大下 浩司

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/04 20:21
 
アバター
研究者氏名
大下 浩司
 
オオシタ コウジ
URL
http://kiui.jp/pc/
所属
吉備国際大学
部署
外国語学部
職名
准教授
学位
博士(理学)(岡山大学), 修士(理学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
吉備国際大学 外国語学部 外国学科 准教授(配置換)
 
2006年4月
 - 
現在
吉備国際大学 文化財総合研究センター 研究員(兼任)
 
2012年4月
 - 
2017年3月
吉備国際大学 大学院 文化財保存修復学研究科 准教授(兼任)
 
2016年8月
   
 
広島市立大学 大学院 芸術学研究科 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2014年3月
吉備国際大学 文化財学部 文化財修復国際協力学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
吉備国際大学 文化財学部 文化財修復国際協力学科 講師
 
2009年4月
 - 
2012年3月
吉備国際大学 大学院 文化財保存修復学研究科 講師(兼任)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
吉備国際大学 文化財学部 文化財修復国際協力学科 助教(配置換)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
吉備国際大学 社会学部 文化財修復国際協力学科 助手
 
2004年4月
 - 
2005年3月
関西高等学校 常勤講師
 
2003年6月
 - 
2004年3月
岡山大学 大学院 自然科学研究科 講師(中核的研究機関研究員)
 
2003年4月
 - 
2003年5月
中国科学院 理化技術研究所 研究員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
岡山大学 リサーチアシスタント(RA)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
関西高等学校 非常勤講師
 
1999年4月
 - 
2000年3月
川崎医療短期大学 放射線技術科 非常勤講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
岡山大学大学院 自然科学研究科 物質分子科学専攻 博士後期課程 修了  
 
1998年4月
 - 
2000年3月
岡山大学大学院 理学研究科 化学専攻 修士課程 修了  
 
1995年4月
 - 
1998年3月
岡山大学 理学部 化学科 退学  
 
1994年4月
 - 
1995年3月
島根大学 理学部 地質学科 退学  
 
1991年4月
 - 
1994年3月
岡山県立倉敷南高等学校 卒業  
 

委員歴

 
2013年9月
 - 
現在
The Journal of Pure and Applied Chemistry Research  International Editorial Board Advisor
 
2012年3月
 - 
現在
Journal of Flow Injection Analysis  編集委員
 

受賞

 
2010年9月
日本分析化学会フローインジェクション分析研究懇談会 進歩賞 「新規反応系に基づく高機能フローインジェクション分析法の開発」
 
2010年3月
第6回 高梁学園学術交流コンファレンス 創立者加計勉賞 「文化財研究を支援する新しい科学分析システムの開発」
 
2008年11月
2008 China-Japan-Korea Symposium on Environmental Analytical Chemistry (CJK 2008) Poster Award 「Synthesis of Novel Chitosan–Based Chelating Resins Possessing Amino Acid Moieties and Their Application to Analytical Chemistry」
 
2002年7月
岡山大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL) 研究企画賞 「キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用」(継続)
 
2001年9月
岡山大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL) 研究企画賞 「キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用」
 

