YAMAZAKI Mineo

J-GLOBAL         Last updated: Apr 11, 2019 at 17:53
 
Avatar
Name
YAMAZAKI Mineo
Affiliation
Nippon Medical School
Degree
Medical Doctor(Nippon Medical School)
Research funding number
10277577

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Lecturer, Nippon Medical School Faculty of Medicine, Department of Medicine
 

Education

 
 
 - 
1987
Faculty of Medicine, Nippon Medical School
 

Published Papers

 
Arakawa M, Yamazaki M, Toda Y, Saito R, Ozawa A, Kosaihira S, Kimura K
eNeurologicalSci   14 49-50   Mar 2019   [Refereed]
Koji Abe, Yasuto Itoyama, Yasuto Itoyama, Shoji Tsuji, Gen Sobue, Masashi Aoki, Manabu Doyu, Chikuma Hamada, Hidenao Sasaki, Asako Takei, Isao Yamashita, Takashi Imai, Imaharu Nakanoyy, Koichi Okamoto, Yuichi Maruki, Shuichi Mishima, Jin Nishimiya, Yasuo Iwasaki, Mineo Yamazaki, Yuji Takahashi, Mieko Ogino, Yutaka Ogino, Masafumi Ogawa, Tetsumasa Kamei, Tsuyoshi Uchiyama, Hirohisa Watanabe, Yasumasa Kokubo, Hideyuki Sawada, Takanori Hazama, Fumiharu Kimura, Harutoshi Fujimura, Hirofumi Kusaka, Tsukasa Hashimoto, Takeshi Yamada, Yuji Kanamori, Kenji Yamasaki, Shizuma Kaku, Hitoshi Kikuchi, Shigehiro Imamura, Seiichiro Sugimoto, Masahiko Kishi, Masahiko Tanaka, Makoto Akimoto, Kazue Nakamura, Hiroshi Naito, Aiko Murakami, Hajime Sakamoto, Takatomo Yoneoka, Katsuyuki Enjoji, Junko Ogawa, Kiyoe Yano, Makiko Yashiro, Manabu Hirai, Keiko Furuta, Kouichi Sasaki, Youichi Shiide, Gen Takayanagi, Fumihiro Takahashi, Tomohisa Iwasaki, Kazuoki Kondo, Hiide Yoshino
Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration   18(10) 20-31   Oct 2017   [Refereed]
© 2017 The Author(s). Published by Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Following the first phase III study of edaravone for amyotrophic lateral sclerosis (ALS), this extension study was performed to evaluate longer-term effica...
Koji Abe, Masashi Aoki, Shoji Tsuji, Yasuto Itoyama, Gen Sobue, Masanori Togo, Masanori Togo, Chikuma Hamada, Hidenao Sasaki, Ichiro Yabe, Shizuki Doi, Hitoshi Warita, Takashi Imai, Hiroaki Ito, Mitsumasa Fukuchi, Etsuko Osumi, Manabu Wada, Imaharu Nakanoy, Mitsuya Morita, Katsuhisa Ogata, Yuichi Maruki, Kimiko Ito, Osamu Kano, Mineo Yamazaki, Yuji Takahashi, Hiroyuki Ishiura, Mieko Ogino, Ryoko Koike, Chiho Ishida, Tsuyoshi Uchiyama, Koichi Mizoguchi, Tomokazu Obi, Hirohisa Watanabe, Naoki Atsuta, Ikuko Aiba, Akira Taniguchi, Hideyuki Sawada, Takanori Hazama, Harutoshi Fujimura, Hirofumi Kusaka, Takenobu Kunieda, Hitoshi Kikuchi, Hidenori Matsuo, Hidetsugu Ueyama, Kazutoshi Uekawa, Masahiko Tanaka, Makoto Akimoto, Kazue Nakamura, Masaki Ueda, Kuniko Kotani, Hiroshi Matsui, Takatomo Yoneoka, Kazunori Morimoto, Kouichi Sasaki, Manabu Hirai, Aiko Murakami, Tomoko Natori, Rie Sumii, Hidetomo Terai, Takuya Kudou, Fumihiro Takahashi, Tomohisa Iwasaki, Kazuoki Kondo, Hiide Yoshino
Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration   18(10) 55-63   Oct 2017   [Refereed]
© 2017 The Author(s). Published by Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. We aimed to explore the longer-term efficacy and safety of edaravone in an active-treatment extension period following the double-blind period of the secon...
16(7) 505-512   Jul 2017   [Refereed]
© 2017 Elsevier Ltd Background In a previous phase 3 study in patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS), edaravone did not show a significant difference in the Revised ALS Functional Rating Scale (ALSFRS-R) score compared with placebo. Pos...
Ota T, Yamazaki M, Toda Y, Ozawa A, Kimura K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   57(4) 163-167   Apr 2017   [Refereed]
Oyanagi K, Mochizuki Y, Nakayama Y, Hayashi K, Shimizu T, Nagao M, Hashimoto T, Yamazaki M, Matsubara S, Komori T
Clinical neuropathology   34(5) 267-274   Sep 2015   [Refereed]
Toda Y, Yamazaki M, Ota T, Fujisawa Y, Kimura K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   56(10) 678-683   Oct 2016   [Refereed]
Oyanagi K, Yamazaki M, Hashimoto T, Asakawa M, Wakabayashi K, Takahashi H
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   35(3) 224-235   Jun 2015   [Refereed]
Nogami A, Yamazaki M, Saito Y, Hatsuta H, Sakiyama Y, Takao M, Kimura K, Murayama S
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   82(6) 266-273   2015   [Refereed]
Ishiwata A, Mizumura S, Mishina M, Yamazaki M, Katayama Y
Dementia and geriatric cognitive disorders   38(3-4) 170-177   2014   [Refereed]
Takahashi T, Aoki M, Suzuki N, Tateyama M, Yaginuma C, Sato H, Hayasaka M, Sugawara H, Ito M, Abe-Kondo E, Shimakura N, Ibi T, Kuru S, Wakayama T, Sobue G, Fujii N, Saito T, Matsumura T, Funakawa I, Mukai E, Kawanami T, Morita M, Yamazaki M, Hasegawa T, Shimizu J, Tsuji S, Kuzuhara S, Tanaka H, Yoshioka M, Konno H, Onodera H, Itoyama Y
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   84(4) 433-440   Apr 2013   [Refereed]
Nakajima N, Ueda M, Yamazaki M, Takahashi T, Katayama Y
Japanese journal of infectious diseases   66(4) 320-322   2013   [Refereed]
Nakajima N, Ueda M, Nagayama H, Yamazaki M, Katayama Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(21) 2465-2468   2013   [Refereed]
Oyanagi K, Mochizuki Y, Nakayama Y, Hayashi K, Shimizu T, Nagao M, Hashimoto T, Yamazaki M, Matsubara S, Komori T
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   53(11) 1399-1401   2013   [Refereed]
S. Suda, S. Suda, M. Yamazaki, K. Katsura, T. Fukuchi, T. Fukuchi, N. Kaneko, M. Ueda, H. Nagayama, Y. Katayama
Journal of Neurology   259 185-187   Jan 2012
Suda S, Katsura K, Okubo S, Abe A, Kanamaru T, Ueda M, Mishina M, Yamazaki M, Katayama Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   51(8) 925-928   2012   [Refereed]
Y. Numasawa, C. Yamaura, S. Ishihara, S. Shintani, M. Yamazaki, H. Tabunoki, J. I. Satoh
European Journal of Neurology   18 1179-1183   Sep 2011
Background: Nasu-Hakola disease (NHD) is a rare autosomal recessive disorder, characterized by a combination of progressive presenile dementia and formation of multifocal bone cysts, caused by genetic mutations of DAP12 and TREM2, which constitute...
