山本 龍夫

J-GLOBALへ         更新日: 08/02/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
山本 龍夫
 
ヤマモト タツオ
URL
http://www.hama-med.ac.jp
所属
旧所属 浜松医科大学 医学部附属病院 診療科
職名
講師
学位
博士(医学)(浜松医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1992年
浜松医科大学医学部 内科学第一講座助手
 
1990年
 - 
1992年
ユタ大学医学部腎臓病学部門 学位取得後研究員
 
1993年
 - 
1996年
, 1999-現在 浜松医科大学医学部附属病院 第一内科講師
 

学歴

 
 
 - 
1987年
浜松医科大学 医学研究科 生理系
 
 
 - 
1980年
浜松医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1995年
   
 
日本腎臓学会  学術評議員
 

Misc

 
池谷 満, 熊谷 裕通, 金子 貴子, 山本 龍男, 真島 武
医療   37(10) 973-976   1983年
Lysozymeの糸球体immune complex沈着に対する影響
日腎会誌   27(7) 899-902   1985年
SLEおよびMCTDにおける腎間質病変
厚生省特定疾患 進行性腎障害調査研究班,昭和60年度研究報告書   282-287   1986年
メサンギウム増殖性腎炎に対する抗凝固療法
厚生省特定疾患 進行性腎障害調査研究班,昭和60年度研究報告書   211-216   1986年
膜性腎症とIgA腎症の合併例-自験例および文献的考察-
腎と透析   29(4) 689-692   1990年

書籍等出版物

 
膠原病に伴う腎病変
腎臓病チェックリスト   2000年   
紫斑病性腎症
腎臓病チェックリスト   2000年   
溶血性尿毒症症候群
腎臓病チェックリスト   2000年   
SLE腎症、他の二次性腎疾患の治療
腎臓病チェックリスト   2000年   
ANCA関連腎炎
腎臓病チェックリスト   2000年   

Works

 
腎炎におけるTGF-βとTGF-βレセブターの役割
1998年 - 2001年
腎炎におけるSmadを介するTGF-β細胞内信号伝達
2000年 - 2002年
腎炎における腎内アンジオテンシン系の検討
2002年 - 現在
腎硬化の進行におけるTGF-β-Smad信号伝達系のユビキチン・プロテアソーム分解系による制御
2002年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
塩分摂取が腎内TGF-β発現に与える影響
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 1998年 - 2004年
腎炎におけるSmad発現の検討
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2004年
TGF-βの抑制が糸球体腎炎の進行に与える影響
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 1997年 - 2003年
腎硬化の進行とTGF-β-Smad信号伝達系のユビキチン・プロテアソーム分解系による制御
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年