王 占華

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/23 20:51
 
アバター
研究者氏名
王 占華
 
オウ センカ
所属
北九州市立大学
職名
教授
学位
文学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1994年
大阪市立大学 文学研究科 中国語・中国文学
 

論文

 
“把”字句的項与成句和使用動因
王 占華
世界漢語教学   3 400-411   2011年7月   [査読有り]
従“VP的N”与“VP了的N”的平行現象看“了1”的語義・語用功能
『漢語語法研究的新拓展』(四)北京大学出版社   198-211   2009年
連体修飾語における“了”の性格についてーー語義・語用論的アプローチの試み(Bansei Newcombと共著)
現代中国語研究   (10) 69-80   2008年
中日対照の視点からみる中国語における適量準則及びその解釈
日中対照言語学研究論文集   81-97   2007年
従第二語言語用学的角度看漢語的足量準則
北九州市立大学外国語学部紀要   (112) 1-16   2005年
“了”の使用における語用論的解釈--「た」との対照の視点から(共著)
現代中国語研究   5 78-89   2003年
動詞における結果含意の中日比較
日中言語対照研究論集   5 23-38   2003年
趨向補語再分析嘗試 
北九州市立大学外国語学部紀要   106 1-16   2002年
工具動詞及其相関的句法、語義結構
「従語義信息到類型比較」北京語言文化大学出版社      2001年
関於漢語動詞的結果薀涵 
北九州市立大学外国語学部紀要   102 1-18「日本現代漢語語法研究論文選」に再掲。北京語言大学出版社,2007)   2001年
編写漢語教科書的認知原則
北九州大学外国語学部紀要   99 39-60   2000年
"吃食堂"的認知考察
語言教学与研究   2 58-64   2000年
対漢語賓語語義類別伝統分類的再思考
中国書店
現代中国語研究論集   389-414   1999年
論動詞的工具義素対句法結構和話語理解的影響
人文研究   50(8) 21-46   1998年
漢語特殊VO格式語義関係研究中的若干理論問題
人文研究   49(10) 77-117   1997年
関於話語理解中的定位問題
中国語学   244 1-11   1997年
従日漢機器翻訳軟件看話語的理解与再現
中国学志   泰号 1-27   1996年
処所短語句的蘊涵与"在"的隠現
人文研究   48(7) 31-54   1996年
従「対X有Y」格式,看分布的異類互補
中国語学   242 71-78   1995年
「做V」格式及其相関問題
中国語学   241 69-79   1994年

Misc

 
「門外音談:「o」の陥井(落とし穴)」 
王 占華
日本中国語学会メールマガジン   (第95号)    2014年6月
積極的に比較しよう
王 占華
中国語の環   (第92号)    2013年1月
動詞+結果型動詞の動詞に関わる幾つかの文型(馬希文著 共訳)
テンスとアスペクトⅠ好文出版   67-123   2000年
動態助詞「過2」「過1」「了」の用法比較(劉月華著 共訳)
テンスとアスペクトⅢ好文出版   95-124   2001年
認知規律に基づいて練習を考える(解説)
中国語の環Ⅰ      2003年

書籍等出版物

 
語義薀涵与句法結構及話語理解
王 占華
朋友書店   2015年3月   
漢日双解熟語辞典
吉林教育出版社(共著)   1988年   
通訳入門
白帝社(共著)   1997年   
動詞語義学--語言与認知的接点(影山太郎著 共訳)
中央広播電視大学出版社   2001年   
中国留学会話百科
駿河台出版社(共著)   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
現代中国語文法
対照語用論
言語の理解