆみ, 増島 麻里子
The Japanese journal of nursing research   41(5) 395-401   Jul 2008
増島 麻里子
Journal of Japanese Society of Cancer Nursing   23(2) 59-63   Sep 2009

Books etc

 
看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア第2版
増島麻里子
Jul 2018   
いきるを包む 暮らしの中のがん手帖
増島麻里子
Jan 2018   
乳がん患者ケアパーフェクトブック
増島麻里子
Aug 2017   
がん看護コアカリキュラム日本版-手術療法・薬物療法・放射線療法・緩和ケア
増島麻里子
Feb 2017   
看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア
増島麻里子
Mar 2014   ISBN:481801818X
がんのリハビリテーショングランドデザイン
佐浦隆一,増島麻里子
May 2013   
がん看護セレクション 乳がん患者ケア
増島麻里子
Dec 2012   ISBN:4780910773
病棟・外来から始めるリンパ浮腫予防指導
増島麻里子
Jan 2012   ISBN:4260014153
一般病棟でできる緩和ケアQ&A改訂版
増島麻里子
Mar 2010   ISBN:4883784320
看護大事典第2版
増島麻里子
Mar 2010   ISBN:4260005138
実践看護技術学習支援テキスト 成人看護学?
日本看護協会出版会   Feb 2006   
Nursing Mook26 リンパ浮腫の理解とケア
学習研究社   Dec 2004   
がん患者と家族のサポートプログラム

Conference Activities & Talks

 
アドバンスケアプランニングとは? [Invited]
増島麻里子
Cancer Net Japan BEC   Sep 2018   
Attitude Towards End-of-Life in Patients with Hematopoietic Malignancies Living with Significant Others
Naomi Matsuyama, Mariko Masujima, Junko Kusunoki
The International Conference on Cancer Nursing   Sep 2018   
NURSING SUPPORT FOR CANCER PATIENTS WHO USE COMPLEMENTARY AND ALTERNATIVE MEDICINE IN JAPAN
Junko KUSUNOKI, Mariko MASUJIMA, Tomoko MAJIMA
The International Conference on Cancer Nursing   Sep 2018   
JAPANESE ANDERGARDUATE NURSING STUDETNT’S KNOWLEDGE, ATTITUDE AND EDUCATIONAL NEEDS TOWARDS PALLIATIVE CARE: A CROSS-SECTIONAL SURVEY
Tomoyo Sasahara, Michiyo Yamashita, Ikuyo Nagasaka, Mariko Masujima, Tomoko Majima, Keiko Fujimoto, Tamae Futawatari, Kiyoko Kanda, Michiyo Mizuno
The International Conference on Cancer Nursing   Sep 2018   
Impact of nurse-assisted patient turning at different sleep stages on the quality of subsequent sleep
Hisayoshi Sugawara, Ayumi Amemiya, Ryutaro Kase, Mariko Masujima, Ikuko Sakai, Yuji L. Tanaka, Masatoshi Komiyama
40th International Engineering in Medicine and Biology Conference   Jul 2018   
Awareness acquired from illness and treatment experiences in patients with recurrent hematopoietic malignancies
Naomi Matsuyama, Mariko Masujima
East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing   Jan 2018   
Experiences of family members of outpatients with advanced cancer who continuing chemotherapy and who did not receive sufficient notice regarding the patient’s prognosis
Nao Kawamura, Mariko MasuJima
East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing   Jan 2018   
The Associated Factors in Psychological Changes of Breast Cancer Survivors after Participating in a Support Group
WATANABE M, TSUCHIYAM, KUSUNOKI J, YOSHIDA C, OKAMOTO A, KOZU M, SEO T, MASUJIMA M
7th Hong Kong International Nursing Forum   Dec 2017   
Effectiveness of Support Group Program for Breast Cancer Survivors after Surgery: a longitudinal study
Mariko Masujima, Miyako Tsuchiya, Miwa Watanabe, Junko Kusunoki, Chifumi Yoshida, Akemi Okamoto, Mila Kozu
7th Hong Kong International Nursing Forum   Dec 2017   
Frailty and End-of-Life Care for Community-Dwelling Older People in Japan [Invited]
Kieko Iida, Sumie Ikezaki, Mayuko Tsujimura, Mariko Masujima
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia   Oct 2017   
Knowledge, fatigue, and cognitive factors as predictors of lymphedema risk reduction behaviors
Miyako Tsuchiya, Mariko Masujima, Tomoyasu Kato, Shun-ichiIkeda, Chikako Shimizu,
19th World Congress of Psycho-Oncology and Psychosocial Academy   Aug 2017   
Assessing the usability of a web-based end of life care education for adults in Japan
Mariko Masujima, Miyuki Ishibashi, Naho Sato, Miwa Watanabe, Takeshi Umezawa, Sumie Ikezaki
The 11th International Conference Innovative Nursing Care & Technology   Nov 2016   
CHANGES IN MENOPAUSAL SYMPTOMS IN PREMENOPAUSAL BREAST CANCER PATIENTS UNDERGOING ENDOCRINE THERAPY
Yuko Arahori, Mariko Masujima, Kyoko Abe, Yuko Naduka
International conference on cancer nursing   Oct 2016   
Outpatient nursing promoting early-stage detection of lymphedema on cancer patients in Japan
Mariko Masujima
14th International Conference on Cancer Nursing 2006   Sep 2006   International Society of Nurses in Cancer Care 
Nursing intervention for cancer patients to overcome a critical situation in Japan
Mariko Masujima
14th International Conference on Cancer Nursing 2006   Sep 2006   International Society of Nurses in Cancer Care 

