石飛 学

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/22 15:38
 
アバター
研究者氏名
石飛 学
 
イシトビ マナブ
eメール
ishitobielec.nara-k.ac.jp
所属
奈良工業高等専門学校
部署
電気工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(山口大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
奈良工業高等専門学校 電気工学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
奈良工業高等専門学校 電気工学科 講師
 
2004年4月
 - 
2007年3月
奈良工業高等専門学校 電気工学科 助手
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2004年3月
山口大学 理工学研究科 システム工学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
山口大学 工学部 電気電子工学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
電気学会  「家庭内の電力利用機器・創エネ機器・蓄エネ機器の新技術」協同研究委員
 
2009年4月
 - 
現在
パワーエレクトロニクス学会  評議員
 
2008年
   
 
電気学会  「地球環境問題に対応する最新のパワー半導体スイッチング回路技術」調査専門委員
 

受賞

 
2003年12月
パワーエレクトロニクス学会 優秀賞 高出力マグネトロン駆動用高周波高電圧トランスリンク直列共振形ZCS-PFM 制御DC-DCコンバータ
 

論文

 
Nabil A. Ahmed, M.Ishitobi, Soon Kurl Kwon, Hyun Woo Lee and M.Nakaoka
Proceedings of Power Electronics Specialists Conference   1-7   2006年6月   [査読有り]
Lossless Inductive Snubber-Assisted Series Resonant DC-DC Converter with ZCS-PFM Control Scheme
T.Myoi, M.Ishitobi, L.Gamage, M.Nakaoka, and H.Lee
Proceedings of 2002 Korea·Japan Joint Symposium on Advanced Industry Applications   88-91   2002年10月   [査読有り]
Overlapping Current Commutation Inductor Snubber assisted Series Resonant Soft Switching DC-DC Power Converter with High Frequency Transformer for Magnetron Drive
T.Myoi, M.Ishitobi, and M.Nakaoka
Proceedings of EPE Power Electronics and Motion Control Conference (PEMC)      2002年9月   [査読有り]
H.Shirai, T.Matsushige, M.Ishitobi, T.Myoi, M.Nakaoka, D.Bessyo, and H.Omori
Proceedings of Power Conversion Conference (PCC) Osaka 2002   3 1479-1483   2002年4月   [査読有り]
K.Ogura, E.Chu, M.Ishitobi, M.Nakamura, and M.Nakaoka
Proceedings of Power Conversion Conference (PCC) Osaka 2002   1 110-114   2002年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
電気学会技術報告「地球環境問題に対応する最新のパワー半導体スイッチング回路技術」
地球環境問題に対応する最新のパワー半導体スイッチング回路技術調査専門委員会 (担当:共著)
電気学会   2012年1月   

担当経験のある科目

 

Works

 
バッテリー型X線装置の昇圧回路及び制御回路の研究
石飛 学, ミカサ(株)   その他   2009年3月 - 2010年3月
ポータブル型X線発生装置用電源の開発
石飛 学, ミカサ(株)   その他   2007年1月 - 2007年12月
オゾン発生を伴わないイオンジェネレータの開発
石飛 学, ユーテック(株)   その他   2006年5月 - 2007年3月
高濃度、高効率を実現するイオン発生システムの開発
石飛 学, ユーテック(株)   その他   2004年11月 - 2005年11月
半導体製造用RF電源の高性能化
石飛 学, (株)ダイヘン   その他   1997年9月 - 1998年10月
車載用電源の高性能化
石飛 学, 松下電工(株)   その他   2003年4月 - 2004年3月
X線発生用高効率電源の開発
石飛 学, ミカサ(株)   その他   2002年11月 - 2004年3月
高出力マグネトロン駆動用電源の開発
石飛 学, (株)ダイヘン   その他   1998年4月 - 2003年3月
無電極ランプ駆動用電源システムの開発
石飛 学, (株)オーク製作所   その他   2001年4月 - 2002年3月
電子レンジ用高電圧電源における入力高調波抑制方式の開発
石飛 学, 松下電器産業(株)   その他    - 2003年3月

競争的資金等の研究課題

 
高齢者の営農を支える「らくらく農法」の開発
独立行政法人 科学技術振興機構: JST戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2011年11月 - 2013年10月    代表者: 寺岡(奈良女子大学)
誘導加熱用電源システムの高周波化に関する研究
文部科学省: 科学研究費
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 石飛 学
バッテリー型X線装置の昇圧回路及び制御回路の研究
ミカサ(株): 共同研究
研究期間: 2009年3月 - 2010年3月    代表者: 石飛 学
ポータブル型X線発生装置用電源の開発
ミカサ(株): 共同研究
研究期間: 2007年1月 - 2007年12月    代表者: 石飛 学
オゾン発生を伴わないイオンジェネレータの開発
ユーテック(株): 共同研究
研究期間: 2006年5月 - 2007年3月    代表者: 石飛 学
高濃度、高効率を実現するイオン発生システムの開発
ユーテック(株): 共同研究
研究期間: 2004年11月 - 2005年11月    代表者: 石飛 学

特許

 
特開2010-49974 : X線発生装置及びX線管の駆動方法
石飛 学  外4名
特開2003-259643 : 電流共振型ソフトスイッチング電源回路
石飛 学  外2名
特開2007-165266 : イオン発生方法及びその装置
石飛 学 他2名