篁 俊成

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 10:43
 
アバター
研究者氏名
篁 俊成
 
タカムラ トシナリ
通称等の別名
tt
URL
http://metabology.w3.kanazawa-u.ac.jp/
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域 医学系 医薬保健研究域 医学系
職名
教授
学位
医学博士(金沢大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1997年8月
東北大学 医化学教室 日本学術振興会特別研究員
 
2005年4月
 - 
2014年2月
金沢大学大学院医学系研究科 恒常性制御学 准教授
 
2014年3月
   
 
金沢大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学分野 教授
 

学歴

 
1992年7月
   
 
金沢大学大学院 医学系研究科 内科学
 
 
 - 
1988年
金沢大学  医学科
 

受賞

 
2018年4月
文部科学省 平成30年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 内分泌臓器としての肝臓の研究
 
2017年7月
武田科学振興財団 2017年度生命科学研究助成
 
2008年11月
金沢市医師会 第2回金沢医学館記念医学賞
 
2007年11月
2007年度 武田科学振興財団「報彰基金」研究奨励交付
 
2007年10月
日本肝臓学会 第9回AJINOMOTO Award
 
2007年9月
アストラゼネカ・リサーチ・グラント受賞
 
2007年9月
007年度シオノギ創薬イノベーションコンペ
 
2006年12月
国際科学振興財団フォーラム第14回浜名湖シンポジウム研究助成
 
2004年10月
日本肝臓学会 第3回JSH Single Topic Conference優秀演題賞 非アルコール性脂肪肝の分子病理
 

論文

 
Oo SM, Misu H, Saito Y, Tanaka M, Kato S, Kita Y, Takayama H, Takeshita Y, Kanamori T, Nagano T, Nakagen M, Urabe T, Matsuyama N, Kaneko S, Takamura T
Scientific reports   8(1) 16727   2018年11月   [査読有り]
Sasagawa Y, Hayashi Y, Tachibana O, Nakagawa A, Oishi M, Takamura T, Iizuka H, Nakada M
World neurosurgery   118 e229-e234   2018年10月   [査読有り]
Shima KR, Usuda R, Futatani T, Akahori H, Kaneko S, Yorifuji T, Takamura T
Endocrine journal   65(10) 1055-1059   2018年10月   [査読有り]
Yamamoto R, Robert Shima K, Igawa H, Kaikoi Y, Sasagawa Y, Hayashi Y, Inoshita N, Fukuoka H, Takahashi Y, Takamura T
Endocrine journal   65(10) 1061-1067   2018年10月   [査読有り]
Takeshita Y, Teramura C, Takamura T
Endocrine journal      2018年9月   [査読有り]
Takeshita Y, Kita Y, Kato KI, Kanamori T, Misu H, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation      2018年8月   [査読有り]
Shima T, Uto H, Ueki K, Kohgo Y, Yasui K, Nakamura N, Nakatou T, Takamura T, Kawata S, Notsumata K, Sakai K, Tateishi R, Okanoue T
Journal of gastroenterology      2018年7月   [査読有り]
Sargeant JA, Aithal GP, Takamura T, Misu H, Takayama H, Douglas JA, Turner MC, Stensel DJ, Nimmo MA, Webb DR, Yates T, King JA
Applied physiology, nutrition, and metabolism = Physiologie appliquee, nutrition et metabolisme   43(5) 482-490   2018年5月   [査読有り]
Igawa H, Kikuchi A, Misu H, Ishii KA, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation      2018年5月   [査読有り]
Chadani H, Usui S, Inoue O, Kusayama T, Takashima SI, Kato T, Murai H, Furusho H, Nomura A, Misu H, Takamura T, Kaneko S, Takamura M
International journal of molecular sciences   19(3)    2018年3月   [査読有り]
Karashima S, Kometani M, Tsujiguchi H, Asakura H, Nakano S, Usukura M, Mori S, Ohe M, Sawamura T, Okuda R, Hara A, Takamura T, Yamagishi M, Nakamura H, Takeda Y, Yoneda T
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   40(2) 118-125   2018年   [査読有り]
Kawaguchi T, Shima T, Mizuno M, Mitsumoto Y, Umemura A, Kanbara Y, Tanaka S, Sumida Y, Yasui K, Takahashi M, Matsuo K, Itoh Y, Tokushige K, Hashimoto E, Kiyosawa K, Kawaguchi M, Itoh H, Uto H, Komorizono Y, Shirabe K, Takami S, Takamura T, Kawanaka M, Yamada R, Matsuda F, Okanoue T
PloS one   13(1) e0185490   2018年   [査読有り]
Sugiyama M, Kikuchi A, Misu H, Igawa H, Ashihara M, Kushima Y, Honda K, Suzuki Y, Kawabe Y, Kaneko S, Takamura T
PloS one   13(3) e0194798   2018年   [査読有り]
Saito Y, Misu H, Takayama H, Takashima SI, Usui S, Takamura M, Kaneko S, Takamura T, Noguchi N
Biological & pharmaceutical bulletin   41(5) 828-832   2018年   [査読有り]
Nishino K, Sakurai M, Takeshita Y, Takamura T
Journal of nutritional science and vitaminology   64(5) 316-320   2018年   [査読有り]
Mita Y, Nakayama K, Inari S, Nishito Y, Yoshioka Y, Sakai N, Sotani K, Nagamura T, Kuzuhara Y, Inagaki K, Iwasaki M, Misu H, Ikegawa M, Takamura T, Noguchi N, Saito Y
Nature communications   8(1) 1658   2017年11月   [査読有り]
Takamura T, Kita Y, Nakagen M, Sakurai M, Isobe Y, Takeshita Y, Kawai K, Urabe T, Kaneko S
Heliyon   3(7) e00347   2017年7月   [査読有り]
Takamura T, Kita Y, Nakagen M, Sakurai M, Isobe Y, Takeshita Y, Kawai K, Urabe T, Kaneko S
Heliyon   3(7) e00363   2017年7月   [査読有り]
Tajima-Shirasaki N, Ishii KA, Takayama H, Shirasaki T, Iwama H, Chikamoto K, Saito Y, Iwasaki Y, Teraguchi A, Lan F, Kikuchi A, Takeshita Y, Murao K, Matsugo S, Kaneko S, Misu H, Takamura T
The Journal of biological chemistry   292(26) 10791-10800   2017年6月   [査読有り]
Okada H, Takabatake R, Honda M, Takegoshi K, Yamashita T, Nakamura M, Shirasaki T, Sakai Y, Shimakami T, Nagata N, Takamura T, Tanaka T, Kaneko S
Oncotarget   8(25) 39978-39993   2017年6月   [査読有り]
Misu H, Takayama H, Saito Y, Mita Y, Kikuchi A, Ishii KA, Chikamoto K, Kanamori T, Tajima N, Lan F, Takeshita Y, Honda M, Tanaka M, Kato S, Matsuyama N, Yoshioka Y, Iwayama K, Tokuyama K, Akazawa N, Maeda S, Takekoshi K, Matsugo S, Noguchi N, Kaneko S, Takamura T
Nature medicine   23(4) 508-516   2017年4月   [査読有り]
Tanaka A, Shimabukuro M, Okada Y, Taguchi I, Yamaoka-Tojo M, Tomiyama H, Teragawa H, Sugiyama S, Yoshida H, Sato Y, Kawaguchi A, Ikehara Y, Machii N, Maruhashi T, Shima KR, Takamura T, Matsuzawa Y, Kimura K, Sakuma M, Oyama JI, Inoue T, Higashi Y, Ueda S, Node K, EMBLEM Trial Investigators.
Cardiovascular diabetology   16(1) 48   2017年4月   [査読有り]
Kikuchi A, Takamura T
Journal of diabetes investigation   8(2) 152-154   2017年3月   [査読有り]
Takegoshi K, Honda M, Okada H, Takabatake R, Matsuzawa-Nagata N, Campbell JS, Nishikawa M, Shimakami T, Shirasaki T, Sakai Y, Yamashita T, Takamura T, Tanaka T, Kaneko S
Oncotarget   8(11) 18191-18205   2017年3月   [査読有り]
Chikamoto K, Misu H, Takayama H, Kikuchi A, Ishii KA, Lan F, Takata N, Tajima-Shirasaki N, Takeshita Y, Tsugane H, Kaneko S, Matsugo S, Takamura T
Biochemical and biophysical research communications   478(3) 1310-1316   2016年9月   [査読有り]
Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Nakashima M, Nogawa K, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H
Journal of diabetes investigation   7(3) 343-351   2016年5月   [査読有り]
Isobe Y, Sakurai M, Kita Y, Takeshita Y, Misu H, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation   7(3) 352-358   2016年5月   [査読有り]
Tanaka M, Saito Y, Misu H, Kato S, Kita Y, Takeshita Y, Kanamori T, Nagano T, Nakagen M, Urabe T, Takamura T, Kaneko S, Takahashi K, Matsuyama N
Journal of clinical laboratory analysis   30(2) 114-122   2016年3月   [査読有り]
[Non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) /non-alcoholic steatohepatitis (NASH) and nutrition].
Ishii KA, Takamura T
Clinical calcium   26(3) 363-367   2016年3月   [査読有り]
Konaka H, Sugimoto K, Orikasa H, Iwamoto T, Takamura T, Takeda Y, Shigehara K, Iijima M, Koh E, Namiki M, EARTH study group.