論文

 
衣裳を彩る色材の分析 -日本における染色の歴史と琉球紅型衣装にみられる色材-
下山進, 下山裕子, 大下浩司
文化財情報学研究   (14) 53-62   2017年3月
反射スペクトルの多変量解析に基づく白色顔料の同定法
大下浩司, 津崎みぎは
文化財情報学研究   (14) 43-51   2017年3月
蛍光観察による白色油絵具の簡易判別法
大下浩司, 津崎みぎは
文化財情報学研究   (14) 35-41   2017年3月
R・G・Bフィルターを用いた写真撮影による反射スペクトルの簡易推定法
大下浩司
文化財情報学研究   (14) 27-33   2017年3月
光ファイバー分光蛍光光度計を用いた反射スペクトル測定の最適条件
大下浩司
文化財情報学研究   (14) 17-25   2017年3月
光ファイバー分光蛍光光度計による三次元蛍光スペクトルの最適な測定条件
大下浩司
文化財情報学研究   (14) 9-15   2017年3月
赤外線LED搭載小型カメラを用いた顕微赤外線写真撮影法
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (13) 21-28   2016年3月
ハンディタイプ赤外線ライトと汎用デジタル一眼レフカメラを用いた赤外線写真撮影における赤外線指標の効果およびレンズF値と絞り値fの最適条件
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (13) 11-20   2016年3月
汎用デジタル一眼レフカメラによる赤外線写真撮影に適したハンディタイプ赤外線ライトの比較評価
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (13) 1-9   2016年3月
宇津神社「文保二年」および「永享十二年」棟札の赤外線画像観察
高木秀明, 大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (12) 31-35   2015年3月
IR LEDライト搭載デジタルビデオカメラを用いた赤外線写真撮影
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (12) 7-13   2015年3月
汎用デジタル一眼レフカメラを用いた赤外線写真撮影におけるシャープカットフィルターの影響
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (12) 1-6   2015年3月
茜染の染色挙動に関する一考察
大下浩司, 坂本あかね
文化財情報学研究   (11) 21-24   2014年3月
環境水中に溶存する陰イオンのクロマトグラフ定量
大下浩司, 金ハニ
文化財情報学研究   (11) 9-14   2014年3月
汎用デジタル一眼レフカメラを用いた赤外線写真撮影法
大下浩司, 下山進
文化財情報学研究   (11) 1-8   2014年3月
Determination of Ultra-Trace Amounts of Lead in River Water by Flow Injection Analysis Coupled with Computer-Controlled Auto-Pretreatment System Using Solid Phase Extraction Procedure
Ye Yin, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Koji Oshita, Shoji Motomizu, Yoshiyuki Murata
Journal of Flow Injection Analysis   30(1) 45-50   2013年6月   [査読有り]
藍染の染色挙動に関する理論的考察
大下浩司, 豊田健太朗
文化財情報学研究   (10) 29-33   2013年3月
Development of a Portable LED-Based 8-Channel Reflective Colorimeter and Its Application to Simple Determination of Hexacyanoferrate(II) in Common Salts
Yasutada Suzuki, Masaru Ishigaki, Koji Oshita, Takeshi Yamane, Susumu Kawakubo
Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan   67(1) 47-51   2013年2月   [査読有り]
彩色土器における色材の固着方法の検討
板垣裕行, 高木秀明, 大下浩司, 藤田敏彰, 下山進
文化財情報学研究 第9号   1-6   2012年3月
建仁寺塔頭両足院所蔵 絹本着色「明庵栄西像」の蛍光X線分析法による科学調査
大下浩司, 高木秀明, 下山進
文化財情報学研究 第8号   101-108   2011年3月
植物繊維と動物繊維に対する紅花色素の染色機構に関する理論的考察
大下浩司, 松岡有里, 高木秀明, 下山進
文化財情報学研究 第8号   59-62   2011年3月
Zhen Hai Li, Dong Hao Li, Koji Oshita, Shoji Motomizu
Talanta   82(4) 1225-1229   2010年8月   [査読有り]
玉野市指定重要文化財「八浜八幡宮棟札」の赤外線照射観察法による科学調査
大下浩司, 高木秀明, 下山進
文化財情報学研究 第7号   61-65   2010年3月
實相寺寺宝「七面大明神像」の赤外線照射観察法による科学調査
大下浩司, 高木秀明, 下山進
文化財情報学研究 第7号   57-60   2010年3月
Development of Sequential Injection Analysis for Determination of 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3- Ethylcarbodiimide Hydrochloride (EDC・HCl) Based on Condensation Reaction between Malonic Acid and Ethylenediamine
Kunihiko Seno, Kazuki Matumura, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Journal of Flow Injection Analysis   26(1) 27-30   2009年6月   [査読有り]
Adsorption Behavior of Uranium(VI) and Other Ionic Species on Cross-Linked Chitosan Resins Modified with Chelating Moieties
Koji Oshita, Akhmad Sabarudin, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Talanta   79(4) 1031-1035   2009年3月   [査読有り]
Minako Hosoba, Koji Oshita, Rosi K. Katarina, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytica Chimica Acta   639(1-2) 51-56   2009年3月   [査読有り]
Kunihiko Seno, Kazuki Matumura, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   25(3) 389-393   2009年3月   [査読有り]
Yoshiaki Furusho, Akhmad Sabarudin, Lukman Hakim, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   25(1) 51-56   2009年1月   [査読有り]
