佐藤 隆幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/16 15:15
 
アバター
研究者氏名
佐藤 隆幸
 
サトウ タカユキ
所属
首都大学東京
部署
都市教養学部 都市教養学科理工学系電気電子工学コース
職名
助教
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
通商産業省工業技術院大阪工業技術研究所特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1997年
長岡技術科学大学 工学研究科 情報・制御工学
 
 
 - 
1992年
長岡技術科学大学 工学部 生物機能工学
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
電気学会医用・生体工学技術委員会  委員長
 
2016年
 - 
現在
電気学会医用・生体工学技術委員会  副委員長
 
2016年
 - 
現在
電子情報通信学会超音波研究会  専門委員
 
2010年
 - 
現在
超音波シンポジウム  運営委員
 

論文

 
Theoretical study on relationship between particle diameter and peak frequency in blood-mimicking suspension
佐藤 隆幸
Japanese Journal of Applied Physics      2018年   [査読有り]
血液回路内血流の局所流速ベクトル算出による赤血球凝集度推定の最尤化
佐藤隆幸,鈴木涼太,須永涼
電気学会論文誌C      2018年   [査読有り]
渡邊祥,花田洋輔,佐藤隆幸
電気学会論文誌C   137(7)    2017年   [査読有り]
佐藤隆幸,須永涼,山岸直生
電気学会論文誌C   136(10)    2016年   [査読有り]
佐藤隆幸,渡邊祥,花田洋輔
電気学会論文誌C   136(9)    2016年   [査読有り]

Misc

 
Experimental Validation of Damper Insertion Effects on Applied Strain Uniformity in Static Elastography
T. Sato, Yuichi Tashiro
37th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society      2015年   [査読有り]
T. Sato, Y. Watanabe
Proceedings of 2013 IEEE International Ultrasonics Symposium   868-871   2013年   [査読有り]
Suspension Viscosity Dependency of Ultrasonic Peak Frequency in Estimation of Red Blood Cell Aggregation
T. Sato
35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society      2013年   [査読有り]
Non-Scanning Measurements for Determining In-Plane Mode Shapes in Piezo- electric Devices with Polished Surfaces
Y. Watanabe, S. Goka, T. Sato and H. Sekimoto
IEEE Trans. UFFC   51(5) 753-756   2004年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
体外循環時の超音波血液粘度監視システムに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 隆幸
画像相関法に基づいた体外循環時血液粘度推定法の研究
電気通信普及財団: 研究調査助成
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 佐藤 隆幸
体外循環時の血液粘度の超音波計測技術実用化に関する研究
黒住医学研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤 隆幸
超音波スペクトロスコピー法に基づく血液粘性の非侵襲計測法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 佐藤 隆幸
レーザ光回折法に基づいた血液粘性の非侵襲観測法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 佐藤 隆幸