東海林 亙

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/08 18:45
 
アバター
研究者氏名
東海林 亙
 
ショウジ ワタル
eメール
wshojitohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3b45e1c51fd017e8d3fc64e744835355.html
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所 先端学際基幹研究部 生命・環境研究領域
職名
准教授
学位
医学(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年3月
東北大学 医学研究科 
 
 
 - 
1989年3月
東北大学 医学部 
 

論文

 
環境pH変動に対する枯草菌コロニーの形態変化とその優位性
田崎創平・中山まどか・東海林亙
京都大学数理解析研究所講究録   2087 24-30   2018年11月
Tasaki, Sohei Nakayama, Madoka Shoji, Wataru
Dev Growth Differ   59(5) 369-378   2017年6月   [査読有り]
Umeda, Keiko Shoji, Wataru
Dev Growth Differ   59(3) 107-114   2017年4月   [査読有り]
Tasaki, Sohei Nakayama, Madoka Shoji, Wataru
PLoS One   12(3) e0173195-e0173195   2017年   [査読有り]
Umeda, Keiko Ishizuka, Toru Yawo, Hiromu Shoji, Wataru
Sci Rep   6 27888-27888   2016年6月   [査読有り]
Morimoto, Nobuyuki Wakamura, Masaru Muramatsu, Kanna Toita, Sayaka Nakayama, Masafumi Shoji, Wataru Suzuki, Makoto Winnik, Francoise M
Biomacromolecules   17(4) 1523-1535   2016年4月   [査読有り]
枯草菌の密集分岐形態コロニーの環境pH依存性
中山まどか・田崎創平・東海林亙
京都大学数理解析研究所講究録   1994 22-26   2016年4月
Kimura, Yukiko Satou, Chie Fujioka, Shunji Shoji, Wataru Umeda, Keiko Ishizuka, Toru Yawo, Hiromu Higashijima, Shin-ichi
Curr Biol   23(10) 843-849   2013年5月   [査読有り]
Kimura, Eiji Deguchi, Tomonori Kamei, Yasuhiro Shoji, Wataru Yuba, Shunsuke Hitomi, Jiro
Arterioscler Thromb Vasc Biol      2013年3月   [査読有り]
Umeda, Keiko Shoji, Wataru Sakai, Seiichiro Muto, Akira Kawakami, Koichi Ishizuka, Toru Yawo, Hiromu
Neurosci Res   75(1) 69-75   2013年1月   [査読有り]
Imai, Hideaki Oomiya, Yoshihiro Kikkawa, Satoshi Shoji, Wataru Hibi, Masahiko Terashima, Toshio Katsuyama, Yu
Dev Growth Differ   54(2) 253-263   2012年2月   [査読有り]
Tanaka Hideomi, Nojima Yasuhiro, Shoji Wataru, Sato Miki, Nakayama Ryoko, Ohshima Toshio, Okamoto Hitoshi
Dev Dyn   240(1) 9-22   2011年1月   [査読有り]
Shoji Wataru, Sato-Maeda Mika
Dev Growth Differ   50(6) 401-406   2008年8月   [査読有り][招待有り]
Li Lianqin, Shoji Wataru, Oshima Hiroaki, Obinata Masuo, Fukumoto Manabu, Kanno Naoko
FEBS Lett   582(16) 2431-2434   2008年7月   [査読有り]
Sato-Maeda Mika, Obinata Masuo, Shoji Wataru
Development   135(2) 323-332   2008年1月   [査読有り]
Tanaka Hideomi, Maeda Ryu, Shoji Wataru, Wada Hironori, Masai Ichiro, Shiraki Toshiyuki, Kobayashi Megumi, Nakayama Ryoko, Okamoto Hitoshi
Development   134(18) 3259-3269   2007年9月   [査読有り]
Li Lianqin, Shoji Wataru, Takano Hirohisa, Nishimura Noriko, Aoki Yasunobu, Takahashi Ryoya, Goto Sataro, Kaifu Tomonori, Takai Toshiyuki, Obinata Masuo
Biochem Biophys Res Commun   355(3) 715-721   2007年4月   [査読有り]
Sato-Maeda Mika, Tawarayama Hiroshi, Obinata Masuo, Kuwada John Y, Shoji Wataru
Development   133(5) 937-947   2006年3月   [査読有り]
Yoshida Masayoshi, Inoue Toshiaki, Shoji Wataru, Ikawa Shuntaro, Obinata Masuo
Biochem Biophys Res Commun   324(1) 326-332   2004年11月   [査読有り]
Wolman Marc A, Liu Yan, Tawarayama Hiroshi, Shoji Wataru, Halloran Mary C
J Neurosci   24(39) 8428-8435   2004年9月   [査読有り]
Liu Yan, Berndt Jason, Su Fengyun, Tawarayama Hiroshi, Shoji Wataru, Kuwada John Y, Halloran Mary C
J Neurosci   24(2) 310-318   2004年1月   [査読有り]
Ober Elke A, Olofsson Birgitta, Makinen Taija, Jin Suk-Won, Shoji Wataru, Koh Gou Young, Alitalo Kari, Stainier Didier Y R
EMBO Rep   5(1) 78-84   2004年1月   [査読有り]
Oyaizu Takeshi, Okada Yoshinori, Shoji Wataru, Matsumura Yuji, Shimada Kazuyoshi, Sado Tetsu, Sato Masami, Kondo Takashi
Transplantation   76(8) 1214-1220   2003年10月   [査読有り]
Shoji Wataru, Isogai Sumio, Sato-Maeda Mika, Obinata Masuo, Kuwada John Y
Development   130(14) 3227-3236   2003年7月   [査読有り]
Transmembrane sema4E guides branchiomotor axons to their targets in zebrafish.
Xiao Tong, Shoji Wataru, Zhou Weibin, Su Fengyun, Kuwada John Y
J Neurosci   23(10) 4190-4198   2003年5月   [査読有り]
Inoue T, Shoji W, Obinata M
Genes Cells   5(9) 699-709   2000年9月   [査読有り]
Laser-induced gene expression in specific cells of transgenic zebrafish.
Halloran M C, Sato-Maeda M, Warren J T, Su F, Lele Z, Krone P H, Kuwada J Y, Shoji W
Development   127(9) 1953-1960   2000年5月   [査読有り]
Inoue T, Shoji W, Obinata M
Biochem Biophys Res Commun   266(1) 147-151   1999年12月   [査読有り]
Yee C S, Chandrasekhar A, Halloran M C, Shoji W, Warren J T, Kuwada J Y
Brain Res Bull   48(6) 581-593   1999年4月   [査読有り]
Zhao J H, Inoue T, Shoji W, Nemoto Y, Obinata M
Oncogene   17(8) 1009-1017   1998年8月   [査読有り]
Zebrafish semaphorin Z1a collapses specific growth cones and alters their pathway in vivo.
Shoji W, Yee C S, Kuwada J Y
Development   125(7) 1275-1283   1998年4月   [査読有り]
Nemoto Y, Terajima M, Shoji W, Obinata M
J Biol Chem   271(23) 13542-13548   1996年6月   [査読有り]
Shoji W, Inoue T, Yamamoto T, Obinata M
J Biol Chem   270(42) 24818-24825   1995年10月   [査読有り]
Nagata Y, Shoji W, Obinata M, Todokoro K
Biochem Biophys Res Commun   207(3) 916-926   1995年2月   [査読有り]
The helix-loop-helix protein Id inhibits differentiation of murine erythroleukemia cells.
Shoji W, Yamamoto T, Obinata M
J Biol Chem   269(7) 5078-5084   1994年2月   [査読有り]
c-Myc selectively regulates the latent period and erythroid-specific genes in murine erythroleukemia cell differentiation.
Shoji W, Ohmori Y, Obinata M
Jpn J Cancer Res   84(8) 885-892   1993年8月   [査読有り]
Okada S, Kobayashi S, Inaba H, Sato N, Hasumi T, Shoji W, Yoshida H, Fujimura S
Tohoku J Exp Med   168(2) 307-310   1992年10月   [査読有り]