Rosi K. Katarina, Toshio Takayanagi, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   24(12) 1537-1544   2008年12月   [査読有り]
Synthesis of Chitosan-Based Resins Functionalized with Serine Moiety and Its Application to Determination of Trace Amounts of Uranium by FI/ICP-MS System
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Proceedings of 16th International Conference on Flow Injection Analysis (16th ICFIA), April 2010, Pattaya, Thailand, Journal of Flow Injection Analysis   25(1) 73-76   2008年6月   [査読有り]
大下浩司, 本水昌二
分析化学 (Bunseki Kagaku)   57(5) 291-311   2008年5月   [査読有り][招待有り]
Koji Oshita, Kenji Seo, Akhmad Sabarudin, Mitsuko Oshima, Toshio Takayanagi, Shoji Motomizu
Analytical and Bioanalytical Chemistry   390(7) 1927-1932   2008年4月   [査読有り]
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   24(5) 665-668   2008年3月   [査読有り]
Synthesis of Cross-linked Chitosan Functionalized with Threonine Moiety and Its Application to On-line Collection/Concentration and Determination of Mo, V, and Cu
Lukman Hakim, Akhmad Sabarudin, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Talanta   74(4) 977-985   2008年1月   [査読有り]
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   23(12) 1431-1434   2007年12月   [査読有り]
Koji Oshita, Osamu Noguchi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   23(10) 1203-1208   2007年10月   [査読有り]
Akhmad Sabarudin, Mitsuko Oshima, Toshio Takayanagi, Lukman Hakim, Koji Oshita, Yun-Hua Gao, Shoji Motomizu
Analytica Chimica Acta   581(2) 214-220   2007年1月   [査読有り]
山川聡子, 大下浩司, Akhmad Sabarudin, 大島光子, 本水昌二
分析化学 (Bunseki Kagaku)   53(9) 1039-1043   2004年9月   [査読有り]
Kyue-Hyung Lee, Koji Oshita, Akhmad Sabarudin, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   19(11) 1561-1563   2003年11月   [査読有り]
二宮崇彦, 大下浩司, 大島光子, 本水昌二
分析化学 (Bunseki Kagaku)   52(9) 811-817   2003年9月   [査読有り]
Koji Oshita, Jingsong Xu, Yun-Hua Gao, Kyue-Hyung Lee, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Bulletin of the Chemical Society of Japan   76(8) 1555-1560   2003年8月   [査読有り]
Synthesis of Novel Solid Materials for Separation of Metals by Derivatizing Biomass with Functional Moieties and Their Application to Analytical Chemistry
大下浩司
博士論文, 博士(理学, 岡山大学)      2003年3月   [査読有り]
新規合成キトサン樹脂を用いる環境水中のウランの捕集・濃縮
大下浩司, 大島光子, 本水昌二
しぶかわ (Shibukawa)   24 3-8   2003年3月
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用
大下浩司
岡山大学大学院ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 研究年報 平成14年度 第8集   96-101   2003年3月
Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Yun-Hua Gao, Kyue-Hyung Lee, Shoji Motomizu
Analytica Chimica Acta   480(2) 239-249   2003年3月   [査読有り]
On-Line Flow Injection/Inductively Coupled Plasma-Mass Spectrometric Determination of Uranium in Sea Water
Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Yun-Hua Gao, Kyue-Hyung Lee, Shoji Motomizu
Journal of Flow Injection Analysis   19(2) 143-146   2002年12月   [査読有り]
Yun-Hua Gao, Koji Oshita, Kyue-Hyung Lee, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Analyst   127(12) 1713-1719   2002年12月   [査読有り]
Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Yun-Hua Gao, Kyue-Hyung Lee, Shoji Motomizu
Analytical Sciences   18(10) 1121-1125   2002年11月   [査読有り]
Adsorption Behavior of Mercury in Aqueous Solution on Cross-Linked Chitosan
Koji Oshita, Yun-Hua Gao, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Proceedings of The Sixth Asian Conference on Analytical Sciences (ASIANALYSIS VI), August 2001, Tokyo, Analytical Sciences   17(Supplement) a317-a320   2001年12月   [査読有り]
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
Journal of Chromatography A   934(1/2) 113-122   2001年11月   [査読有り]
カリクサレン誘導体の合成と分析化学的研究
大下浩司
修士論文, 修士(理学, 岡山大学)      2000年3月   [査読有り]

