児玉 基一朗

J-GLOBALへ         更新日: 08/10/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
児玉 基一朗
 
コダマ モトイチロウ
所属
鳥取大学
部署
農学部 植物病理学分野
職名
教授,教授
学位
農学修士(名古屋大学), 博士(農学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
Harimoto,Y., Hatta, R., Kodama, M., Yamamoto, M., Otani, H. and Tsuge, T.:
Molecular Plant-Microbe Interactions   20(12) 1463-1476   2007年
Arie, T., Takahashi, H., Kodama, M. and Teraoka, T.:
Plant Biotechnology   24(1) 135-147   2007年
Yamagishi, D., Otani, H. and Kodama, M.
Molecular Plant-Microbe Interactions   19(11) 1280-1288   2006年
Yamagishi, D., Akamatsu, H., Otani, H. and Kodama, M.
Journal of General Plant Pathology   72(5) 323-327   2006年
Takahashi, H. et al.
Journal of General Plant Pathology   71(1) 8-22   2005年

Works

 
植物病原菌の病原シグナル因子生産に依存する宿主識別の分子機構
1999年 - 2000年
植物病原菌の宿主特異的毒素耐性を利用した病害抵抗性植物の細胞工学的創成
1998年 - 2000年
植物-病原微生物の分子応答機構の解明-耐病性植物の創出に向けて-
2000年
植物病原菌の病原シグナル因子生産に基づく宿主識別機構
2001年 - 2002年
植物病原菌における病原性の進化と多様性形成の分子基盤:遺伝子水平伝達の実験的検証
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
1.植物病原糸状菌の発病ストラテジー 2.植物病原糸状菌の進化と多様性形成の仕組み 3.分子レベルからみた植物の耐病性