Asian journal of andrology   18(1) 25-34   2016年1月   [査読有り]
Matsushima Y, Takeshita Y, Kita Y, Otoda T, Kato K, Toyama-Wakakuri H, Akahori H, Shimizu A, Hamaguchi E, Nishimura Y, Kanamori T, Kaneko S, Takamura T
BMJ open diabetes research & care   4(1) e000190   2016年   [査読有り]
Kuroda K, Takeshita Y, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation   6(6) 739-740   2015年11月   [査読有り]
Yamada K, Mizukoshi E, Sunagozaka H, Arai K, Yamashita T, Takeshita Y, Misu H, Takamura T, Kitamura S, Zen Y, Nakanuma Y, Honda M, Kaneko S
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   35(6) 1773   2015年6月   [査読有り]
Tada H, Kawashiri MA, Nohara A, Saito R, Tanaka Y, Nomura A, Konno T, Sakata K, Fujino N, Takamura T, Inazu A, Mabuchi H, Yamagishi M, Hayashi K
Atherosclerosis   240(2) 324-329   2015年6月   [査読有り]
Matsugo S, Kanamori K, Sugiyama H, Misu H, Takamura T
Journal of inorganic biochemistry   147 93-98   2015年6月   [査読有り]
Takazakura A, Sakurai M, Bando Y, Misu H, Takeshita Y, Kita Y, Shimizu A, Hayakawa T, Kato K, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation   6(3) 346-353   2015年5月   [査読有り]
Kato K, Takeshita Y, Misu H, Zen Y, Kaneko S, Takamura T
Journal of diabetes investigation   6(2) 158-163   2015年3月   [査読有り]
Takeshita Y, Takamura T, Kita Y, Otoda T, Kato K, Wakakuri H, Yamada M, Misu H, Matsushima Y, Kaneko S, Establishment of Rationale for Antiaging Diabetic Medicine (ERA-DM) Study Chapter 2 Group.
Journal of diabetes investigation   6(2) 192-200   2015年3月   [査読有り]
Yamada K, Mizukoshi E, Sunagozaka H, Arai K, Yamashita T, Takeshita Y, Misu H, Takamura T, Kitamura S, Zen Y, Nakanuma Y, Honda M, Kaneko S
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   35(2) 582-590   2015年2月   [査読有り]
Takeshita Y, Takamura T, Kita Y, Takazakura A, Kato K, Isobe Y, Kaneko S
BMJ open diabetes research & care   3(1) e000122   2015年   [査読有り]
Ishikura K, Misu H, Kumazaki M, Takayama H, Matsuzawa-Nagata N, Tajima N, Chikamoto K, Lan F, Ando H, Ota T, Sakurai M, Takeshita Y, Kato K, Fujimura A, Miyamoto K, Saito Y, Kameo S, Okamoto Y, Takuwa Y, Takahashi K, Kidoya H, Takakura N, Kaneko S, Takamura T
Diabetologia   57(9) 1968-1976   2014年9月   [査読有り]
Hosohata K, Ando H, Takeshita Y, Misu H, Takamura T, Kaneko S, Fujimura A
Diabetes & vascular disease research   11(4) 243-250   2014年7月   [査読有り]
Takeshita Y, Takamura T, Honda M, Kita Y, Zen Y, Kato K, Misu H, Ota T, Nakamura M, Yamada K, Sunagozaka H, Arai K, Yamashita T, Mizukoshi E, Kaneko S
Diabetologia   57(5) 878-890   2014年5月   [査読有り]
Lan F, Misu H, Chikamoto K, Takayama H, Kikuchi A, Mohri K, Takata N, Hayashi H, Matsuzawa-Nagata N, Takeshita Y, Noda H, Matsumoto Y, Ota T, Nagano T, Nakagen M, Miyamoto K, Takatsuki K, Seo T, Iwayama K, Tokuyama K, Matsugo S, Tang H, Saito Y, Yamagoe S, Kaneko S, Takamura T
Diabetes   63(5) 1649-1664   2014年5月   [査読有り]
Takamura T
Diabetes   63(3) 841-843   2014年3月   [査読有り]
Hellwege JN, Palmer ND, Ziegler JT, Langefeld CD, Lorenzo C, Norris JM, Takamura T, Bowden DW
Gene   534(1) 33-39   2014年1月   [査読有り]
Takayama H, Misu H, Iwama H, Chikamoto K, Saito Y, Murao K, Teraguchi A, Lan F, Kikuchi A, Saito R, Tajima N, Shirasaki T, Matsugo S, Miyamoto K, Kaneko S, Takamura T
The Journal of biological chemistry   289(1) 335-345   2014年1月   [査読有り]
Kato K, Takamura T, Takeshita Y, Ryu Y, Misu H, Ota T, Tokuyama K, Nagasaka S, Matsuhisa M, Matsui O, Kaneko S
PloS one   9(3) e92170   2014年   [査読有り]
Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Yoshita K, Takamura T, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Nakashima M, Nogawa K, Suwazono Y, Nakagawa H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(7) 669-674   2014年   [査読有り]
Shimizu M, Furuichi K, Toyama T, Kitajima S, Hara A, Kitagawa K, Iwata Y, Sakai N, Takamura T, Yoshimura M, Yokoyama H, Kaneko S, Wada T, Kanazawa Study Group for Renal Diseases and Hypertension.
Diabetes care   36(11) 3655-3662   2013年11月   [査読有り]
Seki A, Sakai Y, Komura T, Nasti A, Yoshida K, Higashimoto M, Honda M, Usui S, Takamura M, Takamura T, Ochiya T, Furuichi K, Wada T, Kaneko S
Hepatology (Baltimore, Md.)   58(3) 1133-1142   2013年9月   [査読有り]
Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Sasaki S, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Nakagawa H
Journal of diabetes investigation   4(3) 261-268   2013年5月   [査読有り]
Shima T, Uto H, Ueki K, Takamura T, Kohgo Y, Kawata S, Yasui K, Park H, Nakamura N, Nakatou T, Tanaka N, Umemura A, Mizuno M, Tanaka J, Okanoue T
Journal of gastroenterology   48(4) 515-525   2013年4月   [査読有り]
Sugiyama H, Matsugo S, Misu H, Takamura T, Kaneko S, Kanatani Y, Kaido M, Mihara C, Abeywardana N, Sakai A, Sato K, Miyashita Y, Kanamori K
Journal of inorganic biochemistry   121 66-76   2013年4月   [査読有り]
[Diabetes mellitus related common medical disorders: recent progress in diagnosis and treatment. Topics: I. Pathophysiology, diagnosis and treatment; 1. Nonalcoholic fatty liver disease].
Takamura T
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102(4) 836-844   2013年4月   [査読有り]
Otoda T, Takamura T, Misu H, Ota T, Murata S, Hayashi H, Takayama H, Kikuchi A, Kanamori T, Shima KR, Lan F, Takeda T, Kurita S, Ishikura K, Kita Y, Iwayama K, Kato K, Uno M, Takeshita Y, Yamamoto M, Tokuyama K, Iseki S, Tanaka K, Kaneko S
Diabetes   62(3) 811-824   2013年3月   [査読有り]
Ando H, Otoda T, Ookami H, Nagai Y, Inano A, Takamura T, Ushijima K, Hosohata K, Matsushita E, Saito T, Kaneko S, Fujimura A
Clinical and experimental pharmacology & physiology   40(3) 227-232   2013年3月   [査読有り]
Komura T, Sakai Y, Honda M, Takamura T, Wada T, Kaneko S
Cellular immunology   282(1) 44-52   2013年3月   [査読有り]
Hayashi N, Miyati T, Minami T, Takeshita Y, Ryu Y, Matsuda T, Ohno N, Hamaguchi T, Kato K, Takamura T, Matsui O
Radiological physics and technology   6(1) 219-225   2013年1月   [査読有り]
Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H
Metabolism: clinical and experimental   61(11) 1566-1571   2012年11月   [査読有り]
Takeshita Y, Takamura T, Kita Y, Ando H, Ueda T, Kato K, Misu H, Sunagozaka H, Sakai Y, Yamashita T, Mizukoshi E, Honda M, Kaneko S
Metabolism: clinical and experimental   61(10) 1388-1394   2012年10月   [査読有り]
Kitade H, Sawamoto K, Nagashimada M, Inoue H, Yamamoto Y, Sai Y, Takamura T, Yamamoto H, Miyamoto K, Ginsberg HN, Mukaida N, Kaneko S, Ota T
Diabetes   61(7) 1680-1690   2012年7月   [査読有り]
Ando H, Kurita S, Shimizu A, Kato K, Ishikura K, Taji K, Uno M, Takeshita Y, Misu H, Fujimura A, Kaneko S, Takamura T
Clinical and experimental pharmacology & physiology   39(6) 528-534   2012年6月   [査読有り]