Yamamoto Y, Nishiyama Y, Katsura K, Yamazaki M, Katayama Y
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   20(4) 377-380   Jul 2011   [Refereed]
Katsumata T, Otori T, Nishiyama Y, Okubo S, Nishiyama Y, Nagayama H, Ueda M, Utsumi K, Yamazaki M, Komaba Y, Katsura K, Katayama Y
Neurological research   32(7) 743-747   Sep 2010   [Refereed]
Nagayama H, Ueda M, Yamazaki M, Nishiyama Y, Hamamoto M, Katayama Y
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   25(11) 1744-1747   Aug 2010   [Refereed]
Utsumi K, Ueda K, Watanabe M, Sakamaki M, Arii K, Yamazaki M, Komaba Y, Katsura K, Iino Y, Katayama Y
Journal of the neurological sciences   283(1-2) 83-85   Aug 2009   [Refereed]
K. Oyanagi, K. Oyanagi, M. Yamazaki, M. Yamazaki, H. Takahashi, K. Watabe, M. Wada, M. Wada, T. Komori, T. Morita, T. Mizutani
Neuropathology and Applied Neurobiology   34 650-658   Dec 2008
Aims: Sporadic amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a progressive and invariably fatal disease involving the upper and lower motor neurones of adult humans. Among the neuropathological features of the disease, abnormalities in the protein-synthe...
Suda S, Ueda M, Komaba Y, Yamazaki M, Katsumata T, Katayama Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   15(9) 1068-1069   Sep 2008   [Refereed]
Nagayama H, Yamazaki M, Ueda M, Nishiyama Y, Hamamoto M, Katayama Y, Mori O
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   23(7) 1055-1057   May 2008   [Refereed]
Hasegawa M, Arai T, Akiyama H, Nonaka T, Mori H, Hashimoto T, Yamazaki M, Oyanagi K
Brain : a journal of neurology   130(Pt 5) 1386-1394   May 2007   [Refereed]
[A case of infarction in brainstem and cerebellum as a initial symptom with bilateral hearing loss].
Sunami E, Nagayama H, Yamazaki M, Katsumata T, Katayama Y
No to shinkei = Brain and nerve   58(9) 791-795   Sep 2006   [Refereed]
S. Suda, S. Suda, Y. Komaba, T. Kumagai, M. Yamazaki, T. Katsumata, T. Kamiya, Y. Katayama
Neurology   66 144-145   Jan 2006
Naomi S. Hachiya, Takuya Ohkubo, Yoshimichi Kozuka, Mineo Yamazaki, Osamu Mori, Hidehiro Mizusawa, Yuji Sakasegawa, Kiyotoshi Kaneko
Anal Biochem   347 106-111   Dec 2005
We established a histobiochemical approach targeting micron-order inclusion bodies possessing extensive aggregation properties in situ by using a nonchemical denaturant (oligomeric actin interacting protein 2/d-lactate dehydrogenase protein 2 [Aip...
Is motoneuronal cell death in amyotrophic lateral sclerosis apoptosis?
Yamazaki M, Esumi E, Nakano I
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   25(4) 381-387   Dec 2005   [Refereed]
Tau-positive fine granules in the cerebral white matter: a novel finding among the tauopathies exclusive to parkinsonism-dementia complex of Guam.
Yamazaki M, Hasegawa M, Mori O, Murayama S, Tsuchiya K, Ikeda K, Chen KM, Katayama Y, Oyanagi K
Journal of neuropathology and experimental neurology   64(10) 839-846   Oct 2005   [Refereed]
Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Eisaku Esumi, Imaharu Nakano
Neuropathology   25 381-387   Jan 2005
To clarify the controversy concerning whether the cell death of motor neurons in ALS is apoptosis, we investigated the expression of Apaf-1 and caspase-9 mRNA in spinal cord tissue obained at autopsy from patients with ALS and controls using RT-PC...
Tomohiro Miyasaka, Tomohiro Miyasaka, Atsushi Watanabe, Yuko Saito, Shigeo Murayama, David M.A. Mann, Mineo Yamazaki, Rivka Ravid, Maho Morishima-Kawashima, Kazuo Nagashima, Yasuo Ihara, Yasuo Ihara, Yasuo Ihara
J Neuropathol Exp Neurol   64 665-674   Jan 2005
Neurofibrillary tangles (NFTs) and neuropil threads (NTs), the major hallmark of Alzheimer disease (AD), are composed of the microtubule-associated protein tau that has undergone posttranslational modifications, including deamidation and isomeriza...
Osamu Mori, Osamu Mori, Mineo Yamazaki, Masako Yamazaki, Tasuku Komiyama, Yoshiharu Ohaki, Yasuo Katayama, Zenya Naito
J Nippon Med Sch   71 412-416   Dec 2004
In case a pre-senile patient presented subacutely progressive dementia, secondary dementia, such as paraneoplastic neurological syndrome (PNS), hypothyroidism, confusion, early phase of primary degenerative dementia and prion diseases are to be co...
M. Mishina, M. Mishina, M. Mishina, M. Mishina, K. Ishii, K. Mitani, M. Ohyama, M. Ohyama, M. Yamazaki, M. Yamazaki, K. Ishiwata, M. Senda, M. Senda, S. Kobayashi, S. Kitamura, S. Kitamura, Y. Katayama
Acta Neurol Scand   110 128-135   Aug 2004
Objective - Progressive supranuclear palsy (PSP) is often misdiagnosed in early phase. The purpose of this study is to investigate the feature of [ 18F]fluoro-2-deoxy-D-glucose (FDG) positron emission tomography images for the early diagnosis of P...
Hiroki Takahashi, Kinya Ishikawa, Takeshi Tsutsumi, Hiroto Fujigasaki, Akihiro Kawata, Ryoichi Okiyama, Tsuneo Fujita, Kazuo Yoshizawa, Shigeki Yamaguchi, Hitoshi Tomiyasu, Fumihito Yoshii, Kazuko Mitani, Natsue Shimizu, Mineo Yamazaki, Tomoyuki Miyamoto, Tomoyuki Orimo, Shin'Ichi Shoji, Ken Kitamura, Hidehiro Mizusawa
J Human Genetics   49 256-264   Jul 2004
In order to clarify the clinical and genetic features of SCA6, we retrospectively analyzed 140 patients. We observed an inverse correlation between the age of onset and the length of the expanded allele, and also between the age of onset and the s...
