YANAI Hiro-Fumi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 1, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
YANAI Hiro-Fumi
E-mail
hirofumi.yanai.2718vc.ibaraki.ac.jp
URL
http://hfy-lab.eng.ibaraki.ac.jp/yanai/
Affiliation
Ibaraki University
Section
Graduate School of Science and Engineering (Engineering), Department of Electrical and Electronic Engineering
Job title
Associate Professor
Research funding number
10222358

Profile

(研究経歴)
mathematical brain science, human informatics, human interface

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1990
 - 
Mar 1991
日本学術振興会特別研究員
 
Apr 1991
 - 
Mar 1999
玉川大学 工学部 情報通信工学科 教員
 
Apr 1999
   
 
茨城大学 工学部 メディア通信工学科 教員
 
Apr 2018
   
 
茨城大学 工学部 電気電子システム工学科 教員
 

Education

 
 
 - 
1982
Department of Mechanical Engineering, Ibaraki National College of Technology
 
 
 - 
1985
Department of Applied Physics, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
1987
Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
1990
電子工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
1995
日本神経回路学会奨励賞
 

Published Papers

 
Hiro-Fumi Yanai, Kenta Hayashi
IEICE Transactions on Information and Systems   J-99D(1) 97-99   Jan 2016   [Refereed]
Through lexical decision task using Japanese two-kanji words and their corresponding transposed-kanji nonwords as stimuli, participants' performances depended significantly on outline shapes of constituent kanji characters. Compared to the words (...
Hiro-Fumi Yanai, Naoyuki Numasawa
IEICE Transactions on Information and Systems   J-98D(11) 1402-1410   Jul 2015   [Refereed]
Under the current vehicle regulations, physical demands are rather strict for turn signal lamps and taillamps (or brake lamps). There are, however, no restrictions on the design or the arrangement of them. A question is raised here that in some co...
Analysis of head movements during utterance for personal classification
Hiro-Fumi Yanai, Yoshio Mizuno
電子情報通信学会論文誌   J95-D(9) 1686-1687   Sep 2012   [Refereed]
When we speak aloud there appears unconscious and inevitable head movements. We used image processing technique to measure head positions and rotations. As a result, we could perfectly classify eight participants.
Efficiency of arrow keypad as a Japanese kana input device
Hiro-Fumi Yanai, Chihiro Takayanagi, Yasushi Imaeda
電子情報通信学会論文誌   J95-D(6) 1432-1434   Jun 2012   [Refereed]
We examined a Japanese text entry method which uses four arrow keys to select desired kana on a table of the Japanese syllabary. A theoretical study showed the increase in text entry efficiency by rearranging the table. We made a user experiment a...
Control of firing frequency of Hodgkin-Huxley neuron by varying temporal patterns of input spikes with fixed mean frequency
Hiro-Fumi Yanai, Hirohumi Nishida
Far East Journal of Experimental and Theoretical Artificial Intelligence   5 19-25   May 2010   [Refereed]

Misc

 
無意識に生じる頭部ゆらぎの画像処理を利用した個人分類
矢内浩文
画像ラボ   24(3) 33-37   Mar 2013
デジタルコンテンツ
茨城大学生涯学習教育研究センター報告   (7) 76-81   Feb 2006   [Invited]
判定水準以上の実力のある受験者を誤って却下する確率とその要因に関するノオト
矢内浩文
茨城大学教育研究開発センター年報   (8) 59-62   Jul 2004
記憶の数理モデルと電気生理学的意義
神経研究の進歩   45(2) 312-315   Apr 2001
神経型システムの記憶情報処理
矢内浩文
Computer Today   14(5) 4-13   Sep 1997   [Invited]

Books etc

 
工学基礎ミニマムシリーズ 数学ミニマム(改訂第2版)
工学基礎ミニマム研究会編 (Part:Joint Work)
学術図書出版社   Jun 2003   
第7章「複素数の魅力と威力」担当
エンサイクロペディア電子情報通信ハンドブック
電子情報通信学会編 (Part:Joint Work)
電子情報通信学会   Nov 1998   
「シグモイド関数」「パーセプトロン」「線形分離可能性」「パーセプトロン収束定理」「連想記憶」「確率近似法」の項
数理情報科学事典
大矢雅則編 (Part:Joint Work)
朝倉書店   Oct 1995   
「連想記憶」の項目.
「ニューロとファジィ」,3章:連想記憶とその自己組織化
培風館   1994   
Statistical Neurodynamics of Various Types of Associative Nets, Chapter 8 of M. H. Hassoun ed. "Associative Neural Memories --- Theory and Implementation"
Shun-ichi Amari,Hiro-F. Yanai (Part:Joint Work)
Oxford University Press: New York   1993   