Misc

 
「黒漆花鳥密蛇絵箔絵食籠」復元模造手板制作及び科学調査報告
上江洲安亭, 室瀬和美, 鷺野谷一平, 樋渡賢, 早川泰弘, 下山進, 大下浩司, 下山裕子
首里城公園に関する調査研究・普及啓発事業年報   7 149-170   2017年3月   [依頼有り]
平成27年度 尚家資料色材調査報告書
下山進, 大下浩司, 下山裕子
首里城公園に関する調査研究・普及啓発事業年報   7 66-68   2017年3月   [依頼有り]
平成26・27年度 御座楽衣裳関連染織資料の非破壊色材調査
下山進, 大下浩司, 下山裕子
首里城公園に関する調査研究・普及啓発事業年報   7 37-65   2017年3月   [依頼有り]
油彩画、日本画、染色品に使用される色材の簡易分析法の開発(第2年度)
大下浩司
平成26年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団 事業報告書・研究成果報告書集   181-186   2015年3月
尚家継承品「金杯」の分析調査報告
下山進, 下山裕子, 大下浩司
首里城公園管理センター 調査研究・普及啓発事業年報   5 69-73   2015年3月   [依頼有り]
平成24年度・平成25年度 御座楽衣裳関連染織資料の非破壊色材調査報告
下山進, 大下浩司, 下山裕子
首里城公園管理センター 調査研究・普及啓発事業年報   5 43-67   2015年3月   [依頼有り]
油絵具の非破壊分析法
大下浩司
化学と教育   63(1) 20-21   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
油彩画、日本画、染色品に使用される色材の簡易分析法の開発(初年度)
大下浩司
平成25年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団 事業報告書・研究成果報告書集   116-121   2014年3月
廃棄バイオマスを原料にした機能性科学材料の創製に関する分析化学的探索(第2年度)
大下浩司
平成24年度(2012年度) ウエスコ学術振興財団 学術研究費助成事業 報告書      2013年4月
平成22年度・平成23年度 御座楽衣裳関連染色資料の非破壊色材調査報告
下山進, 大下浩司, 下山裕子
首里城公園管理センター 調査研究・普及啓発事業年報   3 69-85   2013年3月
カルシウムおよびカルシウム化合物の化学的性質と化学反応
大下浩司
文化財情報学研究   (10) 45-48   2013年3月
尾形光琳筆「紅白梅図屏風」水流黒色部の可視-近赤外反射スペクトル非破壊分析
下山進, 大下浩司
平成20年~22年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般) 研究成果報告書, 国宝「紅白梅図屏風」の製作技法・材料(金箔・有機色料・型)に関する調査研究, 研究代表者 内田篤呉 MOA美術館副館長・美学博士   62-65   2012年8月
廃棄バイオマスを原料にした機能性科学材料の創製に関する分析化学的探索(初年度)
大下浩司
平成23年度(2011年度) ウエスコ学術振興財団 学術研究費助成事業 報告書      2012年4月
文化財の劣化・風化に関わる酸性物質
大下浩司, 立花優典, 岡田晃直
文化財情報学研究 第9号   19-22   2012年3月
文化財の劣化・風化の度合いを定量化するための簡易分析システムの開発
大下浩司
財団法人 八雲環境科学振興財団 研究レポート集 第11号   62-67   2010年11月
文化財研究を牽引する新しい科学分析法の探索
大下浩司
文化財情報学研究 第7号   53-55   2010年3月
キトサンキレート樹脂の創製と簡易分析システムの開発
大下浩司
文化財情報学研究 第6号   17-20   2009年3月
環境調査活動において強力な武器となる銅(II)イオン機能的濃縮定量システムの開発
大下浩司
財団法人 八雲環境科学振興財団 研究レポート集 第9号   85-91   2008年10月
HPLC/水素化物発生化学発光検出法によるヒ素化合物のスペシエーション
大下浩司
ぶんせき, 7   363   2008年7月   [査読有り][依頼有り]
超微量元素分析のための機能性バイオマスの開発
大下浩司
文化財情報学研究 第5号   85-88   2008年3月
バイオマスの誘導体化による新規金属捕集剤の合成とその分析化学的応用
大下浩司
分析化学 (Bunseki Kagaku)   53(3) 187-188   2004年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
微量金属分析とその前処理技術
大下浩司 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 より高性能な吸着材の開発と応用, 4節 キレート樹脂の吸着性能に影響を及ぼす化学構造, pp.70-78)
技術情報協会   2015年3月   
製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ
大下浩司, 本水昌二 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 試料中に含まれる微量金属、有害物質の分析, 第5節 試料中に含まれる微量重金属の定量, pp.255-282)
技術情報協会   2014年3月   
ファン・ゴッホ《農婦》調査プロジェクト
下山進,大原秀之,高木秀明、藤田敏彰,大下浩司,吉田寛志,古谷可由,重藤嘉代 (担当:共著, 範囲:pp.1-67)
財団法人 ウッドワン美術館, 学校法人 順正学園 吉備国際大学   2012年3月   
“Daubigny’s Garden”1890 by Vincent van Gogh
Yoshiyuki Furutani, Susumu Shimoyama, Hideyuki Ohara, Hiroshi Yoshida, Koji Oshita (担当:共著, 範囲:pp.1-150)
Produced by Hiroshima Museum of Art and Kibi International University   2010年10月   
ゴッホ《ドービニーの庭》のすべて
下山進,大原秀之,吉田寛志,大下浩司,古谷可由 (担当:共著, 範囲:pp.1-150)
財団法人 ひろしま美術館, 学校法人 高梁学園 吉備国際大学   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
光ファイバー分光蛍光光度計を用いた天然染料の三次元蛍光スペクトル非破壊測定
大下浩司, 津崎健太朗
第54回染色化学討論会   2017年11月   
光ファイバー分光蛍光光度計を用いた三次元蛍光スペクトル非破壊測定の条件検討
大下浩司
第54回染色化学討論会   2017年11月   
ゴッホの油彩画を科学する「ゴッホ《ドービニーの庭》の非破壊科学調査」
大下浩司
2016年度 吉備創生カレッジ   2016年6月   
ゴッホの油彩画を科学する「ゴッホ《農婦》の非破壊科学調査」
大下浩司
2016年度 吉備創生カレッジ   2016年5月   
ゴッホの油彩画を科学する「油彩画の非破壊科学調査の方法」
大下浩司
2016年度 吉備創生カレッジ   2016年5月   
紫外線照射による白色油絵具の簡易判別法
大下浩司, 津崎みぎは, 下山進
2015年日本化学会中国四国支部大会   2015年11月   
油彩画に使用されるレーキ顔料の非破壊分析法の開発
大下浩司, 下山進, 鈴木保任