[T2-weighted MRI in a case with multiple cerebral cavernous malformations].
Taniuchi N, Yamazaki M, Katsura K, Igarashi H, Sakamoto S, Katayama Y
No to shinkei = Brain and nerve   54(12) 1092-1093   Dec 2002   [Refereed]
[An autopsy case with subacute spinal cord disease showing progressive paraplegia].
Shimura T, Mori O, Yamazaki M, Takagi T, Aoyama S, Hashizume Y, Yamada N, Sugisaki Y, Katayama Y, Teramoto A
No to shinkei = Brain and nerve   54(6) 543-549   Jun 2002   [Refereed]
Saito Y, Yamazaki M, Kanazawa I, Murayama S
Journal of the neurological sciences   196(1-2) 71-75   Apr 2002   [Refereed]
Yasushi Arai, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Osamu Mori, Hiromi Muramatsu, Goro Asano, Yasuo Katayama
Brain Res   888(2) 287-296   Jan 2001
Alzheimer's disease (AD) and Parkinson's disease share common clinical and pathological features. In this study, we examined the relationship between AD pathology and α-synuclein aggregation. The frequency and distribution of α-synuclein-positive ...
T. Uchihara, A. Nakamura, M. Yamazaki, O. Mori
Acta Neuropathologica   101 535-539   Jan 2001
Double immunofluorescence for paired helical filament (PHF)-tau (AT8) and ubiquitin, enhanced by catalyzed reporter deposition amplification, was combined with thiazin red (TR), a fluorochrome, which has an affinity to fibrillary structures such a...
Kiyomitsu Oyanagi, Kiyomitsu Oyanagi, Kuniaki Tsuchiya, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Kenji Ikeda
Journal of Neuropathology and Experimental Neurology   60 393-402   Jan 2001
Disease-specific findings in the substantia nigra were examined in cases of progressive supranuclear palsy (PSP), corticobasal degeneration (CBD), and parkinsonism-dementia complex of Guam (PDC); diseases in which the patients exhibit dementia and...
Toshiki Uchihara, Ayako Nakamura, Mineo Yamazaki, Osamu Mori, Kenji Ikeda, Kuniaki Tsuchiya
Acta Neuropathol   102 462-466   Jan 2001
Different kinds of tau deposits were quantitatively investigated with thiazin red (TR), a fluorochrome that binds to fibrillary structures like neurofibrillary tangles (NFTs), in brains obtained at autopsy from patients with Alzheimer's disease (A...
Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Takao Makifuchi, Kwang Ming Chen, Osamu Mori, Yasuo Katayama, Hitoshi Takahashi, Kiyomitsu Oyanagi
Acta Neuropathol   102 510-514   Jan 2001
This is the first report demonstrating that progressive supranuclear palsy (PSP) exists on Guam. This 75-year-old Guamanian Chamorro patient with slight dementia and rigidity with restriction of ocular up gaze was diagnosed as parkinsonism-dementi...
Toshiki Uchihara, Ayako Nakamura, Utako Nagaoka, Mineo Yamazaki, Osamu Mori
Histochemistry and Cell Biology   114 447-451   Dec 2000
Amplification with catalyzed reporter deposition (CARD) greatly enhances peroxidase signals, which has been utilized to amplify immunohistochemical labelings including fluorochromes. Here we describe a strategy to amplify each of two immunofluores...
O. Mori, Mineo Yamazaki, Yoshiharu Ohaki, Yasushi Arai, Tatsuo Oguro, Hideki Shimizu, Goro Asano
Acta Neuropathol   100 712-717   Oct 2000
A 67-year-old woman had frequent subacute ileus, hearing difficulty, muscle atrophy and stroke-like episodes. Computed tomography revealed multiple low-density areas, which did not correlate with the vascular supply, in the cerebral cortex. She ha...
Osamu Mori, Takeshi Haseba, Kohji Kameyama, Hideki Shimizu, Mitsuhiro Kudoh, Yoshiharu Ohaki, Yasushi Arai, Mineo Yamazaki, Goro Asano
Brain Research   852(1) 186-190   Jan 2000
The distributions of class III alcohol dehydrogenase (ADH), a glutathione-dependent formaldehyde dehydrogenase, and class I ADH in the human brain were examined immunohistochemically. The most intense immunostaining of class III ADH was observed i...
Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Yasushi Arai, Yasushi Arai, Minami Baba, Minami Baba, Takeshi Iwatsubo, Takeshi Iwatsubo, Osamu Mori, Yasuo Katayama, Kiyomitsu Oyanagi
Journal of Neuropathology and Experimental Neurology   59 585-591   Jan 2000
We investigated by immunohistochemistry the deposition of α-synuclein in the brains of deceased patients with the parkinsonism-dementia complex (PDC) of Guam. Five of 13 PDC brains showed numerous α-synuclein positive neuronal inclusions and abnor...
Osamu Mori, Yoshiharu Ohaki, Tatsuo Oguro, Hideki Shimizu, He Qun, Satoru Arai, Mineo Yamazaki, Yasushi Arai, Goro Asano
Human Pathology   31 1175-1178   Jan 2000
A case of early cerebral malaria caused by Plasmodium falciparum was studied. P-selectin glycoprotein ligand 1 (PL1) was detected along the inner surface of the infected red blood cells (IRBCs), which ordinarily are not positive for PL1 immunohist...
Toshiki Uchihara, Ayako Nakamura, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Osamu Mori
Acta Neuropathol   100 385-389   Jan 2000
Thiazin red (TR), a fluorochrome that has an affinity to fibrillary structures such as neurofibrillary tangles (NFTs) or senile plaques, was utilized to investigate assembly of tau protein into fibrils in tau-immunopositive neocortical neurons of ...
Kiyomitsu Oyanagi, Kiyomitsu Oyanagi, Kwang Ming Chen, Ulla K. Craig, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki, Daniel P. Perl
Acta Neuropathologica   99 73-80   Jan 2000
A 58-year-old Chamorro female patient, who died in 1993, was examined clinicopathologically. At the age of 51, she suffered from hemiparkinsonism, then bradykinesia, rigidity without tremor, and dementia. Extrapyramidal symptoms developed, and at ...

