平山 亮

J-GLOBALへ         更新日: 13/11/26 09:42
 
アバター
研究者氏名
平山 亮
 
ヒラヤマ マコト
学位
博士(工学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
 
   
 
金沢工業大学 基礎教育部 基礎実技教育課程 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
早稲田大学 理工学部 電気工学科
 

Misc

 
筋電信号を用いた調音器官筋骨格系ダイナミクスモデル
平山 亮、エリック ベイツン、川人 光男、マイケル ジョーダン
電子情報通信学会論文誌 D-2   75(8) 1430-1439
19920800
神経回路モデルを用いた表面筋電信号からの等尺性トルクの推定
小池 康晴、本多 清志、平山 亮、五味 裕章、エリック ベイツン、川人 光男
電子情報通信学会論文誌 D-2   76(6) 1270-1279
19930600
The cascade neural network model and a speed-accuracy trade-off of arm movement
平山 亮、M.KAWATO、M.I.JORDAN
J.of Motor Behavior   25(3) 162-174
19930900
Physiologically based speech synthesis using neural networks
平山 亮、E.VATIKIOTIS-BATESON、M.KAWATO
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics. Communications and Computer Sciences   E76-A(11) 1898-1910
19931100
神経回路モデルによる筋電信号からの発話時口唇運動軌道の生成
平山 亮、エリック ベイツン、ビンス グラッコ、川人 光男
電子情報通信学会論文誌 A   79(2) 371-382
19960200

書籍等出版物

 
オントロジ技術入門―ウェブオントロジとOWL
2005年9月   
メディア情報学科・工学専門実験・演習Ⅲ(映像編集)指導書
金沢工業大学   2006年4月   

講演・口頭発表等

 
カスケード神経回路モデルによる調音器官の制御
電子情報通信学会全国大会講演論文集   1990年   
Speed-accuracy trade-off of arm movement predicted by the cascade neural network model
電子情報通信学会技術研究報告   1990年   
SIMD方式並列計算機による神経回路モデルの実現
電子情報通信学会技術研究報告   1990年   
SIMD方式並列計算機による神経回路モデルの実現
神経回路学会全国大会   1990年   
SIMD方式並列計算機による情報処理
システム制御情報学会 ASP研究分科会   1991年   

競争的資金等の研究課題

 
マルチモーダルコミュニケーションシステムに関する研究
次世代遠隔教育システムに関する研究
情報技術標準化に関する調査研究

特許

 
音声合成装置
音声情報の提供方法
特許第特許第4197195号号