[Regulation of glucose metabolism by liver-derived secretory proteins 'hepatokines'].
Misu H, Takamura T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 Suppl 3 207-211   2012年5月   [査読有り]
Nakamura S, Kawai K, Takeshita Y, Honda M, Takamura T, Kaneko S, Matoba R, Matsubara K
Biochemical and biophysical research communications   418(2) 313-318   2012年2月   [査読有り]
Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Kaneko S, Sasaki S, Nakagawa H
Metabolism: clinical and experimental   61(1) 47-55   2012年1月   [査読有り]
[Novel strategies that target hepatokines for treatment of type 2 diabetes].
Misu H, Takamura T, Kaneko S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(1) 157-163   2012年1月   [査読有り]
Takeshita Y, Takamura T, Inoue O, Okumura M, Kato K, Sunagozaka H, Arai K, Misu H, Nakamura M, Nakanuma Y, Kaneko S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   51(1) 79-82   2012年   [査読有り]
Misu H, Ishikura K, Kurita S, Takeshita Y, Ota T, Saito Y, Takahashi K, Kaneko S, Takamura T
PloS one   7(4) e34952   2012年   [査読有り]
Postoperative diabetes insipidus associated with pituitary apoplexy during pregnancy.
Kita D, Hayashi Y, Sano H, Takamura T, Hayashi Y, Tachibana O, Hamada J
Neuro endocrinology letters   33(2) 107-112   2012年   [査読有り]
Kato K, Takeshita Y, Misu H, Ishikura K, Kakinoki K, Sawada-Kitamura S, Kaneko S, Takamura T
Endocrine journal   59(9) 791-796   2012年   [査読有り]
Kawaguchi T, Sumida Y, Umemura A, Matsuo K, Takahashi M, Takamura T, Yasui K, Saibara T, Hashimoto E, Kawanaka M, Watanabe S, Kawata S, Imai Y, Kokubo M, Shima T, Park H, Tanaka H, Tajima K, Yamada R, Matsuda F, Okanoue T, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease.
PloS one   7(6) e38322   2012年   [査読有り]
Takamura T, Misu H, Ota T, Kaneko S
Endocrine journal   59(9) 745-763   2012年   [査読有り]
Kita Y, Takamura T, Misu H, Ota T, Kurita S, Takeshita Y, Uno M, Matsuzawa-Nagata N, Kato K, Ando H, Fujimura A, Hayashi K, Kimura T, Ni Y, Otoda T, Miyamoto K, Zen Y, Nakanuma Y, Kaneko S
PloS one   7(9) e43056   2012年   [査読有り]
Nakade Y, Takamura T, Sakurai M, Misu H, Nagata M, Nanbu Y, Oe H, Takamura T, Sakai Y, Kaneko S, Wada T
Journal of diabetes investigation   2(4) 324-327   2011年8月   [査読有り]
[The cutting-edge of medicine; clinical and molecular pathology of type 2 diabetic liver].
Takamura T, Misu H, Kaneko S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   100(6) 1670-1676   2011年6月   [査読有り]
Yasui K, Hashimoto E, Komorizono Y, Koike K, Arii S, Imai Y, Shima T, Kanbara Y, Saibara T, Mori T, Kawata S, Uto H, Takami S, Sumida Y, Takamura T, Kawanaka M, Okanoue T, Japan NASH Study Group,Ministry of Health,Labour,and Welfare of Japan.
Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association   9(5) 428-33; quiz e50   2011年5月   [査読有り]
Iwakami S, Misu H, Takeda T, Sugimori M, Matsugo S, Kaneko S, Takamura T
PloS one   6(11) e27401   2011年   [査読有り]
Kobayashi D, Takamura M, Murai H, Usui S, Ikeda T, Inomata J, Takashima S, Kato T, Furusho H, Takeshita Y, Ota T, Takamura T, Kaneko S
Autonomic neuroscience : basic & clinical   158(1-2) 86-91   2010年12月   [査読有り]
Misu H, Takamura T, Takayama H, Hayashi H, Matsuzawa-Nagata N, Kurita S, Ishikura K, Ando H, Takeshita Y, Ota T, Sakurai M, Yamashita T, Mizukoshi E, Yamashita T, Honda M, Miyamoto K, Kubota T, Kubota N, Kadowaki T, Kim HJ, Lee IK, Minokoshi Y, Saito Y, Takahashi K, Yamada Y, Takakura N, Kaneko S
Cell metabolism   12(5) 483-495   2010年11月   [査読有り]
Komura T, Sakai Y, Honda M, Takamura T, Matsushima K, Kaneko S
Diabetes   59(3) 634-643   2010年3月   [査読有り]
Hamaguchi E, Takamura T, Sakurai M, Mizukoshi E, Zen Y, Takeshita Y, Kurita S, Arai K, Yamashita T, Sasaki M, Nakanuma Y, Kaneko S
Diabetes care   33(2) 284-286   2010年2月   [査読有り]
Ootsuji H, Honda M, Kaneko S, Usui S, Okajima M, Okada H, Sakai Y, Takamura T, Horimoto K, Takamura M
Circulation. Cardiovascular genetics   3(1) 68-77   2010年2月   [査読有り]
Ando H, Ushijima K, Kumazaki M, Takamura T, Yokota N, Saito T, Irie S, Kaneko S, Fujimura A
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   65(1) 9-13   2010年1月   [査読有り]
Ando H, Ushijima K, Kumazaki M, Eto T, Takamura T, Irie S, Kaneko S, Fujimura A
Chronobiology international   27(1) 194-203   2010年1月   [査読有り]
Ishikura K, Takamura T, Takeshita Y, Nakagawa A, Imaizumi N, Misu H, Taji K, Kasahara K, Oshinoya Y, Suzuki S, Ooi A, Kaneko S
BMJ case reports   2010    2010年   [査読有り]
Akahori H, Takeshita Y, Saito R, Kaneko S, Takamura T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(23) 2599-2603   2010年   [査読有り]
Nakamura S, Takamura T, Matsuzawa-Nagata N, Takayama H, Misu H, Noda H, Nabemoto S, Kurita S, Ota T, Ando H, Miyamoto K, Kaneko S
The Journal of biological chemistry   284(22) 14809-14818   2009年5月   [査読有り]
Ando H, Ushijima K, Yanagihara H, Hayashi Y, Takamura T, Kaneko S, Fujimura A
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   31(3) 201-207   2009年5月   [査読有り]
Sakurai M, Takamura T, Miura K, Kaneko S, Nakagawa H
Metabolism: clinical and experimental   58(4) 456-459   2009年4月   [査読有り]
Ando H, Takamura T, Matsuzawa-Nagata N, Shima KR, Nakamura S, Kumazaki M, Kurita S, Misu H, Togawa N, Fukushima T, Fujimura A, Kaneko S
Biochemical and biophysical research communications   380(3) 684-688   2009年3月   [査読有り]
Sakurai M, Takamura T, Miura K, Kaneko S, Nakagawa H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   48(18) 1573-1574   2009年   [査読有り]
Kahara T, Takamura T, Otoda T, Ishikura K, Matsushita E
Internal medicine (Tokyo, Japan)   48(21) 1897-1899   2009年   [査読有り]
Takamura T, Misu H, Matsuzawa-Nagata N, Sakurai M, Ota T, Shimizu A, Kurita S, Takeshita Y, Ando H, Honda M, Kaneko S
Obesity (Silver Spring, Md.)   16(12) 2601-2609   2008年12月   [査読有り]
Takamura T, Misu H, Yamashita T, Kaneko S
Current pharmaceutical biotechnology   9(5) 392-399   2008年10月   [査読有り]
Ando H, Sugimoto K, Yanagihara H, Tsuruoka S, Saito T, Takamura T, Kaneko S, Fujimura A
Clinical and experimental pharmacology & physiology   35(9) 1012-1017   2008年9月   [査読有り]
Matsuzawa-Nagata N, Takamura T, Ando H, Nakamura S, Kurita S, Misu H, Ota T, Yokoyama M, Honda M, Miyamoto K, Kaneko S
Metabolism: clinical and experimental   57(8) 1071-1077   2008年8月   [査読有り]
Kurita S, Takamura T, Ota T, Matsuzawa-Nagata N, Kita Y, Uno M, Nabemoto S, Ishikura K, Misu H, Ando H, Zen Y, Nakanuma Y, Kaneko S
European journal of pharmacology   588(2-3) 316-324   2008年7月   [査読有り]
Uno M, Kurita S, Misu H, Ando H, Ota T, Matsuzawa-Nagata N, Kita Y, Nabemoto S, Akahori H, Zen Y, Nakanuma Y, Kaneko S, Takamura T
Hepatology (Baltimore, Md.)   48(1) 109-118   2008年7月   [査読有り]