Research Grants & Projects

 
慢性疾患高齢者の終生期の充実に向けた市民・医療をつなぐ対話支援プログラムの検証
科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2018 - 2021
オンコロジーナースの実践知の伝承と創発を促す教育プログラムの展開
千葉大学大学院看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2018 - 2021    Investigator(s): 長坂育代
がんで配偶者を亡くした遺族のためのサポートグループプログラムの開発
千葉大学大学院看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2018 - 2020    Investigator(s): 渡邉美和
リンパ浮腫予防支援プログラムの開発と評価:地域連携パスの拡大に着目して
国立がん研究センター中央病院: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2018 - 2020    Investigator(s): 土屋雅子
がん医療チームにおける看護師の臨床判断力を基盤にした連携教育プログラムの開発
千葉大学大学院看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2018 - 2020    Investigator(s): 眞嶋朋子
乳がん患者のサポートグループの効果を高めるプログラム構成と有効性に関する研究
科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2008 - 2011
慢性疾患高齢患者の終生期の充実に向けた市民・医療をつなぐ情報共有システムの構築
科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2014 - 2107
補完・代替療法に取り組むがん患者への看護支援モデルの展開-多職種との連携支援-
千葉大学, 大学院看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): 楠潤子
がん体験者と子どもを含む家族のためのサポートプログラムパッケージの開発
科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2013 - 2015
超高齢社会における市民−専門職連携型エンドオブライフケア教育研究拠点
千葉大学内研究助成
Project Year: 2016 - 2018
高齢者施設のエンドオブライフケアに関する日韓泰国際比較研究−アジア型教育プログラムの開発に向けて−
共同研究費
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): 池崎澄江
オンコロジーナースの実践知の伝承を通して新たな実践知を生み出す教育プログラム
千葉大学, 看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2015 - 2017    Investigator(s): 長坂育代
昨年度 超高齢社会におけるエンド・オブ・ライフケア学の確立と人生を豊かに生ききるアドバンスケアプランニングの社会実装
千葉大学内研究助成
Project Year: 2015 - 2016
慢性病エンドオブライフ期の望む生き方を支えるコミュニケーションガイド日本版の開発
東京医療保健大学: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2013 - 2016    Investigator(s): 谷本真理子
米国版アドバンス・ケア・プランニングの日本における慢性疾患高齢患者への適用と検証
東京医療保健大学: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2013 - 2016    Investigator(s): 櫻井智穂子
慢性疾患高齢患者の終生期の充実に向けた市民・医療をつなぐ情報共有システムの構築
科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2013 - 2016
豊かな人生を共に生き、共に歳を重ねる地域文化の創出
千葉大学, 看護学研究科: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2013 - 2015    Investigator(s): 長江弘子
病院外来における患者・市民・実践者・研究者の新たなニーズや期待、役割発揮の可能性
千葉大学医学部附属病院: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2012 - 2014    Investigator(s): 奥朋子
癒し技法の実践によるケア提供者の心理的成長とケアの質の向上に関する研究
群馬大学, 保健学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2011 - 2014    Investigator(s): 近藤浩子
チーム医療を促進する臨床判断に焦点をあてた専門看護師教育プログラムの開発
千葉大学大学院看護学研究科: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): 眞嶋朋子
がん患者と家族のための日本における看護サポートプログラムの構築
千葉大学内研究助成
Project Year: 2012 - 2012
生活文化に即したエンド・オブ・ライフケア
千葉大学内 研究助成
Project Year: 2011 - 2012
看護系大学院修了生支援プログラムの洗練と展開
千葉大学: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2010    Investigator(s): 眞嶋朋子
在宅がん患者と家族のためのサポートプログラムの普及と質の向上  − スタッフのための教材開発に向けた基礎調査 −
ホスピスケア研究会: 共同研究費
Project Year: 2009 - 2009    Investigator(s): 季羽
がん患者と家族のサポートプログラム「がんを知って歩む会」の効果に関する研究
ホスピスケア研究会: 共同研究費
Project Year: 2008 - 2008    Investigator(s): 季羽 
外来通院がん患者の主体性を育成・支援する看護実践能力および外来看護実践方法の開発
兵庫医療大学: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): 佐藤禮子
早期段階のリンパ浮腫のあるがん患者に対する外来看護システムの構築
科学研究費補助金(若手研究(B))
Project Year: 2004 - 2007    Investigator(s): 増島 麻里子
看護系大学院修了生のための支援プログラム開発に関する研究
千葉大学: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2006    Investigator(s): 眞嶋朋子
再発乳がん患者のQOLを高めるためのサポートプログラムの開発に関する研究
千葉大学看護学部: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2003 - 2006    Investigator(s): 佐藤まゆみ
がん患者の主体的療養を支援する外来看護モデルの外来看護実践への適用に関する研究
千葉大学看護学部: 科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))
Project Year: 2003 - 2005    Investigator(s): 佐藤禮子
がん患者のリンパ浮腫を予防・軽減するための長期的な看護援助に関する研究
科学研究費補助金(若手研究(B))
Project Year: 2002 - 2003
癌患者の主体的療養を支援するための外来看護モデルの構築に関する研究
千葉大学看護学部: 科学研究費補助金(基盤研究(B)(2) )
Project Year: 1999 - 2002    Investigator(s): 佐藤禮子