尾之内 均

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/20 14:01
 
アバター
研究者氏名
尾之内 均
 
オノウチ ヒトシ
URL
http://arabi4.agr.hokudai.ac.jp/arabi.html
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野
職名
准教授
学位
博士(理学)(名古屋大学), 修士(理学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
   
 
- 日本学術振興会特別研究員 日本学術振興会特別研究員
 
2000年
   
 
- 北海道大学大学院農学研究科・助手 助手
 
2005年
   
 
- 北海道大学大学院農学研究科・助教授 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
名古屋大学 理学研究科 生物学専攻博士前期過程
 
 
 - 
1995年
名古屋大学 理学研究科 生物学専攻博士後期過程
 
 
 - 
1990年
名古屋大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Aibara I, Hirai T, Kasai K, Takano J, Onouchi H, Naito S, Fujiwara T, Miwa K
Plant physiology   177(2) 759-774   2018年6月   [査読有り]
Hayashi N, Sasaki S, Takahashi H, Yamashita Y, Naito S, Onouchi H
Nucleic acids research   45(15) 8844-8858   2017年9月   [査読有り]
Tanaka M, Sotta N, Yamazumi Y, Yamashita Y, Miwa K, Murota K, Chiba Y, Hirai MY, Akiyama T, Onouchi H, Naito S, Fujiwara T
The Plant cell   28(11) 2830-2849   2016年11月   [査読有り]
山下由衣、尾之内均、内藤哲
化学と生物   54(3) 191-197   2016年3月   [招待有り]
Noh A.L., Watanabe S., Takahashi H., Naito S., Onouchi H.
Plant Biotechnology   32(2) 157-163   2015年6月   [査読有り]
Ebina I, Takemoto-Tsutsumi M, Watanabe S, Koyama H, Endo Y, Kimata K, Igarashi T, Murakami K, Kudo R, Ohsumi A, Noh AL, Takahashi H, Naito S, Onouchi H
Nucleic acids research   43(3) 1562-1576   2015年2月   [査読有り]
Hagiwara-Komoda Y, Sugiyama T, Yamashita Y, Onouchi H, Naito S
Plant & cell physiology   55(10) 1779-1792   2014年10月   [査読有り]
Uchiyama-Kadokura N, Murakami K, Takemoto M, Koyanagi N, Murota K, Naito S, Onouchi H
Plant & cell physiology   55(9) 1556-1567   2014年9月   [査読有り]
Yamashita Y, Kadokura Y, Sotta N, Fujiwara T, Takigawa I, Satake A, Onouchi H, Naito S
The Journal of biological chemistry   289(18) 12693-12704   2014年5月   [査読有り]
Sriyudthsak K, Sawada Y, Chiba Y, Yamashita Y, Kanaya S, Onouchi H, Fujiwara T, Naito S, Voit EO, Shiraishi F, Hirai MY
BMC systems biology   8 Suppl 5 S4   2014年   [査読有り]
Katsuragi T, Ono N, Yasumoto K, Altaf-Ul-Amin M, Hirai MY, Sriyudthsak K, Sawada Y, Yamashita Y, Chiba Y, Onouchi H, Fujiwara T, Naito S, Shiraishi F, Kanaya S
Plant & cell physiology   54(5) 728-739   2013年5月   [査読有り]
Chiba Y, Mineta K, Hirai MY, Suzuki Y, Kanaya S, Takahashi H, Onouchi H, Yamaguchi J, Naito S.
Plant Cell Physiol.   54(2) 180-194   2013年2月   [査読有り]
Yamashita Y, Lambein I, Kobayashi S, Onouchi H, Chiba Y, Naito S
Genes & genetic systems   88(4) 241-249   2013年   [査読有り]
Tanaka M, Takano J, Chiba Y, Lombardo F, Ogasawara Y, Onouchi H, Naito S, Fujiwara T
Plant Cell   23(9) 3547-3559   2011年   [査読有り]
Onoue N, Yamashita Y, Nagao N, Goto DB, Onouchi H, Naito S.
Journal of Biological Chemistry   286(17) 14903-14912   2011年   [査読有り]
Murota K, Hagiwara-Komoda Y, Komoda K, Onouchi H, Ishikawa M, Naito S.
Plant & Cell Physiology   52(8) 1443-1453   2011年   [査読有り]
Kusano M, Fukushima A, Redestig H, Kobayashi M, Otsuki H, Onouchi H, Naito S, Hirai MY, Saito K.
Amino Acids   9(4) 1013-1021   2010年   [査読有り]
Takano J, Tanaka M, Toyoda A, Miwa K, Kasai K, Fuji K, Onouchi H, Naito S, Fujiwara T.
Proceedings of National Academy of Sciences of USA   107(11) 5220-5225   2010年   [査読有り]
Ohkama-Ohtsu, N., Kezuka, A., Onouchi, H., Fujiwara, T. and Naito, S.
Soil Science and Plant Nutrition   54(1) 128-132   2008年1月   [査読有り]
Haraguchi Y, Kadokura Y, Nakamoto M, Onouchi H, Naito S.
Plant and Cell Physiology   49(3) 314-323   2008年   [査読有り]