Misc

 
亜鉛欠乏症の診療指針2018
児玉 浩子, 板倉 弘重, 大森 啓充, 佐々木 雅也, 山東 勤弥, 篁 俊成, 布施 養善, 細井 孝之, 吉田 博, 日本臨床栄養学会ミネラル栄養部会
日本臨床栄養学会雑誌   40(2) 120-167   2018年7月
亜鉛欠乏の診断指針 亜鉛欠乏症は、亜鉛欠乏の臨床症状と血清亜鉛値によって診断される。表に亜鉛欠乏症の診断基準を示す。亜鉛欠乏症の症状があり、血清亜鉛値が亜鉛欠乏または潜在性亜鉛欠乏であれば、亜鉛を投与して、症状の改善を確認することが推奨される。1.下記の症状/検査所見のうち1項目以上を満たす 1)臨床症状・所見 皮膚炎、口内炎、脱毛症、褥瘡(難治性)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、易感染性、味覚障害、貧血、不妊症 2)検査所見 血清アルカリホスファターゼ(...
骨髄癌腫症に至った治療抵抗性悪性パラガングリオーマの一剖検例
島 孝佑, 迫 佐央理, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   94(Suppl.Update) 45-47   2018年6月
症例は44歳男性で、右上腹部痛・背部痛を主訴とした。3ヵ月前に主訴を自覚し、パラガングリオーマの診断で前医を紹介されたが、術前検査で下大静脈壁浸潤、両側腎静脈浸潤、リンパ節転移巣増大、肝転移を認め、手術不能と判断された。腫瘍は化学療法(CDC療法)、131I-MIBG内照射療法に抵抗であり、緩和療法に移行したが、骨転移が進行して骨髄癌腫症に至り、初診12ヵ月後に死亡した。剖検では腹部大動脈に沿った腫瘍(15×5×5cm大)と副腎との連続性はなく、原発巣、転移巣のKi-67値は高値であった。...
Exercise Endocrinology ヘパトカインセレノプロテインP・筋受容体LRP1による運動感受性制御
御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   94(1) 180-180   2018年4月
2型糖尿病時に肝臓から分泌されるセレン輸送タンパク質、Selenoprotein Pは、骨粗鬆症および骨折リスクを増大させる
石井 清朗, 御簾 博文, 金子 周一, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   94(1) 367-367   2018年4月
メトホルミンによる肥満関連ヘパトカインLECT2の発現抑制
高山 浩昭, Swe Mar Oo, 御簾 博文, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   94(1) 432-432   2018年4月
2型糖尿病に対する「GLP-1 First」vs.「Insulin-GLP-1 Relay」療法の比較によるインクレチン抵抗性の検証
竹下 有美枝, 田中 健雄, 井川 寛章, 中川 浩美, 島 孝佑, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   94(1) 439-439   2018年4月
インスリン抵抗性の病態から治療への展開 ヘパトカインセレノプロテインPを標的とするインスリン抵抗性治療薬の開発を目指して
御簾 博文, 三田 雄一郎, 斎藤 芳郎, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-29   2018年4月
食事療法の展望 Evidence-Based Nutritionの実践に向けて 糖質制限食とSGLT2阻害薬をめぐる冒険
篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-101   2018年4月
インスリン抵抗性誘導ヘパトカインセレノプロテインPの各種飽和脂肪酸による発現誘導
熊井 達男, 津金 寛彦, 高山 浩昭, 石井 清朗, 御簾 博文, 松郷 誠一, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-165   2018年4月
SGLT2阻害薬は非アルコール性脂肪肝合併2型糖尿病患者の肝病理を改善する
喜多 裕樹, 竹下 有美枝, 田中 健雄, 井川 寛章, 中川 浩美, 島 孝祐, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-232   2018年4月
ヘパトカインSelenoprotein Pによるカテコラミン抵抗性を介した褐色脂肪細胞熱産生障害
高山 浩昭, Swe Mar Oo, 御簾 博文, 石井 清朗, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-247   2018年4月
γGTP値およびALT値は2型糖尿病の異なる病態を反映する
日下部 裕美, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 篁 俊成, 加来 浩平
糖尿病   61(Suppl.1) S-301   2018年4月
インスリン受容体基質1(IRS-1)の栄養依存性タンパク発現変動における選択的オートファジー受容体p62介在性オートファジーの役割
井川 寛章, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-319   2018年4月
2型糖尿病患者を対象とした「GLP-1 First」療法および「Insulin-GLP-1 Relay」療法のランダム化並行群間比較試験(中間解析)
竹下 有美枝, 喜多 裕樹, 田中 健雄, 井川 寛章, 中川 浩美, 島 孝佑, 金森 岳広, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-372   2018年4月
不安定1型糖尿病患者に対する人工膵臓を用いた周術期血糖管理の試み
田中 健雄, 中川 浩実, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(Suppl.1) S-440   2018年4月
【レドックス疾患学 酸素・窒素・硫黄活性種はどう作用するのか、どこまで健康・疾患と関わるのか?】 (第2章)レドックスと疾患 セレノプロテインPによるレドックス制御と2型糖尿病
斎藤 芳郎, 野口 範子, 御簾 博文, 篁 俊成
実験医学   36(5) 753-759   2018年3月
必須微量元素セレンを含む血漿タンパク質"セレノプロテインP"(selenoprotein P:SeP)は、主に肝臓でつくられ、各組織にセレンを運ぶトランスポーターである。SePは、細胞内のセレン含有タンパク質レベルを調節し、レドックス制御に主要な役割を果たす。われわれは、2型糖尿病患者においてSePが増加し、インスリン抵抗性を考慮して高血糖の原因となることを報告した。さらに最近、過剰SePが運動抵抗性やインスリン分泌不全を引き起こすことが明らかとなった。本稿では、SePのセレン運搬メカニズ...
肝臓由来分泌蛋白質selenoprotein Pによりマウスの心筋虚血/再灌流障害が促進される(Selenoprotein P, a Liver-derived Secretory Protein, Promotes Myocardial Ischemia/Reperfusion Injury in Mice)
茶谷 洋, 薄井 荘一郎, 井上 己音, 高島 伸一郎, 加藤 武史, 御簾 博文, 村井 久純, 古荘 浩司, 篁 俊成, 高村 雅之, 金子 周一
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ076-2   2018年3月
「生活の質」改善促進を基盤とする糖尿病の新規治療戦略の開発動向 肝臓-骨格筋連関が形成する糖尿病の病態
篁 俊成
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 237-237   2018年3月
mTOR阻害薬エベロリムス関連糖尿病の病態解析
谷村 純, 中川 浩実, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(2) 77-77   2018年2月
超低カロリー食療法で臓器特異的インスリン感受性を評価しえた肥満2型糖尿病の1例
中田 竜介, 島 孝佑, 加治 貴彰, 迫 佐央理, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   61(2) 77-77   2018年2月
2型糖尿病患者の食後血糖に変動を及ぼす運動療法の運動強度の検討
櫻井 吾郎, 石田 修也, 篁 俊成
糖尿病   61(2) 86-86   2018年2月
【今、明かされたSGLT2阻害薬の多面的作用と適正使用】 糖質制限食の限界とSGLT2阻害薬の可能性
井川 寛章, 篁 俊成
月刊糖尿病   9(12) 52-57   2017年12月
【糖尿病と肝臓】 肝臓の糖・エネルギー代謝
菊地 晶裕, 篁 俊成
Diabetes Frontier   28(6) 632-638   2017年12月