平成26年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2015年2月   
反射および三次元蛍光スペクトル分析法による藍染の非破壊同定
豊田健太朗, 大下浩司, 下山進
2014年日本化学会中国四国支部大会   2014年11月   
光ファイバー三次元蛍光スペクトル分析法による紅花染の染色挙動評価
大下浩司, 毛林, 松岡有里, 下山進
2014年日本化学会中国四国支部大会   2014年11月   
高機能性モノリスカラムの創製に基づく新規クロマトグラフ分析システムの開発(第2年度)
大下浩司
平成25年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2014年2月   
反射スペクトル分析法による紅花染の染色挙動評価
大下浩司,松岡有里,下山 進
第52回染色化学討論会   2013年9月   
高機能性モノリスカラムの創製に基づく新規クロマトグラフ分析システムの開発(初年度)
大下浩司
平成24年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2013年2月   
ゴッホの二つの作品「ドービニーの庭」と「農婦」の科学的解析
大下浩司
吉備国際大学付属研究所合同シンポジウム   2012年12月   
キトサンを代替材料に用いた新しいキレート樹脂の合成開発
大下浩司
岡山理科大学 OUSフォーラム2012   2012年11月   
高機能アフィニティーモノリスカラムの創出に基づく新しいクロマトグラフ法の開発
大下浩司
平成23年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2012年2月   
高選択的固相抽出反応系の創出に基づくフローインジェクション分析法の開発
大下浩司, 梅村知也, 鈴木保任, 本水昌二
第49回フローインジェクション分析講演会   2011年12月   
文化財環境の動態解明を支援するシーケンシャルクロマトグラフ分析システムの開発
大下浩司
平成22年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2011年2月   
廃棄バイオマスを用いた金属イオン分離・濃縮剤の創製
大下浩司
岡山理科大学 OUSフォーラム2010   2010年11月   
文化財の劣化・風化の度合いを定量化するための簡易分析システムの開発
大下浩司
財団法人 八雲環境科学振興財団 平成22年度研究発表会   2010年11月   
金属イオン分離・濃縮のためのキトサン基材キレート樹脂の開発
大下浩司, 本水昌二
Separation Sciences 2010   2010年8月   
Highly-Efficient Reversed Phase Separation Using Lauryl Methacrylate-Based 1 m-Long Monolithic Microbore Column
Tomonari Umemura, Shin Shu, Koji Oshita, Yuji Ueki
The 34th International Symposium on Capillary Chromatography (ISCC 2010)   2010年6月   
Development of Automated Pretreatment System Using Mini-Column Packed with Synthesized Chelating Resin Based on Sequential Flow Injection Technique
Koji Oshita, Tomonari Umemura, Shoji Motomizu
The 34th International Symposium on Capillary Chromatography (ISCC 2010)   2010年6月   
Highly Sensitive FIA System for Hydrogen Peroxide Determination Based on Fluorescence Quenching of Chromotropic Acid with Catalyst
Zhen Hai Li, Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
16th International Conference on Flow Injection Analysis (16th ICFIA)   2010年4月   
Synthesis of Novel Chitosan Resins Functionalized with Chelating Moieties for On-Line Collection/Concentration of Metal Ions by Flow-Based System
Koji Oshita, Shoji Motomizu
16th International Conference on Flow Injection Analysis (16th ICFIA)   2010年4月   
文化財研究を支援する新しい科学分析システムの開発
大下浩司
第6回 高梁学園学術交流コンファレンス   2010年3月   
有害金属やレアメタルを回収する機能性バイオマスの開発とその新展開
大下浩司
岡山理科大学 OUSフォーラム2009   2009年11月   
キトサンキレート樹脂の合成と金属イオン捕集挙動の相対評価
大下浩司, 大島光子, 高柳俊夫, 本水昌二
日本分析化学会第58年会   2009年9月   
Flow Injection Determination of Hydrogen Peroxide Based on Fluorescence Quenching of Chromotropic Acid Catalyzed with Iron(II)
Koji Oshita, Zhen Hai Li, Yun-Hua Gao, Shoji Motomizu
2009 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry (CJK 2009)   2009年9月   
21世紀を生きるための科学 「海は人類の宝物~海水中のレアメタル回収~」 [招待有り]
大下浩司
2009年度 吉備創生カレッジ   2009年8月   
21世紀を生きるための科学 「カニ殻の有効活用~キトサンキレート樹脂~」 [招待有り]
大下浩司
2009年度 吉備創生カレッジ   2009年7月   
21世紀を生きるための科学 「1兆分の1グラムを探る~超微量元素分析~」 [招待有り]
大下浩司
2009年度 吉備創生カレッジ   2009年7月   
ホスホン酸基を導入したキトサンキレート樹脂の金属イオン捕集挙動
大下浩司, 高雲華, 大島光子, 高柳俊夫, 本水昌二
第70回分析化学討論会   2009年5月   
ハイパフォーマンス簡易分析システムの開発と応用
大下浩司
平成20年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2009年2月   
金属イオン分離・濃縮のための機能性バイオマスの開発
大下浩司
岡山理科大学 OUSフォーラム2008   2008年11月   
環境調査活動において強力な武器となる銅(II)イオン機能的濃縮定量システムの開発
大下浩司
財団法人 八雲環境科学振興財団 平成20年度研究発表会   2008年11月   
Synthesis of Novel Chitosan Based Chelating Resins Possessing Amino Acid Moieties and Their Application to Analytical Chemistry