Conference Activities & Talks

 
自動車灯火器デザインと指示方向誤認識の関係:ナンバープレートの影響
清水裕貴, 矢内浩文
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)   12 Sep 2017   情報処理学会,電子情報通信学会
漢字二字熟語の語彙判断における概形の影響:書字方向による違い
鈴木寛仁, 矢内浩文
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)   12 Sep 2017   情報処理学会,電子情報通信学会
空間的注意が二字熟語の語彙判断に及ぼす影響(その2)
越中彩貴, 木之内翼, 矢内浩文
FIT2017(第16回情報科学技術フォーラム)   12 Sep 2017   情報処理学会,電子情報通信学会
Hiro-Fumi Yanai, Shunsuke Kouno
Human-Computer Interaction International   Jul 2017   
One of the most actively studied natural user identification methods would be the ones that use the gait. Although gait-based methods are quite promising, their applications often require rather large open space for implementation. We wanted to pr...
空間的注意が二字熟語の語彙判断に及ぼす影響
越中彩貴, 矢内浩文
FIT2016(第15回情報科学技術フォーラム)   9 Sep 2016   情報処理学会,電子情報通信学会

Works

 
Artistic Activity   Nov 2018 - Jan 2019
化石の谷のアノマロカリス
Artistic Activity   Jul 2018 - Aug 2018
アンモナイトの未来
Artistic Activity   Jul 2018 - Aug 2018
化石の谷のアノマロカリス
Artistic Activity   Jul 2017 - Aug 2017

Patents

 
4471032 : X線画像合成装置、方法及びプログラム
4087891 : 移動体の判別装置とその判別方法、及び移動体の判別プログラム
3994416 : 異常検知装置、プログラム及び異常検知方法

Social Contribution

 
[Lecturer]  公益財団法人 日本科学技術振興財団  青少年のための科学の祭典2019全国大会  (科学技術館)  27 Jul 2019 - 28 Jul 2019
できるだけ速くペンを動かし、紙の上に並行に描かれた2本の「幅広の線」の上を、制限時間内で正しく行き来できる回数を数えます。回数が多いほど手の運動能力が高いということです。なお、人それぞれ手の運動能力の高さには差がありますが、正しく行き来できる回数には、幅広の線どうしの「間隔」と「幅」で定まる規則があります。その規則は「フィッツの法則」と呼ばれています。みなさんの手の運動能力を測ると同時に、みなさんの実験結果についてもフィッツの法則が成り立っているかどうか調べてみましょう。
[Lecturer]  茨城県北芸術祭フォローアップ事業実行委員会  茨城県北芸術祭フォローアップ事業「サイエンスxアート 〜テクノロジーのかたち〜」  (日立シビックセンター 科学館)  1 Dec 2018 - 16 Dec 2018
2018年12月1日(土)と12月16日(日)の2回開催。

【内容紹介文より】
 1本のワイヤーを、切らずに、曲げるだけで、錯覚の原理が体験できる作品を作ります。ここで取りあげる錯覚は「逆遠近錯視(hollow-face illusion)」です。キリンや犬をモチーフにした作品を制作します。
 参加者のみなさんには、まず、基本形を作っていただきますが、コツがつかめれば、イニシャルを入れたり、フォトスタンドにすることもできます。
 保護者同伴のお子さんはもちろん、大人だけの参加も歓迎します...
茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座「脳も活性化!体験して学ぶ人間の行動と心理(パート2)」
[Lecturer]  レイクエコー 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ  茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座  (レイクエコー 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ)  Jun 2018 - Aug 2018
【講座内容紹介文】脳の若さを保つ秘訣は「へぇー、そうなんだ!」と思える体験をすることです。教室の中で「へぇー体験」しながら、人間の行動と心理のおもしろさを学んでみませんか?

【プログラム(全5回)】「自分自身を見つめなおす」「分かりやすさ、使いやすさ」「脳は、手間をかける方がよく働く」「錯覚の楽しみ」「知性と感性は別物か?」
科学館の在り方基本構想・計画(案)アドバイザー会議
[Commentator, Advisor]  公益財団法人 日本科学技術振興財団  (日立シビックセンター)  Mar 2018 - Jul 2018
日立シビックセンター科学館の展示リニューアルのねらいと目的、ターゲットの方向性と全体コンセプト、等への助言、指導。
茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座「脳も活性化!体験して学ぶ人間の行動と心理」
[Lecturer]  レイクエコー 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ  茨城県弘道館アカデミー 県民大学講座  (レイクエコー 茨城県鹿行生涯学習センター・茨城県女性プラザ)  Oct 2017 - Jan 2018
【講座内容紹介文】脳の若さを保つ秘訣は「へぇー、そうなんだ!」と思える体験をすることです。教室の中で「へぇー体験」しながら、人間の行動と心理のおもしろさを学んでみませんか?

【プログラム(全5回)】「脳を知り、人を知り、自分を知る」「さまざまな盲点」「人は真にデタラメになれるか?」「錯覚の楽しみ」「間違いは成長のしるし」