KUBO Masaki

J-GLOBAL         Last updated: May 16, 2019 at 15:08
 
Avatar
Name
KUBO Masaki
E-mail
m.kubotohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/6751d67f3691e36f0081011034daf6a4.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Chemical Engineering Process Systems Engineering Material Control Process Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Aug 2010
 - 
Today
Associate Professor, School of Engineering, Tohoku University
 
Apr 2000
   
 
School of Engineering, Tohoku University
 
Apr 1998
 - 
Mar 2000
Institute of Chemical Reaction Science, Tohoku University, Researcher
 
Jul 2007
 - 
Mar 2008
Visiting Researcher, The University of Sheffield
 

Education

 
 
 - 
Mar 1998
化学工学, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1993
生物化学工学科, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2010
 - 
Today
化学工学会反応工学部会ソノプロセス分科会  庶務幹事
 
Apr 2011
 - 
Mar 2013
公益社団法人化学工学会・化学工学会誌編集委員会  委員
 
Mar 2011
 - 
Today
化学工学会東北支部  役員
 
Apr 2016
 - 
Today
日本ソノケミストリー学会  役員
 
Mar 2002
 - 
Today
宮城化学工学懇話会  幹事
 

Awards & Honors

 
Dec 2005
財団法人青葉工学振興会第11回「研究奨励賞」, 財団法人青葉工学振興会
 
Mar 2005
第15回トーキン科学技術振興財団研究奨励賞, トーキン科学技術振興財団
 
Mar 2000
精密工学会春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞, 精密工学会
 
May 2013
Journal of the American Oil Chemists' Society, (2012) 89:815–824. A Kinetic Model Describing Anti-oxidation and Pro-oxidation of β-Carotene in the Presence of α-Tocopherol and Ascorbic Acid, Edwin N. Frankel Award for Best Paper of 2012, Lipid Oxidation and Quality Division of the American Oil Chemist's Society, The American Oil Chemist’s Society
Winner: Naomi Shibasaki-Kitakawa, Masahiko Murakami, Masaki Kubo, and Toshikuni Yonemoto
 
Mar 2012
JCEJ, 44(5), 321-327(2011) "Relationship between Applied Static Magnetic Field Strength and Thermal Conductivity Values of Molten Materials easured Using the EML Technique", Outstanding Paper Award of 2011, Journal of Chemical Engineering of Japan, Society of Chemical Engineering of Japan
Winner: Yuya Baba, Ken-ichi Sugioka, Masaki Kubo, Takao Tsukada, Kazutoshi Sugie, Hidekazu Kobatake, Hiroyuki Fukuyama
 

Published Papers

 
Masaki Kubo, Takayuki Kondo, Hideki Matsui, Naomi Shibasaki-Kitakawa, Toshikuni Yonemoto
Ultrasonics Sonochemistry      2017   [Refereed]
Masaki Kubo, Ryutaro Ishibashi, Ken-ichi Sugioka, Takao Tsukada, Osamu Koike, Masahiro Fujita
Powder Technology   287 431-438   2016   [Refereed]
Yang Liu, Takumi Kato, Masaki Kubo, Ken-ichi Sugioka, Takao Tsukada, Seiichi Takami and Tadafumi Adschiri
Journal of Applied Polymer Science   132 42760   2015   [Refereed]
Masaki Kubo , Yosuke Takahashi , Takeshi Fujii , Yang Liu , Ken-ichi Sugioka , Takao Tsukada , Kimitaka Minami , and Tadafumi Adschiri
Langmuir      2014   [Refereed]
M.J. Hounslow, E.J.W. Wynn, Masaki Kubo, K. Pitt
Chemical Engineering Science   101 731-743   2013   [Refereed]

Misc

 
酸化チタン存在下における有機物超音波分解・大腸菌超音波殺菌の速度論
久保正樹,米本年邦
化学工学   72(11) 645-647   Nov 2008
酸化チタン存在下における超音波照射による有機物分解・大腸菌殺菌
久保正樹,米本年邦
超音波テクノ   21(3) 41-45   Jun 2009
Masaki Kubo and Toshikuni Yonemoto
Chemistry and Education   49(11) 748-749   Nov 2001
Preparation of Microcapsules Containing Biological Materials
Masaki Kubo and Toshikuni Yonemoto
Powder Science & Engineering   32(11) 53-60   Nov 2000