Misc

 
小澤明子, 永山寛, 熊谷智昭, 山崎峰雄, 木村和美
Neuroinfection   23(2) 222   Oct 2018
山崎峰雄, 山崎峰雄, 葛谷聡, 平川慶子, 金涌佳雅, 小池薫
Dementia Japan   32(3) 496   Sep 2018
【歩行障害・認知症をともなうLUTSの診方】 歩行障害・認知症とは 認知症の原因疾患と鑑別
山崎 峰雄
排尿障害プラクティス   26(1) 25-32   Jun 2018
認知症の原因で最も多いものはアルツハイマー型認知症で、6〜7割を占める。近時記憶障害と見当識障害で発症し、側頭葉内側面の萎縮が特徴的である。レビー小体型認知症は幻視やパーキンソニズムが特徴的で、近年、DAT-SPECTやMIBG心筋シンチグラフィなどの検査で診断率が向上している。新しい疾患概念である高齢者タウオパチーが決して稀でないことが明らかとなり、鑑別診断上問題となっている。(著者抄録)
胸腺腫合併重症筋無力症の経過中に発症した抗LGI1抗体陽性自己免疫性脳炎の73歳女性例
櫻井 星羅, 戸田 諭補, 小澤 明子, 江畑 琢矢, 飯塚 高浩, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   58(1) 59-59   Jan 2018
脳腫瘍の診断目的で行われた脳生検で血管中心性炎症細胞浸潤を認め、中枢神経血管炎が疑われた62歳男性例
戸田 諭補, 小澤 明子, 江畑 琢矢, 外間 裕之, 大村 朋子, 羽鳥 努, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   57(10) 631-631   Oct 2017
当院における気道可逆性検査について
新井田 美里, 木富 奈穂子, 千葉 ゆうき, 谷口 恵理, 目黒 真喜子, 亀山 雅弥, 山崎 峰雄
日本医科大学医学会雑誌   13(4) 249-249   Oct 2017
コンサルトがきっかけになった水電解質異常 低Na血症に関してコンサルトを受けSIADHを併発した視神経脊髄炎スペクトラム疾患と診断した1例
山田 剛久, 肥後 清一郎, 柏木 哲也, 小澤 明子, 戸田 諭補, 山崎 峰雄
臨床体液   44 3-7   Aug 2017
症例は45歳女性で、過睡眠、意識障害で受診し、MRIにて大脳皮質に異常病変を認めた。頭部MRIのFLAIR強調画像で視床、視床下部、脳梁膨大部に高信号領域を認めた。経過などからバソプレシン分泌過剰症(SIADH)による低Na血症を疑った。診断基準に沿って浸透圧や各種ホルモンなどの検査を追加し、診断基準と照合して矛盾しない所見が得られた。MRIにおける中枢性病変と抗AQP4抗体陽性が判明し、SIADHを併発した視神経脊髄炎スペクトラム疾患(NMOsd)と診断した。低Na血症に対する初期治療と...
ステロイド治療で筋力低下を発症した純粋感覚障害型慢性進行性脱髄性多発神経炎の74歳男性例
外間 裕之, 戸田 諭補, 小澤 明子, 江畑 琢矢, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   57(6) 333-333   Jun 2017
MIBG心筋シンチグラフィー集積低下を認めた多系統萎縮症2剖検例の神経病理学的検討
野上 茜, 永山 寛, 呉 壮香, 山崎 峰雄, 木村 和美
自律神経   54(2) 164-164   Jun 2017
太田 智大, 山崎 峰雄, 戸田 諭補, 小澤 明子, 木村 和美
臨床神経学   57(4) 163-167   Apr 2017
症例は66歳男性。頭痛・眼痛に続き、複視も出現し入院。左眼に外転麻痺、眼球突出を認め、Tolosa-Hunt症候群を疑いメチルプレドニゾロン1g×3日で加療したが改善無し、造影MRI、髄液、IgG4、ANCAなどは異常を認めず、HbA1c9.2と糖尿病を認めた。発症1週後から、鼻背に帯状疱疹が出現し角膜病変を伴った。眼部帯状疱疹と診断し、アシクロビル15mg/kgを開始、プレドニゾロン1mg/kgから漸減した。眼痛・皮疹は速やかに改善、眼球運動は数ヵ月で徐々に改善した。眼部帯状疱疹で複視が...
中大脳動脈および内頸動脈狭窄を認め脳梗塞を発症したTurner症候群の一例
江畑 琢矢, 戸田 諭補, 高橋 史郎, 小澤 明子, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   57(4) 191-191   Apr 2017
非痙攣性てんかん発作で発症し、小脳症状と末梢神経障害を呈したメトロニダゾール脳症の60歳女性例
戸田 諭補, 小澤 明子, 太田 智大, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   56(12) 877-877   Dec 2016
ファブリー病と脳血管障害
酒巻 雅典, 澤田 和貴, 鈴木 健太郎, 金丸 拓也, 村賀 香名子, 須田 智, 大久保 誠二, 内海 甲一, 山崎 峰雄, 福地 孝明, 木村 和美
臨床神経学   56(Suppl.) S396-S396   Dec 2016
MIBG心筋シンチグラフィー集積低下を認めた多系統萎縮症2剖検例の神経病理学的検討
野上 茜, 永山 寛, 呉 壮香, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   56(Suppl.) S450-S450   Dec 2016
IgA腎症を同時発症した抗SRP抗体陽性ミオパチーの1例
小澤 明子, 藤澤 洋輔, 山崎 峰雄, 戸田 諭補, 木村 和美
神経内科   85(5) 559-562   Nov 2016
74歳女。手指末端の疼痛・潰瘍、下肢筋力の低下、下腿浮腫が出現し、徐々に増悪した。抗signal recognition particle(SRP)抗体が陽性で、筋炎を疑う画像所見から右大腿直筋より筋生検を施行した。単核球の浸潤に乏しく筋線維の壊死像を認め、抗SRP抗体陽性ミオパチーと診断した。また、尿蛋白・尿潜血を認めたため腎生検を施行し、免疫組織化学的にIgA主体の糸球体メサンギウム領域への沈着を認め、メサンギウム増殖性腎炎の組織像を呈しており、IgA腎症と診断した。プレドニゾロン45...
MIBG心筋シンチグラフィー集積低下を認めた多系統萎縮症2剖検例の神経病理学的検討
野上 茜, 永山 寛, 呉 壮香, 山崎 峰雄, 木村 和美
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   69回 100-100   Nov 2016
当院における皮膚再灌流圧検査(SRPP)の検査状況と動向
村越 甘奈, 尾山 雅弥, 山崎 峰雄
日本医科大学医学会雑誌   12(4) 163-163   Oct 2016
戸田 諭補, 山崎 峰雄, 太田 智大, 藤澤 洋輔, 木村 和美
臨床神経学   56(10) 678-683   Oct 2016
症例は64歳男性である。発熱・食欲不振・後頸部痛で当院を受診し、髄液検査より細菌性髄膜炎と診断され抗菌薬が投与された。頭部MRIにて多発性脳梗塞が認められ、感染性心内膜炎由来の細菌性髄膜炎を疑い、CefepimeとGentamicinを投与したところ、投与3日後に傾眠傾向を認め、ミオクローヌス・羽ばたき振戦が出現し、脳波では全般性周期放電及び三相波が認められた。非痙攣性てんかん重積との鑑別が困難であったが、Cefepimeの投与を中止したところ速やかに症状改善を認めCefepime脳症と診...