Koji Oshita, Yun-Hua Gao, Shoji Motomizu
2008 China-Japan-Korea Symposium on Environmental Analytical Chemistry (CJK 2008)   2008年11月   
キトサンをベースにしたキレート樹脂の開発とその吸着性能評価
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第57年会   2008年9月   
Synthesis of Novel Chitosan Resins for Collection and Concentration of Trace Uranium and Development of On-Line Pretreatment System
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
The 15th International Conference on Flow Injection Analysis (ICFIA 2008)&The 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis   2008年9月   
キレート樹脂の開発と環境水中微量元素の分離・濃縮 [招待有り]
大下浩司
プラズマ分光分析研究会 第73回講演会   2008年5月   
アミノ酸をキレート官能基として導入したキトサン基材樹脂の合成と金属イオンの吸着・捕集挙動
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
第69回分析化学討論会   2008年5月   
ハイパフォーマンス簡易分析システムの開発と応用
大下浩司
平成19年度 吉備国際大学 共同研究報告会   2008年2月   
Synthesis of Chitosan-Based Resins Functionalized with Serine Moiety and Its Application to Development of FI/ICP-MS System for Trace Metal Analysis
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
International Symposium on Flow-Based Analysis VII (ISFBA-2007)   2007年12月   
グリシンを有するキトサン濃縮剤の合成と微量ビスマスのカラム濃縮/ICP-MS定量
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
Separation Sciences 2007   2007年11月   
キトサンを基材としたキレート濃縮剤の開発と水溶液内微量元素の吸着挙動
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
2007年日本化学会西日本大会   2007年11月   
フェニルアルソン酸化学修飾キトサン樹脂の合成と環境水中の微量ウランの定量
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第56年会   2007年9月   
機能性分離・濃縮剤の開発とその分析化学的応用 [招待有り]
大下浩司
第13回中国四国支部分析化学若手セミナー   2007年8月   
新規機能性濃縮法の開発と簡易分析への応用
大下浩司
平成17年度 第2回 大学発 技術シーズ発信会(財団法人岡山県産業振興財団 主催)   2006年2月   
Determination of Uranium in Sea Water by On-Line FI/ICP-MS with Serine-Type Chitosan
Koji Oshita, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2005年12月   
水溶性カリックスアレーンとアルカリ金属イオン及び第四級アンモニウムイオンの相互作用
大下浩司, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
第23回キャピラリー電気泳動シンポジウム   2003年12月   
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用
大下浩司
第14回VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)研究発表会   2003年11月   
セリン型キトサン樹脂を用いたウランのOn-Line FI/ICP-MS定量
大下浩司, 大島光子, 本水昌二
第44回フローインジェクション分析講演会 創立20周年記念大会   2003年11月   
バイオマスを用いた金属分離・濃縮のための固体材料の合成とその分析化学的応用
大下浩司, 大島光子, 本水昌二
東京コンファレンス2003   2003年9月   
ジチオカーバメイト型架橋キトサン樹脂の合成と金属の捕集挙動
大下浩司, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第52年会   2003年9月   
Synthesis of Novel Chitosan-Based Chelating Resins for The Collection and Concentration of Metal Ions in Aquatic Waters
Shoji Motomizu, Koji Oshita, Mitsuko Oshima
Third International Conference on Ion Exchange (ICIE '03)   2003年7月   
新規キトサンキレート樹脂の合成と重金属イオンの濃縮捕集/ICP-質量分析
大島光子, 大下浩司, 本水昌二
第64回分析化学討論会   2003年5月   
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用
大下浩司
岡山地区講演会(日本分析化学会中国四国支部・岡山地区分析技術懇談会主催)   2003年1月   
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用(継続)
大下浩司
第12回VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)研究発表会   2002年12月   
キトサンキレート樹脂を用いたウランのオンライン濃縮/捕集
大下浩司, Kyue-Hyung Lee, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第51年会   2002年9月   
新規キトサンキレート樹脂の合成と重金属イオンの濃縮捕集/ICP-質量分析
大下浩司, 高雲華, Kyue-Hyung Lee, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
第63回分析化学討論会   2002年5月   
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用
大下浩司
第10回VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)研究発表会   2001年12月   
キトサンを基材とした新規キレート樹脂の開発と金属の濃縮捕集