Misc

 
石塚 徹,江川 遼,梅田 桂子,東海林 亙,八尾 寛
生物物理   55(322) 311-316   2015年11月
神経軸索のガイダンス
東海林亙
Brain Medical   14 339-407   2002年
側線神経の成長円錐ガイド機構
東海林亙
実験医学   20 764-769   2002年
レーザーで誘導する遺伝子発現
東海林亙、前田美香
細胞工学   20 428-433   2001年
軸索ガイド因子としてのセマフォリン・ファミリー
東海林亙
蛋白質・核酸・酵素   45(17) 2798-2802   2000年12月

講演・口頭発表等

 
枯草菌の細胞タイプ制御の数理モデルと ヒステリシスの条件
田崎創平・中山まどか・高木泉・東海林亙
日本数学会   2019年3月17日   
環境変動に対する枯草菌の集団形態とそのマルチスケーリング
田崎創平・中山まどか・東海林亙
日本発生生物学会秋季シンポジウム   2018年11月23日   
Metabolic activity within Escherichia coli macrocolonies and biofilms
19th International Conference on Systems Biology   2018年10月28日   
Near-infrared upconversion nanoparticles for optogenetics
Keiko Umeda
第50回日本発生生物学会年会   2017年5月10日   
Position and quantity dependent response in reflex behavior
第147回東北大学加齢医学研究所・集団会   2017年2月3日   

競争的資金等の研究課題

 
発生期におけるコレステロール代謝と細胞機能の制御
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 現在
ゼブラフィッシュ変異体における神経・血管形成
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 現在
ゼブラフィッシュ胸びれの内転・外転運動を制御する 運動神経回路に関する研究
共同研究
研究期間: 2012年4月 - 現在
バクテリア活動の階層融合数理
共同研究
研究期間: 2013年5月 - 現在
MAVSの中枢神経系を中心とした発生への関与の検討
共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月

社会貢献活動

 
大学連携バイオバックアッププロジェクト
【情報提供】  NHK  2012年6月18日
研究過程で作製された多様な生物遺伝資源(動物や植物などの突然変異体や遺伝子組換え体,培養細胞,微生物,遺伝子サンプルなど)が震災によって毀損・消失することを回避するため、全国的な生物遺伝資源のバックアップ体制を構築することを目的とする大学連携バイオバックアッププロジェクト(IBBP)が国立6大学と基礎生物学研究所により発足した。

その他

 
2014年9月   数理解析による神経パターン形成機構の解明
生物学と数学の学際研究によって、枝分かれによって軸索や樹状突起が受容領域を形成する神経細胞のパターン構築の法則を提示を試みる。
2011年4月   イメージング用モデル動物の開発
神経軸索を標識するモデル生物を作成した。
2007年4月   有毛感覚器官の発生機構の解明
有毛感覚器官の発生機構の解明
2004年4月   NBRP(ゼブラフィッシュ)
NBRP(ゼブラフィッシュ)
2002年4月   Genetic dissectionによる神経回路網形成機構の解析
Genetic dissectionによる神経回路網形成機構の解析