細田 智久

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/29 14:33
 
アバター
研究者氏名
細田 智久
 
ホソダ トモヒサ
URL
https://www.yonago-k.ac.jp/center/upload/593a32b3349bb.pdf
所属
米子工業高等専門学校
部署
建築学科
職名
准教授
学位
修士(工学)(豊橋技術科学大学), 博士(工学)(豊橋技術科学大学)

プロフィール

学校教育施設計画を専門とする建築計画分野の研究者です。近年はまちづくりにも研究活動の領域を広げています。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
米子工業高等専門学校建築学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2011年3月
米子工業高等専門学校建築学科 講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
豊橋技術科学大学工学部建設工学系 助教
 
2000年9月
 - 
2007年3月
豊橋技術科学大学工学部建設工学系 助手
 
1999年4月
 - 
2000年8月
(株)伊藤建築設計事務所 設計監理室
 

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 建設工学専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
豊橋技術科学大学 工学部 建設工学課程
 
1990年4月
 - 
1995年3月
米子工業高等専門学校  建築学科
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
倉吉市建築審査会  委員
 
2016年10月
 - 
現在
境港市下水道料金等審議会  会長
 
2014年3月
 - 
現在
鳥取県屋外広告物審議会 会長
 
2012年4月
 - 
現在
日本都市計画学会中国四国支部  研究交流委員会委員
 
2011年5月
 - 
現在
米子市景観審議会 会長
 
2010年6月
 - 
現在
日本建築学会中国支部  建築計画委員会委員
 
2009年5月
 - 
現在
鳥取県景観アドバイザー
 
2009年4月
 - 
現在
中海自然再生協議会 専門家会議メンバー
 
2015年6月
 - 
2016年3月
伯耆町  お試し住宅整備計画検討委員
 
2015年7月
 - 
2015年12月
一般財団法人 島根県建築住宅センター  隠岐の島町空き家ワークショップコーディネーター
 

論文

 
細田智久、中園眞人、三谷亮太、牛島朗、下倉玲子
日本建築学会計画系論文集   82(736) 1445-1454   2017年6月   [査読有り]
施設一体型小中一貫校の学校運営・施設計画に関する研究 その1
秦瑞希、細田智久
日本建築学会地域施設計画研究論文   (35) 157-164   2017年7月   [査読有り]
岡山県における公立中学校の生徒・学校数の推移(1963-2010)
中園眞人、田所良太、牛島朗、細田智久、下倉玲子
日本建築学会技術報告集   22(52) 1085-1090   2016年10月   [査読有り]
鳥取県西部地区における小学校廃校校舎の活用状況に関する研究
細田智久、鈴木明日実
日本建築学会地域施設計画研究論文   (34) 183-192   2016年7月   [査読有り]
細田智久、中園眞人、田所良太、牛島朗、下倉玲子、栗崎真一郎、福田由美子
日本建築学会技術報告集   22(51) 689-694   2016年6月   [査読有り]
岡山県における公立小学校の児童・学校数の推移(1959-2010)
栗崎真一郎、中園眞人、古西雄大、牛島朗、細田智久、下倉玲子、福田由美子、関川華
日本建築学会技術報告集   22(50) 259-264   2016年2月   [査読有り]
広島県における公立小学校の児童・学校数の推移(1959-2010)
下倉玲子、中園眞人、古西雄大、牛島朗、細田智久、栗崎真一郎、福田由美子
日本建築学会技術報告集   22(50) 243-248   2016年2月   [査読有り]
CASE STUDY ON THE RESIDENTIAL ENVIRONMENT AND A MULTIGENERATIONAL RESIDENCE IN THE HISTORICAL DISTRICTS, MORI AND HIROSE OF YASUGI CITY, SHIMANE PREFECTURE IN JAPAN
Tomohisa Hosoda, Tomoki Ishizashi, Mami Yamane, Hiroka Ogura
World Engineering Conference and Convention 2015 (WECC2015)   PS4-1-1   2015年11月   [査読有り]