Onouchi H, Nagami Y, Haraguchi Y, Nakamoto M, Nishimura Y, Sakurai R, Nagao N, Kawasaki D, Kadokura Y, Naito S.
Plant and Cell Physiology   49(4) 549-556   2008年   [査読有り]
Onouchi H,, Nagami Y, Haraguchi Y, Nakamoto M, Nishimura Y, Sakurai R, Nagao N, Kawasaki D, Kadokura Y, Naito S
Genes Dev.   19(15) 1799-1810   2005年8月   [査読有り]
Onouchi H,, Nagami Y, Haraguchi Y, Nakamoto M, Nishimura Y, Sakurai R, Nagao N, Kawasaki D, Kadokura Y, Naito S : "Nascent peptide-mediated translation elongation arrest coupled with mRNA degradation in the CGS1 gene of Arabidopsis" Genes Dev., 19...
Mizoguchi T, Wright L, Fujiwara S, Cremer F, Lee K, Onouchi H, Mouradov A, Fowler S, Kamada H, Putterill J, Coupland G. : "Distinct roles of GIGANTEA in promoting flowering and regulating circadian rhythms in Arabidopsis" Plant Cell, 17:2255-2270 (2005)*
   2005年
Lambein I, Chiba Y, Onouchi H, Naito S.
Plant Cell Physiol.   44(9) 893-900   2003年   [査読有り]
Chiba Y, Sakurai R, Yoshino M, Ominato K, Ishikawa M, Onouchi H, Naito S.: "S-adenosyl-L-methionine is an effector in the posttranscriptional autoregulation of the cystathionine gamma-synthase gene in Arabidopsis" Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 100(18):1・・・
   2003年   [査読有り]
Chiba Y, Sakurai R, Yoshino M, Ominato K, Ishikawa M, Onouchi H, Naito S.: "S-adenosyl-L-methionine is an effector in the posttranscriptional autoregulation of the cystathionine gamma-synthase gene in Arabidopsis" Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 100(...
Ominato K, Akita H, Suzuki A, Kijima F, Yoshino T, Yoshino M, Chiba Y, Onouchi H, Naito S. "Identification of a short highly conserved amino acid sequence as the functional region required for posttranscriptional autoregulation of the cystathionine _-s・・・
   2002年   [査読有り]
Ominato K, Akita H, Suzuki A, Kijima F, Yoshino T, Yoshino M, Chiba Y, Onouchi H, Naito S. "Identification of a short highly conserved amino acid sequence as the functional region required for posttranscriptional autoregulation of the cystathionin...
Iwakawa H, Ueno Y, Semiarti E, Onouchi H, Kojima S, Tsukaya H, Hasebe M, Soma T, Ikezaki M, Machida C, Machida Y. "The ASYMMETRIC LEAVES2 gene of Arabidopsis thaliana, required for formation of a symmetric flat leaf lamina, encodes a member of a novel ・・・
   2002年   [査読有り]
Iwakawa H, Ueno Y, Semiarti E, Onouchi H, Kojima S, Tsukaya H, Hasebe M, Soma T, Ikezaki M, Machida C, Machida Y. "The ASYMMETRIC LEAVES2 gene of Arabidopsis thaliana, required for formation of a symmetric flat leaf lamina, encodes a member of a n...
Goto DB, Ogi M, Kijima F, Kumagai T, Werven FV, Onouchi H, Naito S. "A single-nucleotide mutation in a gene encoding S-adenosylmethionine synthetase is associated with methionine over-accumulation phenotype in Arabidopsis thaliana", Genes Genet. Syst.,・・・
   2002年   [査読有り]
Goto DB, Ogi M, Kijima F, Kumagai T, Werven FV, Onouchi H, Naito S. "A single-nucleotide mutation in a gene encoding S-adenosylmethionine synthetase is associated with methionine over-accumulation phenotype in Arabidopsis thaliana", Genes Genet. S...
町田 千代子, 尾之内 均, 田中 博和, 浜田 進, 石川 貴章, Semiarti Endang, 岩川 秀和, 野村 清人, 町田 泰則
生物機能開発研究所紀要   1(0) 9-16   2001年3月
In order to evaluate feasibility of the gene tagging by the maize transposable element Ac in heterologous plant systems, we have investigated physical distances and directions of transposition of the element in Arabidopsis thaliana and tobacco cul...
