岡野 章一

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
岡野 章一
 
オカノ ショウイチ
eメール
okanopparc.geophys.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cf26871394829694c3764f6cd0673fb7.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1977年5月
 - 
1979年10月
ニューヨーク州立大学 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1972年4月
東北大学 理学研究科 地球物理学専攻
 
 
 - 
1970年3月
東北大学 理学部 物理学科
 

受賞

 
1987年4月
地球電磁気・地球惑星圏学会 田中館賞
 

論文

 
Yoneda, M., Kagitani, M., Okano, S.
Icarus   204    2009年   [査読有り]
First optical observation of the Moon's sodium exosphere from the kunar orbiterSELENE (Kaguya)
M. Kagitani, M. Taguchi, A. Yamazaki, I. Yoshikawa, G. Murakami, K. Yoshioka, S. Kameda, F. Ezawa, T. Toyota, and S. Okano
Earth Planets Space   61    2009年   [査読有り]
Kameda, S., Yoshikawa, I.,, Kagitani, M., Okano, S.
Geophys. Res. Lett.   36 L15201   2009年   [査読有り]
Masunaga, K., Y. Futaana, M. Yamauchi, S. Barabash, T.L. Zhang, A.O. Fedorov, N. Terada, S. Okano
J. Geophys. Res.   116 A09326   2011年9月   [査読有り]
10.1029/2011JA016705
Nishiyama, T., T. Sakanoi, Y. Miyoshi, Y. Katoh, K. Asamura, S. Okano, M. Hirahara
J. Geophys. Res.   116 A03226   2011年3月   [査読有り]

Misc

 
オーロラの世界
岡野章一
Re   28(153) 56-59   2006年

書籍等出版物

 
南極・北極の百科事典
岡野章一 (担当:共著, 範囲:493-493)
丸善   2004年   

講演・口頭発表等

 
Investigation of Local Time Dependence of Mercury's Sodium Exosphere Based on a Numerical Simulation
Misawa, H. A. Sonobe, A. Morioka, S. Okano
AOGS2007   2007年7月   
Cooperative Optical and Radio Observations of Planets from the Ground
Okano, S. H. Misawa, A. Morioka, F. Tsuchiya, Y. Kasaba, T. Ono
AOGS2007   2007年7月   
Japanese ground-based aurora observations in Norway
Taguchi, M.
Norway-Japan Symposium on Polar, Space, and Climate Research   2007年5月29日   
Latitudinal distribution of sodium in Mercury's exosphere
Kameda, S.; Kagitani, M.; Yoshikawa, I.; Misawa, H.; Okano, S.
American Geophysical Union, Fall Meeting 2005   2006年12月   
Characteristics of black aurora obtained from simultaneous image and particle observations by the REIMEI satellite
Obuchi, Y.; Sakanoi, T.; Ino, T.; Asamura, K.; Kasaba, Y.; Hirahara, M.; Okano, S.; Ebihara, Y.; Seki, K.
AGU Fall meeting   2006年12月   

競争的資金等の研究課題

 
惑星大気の高波長分解能撮像観測
研究期間: 2006年4月   
大気光・オーロラの観測的研究
研究期間: 2006年4月   

社会貢献活動

 
出前授業
【その他】  2007年12月10日
若林小学校5年生68名 惑星とオーロラ
グリーンプラザ実験教室
【その他】  2007年11月10日
かぐやとオーロラ
出前授業
【その他】  2006年11月27日
小学生対象に、地球や他の惑星のオーロラについて出前授業を行う。
グリーンプラザ実験教室
【その他】  2006年8月5日
小学生を対象に、オーロラについての講演と実験を行う
サイエンスサマースクール
【その他】  2006年8月2日
中学生を対象にした、惑星の科学についての講演

その他

 
2007年12月   PLANETS望遠鏡建設計画
ハワイ・ハレアカラ山頂に2mクラスの惑星観測専用光学望遠鏡を建設する。そのための基礎開発を行う。
2007年4月   月周回衛星(SELENE)超高層大気プラズマイメージャ(UPI)可視観測装置(TVIS)のデータ処理アルゴリズム開発およびデータ処理・解析支援
SELENE搭載 超高層プラズマイメージャ(UPI: Upper atmosphere and Plasma Imager)内可視望遠鏡(TVIS: Telescope of Visible airglow)の撮影した大気画像を利用して、高空間分解能かつ高いSNR (Signal-to-Noise Ratio)を保ったデータセット等を構築し、大気光、オーロラに関する新しい知見を得ることに寄与する。
2006年6月   水星ナトリウム希薄大気の観測研究
International Mercury Watchに参加し、水星ナトリウム希薄大気の分光観測を行う。
2006年6月
木星衛星イオプラズマトーラスおよび水星ナトリウム大気の光学観測
2006年4月   BepiColombo/MMO搭載ナトリウム大気イメージャーの開発
日本とヨーロッパが協同して2013年に打ち上げて水星探査を行うBepiColombo計画でMMO探査機に搭載予定の水星ナトリウム大気イメージャーの開発を行う。