Books etc

 
ゾル-ゲル法によるマイクロカプセルのつくり方
久保正樹,米本年邦 (Part:Joint Work)
Jul 2003   

Conference Activities & Talks

 
静磁場重畳電磁浮遊法を用いた溶融Cuの熱伝導率測定
馬場 雄也・井上 貴充・小畠 秀和・杉岡 健一久保 正樹・塚田 隆夫・福山 博之
化学工学会第43回秋季大会   14 Sep 2011   
静磁場重畳電磁浮遊法により測定した溶融金属の熱伝導率と静磁場強度との相関
馬場 雄也・杉岡 健一・久保 正樹・塚田 隆夫・杉江 一寿・小畠 秀和・福山 博之
化学工学会75年会   22 Mar 2011   
副生物の除去工程を必要としない高品質バイオディーゼル燃料合成法
金川 恵一・久保 正樹・北川 尚美・米本 年邦
化学工学会75年会   22 Mar 2011   
感温性ヒドロゲルからのタンパク質放出挙動に及ぼす環境温度の影響
佐々木 翔平・久保 正樹・北川 尚美・米本 年邦
化学工学会75年会   22 Mar 2011   
超音波を用いたポリマー合成における分子量分布の制御
化学工学会反応工学部会ソノプロセス分科会シンポジウム   23 Oct 2010   

Research Grants & Projects

 
超音波照射下におけるポリマーの精密合成
Project Year: Apr 2006   
液相中におけるナノ粒子分散・凝集挙動の解明
Project Year: Aug 2010 - Today
ナノコンポジット薄膜の構造制御
Project Year: Aug 2010 - Today
Kinetics of Microencapsulation
Project Year: Apr 2000 - Mar 2006
タンパク質内包ヒドロゲルの作製
Project Year: Apr 2004   

Patents

 
特開2004-351331 : 水処理方法および装置
米本 年邦、久保 正樹、辻 猛志、坂井 至、中原 啓介、渕上 浩司

Others

 
Apr 2011   超音波重合法を利用した固体高分子形燃料電池用ポリマー新規合成プロセスの開発
固体高分子形燃料電池(PEFC)は、家庭用コージェネレーションシステムなどの定置用電源および車両駆動電源等の移動体用電源としての実用化を目指し、国内外で研究開発が進められている。車両駆動用電源を想定した場合、発電性能の更なる向上が望まれている。本研究では、PEFC用ガス拡散層に用いられているα-メチルスチレンとテトラフルオロエチレンの共重合体で、分子量数千~数万と比較的低分子量であるポリマーをターゲットとする。そして、分子量分布の指標である分散度(=重量平均分子量/数平均分子量)が1.2以下のポリマーを獲得するために、超音波を用いた新規な合成プロセスを提案することを目的とする。
Apr 2004   ナノ構造制御複合粒子の合成と有機物超音波分解への利用
近年、環境汚染の原因となる難分解性有害有機化合物の分解処理速度を向上させる新規技術の創成が望まれている。本研究は、疎水性である有機化合物の吸着能に優れた活性炭と光触媒能を有する酸化チタンとの複合粒子を合成し、酸化チタン表面で発生するラジカルを分解反応に効率的に利用することを可能とすることで、有機化合物の高速分解を可能にした。
Aug 2002   Kinetics of Ultrasonic Degradation of Phenol in Presence of TiO2 Particles
酸化チタン存在下でフェノールの超音波分解を行った。酸化チタンを添加した方が、転化しない場合に比べて、分解速度が向上することを見出した。
Apr 1997   スラグ流を利用する流通管型反応器を用いた単分散チタン酸バリウム微粒子の連続合成
スラグ流を利用する流通管型反応器を用い、キレート分解法を利用して、粒径の揃ったいわゆる単分散チタン酸バリウム微粒子を連続合成するプロセスを開発する。