大下浩司, 高雲華, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第50年会   2001年11月   
新規キレート樹脂を用いた重金属の濃縮捕集
大下浩司, 高雲華, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
日本分析化学会第50年会   2001年11月   
新規キトサン基剤キレート樹脂の開発と重金属の濃縮捕集/ICP-質量分析
大下浩司, Kyue-Hyung Lee, 高柳俊夫, 大島光子, 本水昌二
日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会   2001年10月   
Adsorption Behavior of Mercury in Aqueous Solution on Cross-Linked Chitosan
Koji Oshita, Yun-Hua Gao, Mitsuko Oshima, Shoji Motomizu
The Sixth Asian Conference on Analytical Sciences (ASIANALYSIS VI)   2001年8月   
重金属イオンの濃縮捕集/ICP-質量分析
大下浩司, 高雲華, 大島光子, 本水昌二
第62回分析化学討論会   2001年6月   
Migration Behavior of Calixarene Derivatives in the Presence of Alkali Metal Ion and/or Quaternary Ammonium Ion
Koji Oshita, Toshio Takayanagi, Shoji Motomizu
2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2000年12月   
カリックスアレーンとアルカリ金属イオンおよび第4級アンモニウムイオンとの相互作用
大下浩司, 高柳俊夫, 本水昌二
日本分析化学会第49年会   2000年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
反射スペクトルの多変量解析に基づく顔料および染料の非破壊同定法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 大下浩司
油彩画に使用されるレーキ顔料の非破壊同定法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 大下浩司
油彩画に使用されるレーキ顔料の非破壊分析法の開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 大下浩司
油彩画、日本画、染色品に使用される色材の簡易分析法の開発(第2年度)
ウエスコ学術振興財団: 学術研究費助成事業 研究費
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 大下浩司
油彩画、日本画、染色品に使用される色材の簡易分析法の開発(初年度)
ウエスコ学術振興財団: 学術研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 大下浩司
高機能性モノリスカラムの創製に基づく新規クロマトグラフ分析システムの開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 大下浩司
廃棄バイオマスを原料にした機能性科学材料の創製に関する分析化学的探索(第2年度)
ウエスコ学術振興財団: 学術研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 大下浩司
高機能性モノリスカラムの創製に基づく新規クロマトグラフ分析システムの開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 大下浩司
廃棄バイオマスを原料にした機能性科学材料の創製に関する分析化学的探索(初年度)
ウエスコ学術振興財団: 学術研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 大下浩司
高機能アフィニティーモノリスカラムの創出に基づく新しいクロマトグラフ法の開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 大下浩司
文化財研究を支援する新しい科学分析システムの開発
高梁学園: 第6回 高梁学園学術交流コンファレンス 創立者加計勉賞(最優秀賞) 賞金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 大下浩司
先端科学を推進する廃棄バイオマスを坦体とした分離精製カラムの創製
名古屋大学エコトピア科学研究所: 共同研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 大下浩司
文化財環境の動態解明を支援するシーケンシャルクロマトグラフ分析システムの開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 大下浩司
文化財の劣化・風化の度合いを定量化するための簡易分析システムの開発
八雲環境科学振興財団: 環境研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 大下浩司
文化財研究フィールドで活躍する新しい分離場を備えた多成分迅速分析システムの開発
吉備国際大学: 共同研究費
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 大下浩司
ハイパフォーマンス簡易分析システムの開発と応用
吉備国際大学: 共同研究費(科研費の補助)
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 大下浩司
金属イオン分離・濃縮・定量のためのバイオマス簡易機能化法の検討と機能性バイオマスの微量元素分析への応用
ウエスコ学術振興財団: 学術研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 大下浩司
ハイパフォーマンス簡易分析システムの開発と応用
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 大下浩司
環境調査活動において強力な武器となる銅(II)イオン機能的濃縮定量システムの開発
八雲環境科学振興財団: 環境研究助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 大下浩司
ハイパフォーマンス簡易分析システムの開発と応用
吉備国際大学: 共同研究費(科研費の補助)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 大下浩司
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用」(継続)
岡山大学: 岡山大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)研究企画賞 賞金
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 大下浩司
キトサンをベースにした新規機能性材料の開発と応用
岡山大学: 岡山大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)研究企画賞 賞金
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 大下浩司

