基本情報

所属
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 環境動態解析部門 講師
(兼任) 講師
(兼任) 講師
学位
地球環境科学(北海道大学)

J-GLOBAL ID
200901069320482990

現場観測と生態系モデリングという二つの研究手法を組み合わせながら、海洋生態系や生物地球化学的な物質循環について研究を行っています。具体的には、沿岸環境の代表ともいえる瀬戸内海を研究対象として、高頻度・広域観測により生態系や栄養塩のダイナミクスを捉え、生態系モデルによりそれらをコンピュータ上で精緻に再現し、様々な環境変化に対する生態系の応答メカニズムについて解析しています。
そして、現在進行中の地球温暖化が藻場分布に及ばす影響、近年西日本沿岸で頻発するカレニア赤潮の発生機構、瀬戸内海の栄養塩変動が生態系に及ぼす影響、沿岸と黒潮の境界領域における栄養塩循環、超高解像度観測で捉える潮汐フロント周辺の栄養塩動態などについて明らかにすることを目指しています。

論文

  24

MISC

  17

書籍等出版物

  3
  • 郭新宇, 王玉成, 久保田泰士, 吉江直樹(担当:共著, 範囲:4.3章 海洋環境保護区(MPA)の設定法)
    2019年3月 
  • 日本海洋学会編, 吉江直樹(担当:共著, 範囲:7.3 瀬戸内海西部における赤潮の変遷)
    朝倉書店  2017年7月 (ISBN: 9784254161304) 
  • 日本海洋学会沿岸海洋研究会, 日本海洋学会, 杉本 隆成, 小田巻 実, 吉川 裕, 日比谷 紀之, 松野 健, 島田 浩二, 武岡 英隆, 工藤 勲, 門谷 茂, 藤原 建紀, 左山 幹雄, 齊藤 宏明, 中野 伸一, 吉江 直樹, 柳 哲雄
    恒星社厚生閣  2014年 (ISBN: 9784769914679) 

講演・口頭発表等

  204

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6