分泌刺激試験に対してインスリン・グルカゴンの過大反応を示したグルカゴノーマの一例
田中 健雄, 島 孝佑, 大貫 佳春, 中田 竜介, 山本 怜奈, 井川 寛章, 中川 浩実, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成, 加藤 健一郎, 赤堀 弘, 臼田 里香, 内山 明央, 石澤 伸
日本内分泌学会雑誌   93(3) 845-845   2017年12月
脂肪細胞のインスリンシグナル調節におよぼす飢餓誘導オートファジーの意義
井川 寛章, 菊地 晶裕, 御簾 博文, 篁 俊成
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0306]   2017年12月
【臓器間ネットワークからみた肝胆膵の恒常性とその破綻】 正常状態での肝胆膵領域の臓器間ネットワーク ヘパトカインを介した全身性代謝の制御機構
本多 政夫, 御簾 博文, 篁 俊成, 金子 周一
肝・胆・膵   75(5) 911-915   2017年11月
骨髄癌腫症に至った治療抵抗性悪性パラガングリオーマの一剖検例
島 孝佑, 迫 佐央理, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(2) 542-542   2017年10月
術前パシレオチドが著効したオクトレオチド抵抗性先端巨大症例
山本 怜奈, 島 孝佑, 海古井 由佳, 井川 寛章, 御簾 博文, 林 康彦, 中田 光俊, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(2) 546-546   2017年10月
SH基非含有薬剤によるTリンパ球刺激を確認しえたIASの1例
迫 佐央理, 島 孝佑, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(2) 581-581   2017年10月
肝・胆・膵疾患 肥満関連ヘパトカインLECT2はLPS作用の増強によりNASHを増悪させる
高田 昇, 御簾 博文, 高山 浩明, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病合併症   31(Suppl.1) 228-228   2017年10月
肝・胆・膵疾患 慢性肝疾患合併糖尿病患者へのウルソデオキシコール酸及びDPP-4阻害薬の単独・併用が耐糖能、体重、インクレチンに及ぼす効果
島 孝佑, 御簾 博文, 竹下 有美枝, 太田 嗣人, 篁 俊成
糖尿病合併症   31(Suppl.1) 229-229   2017年10月
ヘパトカインセレノプロテインPはカテコラミン抵抗性を介して褐色脂肪細胞での熱産生を障害する
高山 浩昭, Oo Swe Mar, 御簾 博文, 石井 清朗, 篁 俊成
肥満研究   23(Suppl.) 187-187   2017年9月
ヘパトカインLECT2は肝マクロファージのLPS作用増強を介してNASHの病態を増悪させる
高田 昇, 御簾 博文, 篁 俊成, 金子 周一
肝臓   58(Suppl.2) A633-A633   2017年9月
セレノプロテインPの新たな機能と受容体
菊地 晶裕, 篁 俊成
内分泌・糖尿病・代謝内科   44(5) 399-406   2017年5月
肥満や生活習慣病発症の分子メカニズム 2型糖尿病時に肝臓から分泌されるタンパク質によって骨粗鬆症及び骨折リスクが増加する機序
石井 清朗, 御簾 博文, 金子 周一, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(1) 140-140   2017年4月
ヘパトカインSePは筋受容体LRP1を介して運動抵抗性を惹起する
御簾 博文, 高山 浩昭, 金子 周一, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(1) 269-269   2017年4月
ステロイド補充により認知能、筋力の著明な改善を得た成人発症ACTH単独欠損症の一例
木谷 佐央理, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   93(1) 348-348   2017年4月
ヒト血中ヘパトカインレベルの日内、摂食および75g糖負荷後の変動
毛利 研祐, 御簾 博文, 圓山 泰史, 高山 浩昭, 竹下 有美枝, 斎藤 芳郎, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-159   2017年4月
朝食あるいは夕食に含まれる糖質の血糖プロファイルと食事誘発性熱産生への寄与
圓山 泰史, 田中 健雄, 井川 寛章, 木谷 佐央理, 中川 浩実, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-165   2017年4月
エイコサペンタエン酸内服が2型糖尿病患者のインスリン感受性と血中セレノプロテインP濃度に及ぼす効果
寺村 千里, 御簾 博文, 高山 浩昭, 斎藤 芳郎, 井川 寛章, 木谷 佐央理, 中川 浩実, 田中 健雄, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-238   2017年4月
メトホルミンの肥満関連ヘパトカインLECT2血中濃度に対する作用
高山 浩昭, 御簾 博文, 金森 岳宏, 中川 浩実, 喜多 裕樹, 竹下 有美枝, 太田 嗣人, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-238   2017年4月
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)におけるインスリン抵抗性、筋交感神経活動、および経鼻持続的気道内陽圧法(nCPAP)の効果
磯部 優希, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-239   2017年4月
ヘパトカインセレノプロテインPと筋受容体LRP1は活性酸素・AMPK経路の抑制によって運動抵抗性を誘導する
御簾 博文, 高山 浩昭, 金森 岳広, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病   60(Suppl.1) S-275   2017年4月
肥満関連ヘパトカインLECT2はマクロファージ活性化を介してNASHを増悪させる
高田 昇, 御簾 博文, 篁 俊成, 金子 周一
糖尿病   60(Suppl.1) S-491   2017年4月
外科系症例検討 高齢者xanthomatous hypophysitisの1例
大石 正博, 林 康彦, 笹川 泰生, 福井 一生, 高桜 明子, 竹下 有美枝, 篁 俊成, 宮森 正郎, 立花 修, 中田 光俊
Progress in Medicine   37(2) 286-287   2017年2月
内科系症例検討 ラトケ嚢胞との鑑別にCRH刺激下選択的海綿静脈洞サンプリングが有効だったACTH産生下垂体腺腫の1例
木谷 佐央理, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 林 康彦, 中田 光俊, 篁 俊成
Progress in Medicine   37(2) 296-297   2017年2月
腫瘍内出血を契機にクリーゼと閉塞性黄疸を発症するも自然軽快した悪性パラガングリオーマの1例
田中 健雄, 御簾 博文, 井川 寛章, 木谷 佐央理, 中川 浩実, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   92(S.Branc) 177-177   2016年12月
左副腎性のSubclinical Cushing症候群を合併し、局在診断に苦慮した原発性アルドステロン症の1例
加藤 健一郎, 赤堀 弘, 島 孝佑, 篁 俊成, 臼田 里香
日本内分泌学会雑誌   92(S.Branc) 179-179   2016年12月
食事中の糖質-脂質バランスがエネルギー代謝および体組成におよぼすインパクト
井川 寛章, 篁 俊成
内分泌・糖尿病・代謝内科   43(4) 333-337   2016年10月
中枢と末梢の臓器連関 ヘパトカインセレノプロテインPの肥満関連病態に対する多面的効果
御簾 博文, 篁 俊成
肥満研究   22(Suppl.) 133-133   2016年9月
胆汁酸の単独・DPP4阻害薬との併用療法が2型糖尿病の体重、血糖、インクレチン分泌に及ぼす効果
島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
肥満研究   22(Suppl.) 205-205   2016年9月
ヘパトカインLECT2は食種変更後の体重変化を予知する鋭敏な過栄養マーカーである
近本 啓太, 御簾 博文, 高山 浩昭, 津金 寛彦, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 松郷 誠一, 金子 周一, 篁 俊成