Suzuki A, Shirata Y, Ishida H, Chiba Y, Onouchi H and Naito S. :"The first exon coding region of cystathionine g-synthase gene is necessary and sufficient for downregulation of its own mRNA accumulation in transgenic Arabidopsis thaliana", Plant Cell ・・・
   2001年   [査読有り]
Suzuki A, Shirata Y, Ishida H, Chiba Y, Onouchi H and Naito S. :"The first exon coding region of cystathionine g-synthase gene is necessary and sufficient for downregulation of its own mRNA accumulation in transgenic Arabidopsis thaliana", Plant ...
Endang S, Onouchi H, Torikai S, Ishikawa T, Machida Y and Machida C. :"The transposition pattern of the Ac element in tobacco cultured cells.", Genes & Genetic Systems, 76(2):131-139 (2001)*
   2001年   [査読有り]
Tanaka H, Onouchi H, Kondo M, Hara-Nishimura I, Nishimura M, Machida and C Machida Y. :"A subtilisin-like serine protease is required for epidermal surface formation in Arabidopsis embryos and juvenile plants", Development, 28(23):4681-4689 (2001)*
   2001年   [査読有り]
Suarez-Lopez P, Wheatley K, Robson F, Onouchi H, Valverde F and Coupland G.:"CONSTANS mediates between the circadian clock and the control of flowering in Arabidopsis", Nature, 410(6832):1116-1120 (2001).*
   2001年   [査読有り]
Hamada S, Onouchi H, Tanaka H, Kudo M, Liu Y, Shibata D, Machida C and Machida M.: "Mutations in the WUSCHEL gene of Arabidopsis thaliana result in the development of shoots without juvenile leaves", Plant J., 24:1-13(2000)*
   2000年   [査読有り]
Samach A, Onouchi H, Gold SE, Ditta GS, Schwarz-Sommer Z, Yanofsky MF, Coupland G.: "Distinct roles of CONSTANS target genes in reproductive development of Arabidopsis", Science, 288:1613-1616 (2000)*
   2000年   [査読有り]
Onouchi H, Igeno MI, Perilleux C, Graves K, Coupland G.: "Mutagenesis of plants overexpressing CONSTANS demonstrates novel interactions among Arabidopsis flowering-time genes", Plant Cell, 12(6):885-900 (2000)*
   2000年   [査読有り]
Fowler S, Lee K, Onouchi H, Samach A, Richardson K, Morris B, Coupland G, Putterill J. "GIGANTEA: a circadian clock-controlled gene that regulates photoperiodic flowering in Arabidopsis and encodes a protein with several possible membrane-spanning doma・・・
   1999年   [査読有り]
Fowler S, Lee K, Onouchi H, Samach A, Richardson K, Morris B, Coupland G, Putterill J. "GIGANTEA: a circadian clock-controlled gene that regulates photoperiodic flowering in Arabidopsis and encodes a protein with several possible membrane-spanning...
Torres MA, Onouchi H, Hamada S, Machida C, Hammond-Kosack KE, Jones JD. :"Six Arabidopsis thaliana homologues of the human respiratory burst oxidase (gp91phox)". Plant J., 14(3):365-370 (1998)*
   1998年   [査読有り]
Machida C, Onouchi H, Koizumi J, Hamada S, Semiarti E, Torikai S and Machida Y. :"Characterization of the transposition pattern of the Ac element in Arabidopsis thaliana using endonuclease I-SceI Proc", Natl. Acad. Sci. USA, 94 8675-8680 (1997)*
   1997年   [査読有り]
町田 千代子, 尾之内 均, 浜田 進
化学と生物   34(9) 617-623   1996年9月
町田 千代子, 尾之内 均
バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry   54(8) 16-22   1996年8月
町田 千代子, 尾之内 均, 小泉 順, 工藤 光子, 町田 泰則
育種学最近の進歩   37(0) 13-16   1995年11月
Onouchi H, Nishihama R, Kudo M, Machida Y, Machida C. :"Visualization of site-specific recombination catalyzed by a recombinase from Zygosaccharomyces rouxii in Arabidopsis thaliana" Mol Gen Genet. 247(6):653-660 (1995)*
   1995年   [査読有り]
Onouchi H, Yokoi K, Machida C, Matsuzaki H, Oshima Y, Matsuoka K, Nakamura K, Machida Y. "Operation of an efficient site-specific recombination system of Zygosaccharomyces rouxii in tobacco cells." Nucleic Acids Res., 19(23):6373-6378(1991)*
   1991年   [査読有り]

