時崎 久夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/29 15:27
 
アバター
研究者氏名
時崎 久夫
 
トキザキ ヒサオ
URL
http://toki.nagomix.net/
所属
札幌大学
部署
地域共創学群
職名
教授
学位
文学修士, 博士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
札幌大学 地域共創学群 教授
 
1991年4月
 - 
現在
札幌大学 外国語学部 英語学科 教授
 
1988年10月
 - 
1991年3月
北海道大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
北海道大学 文学研究科 英米文学
 
 
 - 
1983年
北海道大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本英語学会  編集委員
 
2017年6月
 - 
現在
日本音韻論学会  理事
 
2010年
 - 
2013年
日本英語学会  編集委員
 
2006年
 - 
2008年
日本英文学会編集委員 (2006-2008)
 
2005年
 - 
2007年
日本英語学会大会準備委員 (2005-2007)
 

論文

 
Righthand Head Rule and the typology of word stress
時崎 久夫
KLS   37 251-264   2017年6月   [査読有り][招待有り]
Prosody and branching direction of phrasal compounds
時崎 久夫
Proceedings of the annual meeting of Linguistic Society of America   2(21) 1-10   2017年6月   [査読有り]
Historical changes of word order and word stress: An introduction
時崎 久夫
Phonological Externalization Volume 2   83-100   2017年3月
Word Order and Prosody in the Adnominal Modification Structures
時崎 久夫 稲葉 治朗
Phonological Externalization Volume 2   45-52   2017年3月
Ancrene Wisse における本動詞と目的語の相対的語順と借入語
宮下 治政 時崎 久夫
JELS   (34) 98-104   2017年3月
Prominence and structure of compounds
時崎 久夫
English Linguistics   33(1) 119-144   2016年6月   [査読有り]
Phonological externalization of morphosyntactic structure: Universals and variable
時崎 久夫
Phonological Externalization Volume 1   1-10   2016年3月
Polar Question Particles and the Final-Over-Final Constraint
時崎 久夫 桑名 保智
『文化と言語』(札幌大学外国語学部紀要)   (84) 65-89   2016年3月
Dvandva compounds and Obligatory Contour Principle
時崎 久夫
科学研究費「必異原理の射程と効力に関する研究」成果報告書 2   61-72   2016年2月
A defense of Bare Mapping from syntax to phonology
時崎 久夫
文化と言語   (82) 89-102   2015年3月
Stress and restrictiveness in phrase and compound
時崎 久夫
JELS   32 346-352   2015年2月
必異原理と生成統語論
時崎 久夫
科学研究費「必異原理の射程と効力に関する研究」成果報告書   53-61   2015年2月
Prosody and Head-directionality in Chinese
時崎 久夫
『文化と言語』(札幌大学外国語学部紀要)   (81) 1-20   2014年
Tone in Chinese: Preserving tonal melody in strong positions
時崎 久夫, 那須川 訓也
『中國語文研究』   35(1) 31-46   2014年   [査読有り]
Deriving the Compounding Parameter from Phonology
時崎 久夫
Linguistic Analysis   38(3-4) 275-303   2013年11月   [査読有り]
Introduction to Universal Syntax and Parametric Phonology
時崎 久夫, 土橋 善仁
Linguistic Analysis   38(3-4) 147-151   2013年11月   [査読有り]
時崎 久夫
音声研究: 日本音声学会   17(1) 59-66   2013年4月
Tone in Chinese: Preserving tonal melody in strong positions
時崎 久夫, 那須川 訓也
Proceedings from Phonology in the 21st Century: In Honour of Glyne Piggott: McGill Working Papers in Linguistics,   22(1) 1-8   2012年9月   [査読有り]
音韻と統語の普遍的相関
時崎 久夫
明海大学 : 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)「自律調和的視点から見た音韻類型のモデル」成果報告書   121-131   2012年3月   [査読有り]
時崎 久夫
応用言語学研究 : 明海大学大学院応用言語学研究科紀要   0(14) 27-38   2012年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   76 61-68   2012年3月
The nature of linear information in the morphosyntax-pf interface
時崎 久夫
English Linguistics   28(2) 227-257   2011年12月   [査読有り]
時崎 久夫, 桑名 保智
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   74 87-108   2011年3月
In this paper, we discuss how the semantics of conjunctions affects prosody across clauses/sentences. Nespor and Vogel (1986) observe that phonological rules across sentences may apply when there exists a positive semantic relation (i.e., and, the...
Introduction: Linear information across grammar
時崎 久夫
English Linguistics   28(2) 222-226   2011年12月   [査読有り]
Stress Location and the Acquisition of Morpho-Syntactic Parameters