抗NMDA受容体脳炎後遺症としての症候性てんかん 自験例6例での検討
小澤 明子, 戸田 諭補, 大田 智大, 高橋 史郎, 江畑 琢也, 高橋 幸利, 峯 清一郎, 山崎 峰雄, 木村 和美
神経治療学   33(5) S247-S247   Oct 2016
画像上の変化を認めなかった亜急性の高次機能障害を呈した血管内リンパ腫の70歳男性例
大内 崇弘, 熊谷 智昭, 永山 寛, 山崎 峰雄, 木村 和美
神経治療学   33(5) S254-S254   Oct 2016
抜歯を契機に、頸部筋膜炎および硬膜下膿瘍を発症した61歳男性例
小澤 明子, 戸田 諭補, 太田 智大, 高橋 史郎, 江畑 琢也, 山崎 峰雄
臨床神経学   56(9) 650-650   Sep 2016
緩徐進行性の認知機能障害、歩行障害および抗NMDA型グルタミン酸受容体抗体陽性を認めた一側大脳半球萎縮の42歳男性例
戸田 諭補, 太田 智大, 小澤 明子, 高橋 幸利, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   56(7) 510-510   Jul 2016
【認知症患者の排尿・排便障害】 認知症患者とは
山崎 峰雄
WOC Nursing   4(5) 7-14   May 2016
<Point>▼認知症の種類を挙げられる▼アルツハイマー型認知症の症状と臨床経過を説明できる▼レヴィー小体認知症の症状を説明できる▼BPSDに対しての基本的な対応ができる(著者抄録)
血漿交換が奏功した視神経脊髄炎の一症例
山田 剛久, 山田 祥子, 池ノ内 綾子, 肥後 清一郎, 柏木 哲也, 小澤 明子, 戸田 諭補, 太田 智大, 山崎 峰雄
日本透析医学会雑誌   49(Suppl.1) 844-844   May 2016
【認知症の診断・臨床・治療とケア、認知症の人のWell-being】 アルツハイマー病診療のスキルアップを考える この症例をどう診るか2015
笠貫 浩史, 上村 直人, 柳川 まどか, 唐木 千穂, 小柳 清光, 山崎 峰雄, 梅垣 宏行, 繁田 雅弘
老年精神医学雑誌   27(増刊I) 7-30   Mar 2016
認知症診療の実践におけるコンセンサスを得る目的で、アルツハイマー病研究会に参加した医師を対象として症例を提示して、治療やケアの実地判断について尋ねた。診断や治療、マネジメント等にかかわる種々の判断について、トータライザーを通して回答を得てリアルタイムで表示し、議論した。(著者抄録)
複視、眼痛が皮疹に1週間先行して出現した眼部帯状疱疹の66歳男性例
太田 智大, 戸田 諭補, 小澤 明子, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   56(3) 218-218   Mar 2016
認知症患者の脳解剖で何が明らかになった?誤診がわかったことは? 認知症と診断された患者がそうではなかったことは稀だが、症状がみられなかったものの、脳解剖で認知症相当以上の結果となるケースはある
山崎 峰雄
日本医事新報   (4788) 67-68   Jan 2016
小峯 菜那, 亀山 雅弥, 山崎 峰雄
日本医科大学医学会雑誌   11(4) 233-233   Oct 2015
多発性硬化症の3T頭部MRI脱髄斑の信号改善について
加藤 丈司, 河原崎 昇, 岡田 進, 山崎 峰雄
神経治療学   32(5) 799-799   Sep 2015
IgA腎症と限局性強皮症を同時発症した抗SRP抗体陽性ミオパチーの74歳女性例
藤澤 洋輔, 太田 智大, 戸田 諭補, 山崎 峰雄, 木村 和美
臨床神経学   55(8) 618-618   Aug 2015
当院において免疫吸着療法を施行した重症筋無力症の3例 PSLとFK506との併用療法
山田 剛久, 新井 桃子, 平間 章郎, 石原 力, 有馬 留志, 柏木 哲也, 鶴岡 秀一, 太田 智大, 山崎 峰雄
日本透析医学会雑誌   48(Suppl.1) 639-639   May 2015
【神経病理診断の標準化I】 基本的な評価法 神経細胞とその突起の変化について
小柳 清光, 橋本 智代, 中原 亜紗, 山崎 峰雄
病理と臨床   33(3) 234-241   Mar 2015
画像、臨床、病理からみた認知症診断と画像診断の位置付け 病理
山崎 峰雄
Japanese Journal of Diagnostic Imaging   33(1) 66-66   Feb 2015
前頭型認知症を呈する進行性核上性麻痺(PSP-FTD)の臨床病理学的検討
野上 茜, 山崎 峰雄, 中野 祐太, 隅蔵 大幸, 内野 彰子, 初田 裕幸, 齊藤 祐子, 高尾 昌樹, 村山 繁雄
臨床神経学   54(Suppl.) S144-S144   Dec 2014
視神経脊髄炎における関節リウマチの家族歴
酒巻 雅典, 吉田 知史, 太田 智大, 熊谷 智弘, 永山 寛, 山崎 峰雄, 駒場 祐一, 片山 泰朗
臨床神経学   54(Suppl.) S203-S203   Dec 2014
【非アルツハイマー型認知症-第3の認知症"非AD型変性性認知症"とは】 変性疾患に伴う認知症 大脳皮質基底核変性症(CBD)、進行性核上性麻痺(PSP)などを中心に
山崎 峰雄
認知症の最新医療   4(4) 165-169   Oct 2014
進行性核上性麻痺(PSP)やcorticobasal syndrome(CBS)は、運動障害が前景に立つため、主に神経内科医が診療する疾患であるが、パーキンソン病と同様に非運動症状、とくに認知症の重要性が注目され始めている。近時記憶障害や見当識障害が前景に立つアルツハイマー病、幻視が特徴的なレビー小体型認知症や性格変化・反社会的行為が目立つ前頭側頭型認知症と異なり、認知機能障害には際立った特徴がないが、CBSでは進行性非流暢性失語や視空間認知障害、PSPでは自発性の低下や人格変化がみられ、...