書籍等出版物

 
植物ゲノム科学辞典
尾之内 均 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2009年   
RNA実験ノート
羊土社   2008年   
生化学辞典(第4版) 
尾之内 均 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2007年   

講演・口頭発表等

 
維管束形成を司るLONESOME HIGHWAY遺伝子の上流ORFが介する翻訳制御とmRNA分解制御
梅原俊一、木俣薫織、戸田智美、遠洞弥生、大角有里沙、蝦名績、内藤 哲、尾之内均
第59回日本植物生理学会年会   2018年3月29日   
核小体ストレスに応答して翻訳を制御するシロイヌナズナANAC082遺伝子の上流ORF
佐々木 駿、工藤 凛、渡部 俊、大林 祝、杉山 宗隆、刑部 祐里子、刑部 敬史、内藤 哲、尾之内 均
第59回日本植物生理学会年会   2018年3月29日   
リボソームの停滞を引き起こす新規被子植物uORFの同定
林憲哉, 佐々木駿, Zhihang Feng, 藤原徹, 内藤哲, 尾之内均
第58回日本植物生理学会年会   2017年3月17日   
ペプチド配列依存的に遺伝子発現を制御するシロイヌナズナの上流ORFの探索と制御機構の解析 [招待有り]
尾之内均,林憲哉,梅原俊一,木俣薫織,高橋広夫,内藤哲
日本遺伝学会第88回大会ワークショップ   2016年9月7日   
維管束形成を制御するLONESOME HIGHWAY遺伝子のuORFペプチドが介する翻訳制御機構
大角有里沙, 木俣薫織, 梅原俊一, 戸田智美, 遠洞弥生, 蝦名績, 内藤哲, 尾之内均
第57回植物生理学会年会   2016年3月18日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
uORFペプチドによる翻訳制御の新たな役割と機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 尾之内 均
uORFにコードされるペプチドによる翻訳制御の植物における多様な役割の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2015年4月    代表者: 尾之内 均
植物アミノ酸代謝のオミクス統合解析による解明
科学技術振興事業団: 戦略的基礎研究推進事業 (CREST)
研究期間: 2007年9月 - 2013年3月    代表者: 平井優美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 尾之内 均
植物において翻訳アレストとmRNA分解の共役の普遍的性について検討する目的で、新生ペプチドによって翻訳アレストが引き起こされる可能性が考えられるuORFの系を用いて解析を行った。前年度に新たに同定したペプチド配列依存的に翻訳抑制を起こす2つのuORFについて、試験管内翻訳系において翻訳アレストが起こるかの検討を行ったが、通常の翻訳条件では翻訳アレストは観察されなかった。細胞内に存在する何らかの代謝産物が翻訳アレストを誘導するために必要である可能性も考えられるため、今後、どのような条件で翻訳...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 尾之内 均
前年度にバイオインフォマティクス解析によって同定した植物間で保存されたアミノ酸配列を持つ14個のuORFの中から、uORFにコードされるペプチドが実際に翻訳制御に関与するものを同定する目的で、フレームシフト変異やアミノ酸置換によってアミノ酸配列を変化させ場合の下流のレポーター遺伝子の発現への影響を検討した。シロイヌナズナ培養細胞MM2dから調製したプロトプラストを用いた一過的発現解析の結果、アミノ酸配列依存的に下流ORFの発現に影響を与えるuORFを新たに5つ同定した。新たに同定したuOR...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 尾之内 均
これまでに同定したシロイヌナズナのuORFペプチドが関与する発現制御の中で、複数のuORFが関与するものを2つ見いだした。それらの系では、ペプチド配列依存的に翻訳を抑制するuORFのさらに上流に別のuORFが存在し、上流側のuORFを削除した場合に主要なORFの発現が強く抑制され、その効果は下流側のuORFのアミノ酸配列に依存することが示された。これらのことから、上流側のuORFは下流のuORFの翻訳効率を調節する働きがあることが示唆された。また、シロイヌナズナにおいてアミノ酸配列依存的な...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 尾之内 均