特許

 
特開2004-076147 : ウラン及びトリウムの捕集濃縮用樹脂
大下浩司, 本水昌二
特開2004-074128 : 水銀の除去方法
大下浩司, 本水昌二

教育業績

 
2017年9月   授業力向上に向けた模擬授業改善の試み -自己評価尺度の作成と有用性の検討-
倉知典弘, 大下浩司, 森井康幸
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系) 増刊号, pp.131-151
2017年3月   学生による授業評価アンケートの結果、評価と今後の課題
大下浩司
吉備国際大学 平成28年度 第20回 自己点検・自己評価委員会総会 口頭発表
2017年3月   教養力
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.97-98(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2017年3月   光と色の科学
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.17-20(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2016年3月   教養力を身につける
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.87-88(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2016年3月   光を使って絵画や染織品の色を科学する
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.15-18(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2016年3月   平成27年度 教育向上部会 報告書
大下浩司
吉備国際大学 学生満足度向上委員会 教育向上部会
2016年3月   学生による授業評価と今後の課題
大下浩司
吉備国際大学 平成27年度 自己点検・自己評価委員会総会 口頭発表
2015年3月   教養を学ぶことの大切さ
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.81-82(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2015年3月   光と色の道に励んでいます
大下浩司
基礎演習テキスト, pp.11-14(分担), 吉備国際大学外国語学部外国学科
2015年3月   平成26年度 教育向上部会 報告書
大下浩司
吉備国際大学 学生満足度向上委員会 教育向上部会
2015年3月   授業アンケート調査の結果
大下浩司
吉備国際大学 第18回 自己点検・自己評価委員会総会 口頭発表
2014年3月   平成25年度 教育向上部会 報告書
大下浩司
吉備国際大学 学生満足度向上委員会 教育向上部会
2014年3月   授業アンケート調査の結果と今後の課題
大下浩司
吉備国際大学 第17回 自己点検・自己評価委員会総会 口頭発表