筋痙攣で発症し遺伝性運動感覚ニューロパチーと遺伝子診断された54歳男性例
藤澤 洋輔, 滝沢 まどか, 太田 智大, 熊谷 智昭, 角南 英子, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   54(5) 451-451   May 2014
進化する認知症(Alzheimer病:AD)の診断・治療 新たなステージへ Alzheimer病の疫学と臨床診断 治療薬開発上の問題点
山崎 峰雄
神経治療学   31(3) 302-304   May 2014
亜急性の認知機能低下で発症し画像上の変化が乏しかった血管内リンパ腫の70歳男性例
大内 崇弘, 太田 智大, 熊谷 智昭, 永山 寛, 山崎 峰雄, 三品 雅洋, 片山 泰朗
臨床神経学   54(3) 251-251   Mar 2014
【認知症医療の新展開】 アルツハイマー病診療のスキルアップを考える この症例をどう診るか2013
亀山 祐美, 仙石 錬平, 新里 和弘, 武井 洋一, 秋下 雅弘, 山崎 峰雄, 繁田 雅弘
老年精神医学雑誌   25(増刊I) 7-26   Mar 2014
認知症医療の実践におけるコンセンサスを得る目的で、アルツハイマー病研究会に参加した医師を対象として症例を提示し、認知症医療の実地判断について尋ねた。診断や治療、マネジメント等にかかわる種々の判断についてトータライザーを通して回答を得、そのつどリアルタイムで表示して議論した。(著者抄録)
進行性核上性麻痺の早期病変 高齢者連続340剖検例における神経病理学的検討
野上 茜, 山崎 峰雄, 齊藤 祐子, 伊藤 慎治, 初田 裕幸, 高尾 昌樹, 片山 泰朗, 村山 繁雄
臨床神経学   53(12) 1412-1412   Dec 2013
Parkinson病治療に於けるzonisamide 100mgから25mgへの変更による症状変化の検討
太田 智大, 永山 寛, 熊谷 智昭, 野上 茜, 滝沢 まどか, 小澤 明子, 酒巻 雅典, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   53(12) 1559-1559   Dec 2013
重症筋無力症初期治療における経口ステロイド単独療法と免疫吸着療法の比較
小澤 明子, 熊谷 智昭, 永山 寛, 太田 智大, 滝沢 まどか, 酒巻 雅典, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   53(12) 1577-1577   Dec 2013
【続 他科医に聞きたいちょっとしたこと】 汎発性レビー小体病について
山崎 峰雄
クリニシアン   60(11) 940-943   Nov 2013
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)隔日投与の経験
酒巻 雅典, 吉田 知史, 山崎 峰雄, 駒場 祐一, 片山 泰朗
神経免疫学   18(1) 153-153   Nov 2013
小柳 清光, 望月 葉子, 中山 優季, 林 健太郎, 清水 俊夫, 長尾 雅裕, 橋本 智代, 山崎 峰雄, 松原 四郎, 小森 隆司
臨床神経学   53(11) 1399-1401   Nov 2013
完全閉じ込め状態(TLS)の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者(ALS-TLS)と意思疎通をおこなうことを最終的な目的として、どのような感覚がALS-TLSで保たれている可能性があるか、剖検例神経系の種々の感覚経路の保全/障害状態を神経病理学的に検索した。結果は、ALS-TLSでは、視覚路、辺縁系(嗅覚路)などは保たれる傾向を示した。一方、体性感覚路、聴覚路、味覚路などは強く障害されていた。ALS-TLS患者との意思疎通と、意思疎通のためのBMIの開発と使用には、これらの所見を踏まえた入力方...
ステロイド減量中に再発したIgG4関連肥厚性硬膜炎の65歳男性例
大内 崇弘, 太田 智大, 永山 寛, 熊谷 智昭, 酒巻 雅典, 山崎 峰雄, 三品 雅洋, 片山 泰朗
臨床神経学   53(10) 882-882   Oct 2013
長大な脊髄灰白質病変を呈した単純ヘルペスウイルス性脊髄炎の1例
太田 智大, 熊谷 智昭, 小澤 明子, 滝沢 まどか, 酒巻 雅典, 永山 寛, 三品 雅洋, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本医科大学医学会雑誌   9(4) 259-259   Oct 2013
"preclinical PSP"の病理 高齢者総合病院連続324剖検例における検討
野上 茜, 山崎 峰雄, 齊藤 祐子, 隅蔵 大幸, 内野 彰子, 初田 裕幸, 高尾 昌樹, 片山 泰朗, 村山 繁雄
Dementia Japan   27(4) 497-497   Oct 2013
進化する認知症(Alzheimer病:AD)の診断・治療 新たなステージへ Alzheimer病の疫学と臨床診断 治療薬開発上の問題点
山崎 峰雄
神経治療学   30(5) 624-624   Sep 2013
Parkinson病治療に於けるzonisamide 100mgから25mgへの変更による症状変化の検討
太田 智大, 永山 寛, 熊谷 智昭, 大内 崇弘, 小澤 明子, 酒巻 雅典, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 658-658   Sep 2013
神経Behcet病が疑われた症例にmethotrexateが有効であった1例
岨 康太, 熊谷 智昭, 吉田 知史, 片野 雄大, 仁藤 智香子, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 688-688   Sep 2013
Sjoegren症候群に無菌性髄膜炎を合併し自己免疫性肝炎が疑われた1例
藤澤 洋輔, 角南 英子, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 688-688   Sep 2013
重症筋無力症初期治療における経口ステロイド単独療法と免疫吸着療法の比較
小澤 明子, 熊谷 智昭, 太田 智大, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 689-689   Sep 2013
高齢男性に発症する輪状咽頭筋に限局したミオパチーによる嚥下障害 その臨床的特徴について
三枝 英人, 山口 智, 小町 太郎, 門園 修, 伊藤 裕之, 永山 寛, 山崎 峰雄, 大橋 隆治
神経治療学   30(5) 690-690   Sep 2013
γグロブリン大量療法で急速な改善を示した軸索型Guillain-Barre症候群の2症例
大内 崇弘, 太田 智大, 熊谷 智昭, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 692-692   Sep 2013
多発性硬化症に対する、フィンゴリモド隔日投与の問題点
酒巻 雅典, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   30(5) 694-694   Sep 2013
実地医家のための認知症診療 診断のポイントと治療のコツ
山崎 峰雄
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   45回 181-181   Jun 2013
【ベールを脱ぐ脳のRAS-その基礎から病態まで-】 臨床病態におけるRASの関与 アルツハイマー病
山崎 峰雄, 片山 泰朗
Angiotensin Research   10(2) 116-120   Apr 2013
ARBの大規模臨床研究の結果から、現在日常臨床で用いられているARBでアルツハイマー病の発症進展がある程度抑制できる可能性が示唆され、実験ではアルツハイマー病病理マーカーであるアミロイドβ蛋白やタウとレニン・アンジオテンシン系(RAS)の関係が検討され、RASがアルツハイマー病の病態生理に直接かかわる可能性が示されている。今後はRAS関連薬がアルツハイマー病の治療を視野に入れた新展開を示す可能性もある。(著者抄録)
アセチルコリンエステラーゼ阻害薬に関する最近の臨床的話題
丸木 雄一, Davis Bonnie, Raskind Murray, 河村 満, 木村 透, 鈴木 則宏, 平田 幸一, 山崎 峰雄
Cognition and Dementia   12(1) 76-83   Jan 2013