時崎 久夫
Online Proceedings of the 28th West Coast Conference on Formal Linguistics      2011年2月   [査読有り]
Recursive Compounds and Word-Stress Location
時崎 久夫
On Linguistic Interface II (Belfast)   1-11   2010年12月   [査読有り]
lingbuzz/001467 (http://ling.auf.net/lingbuzz/001467).
Linear information, structure and performance systems
時崎 久夫, 塩原 佳世乃, 那須川 訓也
JELS   (28) 196-197   2010年11月   [査読有り]
Syllable Structure, Stress Location and Head-Complement Order
時崎 久夫
音韻研究: 日本音韻論学会   13 135-136   2010年8月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   72 31-41   2010年3月
時崎 久夫, 桑名 保智
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   70 35-51   2009年3月
Consonant clusters across word-boundaries
時崎 久夫
Proceedings of 2008 the Phonology-Morphology Circle of Korea Annual Workshop   3-7   2008年12月   [査読有り]
Symmetry and asymmetry in the syntax-phonology interface
時崎 久夫
音韻研究: 日本音韻論学会   11 123-130   2008年   [査読有り]
Intrasentential prosody: Conjunction, speech rate and sentence length
時崎 久夫
Nouveaux cahiers de linguistique française   28 359-367   2007年9月   [査読有り]
Linearizing structure with silence: A minimalist theory of syntax-phonology interface
時崎 久夫
筑波大学      2006年12月
Prosody and phrase structure without labels
時崎 久夫
日本英語学会   22(2) 380-405   2005年11月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   63 33-43   2005年10月
Pause and hierarchical structure in sentence and discourse
時崎 久夫
Discourse and Prosody as a complex interface      2005年9月
Proceedings of IDP05: International Symposium.
Université de Province.
(CD-ROM, also available at http://www.lpl.univ-aix.fr/~prodige/idp05/idp05_en.htm)
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   61 103-119   2004年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   56 81-99   2002年3月
In this paper I will point out a number of problems with prosodic hierarchy theory (cf. Selkirk 1984 among others) and will propose an alternative theory based on prosodic boundaries.1 I will also show that the boundary-based theory explains phono...
時崎 久夫
北海道英語英文学   (46) 85-97   2001年6月   [査読有り]
Prominence, phrasing, and movement
時崎 久夫
日本英語学会   17(2) 459-487   2000年12月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   (53) 37-51   2000年10月
Syntax-Phonology Mapping and the Length of Constituents
時崎 久夫
University of Pennsylvania Working Papers in Linguistics   7(1) 275-286   2000年9月
Prosody and Information in Japanese and English
時崎 久夫
文化と言語: 札幌大学外国語学部紀要   (50) 161-194   1999年6月
再帰代名詞と中間態構文
時崎 久夫
日本英語学会(東京都立大学)研究発表論文集   15 241-250   1998年2月
Prosodic phrasing and bare phrase structure
時崎 久夫
Proceedings of the North East Linguistic Society 29   1 381-395   1999年9月   [査読有り]
英語における再帰代名詞の出没
時前 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   31(1) 53-81   1997年9月
時崎 久夫
札幌大学総合論叢   (2) 47-60   1996年10月
時崎 久夫
北海道英語英文学   (41) 81-90   1996年6月
時崎 久夫, 濱田 英人
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   29(1) 1-9   1995年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   28(2) 1-21   1995年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   27(2) 23-30   1994年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   27(1) 1-16   1993年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   25(1) 29-46   1991年12月
時崎 久夫
北海道大学文学部紀要   39(3) 73-90   1991年3月
Variable intonational phrasing in English
時崎 久夫
Proceedings of the Tokyo Linguistics Forum 1st Summer Conference   p149-162   1988年   [査読有り]
時崎 久夫
北海道英語英文学   (32) p55-64   1987年
時崎 久夫
北海道英語英文学   (30) 21-32   1985年

