中野 英之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
中野 英之
 
ナカノ ヒデユキ
所属
京都教育大学
部署
理学科
職名
准教授
学位
地球環境科学(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京都稲城市教育委員会 主事
 
2003年4月
 - 
2009年3月
獨協埼玉中学高等学校 教諭
 
2009年4月
 - 
現在
京都教育大学 理学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
北海道大学 地球環境科学研究科 地圏環境科学
 

受賞

 
2009年8月
日本地学教育学会 日本地学教育学会学術奨励賞教育実践優秀賞
 

論文

 
後藤創紀,布村一興,中野英之,仁科篤弘
まてりあ   56(4) 291-295   2017年4月   [査読有り]
土星の衝効果はなぜ起こるのかーモデル実験を通してその謎を探るー
平川尚毅,中野英之
京都教育大学環境教育研究年俸   25 17-28   2017年3月
超臨界条件下における星間有機物の水質変成
松原康浩,中野英之
京都教育大学環境教育研究年報   25 27-30   2017年3月
反射望遠鏡の作製実習ー7年間の実践を振り返ってー
中野英之
教育実践研究紀要   17 199-204   2017年3月
「巨椋池の自然史を探る」授業実践
林孝亮,中野英之,向井大喜
教育実践研究紀要   17 205-216   2017年3月

Misc

 
100円ショップのレンズを用いたズーム式手作り顕微鏡の開発と教育実践
中野 英之
初等理科教育学研究   (90) 3-10   2015年3月
クルックス管を用いた放射線学習教材の開発-レントゲンによる放射線発見の過程をたどる-
高橋大地; 中野 英之
放射線教育   18(1) 93-100   2015年3月
小中学生を対象とした反射望遠鏡作製実習
中野 英之
京都教育大学教育実践研究紀要   (15) 91-94   2015年3月
放射線・防災教育の視点を取り入れた「流水のはたらき」の学習展開
中野 英之; 柴田清; 江口はるみ
日本災害復興学会誌   6(3) 85-95   2014年12月
現職教員向け天体望遠鏡作製ワークショップ
中野 英之; 松尾勇馬; 松原康浩
地学教育   67(3) 103-109   2014年8月

書籍等出版物

 
小・中・高一貫カリキュラムへの改革を先取りした理科の授業づくり 広木正紀・内山裕之編著
中野 英之
東京書籍   2012年6月   
プロ教師をめざす 新理科教育早わかり事典
中野 英之
明治図書出版株式会社   2010年8月   

講演・口頭発表等

 
三重県美杉町における天文秘密基地づくり
中野英之
日本地学教育学会第70回全国大会   2016年10月8日   日本地学教育学会
三重県美杉町における天文秘密基地づくり
中野英之
天文教育普及研究会関東支部大会   2015年12月   
小中学生を対象とした反射望遠鏡作製実習
中野 英之
天文教育普及研究会近畿支部大会   2014年12月   
福島の小学校における小・大連携の天文教育
中野 英之
天文教育普及研究会近畿支部大会   2014年12月   
ものづくりを通した天文教育普及活動
中野 英之
天文教育普及研究会近畿支部大会   2013年12月   天文教育普及研究会

Works

 
デジタル教材(インタラクティブ PDF) 「Let's enjoy English !」
村上 忠幸, 中野 英之, 村田 利裕   その他   2014年3月

競争的資金等の研究課題

 
科学知を地域住民ともてなし分かち合い地域振興に繋げる教育実践の試み
民間財団等: 公益財団法人江頭ホスピタリティ事業振興財団
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
郷土の大地の学びを全国に届ける「ジオラボ宅配便」
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
郷土の大地の学びを全国に届ける「ジオラボ宅配便」
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
郷土の大地の学びを全国に届ける「ジオラボ宅配便」
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
郷土の大地の学びを全国に届ける「ジオラボ宅配便」
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月