肥満研究   22(Suppl.) 221-221   2016年9月
新規PHEX遺伝子変異によるX連鎖性低リン血症性くる病
木谷 佐央理, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 新井田 要, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   92(Suppl.Update) 65-67   2016年7月
40歳女。下肢彎曲(低リン血症性くる病)の精査を行った。1歳時にビタミンD抵抗性くる病と診断され、25歳時に両側大腿骨・脛骨骨変形矯正術、37歳時に右股関節内転筋切離術が行われた。単純X線所見でくる病変化、低リン血症、FGF23上昇を認め、FGF関連低リン血症を疑った。遺伝子検査の結果、PHEX遺伝子にフレームシフト変異c.2202delA(p.Asn736Ilefs*4)を認めたことより、X連鎖性低リン血症性くる病(XLH)と診断した。なお、今までに、この遺伝子変異の報告はこれが最初であ...
新たな糖尿病合併症に迫る 日本人NAFLDの病理におよぼす高血糖の重要性
篁 俊成
糖尿病合併症   30(2) 202-205   2016年7月
亜鉛欠乏症の診療指針
児玉 浩子, 板倉 弘重, 大森 啓充, 佐々木 雅也, 山東 勤弥, 篁 俊成, 布施 養善, 細井 孝之, 吉田 博, 日本臨床栄養学会ミネラル栄養部会
日本臨床栄養学会雑誌   38(2) 104-148   2016年7月
亜鉛欠乏の診断指針 亜鉛欠乏症は、亜鉛欠乏の臨床症状と血清亜鉛値によって診断される。表に亜鉛欠乏症の診断基準を示す。亜鉛欠乏症の症状があり、血清亜鉛値が亜鉛欠乏または潜在性亜鉛欠乏であれば、亜鉛を投与して、症状の改善を確認することが推奨される。1. 下記の症状/検査所見のうち1項目以上を満たす 1)臨床症状・所見 皮膚炎、口内炎、脱毛症、褥瘡(難治性)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、易感染性、味覚障害、貧血、不妊症 2)検査所見 血清アルカリホスファターゼ...
同じカロリーの糖質制限食と脂質制限食、筋肉を落とさないで脂肪組織をより減らすのはどちら?
井川 寛章, 篁 俊成
Medical Practice   33(6) 986-989   2016年6月
高結合能・低親和性抗インスリン抗体陽性1型糖尿病患者での周術期人工膵臓の特徴的な経過
堀田 正尭, 中川 浩実, 寺村 千里, 圓山 泰史, 島 孝佑, 林 泰寛, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 大澤 謙三, 太田 哲生, 篁 俊成
糖尿病   59(6) 452-452   2016年6月
11年間に亘る肝硬変への進展過程を組織学的に追跡し得た糖尿病合併非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の一例
堀田 正尭, 圓山 泰史, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 原田 憲一, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   92(1) 257-257   2016年4月
肝と代謝制御 セレノプロテインPの運動抵抗性における意義と骨格筋型受容体の同定
篁 俊成, 御簾 博文
糖尿病   59(Suppl.1) S-78   2016年4月
メトホルミンの治療効果を予知する新規バイオマーカーとしてのセレノプロテインPの可能性
金森 岳広, 御簾 博文, 田中 睦, 斉藤 芳郎, 齋藤 麗奈, 毛利 研祐, 竹下 有美枝, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-139   2016年4月
ヒト血中ヘパトカインレベルの日内、摂食後および75g糖負荷後の変動
毛利 研祐, 御簾 博文, 高山 浩昭, 竹下 有美枝, 田中 睦, 斎藤 芳郎, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-140   2016年4月
ウルソデオキシコール酸及びDPP-4阻害薬の単独・併用が2型糖尿病の血糖コントロールと活性型GLP-1値に及ぼす効果
島 孝佑, 竹下 有美枝, 圓山 泰史, 御簾 博文, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-146   2016年4月
肥満関連ヘパトカインLECT2の栄養アセスメント蛋白としての可能性
近本 啓太, 御簾 博文, 高山 浩昭, 菊地 晶裕, 毛利 研祐, 高田 昇, 松郷 誠一, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-154   2016年4月
2型糖尿病患者への「GLP-1 Fist」療法および「Insulin-GLP-1 Relay」療法のランダム化並行群間比較試験から得られた治療満足度
喜多 裕樹, 竹下 有美枝, 圓山 泰史, 島 孝佑, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-207   2016年4月
インクレチン抵抗性はあるか? 「GLP-1 First」療法および「Insulin-GLP-1 Relay」療法のランダム化並行群間比較試験
竹下 有美枝, 喜多 裕樹, 圓山 泰史, 金森 岳広, 島 孝佑, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-291   2016年4月
ヘパトカインSelenoprotein Pは骨格筋受容体LRP1を介して運動療法抵抗性を惹起する
高山 浩昭, 御簾 博文, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-304   2016年4月
インスリンおよびGLP-1受容体作動薬が血管内皮機能に及ぼす作用とResponderの特徴
高道 小百合, 竹下 有美枝, 中田 晶子, 南部 裕子, 大江 宏康, 長原 三輝雄, 酒井 佳夫, 御簾 博文, 篁 俊成, 和田 隆志
糖尿病   59(Suppl.1) S-310   2016年4月
2型糖尿病患者に対する朝のみvs夕のみ低糖質食導入の有効性と安全性(第3報)
圓山 泰史, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-367   2016年4月
2型糖尿病患者を対象としたBolus FirstおよびBasal Firstによるインスリン導入療法の多面的効果ランダム化比較試験
小川 あゆみ, 竹下 有美枝, 山田 雅之, 若栗 ひとみ, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   59(Suppl.1) S-438   2016年4月
β-クリプトキサンチンのインスリン感受性・耐糖能に与える影響(最終評価)
中川 浩実, 竹下 有美枝, 篁 俊成, 太田 嗣人
糖尿病   59(Suppl.1) S-444   2016年4月
セレノプロテインPの阻害抗体による糖尿病治療効果の解析 インスリン抵抗性および分泌能を改善する抗体医薬の開発
三田 雄一郎, 中山 華穂, 稲荷 尚吾, 西藤 有希奈, 吉岡 佑弥, 曽谷 奏, 高部 稚子, 御簾 博文, 篁 俊成, 高橋 和彦, 野口 範子, 斎藤 芳郎
糖尿病   59(Suppl.1) S-444   2016年4月
糖尿病腎症の早期診断・治療に向けたバイオマーカーの基礎および臨床検討
細畑 圭子, 安藤 仁, 竹下 友美枝, 御簾 博文, 篁 俊成, 金子 周一, 藤村 昭夫
細胞   48(3) 139-141   2016年3月
近年、急性腎障害(AKI)のバイオマーカーが慢性腎臓病(CKD)でも検討されている。CKDは自覚症状に乏しいため、エンドポイントである末期腎不全の状態になって初めて診断されることも多い。したがって、自覚症状を伴わないより早期の段階で診断されることが望まれる。本稿では、AKIバイオマーカーがCKDの進行をより早期に予測するバイオマーカーになり得るか、その可能性について紹介する。(著者抄録)
【患者さんがみるみる変わる!ダウンロードでそのまま使える!魔法の糖尿病患者説明シート50+α】 (第3章)食事療法の患者説明シート9 コンビニ弁当・お総菜、選び方のコツ
徳丸 季聡, 篁 俊成
糖尿病ケア   (2016春季増刊) 162-166   2016年3月
ヘパトカインセレノプロテインPの過剰産生は筋受容体LRP1を介して運動療法抵抗性の原因となる
御簾 博文, 篁 俊成, 金子 周一
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A292-A292   2016年3月
【元気の出る糖尿病チーム医療-Building and Coordination】 元気の出る糖尿病チームのつくり方 医師の立場から 熱意を無駄にしない体制づくり
島 孝佑, 篁 俊成
糖尿病診療マスター   14(2) 121-123   2016年2月