シロイヌナズナのリボソームタンパク質RRL17の変異が葉の形態形成に影響を与える原因を明らかにするために、まずrp117変異の影響によってリボソームの翻訳活性が低下した可能性を検討した。そのために、いくつかの遺伝子についてポリソームプロファイル解析を行った。その結果、いずれの遺伝子についても野生型株とrp117変異株の間で顕著な差はみられず、rp117変異はリボソームの翻訳活性に大きな影響を与えないことが示唆された。また、リボソームタンパク質の変異の新生ペプチドによる制御への影響と葉の形態...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 尾之内 均
新生ペプチドが自身を翻訳したリボソームの機能制御に関与し、それによって遺伝子発現が制御される例がいくつか見つかっている。シロイヌナズナにおいて新生ペプチドにより制御される新たな遺伝子を同定することを目的として、シロイヌナズナの完全長cDNAデータベースから同定した5'非翻訳領域にuORFを含む遺伝子の中から、uORFのアミノ酸配列が下流のORFの発現に影響を与えるものを探索した。その結果、新たに転写因子をコードする遺伝子においてuORFのアミノ酸配列依存的に下流ORFの翻訳が抑制されること...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 内藤 哲
シロイヌナズナのシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)はメチオニン生合成の鍵段階を触媒するが,他の多くの鍵段階の酵素とは異なってアロステリック酵素ではなく,S-アデノシルメチオニン(SAM)をエフェクターとして,CGS mRNAの分解段階でフィードバック制御を受ける.この制御にはCGSの第1エキソン領域にコードされるMTO1領域と名付けた十数アミノ酸からなる領域がシス配列として重要な機能を持つ.また,mRNA分解に際しては,分解中間体として5'末端領域を欠いた短いRNAを生ずる.CGSの制...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 尾之内 均
翻訳伸長段階の制御を検索するための方法として、翻訳の伸長が途中で停止することによってリボソームが5'側に偏在するようなmRNAを検索する方法の開発を試みた。そのために、ポリソームをマイクロコッカルヌクレアーゼで部分消化し、そのあとショ糖密度勾配遠心分離を行うことによってリボソームのmRNA上の偏在を検出することを計画した。しかし、翻訳伸長停止によってリボソームが偏在することが示されているシロイヌナズナのシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)mRNAにおいても、上述のような方法で顕著なリボソ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 正木 春彦
<代表者>1.コリシンDのtRNase高活性ドメインをC末端103残基(D-CRD595)に特定し、D-CRD595単独およびImmDとの複合体の構造をX線結晶解析で決定し、先にImmDとの複合体構造を決定していたC末端94残基(D-CRD604)と構造と活性を比較した。D-CRD595に比べD-CRD604はN末端9残基を欠き、活性を大きく損なうが、ImmD複合体構造はほとんど同一なので、9残基の特異的重要性が示唆された。ImmDはD-CRD595の活性中心に結合し、またImmDの結合前...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 内藤 哲
メチオニン生合成の鍵段階の酵素であるシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)の発現はmRNAの安定性の段階でフィードバック制御されており,しかもこの制御にはCGS遺伝子の第1エキソンにコードされるアミノ酸配列がシスに働く.この制御に機能している制御因子を遺伝学的に明らかにするため,発光クラゲの緑色蛍光タンパク質(GFP)レポーター遺伝子に野生型CGSの第1エキソンをつなぎ,カリフラワーモザイクウイルス35Sプロモーターの制御下に置いた融合遺伝子を持つトランスジェニック・シロイヌナズナを親株と...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 尾之内 均
シスタチオニンγ-シンターゼ(CGS) mRNAの安定性制御機構を解明する目的で、この制御のエフェクター分子の同定を行った。小麦胚芽由来のin vitro翻訳系を用いたアッセイによって、メチオニンの代謝産物についてエフェクターとしての効果を調べたところ、S-アデノシルメチオニン(SAM)のみが効果を示し、SAMがCGS mRNA安定性制御のエフェクター分子であることが強く示唆された。また、SAMを基質とするメチル基転位酵素の競争阻害剤であるS-アデノシルホモシステインは、SAMの効果を阻害...
植物における遺伝子発現の転写後制御