YAMAGUCHI Masatoshi

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2019 at 02:46
 
Avatar
Name
YAMAGUCHI Masatoshi
E-mail
masayamafukuoka-u.ac.jp
URL
http://www.pha.fukuoka-u.ac.jp/~bunseki/index.html
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Pharmaceutical Sciences
Other affiliation
Fukuoka University
Research funding number
50117280

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1971
製薬化学科, Faculty of Pharmaceutical Science, Kyushu University
 
 
 - 
1978
薬学研究科, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University
 

Awards & Honors

 
Sep 2010
日本分析化学会賞, 社団法人日本分析化学会
 

Published Papers

 
HAYAMA Tadashi, KIYOKAWA Ena, YOSHIDA Hideyuki, IMAKYURE Osamu, YAMAGUCHI Masatoshi, NOHTA Hitoshi
Talanta   156-157 1-5   Aug 2016   [Refereed]
Ena Kiyokawa, Tadashi Hayama, Hideyuki Yoshida, Masatoshi Yamaguchi, Hitoshi Nohta
Journal of Chromatography B   1074-1075(1) 86-90   Feb 2018   [Refereed]
Ryoko Tomita, Kenchiro Todoroki, Tadashi Hayama, Hideyuki Yoshida, Toshihiro Fujioka, Manabu Nakashima, Masatoshi Yamaguchi, Hitoshi Nohta
Biological and Pharmaceutical Bulletin   41(2) 220-228   Feb 2018   [Refereed]
HAYAMA Tadashi, TAMASHIMA Erina, YOSHIDA Hideyuki, YAMAGUCHI Masatoshi, NOHTA Hitoshi
Chromatography   38(3) 107-113   Oct 2017   [Refereed]
Kenichiro Todoroki, Keiko Yanago, Hideyuki Yoshida, Hitoshi Nohta, Masatoshi Yamaguchi
Bunseki Kagaku   65(12) 729-735   Dec 2016   [Refereed]

Misc

 
細胞試料中ヌクレオチド類の選択的分析法の開発 〜フルオラス金属キレートアフィニティー抽出による前処理とHILIC-MS/MSによる分析〜
山口政俊,吉田秀幸
福岡大学基盤研究機関「身体活動の健康科学に関する総合研究」研究成果報告書(平成23〜27年度)   30-33   Mar 2016
研究代表者 田中宏暁(スポーツ科学部・教授)
蛍光誘導体化HPLC法によるリポ蛋白リパーゼの活性測定
山口政俊,吉田秀幸
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「身体活動の健康科学に関する総合研究」研究報告書(平成20〜24年度)   122-153   Apr 2013
研究代表者 田中宏暁(スポーツ科学部・教授)
フルオラス誘導体化LC法による5-ヒドロキシインドール類の高選択的分析
山口政俊,吉田秀幸
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「身体活動の健康科学に関する総合研究」平成23年度研究報告書   170-211   Mar 2012
研究代表者 田中宏暁(スポーツ科学部・教授)
分散液液マイクロ抽出-HPLC法による唾液中ストレスマーカーの計測
山口政俊,吉田秀幸,轟木堅一郎
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「身体活動の健康科学に関する総合研究」平成22年度研究報告書   119-169   Mar 2011
研究代表者 田中宏暁(スポーツ科学部・教授)
オンライン還元-エキシマー蛍光誘導体化LC法の開発とリポ酸計測への適用
山口政俊,吉田秀幸
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「身体活動の健康科学に関する総合研究」平成21年度研究報告書   122-146   Mar 2010
研究代表者 田中宏暁(スポーツ科学部・教授)