Misc

 
Non-existent word orders and left-branching structure
時崎 久夫, 桑名 保智
GLOW Newsletter   60 145-146   2008年   [査読有り]
"Eel sentences in Japanese and English" A New Century of Phonology and Phonological Theory:A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. ed. by Takeru Honma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tabata, and Shin-・・・
Kaitakusya   571-581   2003年
"Eel sentences in Japanese and English" A New Century of Phonology and Phonological Theory:A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. ed. by Takeru Honma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tabata, and Shin-ichi ...
慣用的分詞構文は例外か?
時崎 久夫
英語学と現代の言語理論   33-36   1999年10月   [査読有り]
自動詞構文の強勢と音調
時崎 久夫
音韻研究——理論と実践 <音韻論研究会10周年記念論文集>: 音韻論研究会(編), 開拓社   33-36   1996年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集
時崎 久夫 (担当:共著, 範囲:音韻論と全体的類型論)
開拓社   2016年9月   
最新英語学・言語学用語辞典
時崎 久夫 (担当:分担執筆, 範囲:音韻論16項目)
開拓社   2015年11月   
“A Stress-Based Theory of Disharmonic Word Orders” in Theoretical approaches to disharmonic word orders, ed. by Theresa Biberauer and Michelle Sheehan
時崎 久夫, 桑名 保智 (担当:共著)
Oxford University Press in Oxford   2013年12月   
“Unattested Word Orders and Left-Branching Structure” in Challenges to Linearization, ed. by Theresa Biberauer and Ian Roberts
時崎 久夫 (担当:共著)
2013年3月   
“Limited Consonant Clusters in OV languages” in Consonant clusters and structural complexity(Interface Explorations [IE] 26), ed. by Philip Hoole, Lasse Bombien, Marianne Pouplier, Christine Mooshammer and Barbara Kühnert
時崎 久夫, 桑名 保智 (担当:共著)
Mouton de Gruyter in Berlin   2012年10月   
"Spell Out before you Merge" in Explorations of Phase Theory: Interpretation at the Interfaces. (Interface Explorations) ed. by Grohmann, Kleanthes K.
時崎 久夫 (担当:共著, 範囲:95-113)
Berlin: de Gruyter   2009年3月   
「自動詞構文の強勢と音調」『音韻研究--理論と実践<音韻論研究会10週年記念論文集>』音韻論研究会(編)
時崎 久夫 (担当:共著)
開拓社   1996年11月   
「慣用的分詞構文は例外か」『英語学と現代の言語理論』
北海道大学図書刊行会   1999年   
"Syntactic Structure and Silence"
時崎 久夫
ひつじ書房   2008年   ISBN:4894763958

講演・口頭発表等

 
ドイツ語の主要部パラメターと語強勢
稲葉 治朗・時崎 久夫
日本独文学会 秋季研究発表会   2017年9月30日   
Deriving Word Order Universals from Phonology
時崎 久夫
Workshop: Phonological externalization of morphosyntactic structure: Universals and variables   2017年7月26日   
Externalization and word order: variables and universals [招待有り]
時崎 久夫
上智大学言語学会32回大会 ワークショップ “On Externalization: Linearization, Language Variation and the Syntax-Phonology Interface”   2017年7月15日   
Prosodic constraint on prenominal modification
時崎 久夫 稲葉 治朗
39th Annual Conference of the German Linguistic Society   2017年3月10日   
名詞前位修飾と音韻制約
時崎 久夫・稲葉 治朗
形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異 第4回ワークショップ   2017年2月21日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異
日本学術振興会: 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 時崎 久夫
強勢と語順の変化に関する理論的・実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 時崎 久夫
音声データによる統語論と音韻論のインターフェイス研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 時崎久夫
非対称写像に基づく音韻と統語の相関研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 時崎 久夫
ロンドン-ルンド・コーパスによる遂行的音調の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 時崎 久夫

社会貢献活動

 
教員免許更新時講習
【講師】  2010年8月 - 2010年8月