松原 雅文

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/25 15:50
 
アバター
研究者氏名
松原 雅文
 
マツハラ マサフミ
URL
http://www.chishiki.soft.iwate-pu.ac.jp/~masafumi/
所属
岩手県立大学
部署
ソフトウェア情報学部
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
科研費研究者番号
70363728

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
2003年3月
北海学園大学 工学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2014年9月
岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
盛岡大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2015年3月
二戸高等看護学院 非常勤講師
 
2014年10月
 - 
現在
岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
北海学園大学 工学部 
 
 
 - 
2003年3月
北海道大学 工学研究科 博士(工学)
 

論文

 
Effectiveness for Machine Translation Method Using Inductive Learning on Number Representation
Masafumi Matsuhara,Kenji Araki,Koji Tochinai
Lecture Note in Artificial Intelligence 2557, Springer-Verlag      2002年12月
帰納的学習を用いた携帯端末向け機械翻訳手法
松原 雅文,荒木 健治, 栃内 香次
電子情報通信学会論文誌D-II, Vol.J86-D-II, No.1      2003年1月
Improvement of Paging Cost by Updating Using Paging Delay Divergence
D.Senzaki,G.Chakraborty,M.Matsuhara,H.Mabuchi
Lecture Note in Computer Science 3326, Springer-Verlag      2004年12月
Clustering of EEG Data using Maximum Entropy Method and LVQ
Yuji Mizuno, Hiroshi Mabuchi, Goutam Chakraborty, Masafumi Matsuhara
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTERS, Issue 4, Volume 4, pp.193-200, 2010.      2010年9月
Effectiveness of Context-Aware Character Input Method for Mobile Phone Based on Artificial Neural Network
Masafumi Matsuhara and Satoshi Suzuki
Applied Computational Intelligence and Soft Computing, Volume 2012 (2012), Article ID 896948, 6 pages.      2012年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Evaluation of Number-Kanji Translation Method Using Inductive Learning on E-Mail
Masafumi Matsuhara,Kenji Araki,Koji Tochinai
Third IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing (ASC'2000) , Banff, Alberta, Canada   2000年7月   
帰納的学習を用いた数字漢字変換手法における繰り返し学習の有効性について
松原 雅文,荒木 健治,栃内 香次
平成12年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集   2000年10月   
数字表現からの帰納的学習を用いた機械翻訳手法の有効性について
松原 雅文,荒木 健治,栃内 香次
電子情報通信学会技術研究報告, TL2000-46   2001年3月   
帰納的学習を用いた機械翻訳手法における数字表現の割り当て方法について
松原 雅文,荒木 健治,栃内 香次
平成13年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集   2001年10月   
帰納的学習を用いた機械翻訳手法における数字表現の利用方法について
松原 雅文,荒木 健治,栃内 香次
情報処理学会研究報告(2001-NL-146)   2001年11月   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ポスト4Gへ向けた利用者の自律・適応的行動理解モデル開発と新世代移動通信網の研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: G Chakraborty
単純かつ安価で広範囲において使用可能なチップレスRFIDの開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: G Chakraborty
画面を注視せずに少数キーでの入力が可能な携帯端末向けWeb検索手法
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松原 雅文
方言音声のビデオアーカイブ化と方言音声理解のための情報処理技術の確立
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 伊藤慶明
帰納的学習を用いた数字漢字変換手法
(選択しない)