論文

査読有り
2002年

直立堤堤頭部近傍の局所流体力特性

海岸工学論文集
  • 加藤 雅也
  • ,
  • 渡部 靖憲
  • ,
  • 佐伯 浩

担当区分
筆頭著者
49
49
開始ページ
716
終了ページ
720
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.2208/proce1989.49.716
出版者・発行元
公益社団法人 土木学会

ケーソン式混成堤の堤頭部では, 剥離を伴う複雑な三次元渦構造が形成されている. そのため, 堤頭部における被覆材の散乱は, 堤幹部における場合とは異なる複雑なメカニズムを有していると考えられる. 本研究では, 直立堤堤頭部周辺の流速場をLarge Eddy Simulationによりシミュレートし, 得られた水理量を用いて局所流体力特性の空間変動特性を調べた. その結果, 開口率の小さな中小規模港湾に対して現行設計法によりマウンド被覆材所要質量を算定した場合, 被覆材の質量が不足する可能性があることを示した. また, 堤頭部近傍では加速度の増幅効果によって, 慣性力の寄与が著しく大きくなる場合があることを明らかにした.

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2208/proce1989.49.716
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130003807562