【他の疾患や条件に伴う糖尿病・二次性糖尿病】 慢性肝疾患と糖尿病のクロストーク
木谷 佐央理, 篁 俊成
Diabetes Frontier   27(1) 36-40   2016年2月
【「解明」から「制御」へ 肥満症のメディカルサイエンス】 (第1章)エネルギー代謝の制御機構 過栄養に応答した肝臓の代謝リモデリング
菊地 晶裕, 篁 俊成
実験医学   34(2) 209-214   2016年2月
肝臓は栄養状態に適応したエネルギー代謝を行うことで恒常性維持の中心的な役割を担っており、過栄養により代謝異常が生じた場合には代謝リモデリングを惹起してエネルギー恒常性を維持しようとする。最近の研究から代謝経路間や代謝経路とタンパク質分解系のクロストークによる代謝リモデリングの分子メカニズムが解明されてきた。さらに、代謝リモデリングは肝臓由来の分泌タンパク質(ヘパトカイン)を介した臓器代謝ネットワークにも関与する。この領域の分子メカニズム解明が過栄養関連疾患の治療法や予防法の開発につながるこ...
【新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理をめざして-】 糖・エネルギー代謝制御因子 その他 ヘパトカインによる糖代謝維持機構
御簾 博文, 篁 俊成
日本臨床   74(増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)) 175-178   2016年2月
【生活習慣病と栄養〜カルシウム・ミネラル管理の側面より〜】 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)/非アルコール性脂質性炎(NASH)と栄養
石井 清朗, 篁 俊成
Clinical Calcium   26(3) 363-367   2016年2月
明らかな飲酒歴がないにもかかわらず、肝細胞に中性脂肪沈着がみられ、肝障害をきたす疾患の総称を非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼び、そのうち壊死・炎症・線維化を伴う進行性のものを非アルコール性脂質性炎(NASH)と呼ぶ。肝臓は糖・脂質代謝の調整役として体全体の臓器ネットワークの中心にある。したがって、NAFLD/NASH患者のための栄養療法も全身のエネルギーバランスを保ちつつ行うことが重要である。(著者抄録)
【糖尿病治療薬Update-適正使用に向けて】 2型糖尿病治療 経口血糖降下薬で効果不十分例への対応 インスリン導入総論 基礎が先か,追加が先か?
金森 岳広, 篁 俊成
Medicina   53(1) 82-84   2016年1月
<ポイント>食事・運動療法や経口血糖降下薬内服にもかかわらず血糖コントロール目標に到達しない場合,インスリン療法の導入を検討する.基礎インスリンによるインスリン導入は,追加インスリンに比べて血糖測定・インスリン注射回数が少なく簡便で,体重増加や低血糖リスクも小さい.追加インスリンは食後高血糖のコントロールに優れ,内因性インスリン分泌が保たれている症例では空腹時血糖をも制御可能であり,質の高い血糖コントロールに寄与する.(著者抄録)
ヘパトカインセレノプロテインPは骨格筋受容体LRP1を介して運動不応性を惹起する
高山 浩昭, 御簾 博文, 菊地 晶裕, 石井 清朗, 河村 真樹, 山下 優香, 林 明子, 金子 周一, 篁 俊成
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P1234]-[2P1234]   2015年12月
膵臓β細胞モデルMIN6は過剰なSelenoprotein Pにより障害を受ける
稲荷 尚吾, 高部 稚子, 三田 雄一郎, 御簾 博文, 篁 俊成, 野口 範子, 斎藤 芳郎
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [4T特L-10(3P1201)]   2015年12月
鑑別診断に難渋した、両側巨大副腎腫瘍の1例
奥村 美輝, 赤堀 弘, 浅井 純, 前田 雄司, 丹羽 秀樹, 卜部 健, 井川 寛章, 圓山 泰史, 竹下 有美枝, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   91(Suppl.Branch) 174-174   2015年12月
副腎腫瘤破裂の過程でたこつぼ心筋症を発症した一例
寺村 千里, 竹下 有美枝, 圓山 泰史, 島 孝佑, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   91(Suppl.Branch) 175-175   2015年12月
新たな糖尿病合併症に迫る Diabetic Cirrhosis Revisited
篁 俊成
糖尿病合併症   29(Suppl.1) 122-122   2015年11月
筋・インスリン抵抗性 ヘパトカインSePと骨格筋受容体LRP1による運動感受性制御
御簾 博文, 高山 浩昭, 金子 周一, 篁 俊成
糖尿病合併症   29(Suppl.1) 164-164   2015年11月
竹下 有美枝, 篁 俊成
糖尿病診療マスター   13(10) 792-796   2015年10月
<POINT>以前スルホニルウレア薬を使用し,BMI低値,膵β細胞機能が低下している症例ではインスリンから離脱できない可能性がある.インスリンから経口血糖降下薬切り替え時には,インスリン総量が最も強く相関する.新規糖尿病症例では強化インスリン治療を短期間行うと,約半数は薬物療法なしの血糖管理が実現可能である.(著者抄録)
ビタミンD抵抗性くる病症例で見出した新規PHEX遺伝子変異
木谷 佐央理, 圓山 泰史, 島 孝佑, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 新井田 要, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   91(3) 851-851   2015年10月
肥満に伴う肝障害の基礎と臨床
篁 俊成
肥満研究   21(Suppl.) 125-125   2015年9月
ラトケ嚢胞・下垂体腺腫とパラガングリオーマが合併した一例
小川 あゆみ, 竹下 有美枝, 金森 岳広, 御簾 博文, 篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   91(Suppl.Update) 20-22   2015年7月
39歳女。頭痛を主訴とした。内分泌検査でTSH、FT4、ACTH、Cortisolの低値を認め、頭部MRIでトルコ鞍上部に液面形成を伴いラトケ嚢胞を疑う12mm大の腫瘤と、トルコ鞍下部に腺腫を疑う8mm大の腫瘤を認めた。多発性内分泌腫瘍1型の除外目的で施行した造影CT時、造影剤使用後に血圧上昇と頭痛発作を認めた。血中・尿中カテコラミンは高値で、腹部CTでは左副腎部に境界明瞭で内部嚢胞状の35mm大の腫瘤を認めた。腫瘤はMRIのT2強調像で高信号を示し、123I-MIBGシンチグラフィーで集...
3大栄養素の代謝経路間クロストークによるエネルギー恒常性維持とその破綻
篁 俊成
金沢大学十全医学会雑誌   124(2) 31-32   2015年7月
【インスリン抵抗性〜メカニズムに基づく新しい治療法の探求〜】 肝臓による全身のインスリン感受性制御
石井 清朗, 篁 俊成
Diabetes Frontier   26(3) 312-316   2015年6月
糖尿病合併症から考える食事・運動療法 肝臓から考える糖尿病に対する食事・運動療法
篁 俊成
糖尿病合併症   29(1) 97-101   2015年6月
【糖尿病とオートファジー】 肝代謝とオートファジー
井川 寛章, 菊地 晶裕, 篁 俊成
内分泌・糖尿病・代謝内科   40(6) 453-458   2015年6月
糖尿病・糖尿病合併症に関する創薬の現状と展望 ヘパトカインを標的とした糖尿病・糖尿病合併症治療の可能性
篁 俊成
日本内分泌学会雑誌   91(1) 207-207   2015年4月
中毒性多結節性甲状腺腫、コルチゾール、アルドステロン共産生副腎腫瘍、先端巨大症を伴った多発内分泌腫瘍の一例
島 孝佑, 加藤 健一郎, 内山 明央, 石澤 伸, 笹野 公伸, 篁 俊成, 臼田 里香
日本内分泌学会雑誌   91(1) 372-372   2015年4月
インクレチン療法 現状と未来への可能性 インクレチンの多面的作用 NASH・NAFLDを改善するか?
篁 俊成, 竹下 有美枝
糖尿病   58(Suppl.1) S-33   2015年4月
糖尿病とNAFLD/NASH・肝癌 栄養代謝経路間クロストークを介した肝臓代謝リモデリング
篁 俊成
糖尿病   58(Suppl.1) S-121   2015年4月
2型糖尿病患者に対する朝のみVS夕のみ低糖質食導入のランダム化比較試験
圓山 泰史, 小川 あゆみ, 寺村 千里, 中川 浩実, 金森 岳広, 齋藤 麗奈, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 篁 俊成
糖尿病   58(Suppl.1) S-218   2015年4月