国立公園の利用促進等に向けた集団施設地区の課題と取り組み実態に関する研究 − 集団施設地区内の集落規模に着目して −
小椋弘佳、樋口秀、細田智久、熊谷昌彦
日本建築学会計画系論文集   80(716) 2261-2271   2015年10月   [査読有り]
児童館・小学校施設を活用した放課後児童クラブにおける室構成と活動内容に関する比較研究
細田智久、中田朋幸
日本建築学会地域施設計画研究論文   (33) 101-110   2015年7月   [査読有り]
山口県における公立中学校の生徒・学校数の推移(1963-2011)
中園眞人、古西雄大、牛島朗、山本幸子、細田智久、下倉玲子、栗崎真一郎、福田由美子
日本建築学会技術報告集   21(48) 747-752   2015年6月   [査読有り]
全国高専デザコン2013環境デザイン部門におけるワークショップ参加学生による評価と課題点の分析
細田智久、熊谷昌彦、高増佳子、金澤雄記、玉井孝幸
論文集「高専教育」   (38) 175-180   2015年3月   [査読有り]
米子高専建築学科の常勤教職員および非常勤講師による意見交換会の活動内容と事後評価
北農幸生、細田智久、高増佳子、前原勝樹、西川賢治、金澤雄記、小椋弘佳
論文集「高専教育」   (38) 186-191   2015年3月   [査読有り]
細田智久
日本建築学会技術報告集   21(47) 243-248   2015年2月   [査読有り]
細田智久、中園眞人、田所良太、牛島朗、栗崎真一郎、下倉玲子、福田由美子
日本建築学会技術報告集   21(47) 269-274   2015年2月   [査読有り]
細田智久、中園眞人、古西雄大、田所良太、牛島朗、栗崎真一郎、下倉玲子、福田由美子
日本建築学会技術報告集   21(47) 275-280   2015年2月   [査読有り]
児童館施設を活用した放課後児童クラブにおける室利用と活動内容に関する研究
細田智久、中田朋幸
日本建築学会地域施設計画研究論文   (32) 127-134   2014年7月   [査読有り]
中山間地域での自然体験、温泉小屋計画等による教育効果の考察−鳥取県日南町の古民家「かつみや」を拠点として その2−
細田智久、小椋弘佳
論文集「高専教育」   (37) 419-424   2014年3月   [査読有り]
島根県・鳥取県のエコスクールにおける環境配慮型設備の導入状況及び教室の快適性に関する分析
細田智久、住友美香、音田麻耶
日本建築学会地域施設計画研究論文   (31) 63-70   2013年7月   [査読有り]
島根県幼保園と鳥取県こども園における施設計画及び運用方法の実態分析
細田智久、寺澤美春
日本建築学会地域施設計画研究論文   (31) 71-78   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
山陰地方の施設一体型小中一貫校2例の施設計画の考察
細田智久
日本建築学会大会学術講演会梗概集(中国)   275-276   2017年9月
鳥取島根両県における住宅支援を中心とした定住施策に関する研究 その2
松本萌夏・細田智久・金澤雄記・熊谷昌彦
日本建築学会中国支部研究報告集   40(532) 651-654   2017年3月
中山間地域の集落における人口減少の要因と抱える課題に関する研究 鳥取県西伯郡大山町旧名和町地区におけるケーススタディ
竹口大紀・細田智久
日本建築学会中国支部研究報告集   40(707) 743-746   2017年3月
山陰地方の施設一体型小中一貫校の施設計画に関する研究 その1
秦瑞希・細田智久
日本建築学会中国支部研究報告集   40(506) 547-550   2017年3月
山陰地方の小学校廃校校舎の現状・活用状況に関する研究 その1
中田希望・細田智久
日本建築学会中国支部研究報告集   40(507) 551-554   2017年3月
小学校廃校校舎の活用状況に関する考察 鳥取県大山町・日南町の活用状況
細田智久
日本建築学会大会学術講演会梗概集(九州)   193-194   2016年8月
鳥取島根両県における住宅支援を中心とした定住施策に関する研究
松本萌夏・細田智久・金澤雄記・熊谷昌彦
日本建築学会中国支部研究報告集   39(537) 693-696   2016年3月
鳥取県西部地区における廃校利用と法規対応の実態分析
鈴木明日実・細田智久
日本建築学会中国支部研究報告集   39(519) 605-608   2016年3月
島根県安来市母里の多世代居住事例における家族構成と住まい方の変化に関する考察
細田智久
日本建築学会大会学術講演会梗概集(関東)   987-988   2015年9月
鳥取県西部地区における廃校利用の実態分析
鈴木明日実、細田智久
日本建築学会中国支部研究報告集   38(525) 597-600   2015年3月