γグロブリン大量療法により急速改善した軸索型Guillan-Barre症候群の1例
太田 智大, 熊谷 智昭, 滝沢 まどか, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本内科学会関東地方会   593回 57-57   Dec 2012
山崎 峰雄
日本医科大学医学会雑誌   8(4) 274-279   Dec 2012
軽微な臨床症状とCK高値にて発症し、サルコイドーシスミオパチーと診断された40歳女性例
吉田 知史, 滝沢 まどか, 太田 智大, 熊谷 智昭, 神谷 信雄, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本医科大学医学会雑誌   8(4) 324-324   Dec 2012
VSRAD advanceを用いた塩酸ドネペジルの海馬萎縮に対する保護効果の評価
石渡 明子, 水村 直, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   52(12) 1426-1426   Dec 2012
呼吸器疾患を合併したNMO関連疾患の3例
酒巻 雅典, 金丸 拓也, 高山 洋平, 小林 美香, 野上 茜, 熊谷 智昭, 阿部 新, 須田 智, 大久保 誠二, 永山 寛, 上田 雅之, 山崎 峰雄, 福地 孝明, 片山 泰朗
臨床神経学   52(12) 1454-1454   Dec 2012
進行性核上性麻痺の早期病変 進行性核上性麻痺のprodromal stageは病理学的に捉えられるか
野上 茜, 山崎 峰雄, 齊藤 祐子, 伊藤 慎治, 舟辺 さやか, 初田 裕幸, 高尾 昌樹, 片山 泰朗, 村山 繁雄
臨床神経学   52(12) 1596-1596   Dec 2012
ALSとブレインマシンインターフェーズ 完全閉じこめ状態でも保たれる神経経路
小柳 清光, 望月 葉子, 中山 優季, 林 健太郎, 清水 俊夫, 長尾 雅裕, 橋本 智代, 山崎 峰雄, 松原 四郎, 小森 隆司
臨床神経学   52(12) 1601-1601   Dec 2012
アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の薬理作用と最新知見
河村 満, Coyle Joseph, Davis Bonnie, 木村 透, 鈴木 則宏, 平田 幸一, 丸木 雄一, 山崎 峰雄
Cognition and Dementia   11(4) 364-371   Oct 2012
ステロイド剤、免疫抑制薬に治療抵抗性も、2回のγグロブリン大量療法が奏効した多発筋炎の61歳男性例
太田 智大, 熊谷 智昭, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   29(5) 640-640   Sep 2012
V-Pシャント術が奏効した髄膜癌腫症の72歳男性例
熊谷 智昭, 太田 智大, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   29(5) 641-641   Sep 2012
注目の新薬 リバスタッチパッチ
山崎 峰雄
診断と治療   100(4) 675-679   Apr 2012
無菌性髄膜炎の経過中に右視神経炎を呈した35歳女性例
中嶋 信人, 高山 洋平, 野村 浩一, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   52(2) 119-119   Feb 2012
本邦初のTREM2遺伝子変異による那須ハコラ病の一家系
沼沢 祥行, 山浦 千春, 石原 正一郎, 新谷 周三, 山崎 峰雄, 天竺桂 弘子, 佐藤 準一
臨床神経学   51(12) 1422-1422   Dec 2011
アルツハイマー病における脳萎縮の左右差 MRI VSRADを用いた解析
林 俊行, 西岡 慧, 石渡 明子, 水村 直, 佐藤 英尊, 新井 裕至, 片山 泰朗, 山崎 峰雄
Dementia Japan   25(3) 333-333   Oct 2011
意識障害を主訴としたHHV6関連辺縁系脳炎と考えられた1例
小澤 明子, 熊谷 智昭, 永山 寛, 太田 智大, 滝沢 まどか, 上田 雅之, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本医科大学医学会雑誌   7(4) 212-212   Oct 2011
アルツハイマー病における脳萎縮の左右差 MRIVSRADを用いた解析
林 俊行, 西岡 慧, 山崎 峰雄
日本医科大学医学会雑誌   7(4) 224-224   Oct 2011
Kiyomitsu Oyanagi, Kiyomitsu Oyanagi, Tomoyo Hashimoto, Tomoyo Hashimoto, Mineo Yamazaki, Mineo Yamazaki
Neurodegeneration: The Molecular Pathology of Dementia and Movement Disorders: Second Edition   171-178   Sep 2011
Parkinsonism-dementia complex of Guam is a disease occurring in the Chamorro people of Guam first characterized in clinicopathological studies by Hirano et al. in 1961. Its neuropathological hallmarks are widespread neurofibrillary tangles and neu...
【認知症の薬物治療-新薬登場でどう変わるのか?あらたな治療戦略を探ります】 総論 認知症の薬物治療の工夫 服薬コンプライアンスをあげるために
山崎 峰雄
治療   93(9) 1835-1838   Sep 2011
<プライマリ・ケアにおけるポイント>認知症治療においては、介護者の役割がきわめて大きく、医療者は介護者と良好なコミュニケーションを形成する必要がある。服薬コンプライアンスを向上させるためには、(1)ピルボックス・ケース(カレンダー)の活用、(2)残薬のカウント・内服し終わった包装数のカウントを行う、などして薬剤の投与方法を考え、患者と介護者に対する十分な説明((1)病状・疾患の説明、(2)有害事象の説明、(3)認知症治療薬の説明(効果はどう現れるか))を行う必要がある。また、認知症治療薬の...
γグロブリン大量療法により急速な改善を示した軸索型Guillain-Barre症候群の1例
太田 智大, 熊谷 智昭, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
神経治療学   28(5) 568-568   Sep 2011
アルツハイマー型認知症AD薬物治療の新しい展開
遠藤 英俊, 中村 祐, 山崎 峰雄, 和田 健二
日本医事新報   (4549) C1-C7   Jul 2011
【アルツハイマー型認知症の諸問題を再考する】 認知症の早期診断を多角的に考える 神経病理所見からみた臨床診断のポイント 高齢者タウオパチーの診断のポイント
齊藤 祐子, 徳丸 阿耶, 金丸 和富, 石井 賢二, 足立 正, 崎山 快夫, 山崎 峰雄, 村山 繁雄
老年精神医学雑誌   22(増刊I) 36-44   Jan 2011
高齢者タウオパチーには嗜銀顆粒性認知症、進行性核上性麻痺、神経原線維変化優位型認知症などが含まれる。筆者らは、在宅高齢者対象の総合病院のブレインバンクにおける臨床病理学的な後方視的研究と臨床縦断研究を組み合わせることにより、それら疾患の特徴を明らかにし、早期介入を試みている。とくに嗜銀顆粒性認知症については健忘に加え、特徴的な精神症状を伴うこと、脳の萎縮部位がアルツハイマー病と異なり、左右差を伴って側頭葉内側面の前方優位に目立つこと、髄液バイオマーカーが診断に役立つことが明らかとなった。(...
無症候性高CK血症で発症し、筋生検にてネマリンミオパチーと診断された58歳女性例
野上 茜, 滝沢 まどか, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   51(1) 77-77   Jan 2011
【いきなり名医!日常診療で診る・見守る認知症 かかりつけ医が知っておきたいこと】 認知症ってどんな病気? アルツハイマー病の臨床経過は?