Books etc

 
エキシマー蛍光誘導体化による高感度生体アミン分析(日本分析化学会編「アミノ酸・生体アミン分析(試料分析講座)」の「2生体アミン分析法」の「2.1蛍光・化学発光法」の一部)
Andrei Timerbaev,井上淳司,岡田治朗,小栗重行,徐中其,曽我朋義,角田誠,津山尚宏,鶴田泰人,轟木堅一郎,長尾隆司,能田均,浜瀬健司,平山明由,廣川健,福田伸子,升島努,水野初,宮野博,山口政俊,横山幸男,吉田秀幸,吉武尚 (Part:Joint Work, 112-126)
丸善出版   Jun 2012   ISBN:978-4-621-08534-9
総ページ数205
脳内神経伝達物質の高感度リアルタイム分析(日本分析化学会編「アミノ酸・生体アミン分析(試料分析講座)」の「1アミノ酸・生体アミン一斉分析」の「1.3カテコールアミン」の一部)
Andrei Timerbaev,井上淳司,岡田治朗,小栗重行,徐中其,曽我朋義,角田誠,津山尚宏,鶴田泰人,轟木堅一郎,長尾隆司,能田均,浜瀬健司,平山明由,廣川健,福田伸子,升島努,水野初,宮野博,山口政俊,横山幸男,吉田秀幸,吉武尚 (Part:Joint Work, 68-85)
丸善出版   Jun 2012   ISBN:978-4-621-08534-9
総ページ数205
微小透析・蛍光HPLCによる脳内アミンのインビボ計測(日本薬学会物理系薬学部会・分析化学担当教員会議編「薬学分析科学の最前線」の第5章の一部)
吉田秀幸,能田均,轟木堅一郎,山口政俊,など (Part:Joint Work, 94-95)
じほう   Mar 2009   ISBN:978-4-8407-3965-8
総ページ数185
蛍光分子間相互作用を利用する高選択的分析法(日本薬学会物理系薬学部会・分析化学担当教員会議編「薬学分析科学の最前線」の第4章の一部)
吉田秀幸,能田均,轟木堅一郎,山口政俊,など (Part:Joint Work, 52-53)
じほう   Mar 2009   ISBN:978-4-8407-3965-8
総ページ数185
液体クロマトグラフィー(山口政俊,升島努,斎藤寛,能田均編「パートナー分析化学II」の第3章の2)
升島努,本間浩,千熊正彦,斎藤寛,御船正樹,北村陽二,黒澤隆夫,通元夫,黒田直敬,宇野公之,眞野成康,後藤順一,山口政俊,能田均,吉田秀幸,藤井洋一,寺西正憲,萩中淳,金田典雄,畑中保丸,黒木広明,馬場嘉信,西川隆,前田昌子,島田和武,小林典裕,宇野文二,荒川秀俊,高井伸彦,井上修,片岡洋行,津山尚宏 (Part:Joint Work, 149-153, 182-194)
南江堂   May 2007   ISBN:978-4-524-40227-4
総ページ数321

Conference Activities & Talks

 
Determination of Okadaic Acid in Bivalve by HPLC with Fluorescence Derivatization Method
吉田秀幸,河村梨那,中山絵梨奈,古賀鈴依子,矢野(清川)恵奈,坂口洋平,山口政俊,能田均
日本分析化学会第67年会   14 Sep 2018   日本分析化学会
講演要旨集p375(ポスター発表)
Fluorous-assisted Metal Chlate Affinity Extraction of Phospholipids with Perfluoropolyethercarboxylic Acid
清川恵奈,田坂友里恵,巴山忠,古賀鈴依子,吉田秀幸,山口政俊,能田均
第28回クロマトグラフィー科学会議   16 Nov 2017   クロマトグラフィー科学会
講演要旨集p78(ポスター発表)
三次元キラルHPLCを用いるシトルリンの高選択的分析法開発および哺乳類尿中含量解析
古賀鈴依子,三田真史,清川恵奈,吉田秀幸,山口政俊,能田 均,濵瀬健司
第28回クロマトグラフィー科学会議   16 Nov 2017   クロマトグラフィー科学会
UPLC-UV分析によるアミノ酸メタボロミクス(2)
TOMITA Ryoko, KUROKI Yuki, TODOROKI Kenichiro, HAYAMA Tadashi, YOSHIDA Hideyuki, NAKASHIMA Manabu, NOHTA Hitoshi, YAMAGUCHI Masatoshi, FUJIOKA Toshihiro
日本分析化学会第66年会   11 Sep 2017   日本分析化学会
オンライン-フルオラス誘導体化によるクルクミンの高感度LC-MS/MS分析
KIYOKAWA Ena, HAYAMA Tadashi, KOGA Reiko, YOSHIDA Hideyuki, YAMAGUCHI Masatoshi, NOHTA Hitoshi
日本分析科学会第66回年会   10 Sep 2017   

Patents

 
特許公開2002-286642 : 生理活性アミンの分析法
特許公開2001-242174 : ヒスタミン又はヒスチジンの分析方法
特許公開2001-165859 : ビスフェノール類及びポリフェノール類の測定方法
特許公開2001-165858 : 5-アルコキシインドール類の測定方法及び装置
特許公開2000-81392 : 化学発光誘導化試薬化合物