書籍等出版物

 
建築画報374号「伊藤建築設計事務所50周年」
細田智久(寄稿文、伊藤建築設計事務所で学んだこと、教育研究・まちづくり活動への展開pp.12-13)
建築画報社   2017年9月   
全国高等専門学校デザインコンペティション2013in米子official book
細田智久 (担当:分担執筆, 範囲:環境デザイン部門 pp.74-97)
建築資料研究社   2014年3月   
中国総研地域再発見BOOKS2 中国地域のよみがえる建築遺産
細田智久・熊谷昌彦 (担当:共著, 範囲:石見銀山のなかむら館と古民家群pp.223-235, 新たな活用を待つ興雲閣pp.248-250)
公益社団法人 中国地方総合研究センター   2013年5月   
2010年度日本建築学会大会(北陸)都市計画部門 研究協議会資料(研究協議会論文)
日本建築学会   2010年   ISBN:AIJ 1009-02300
生態恒常性工学 持続可能な未来社会のために(共著)
コロナ社   2008年   

講演・口頭発表等

 
島根県大田市温泉津町の重要伝統的建造物群保存地区における地区整備などの研究及び提案 -2009年度住民意識アンケート調査結果の概要-
温泉津シンポジウム「温泉津の未来を展望してみよう」   2010年   

担当経験のある科目

 
 
  • 建築計画 (豊橋技術科学大学工学部建設工学課程, 米子工業高等専門学校建築学科)
  • 設計製図 (豊橋技術科学大学工学部建設工学課程, 米子工業高等専門学校建築学科, 米子工業高等専門学校専攻科建築学専攻)
  • 地域施設計画 (米子工業高等専門学校専攻科建築学専攻)
  • 建築意匠論 (米子工業高等専門学校建築学科)
  • 都市計画 (米子工業高等専門学校建築学科)
  • 地域居住空間計画 (米子工業高等専門学校専攻科建築学専攻)

受賞

 
2012年8月
国立高等専門学校機構 高専教育論文賞 大学生と高専生による協働ワークショップの教育的効果の評価-混合チーム形成によるワークショップの教育的効果について-
受賞者: 細田智久、熊谷昌彦、小椋弘佳
 

Works

 
鳥取県伯耆町岸本駅周辺施設整備 基本構想・基本計画
建築作品   2011年4月
鳥取県伯耆町町民の森 建築物デザイン
建築作品   2015年4月
鳥取県日南町立にちなん保育園 ツリーハウス・展望台 基本デザイン
建築作品   2016年5月

競争的資金等の研究課題

 
歴史的町並地区で多世代が同居近居により支え合う持続可能な居住環境整備に関する研究
科学研究費補助金: 若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 細田 智久
中海宍道湖大山圏域における中海自然再生に向けた環境学習拠点づくりに関する研究
愛知大学三遠南信地域連携研究センター: 2013年度「地域間交流研究」
研究期間: 2013年11月 - 2014年3月    代表者: 細田智久
CASBEE学校を用いた鳥取県内の学校施設の環境評価と改善提案の研究
鳥取県: 環境学術研究振興事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 細田智久
実態調査に基づいた地域が協力し易く安全も確保した放課後子ども教室の空間モデル構築
科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 細田智久
「放課後子ども教室」が全国で急速に整備される中、既存の校舎を使用することで、不十分な学習設備、支援する親や地域住民の居場所の欠如、放課後の安全性の低下を問題視し、先進事例への調査を基に、整備モデルを構築することを目的とする。
歴史的町並み地区における多世代が同居や近居によって支え合う持続可能な居住環境の整備技術に関する研究
財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会: 
研究期間: 2010年       代表者: 細田智久
全国の地方都市の歴史的町並み地区では、少子高齢化と産業の空洞化によって空き家や長期不在宅が増え、現在居住している住居ですら次世代への受け渡しが困難な状況にあります。歴史的な町並みとそれを作り出す各住宅はあくまで住み続けられ、家族の営みや地域コミュニティとともに残されていくべきものだと考えています。本研究では、歴史的な町並み地区において多世代が同居もしくは近居によって住み続けられる住環境整備上の工夫点とそれを支援するために必要な政策立案の方向性を明らかにします。

その他

 
2009年3月
一級建築士