書籍等出版物

 
フジメディカル出版   2017年3月   ISBN:486270140X
分子糖尿病の進歩2005:基礎から臨床まで
篁 俊成,櫻井 勝,太田嗣人,金子周一
金原出版   2005年4月   ISBN:1-307-51012-7
Musculoskeletal Disease Associated with Diabetes Mellitus
Takamura T*, Misu H, Kaneko S.
Springer Tokyo Heidelberg New York Dordrecht London   2016年   
Basic manual of clinical pharmacy第2版~疾患別服薬指導マニュアル第II集
篁俊成
じほう   2004年4月   ISBN:4-8407-3235-3
糖尿病の療養指導: 糖尿病学の進歩44回 Page105-111(2010.09)
篁 俊成
2010年9月   
糖尿病学の進歩45号
篁 俊成
2011年9月   
臨床栄養(0485-1412)別冊栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ1
篁 俊成
2014年4月   
臨床栄養(0485-1412)別冊栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ1
篁 俊成
2014年4月   
日本臨床(0047-1852)70巻増刊3 最新臨床糖尿病学(上)
御簾 博文, 篁 俊成
2012年5月   
日本臨床(0047-1852) 新時代の糖尿病学(3)
御簾 博文, 篁 俊成
2008年9月   
日本臨床(0047-1852) 新時代の糖尿病学(2)
篁 俊成
2008年6月   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
御簾 博文, 篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
実験医学(増刊) 「解明」から「制御」へ 肥満症のメディカルサイエンス
菊地 晶裕, 篁 俊成
羊土社   2016年   
糖尿病研修ノート 
竹下有美枝 篁俊成
診断と治療社   2015年   
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌
御簾 博文, 篁 俊成
中外医学社   2015年   
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌
乙田 敏城, 篁 俊成
中外医学社   2015年   
糖尿病最新の治療2016-2018
齊藤麗奈、篁 俊成
南江堂   2016年   
予防医学テキスト
篁 俊成
日本予防医学会   2015年   
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2015巻 Page17-24(2015.01)
乙田 敏城, 篁 俊成
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2015巻 Page85-88(2015.01)
御簾 博文, 篁 俊成
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2012巻 Page24-29(2012.01)
御簾 博文, 篁 俊成
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2011巻 Page113-120(2011.01)
篁 俊成
2011年   
Annual Review消化器2009巻 Page148-156(2009.01)
篁 俊成, 金子 周一
ホルモンと臨床(0045-7167)51巻夏季増刊
河原 利夫, 篁 俊成, 安藤 仁, 立花 修, 山下 純宏
2003年   
ホルモンと臨床(0045-7167)46巻夏季増刊
山下 治久, 永井 幸広, 横山 将嘉, 篁 俊成, 宮腰 久嗣, 小林 健一
1998年   
糖尿病ケア(1348-9968)2016春季増刊
徳丸 季聡, 篁 俊成
2016年   
糖尿病ケア(1348-9968)2011秋季増刊
八幡 陽子, 篁 俊成
2011年   
糖尿病ケア(1348-9968)2011秋季増刊
八幡 陽子, 篁 俊成
2011年   
糖尿病ケア(1348-9968)2011秋季増刊
八幡 陽子, 篁 俊成
2011年   
日本臨床(0047-1852)74巻増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)
御簾 博文, 篁 俊成
2016年   
日本臨床(0047-1852)新時代の糖尿病学(2)
吉澤 都, 篁 俊成, 小林 健一
2002年   
あなたも名医!Team DiETの糖尿病療養メソッド 血糖コントロールとその向こうにあるもの
篁 俊成
日本医事新報社   2013年   
Team DiETの糖尿病療養メソッド
篁 俊成
日本医事新報社   2013年2月   
[Soluble VCAM-1].
Yoshizawa M,Takamura T,Kobayashi K
篁 俊成, Team DiET (担当:共著)
メジカルビュー社   2010年9月   ISBN:4758301662

講演・口頭発表等

 
インクレチン療法 現状と未来への可能性 インクレチンの多面的作用 NASH・NAFLDを改善するか?
篁 俊成, 竹下 有美枝
第58回 日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
栄養代謝経路間クロストークを介した肝臓代謝リモデリング
第2回 肝臓と糖尿病・代謝研究会   
2型糖尿病患者における週1回投与 デュラグルチド単独療法の有効性及び安全性 プラセボ及びリラグルチド対照 並行群間比較試験
篁 俊成、宮川 潤一郎、小田原 雅人、 多喜田 保志、岩本 紀之、今岡 丈士
第58回 日本糖尿病学会年次学術集会   
栄養バランスから再考する2型糖尿病の病態と治療
篁 俊成
第89回 日本糖尿病学会中部地方会   2015年10月4日   
Diabetic Cirrhosis Revisited
篁 俊成
第30回 日本糖尿病合併症学会   2015年11月28日   
肥満に伴う肝障害の基礎と臨床
篁 俊成
第36回 日本肥満学会   2015年10月2日   
基礎・臨床研究と地域連携で挑む糖尿病医療
篁 俊成
第13回 日本予防医学会学術総会   2015年6月20日   
Efficacy and Safety of Once-weekly Dulaglutide versus Once-daily Liraglutide in Japanese patients with Type 2 Diabetes
第75回 米国糖尿病学会議   2015年6月4日   
インクレチンとNAFLDのあやしい関係
第30回 日本糖尿病合併症学会   2015年11月28日   
Selenoprotein P causes exercise resistance through its skeletal muscle receptor
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会   2016年5月21日   
肝臓でのエネルギー代謝調節におけるタンパク質分解系の意義
篁 俊成
第3回 肝臓と糖尿病・代謝研究会   2016年7月16日   
日本人とは?ー生活習慣病の病態から探る
十全医学会-先進予防共同大学院合同シンポジウム   2016年6月21日   
肝臓代謝リモデリングによる栄養恒常性の維持と破綻
篁 俊成
第48回 日本臨床分子形態学会   
日本人とは?ー糖尿病とNAFLDの病態から考える
篁 俊成
第31回日本糖尿病合併症学会   

Works

 
CS-866のインスリン作用に及ぼす影響
2002年

競争的資金等の研究課題

 
基盤B「酸化・還元バランスの破綻による糖尿病病態形成機構の解明」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 篁 俊成
挑戦的研究(萌芽)「肝臓-骨格筋連関を標的とした運動効果増強薬の開発」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 篁 俊成
基盤C「細胞内蛋白分解系のエネルギー代謝恒常性維持における統合的役割の解明」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 篁 俊成
基盤A「内分泌器官としての肝臓病学の確立」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 金子 周一
基盤C「肥満による肝インスリン抵抗性形成におけるプロテアソーム機能異常の意義」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 篁 俊成
セレノプロテインP測定試薬の開発-インスリン抵抗性バイオマーカーを用いた糖尿病の予防・治療への応用
JST: A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム)医療技術分野
研究期間: 2011年 - 2013年
A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム)医療技術分野
基盤A「過栄養状態の肝臓が産生するタンパクと生活習慣病の関連」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 金子 周一
基盤C「インスリン抵抗性と血管合併症を形成する肝臓由来新規ホルモンの機能解析」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 篁 俊成
基盤S「過栄養状態における肝臓機能の破綻と生活習慣病の研究」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 金子 周一
基盤C「2型糖尿病患者の肝臓における酸化的リン酸化を制御するマスター遺伝子の同定」
文部科学省: 科研費
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 篁 俊成

特許

 
125689 : 糖尿病の病態と関連して発現変動する遺伝子群
特願2008-526853(PCT/JP2007/065221) : 糖尿病関連肝臓由来分泌タンパク質の2型糖尿病または血管障害の診断または治療への利用
特願2008-539839(PCT/JP2007/070231) : 糖尿病の有無等を判定する方法
特願2009-249519 : 生理的状態変化と生理的状態に変化を与える要因の効果を評価する遺伝子マーカー、評価方法、評価システム、及びコンピュータプログラム
特願2014-184499(PCT/JP2015/075760) : 2型糖尿病患者の治療薬選択の補助方法,治療薬の効果予測方法及び検査方法