山崎 峰雄
jmed mook   (11) 26-29   Dec 2010
グアム島パーキンソン認知症におけるFUS陽性構造物
山崎 峰雄, 橋本 智代, 片山 泰朗, 小柳 清光
臨床神経学   50(12) 1079-1079   Dec 2010
塩酸ドネペジルの海馬萎縮に対する保護効果の評価
石渡 明子, 水村 直, 山崎 峰雄, 片山 泰朗, 羽生 春夫
臨床神経学   50(12) 1108-1108   Dec 2010
下垂体腺腫患者でのカベルゴリン使用と心臓弁逆流の検討
永山 寛, 田原 重志, 熊谷 智昭, 塚本 和久, 西山 康裕, 濱本 真, 山崎 峰雄, 寺本 明, 片山 泰朗
臨床神経学   50(12) 1188-1188   Dec 2010
【認知症 研究・臨床の最先端】 アルツハイマー病 最新動向 アルツハイマー病の診断と治療の現状
山崎 峰雄
医学のあゆみ   235(6) 697-702   Nov 2010
アルツハイマー病(AD)の診断は、近時記憶障害で発症し、見当識障害や失語・失行などの高次機能障害が出現する、という典型的なAD例が示す症状と臨床経過に、頭部MRI(VSRAD)での内嗅野の萎縮、脳血流検査の画像統計解析(eZIS・3D-SSP)での後部帯状回・楔前部の血流低下、PET検査(FDG-PET・アミロイドイメージング)の結果を加えて総合的に行われている。現在も多くのアミロイド仮説に基づく根本治療薬の治験が数多く行われているが、話題を集め注目された有力な治療薬候補がつぎつぎとpha...
Neuropsychiatric syndrome of SLE(NPSLE)による無菌性髄膜炎を呈した1例
塚本 和久, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本頭痛学会誌   37(2) 229-229   Nov 2010
【知っておきたい認知症の臨床と画像】 疾患各論 嗜銀顆粒性認知症
山崎 峰雄
臨床放射線   55(11) 1486-1491   Oct 2010
【神経変性疾患におけるTDP-43】 グアム島の筋萎縮性側索硬化症(ALS) TDP-43と神経原線維変化から見るパーキンソン認知症、古典型ALS、前頭側頭葉変性症との異同
小柳 清光, 橋本 智代, 山崎 峰雄
最新医学   65(7) 1632-1641   Jul 2010
グアム島のALS(G-ALS),パーキンソン認知症(PDC)と日本人孤発性ALS,前頭側頭葉変性症,およびそれぞれ対照を神経原線維変化と異常TDP-43から比較した.G-ALSの神経原線維変化の数はPDCより少なく,グアム人対照と同様であった.異常TDP-43蓄積は,前頭葉と歯状回で前頭側頭葉変性症がPDCより著明で,G-ALSは日本人ALSと同様であり,PDCとは局在が異なっていた.(著者抄録)
【レヴィ小体をめぐって】 非シヌクレイノパチーにみられるシヌクレイン封入体
山崎 峰雄
Brain Medical   22(2) 153-158   Jun 2010
抗リン酸化αシヌクレイン抗体を用いての免疫組織学的検討が、さまざまな神経疾患において行われ、非シヌクレイノパチーでもαシヌクレインがさまざまな程度に蓄積していることが明らかとなった。非シヌクレイノパチーにおけるαシヌクレイン凝集は、Braakが提唱するレヴィ小体のステージング(出現・進展形式)とは一致しない。また、神経原線維変化(タウ)の出現と密接な関係を有している場合もあり、凝集メカニズムにタウ凝集と共通の背景が存在する可能性も示唆される。(著者抄録)
Levodopa動態における腎機能の影響
永山 寛, 上田 雅之, 塚本 和久, 熊谷 智昭, 山崎 峰雄, 濱本 真, 片山 泰朗
神経治療学   27(3) 438-438   May 2010
【血管因子からみた認知症Up To Date】 神経変性疾患による認知症とトピックス レビー小体型認知症、TDP-43 proteinopathy
山崎 峰雄, 片山 泰朗
分子脳血管病   9(2) 198-203   Apr 2010
レビー小体型認知症は、アルツハイマー病との鑑別診断上最も重要な変性性認知症疾患である。臨床症状としては動揺する認知機能の障害、早期から出現するパーキンソニズムや幻視に注目することで、また神経画像上は心筋シンチグラフィや脳血流SPECT検査を実施することで、アルツハイマー病との鑑別診断が可能である。前頭側頭型認知症では、新しく蓄積が確認されたTDP-43(TAR DNA-binding protein of 43kDa)とFUS/TLS(fused in sarcoma/translated...
抗Aquaporin-4(AQP-4)抗体が陰転化したにも関わらず、再発を繰り返したNeuromyelitis optica(NMO)の41歳女性例
田邊 邦明, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
臨床神経学   50(1) 56-56   Jan 2010
認知症専門病院における16年連続剖検159例の病理学的検討
山崎 峰雄, 森 修, 山崎 昌子, 新井 裕至, 村山 繁雄, 片山 泰朗
臨床神経学   49(12) 1141-1141   Dec 2009
無症候性高CK血症で発症し、筋生検にて成人型ネマリンミオパチーと診断された58歳女性例
滝沢 まどか, 野上 茜, 梶本 雄介, 塚本 和久, 熊谷 智昭, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本医科大学医学会雑誌   5(4) 272-272   Oct 2009
比較的軽症で非典型的経過を辿った急性散在性脳脊髄炎の診断に至った1例
梶本 雄介, 熊谷 智昭, 塚本 和久, 滝沢 まどか, 野上 茜, 酒巻 雅典, 永山 寛, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
日本医科大学医学会雑誌   5(4) 273-274   Oct 2009
認知症性疾患における脳萎縮と血流低下の関連と乖離 vbSEEによる機能形態画像の同時評価と相互作用
水村 直, 石渡 明子, 山崎 峰雄, 佐藤 英尊, 桑子 智之, 桐山 智成, 福嶋 善光, 汲田 伸一郎, 甲田 英一
核医学   46(3) 265-265   Sep 2009
【脳血管内治療VS外科的治療・内科的治療】 急性期脳梗塞 当院SCUにおけるrt-PAの使用状況と有効性に関する検討 前半と後半の比較
大鳥 達雄, 大久保 誠二, 西山 康裕, 西山 穣, 福地 孝明, 金丸 拓也, 斉藤 智成, 村賀 香奈子, 駒場 祐一, 山崎 峰雄, 片山 泰朗
The Mt. Fuji Workshop on CVD   27 79-82   Jul 2009
著者らのSCUにおけるrt-PAの使用状況と有効性について、使用時期で前半(n=11)と後半(n=11)に分け、比較検討した。その結果、患者の年齢は前半が74±13歳、後半が69±13歳であり、後半で若年の傾向がみられた。慎重投与の有無は前半でありの割合が多い傾向にあった。病型、発症から治療までの平均時間は前半後半ともほぼ同様の結果であった。治療効果は入院時のNIHSSでは後半でやや重症症例が多かったが、24時間後のNIHSSでは後半で有効例が多かった。退院時の有効例(mRS 0-1)は前...

Books etc

 
Single photon emission computed tomography in Alzheimer-type dementia
vol. 2. Basic Clinical and Therapeutic Aspects of Alzheimer's and Parkinson's Disease, Plenum Press   1990   

Research Grants & Projects

 
Neuropathological study of Alzheimer's diseasea and non-Alzheimer type dementia