時崎 久夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/16 15:23
 
アバター
研究者氏名
時崎 久夫
 
トキザキ ヒサオ
URL
http://toki.nagomix.net/
所属
札幌大学
部署
地域共創学群
職名
教授
学位
文学修士, 博士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
札幌大学 地域共創学群 教授
 
1991年4月
 - 
現在
札幌大学 外国語学部 英語学科 教授
 
1988年10月
 - 
1991年3月
北海道大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
北海道大学 文学研究科 英米文学
 
 
 - 
1983年
北海道大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本英語学会  編集委員
 
2017年6月
 - 
現在
日本音韻論学会  理事
 
2010年
 - 
2013年
日本英語学会  編集委員
 
2006年
 - 
2008年
日本英文学会編集委員 (2006-2008)
 
2005年
 - 
2007年
日本英語学会大会準備委員 (2005-2007)
 

論文

 
Head Parameters and Word Stress in German,
稲葉 治朗 時崎 久夫
Phonological Externalization   3 85-101   2018年
Obligatory Contour Principle and Minimalist Syntax
時崎 久夫
Phonological Externalization   3 73-83   2018年
Externalization, stress and word order
時崎 久夫
上智大学言語学会会報   (32) 18-34   2018年1月   [査読有り][招待有り]
Righthand Head Rule and the typology of word stress
時崎 久夫
KLS   37 251-264   2017年6月   [査読有り][招待有り]
Prosody and branching direction of phrasal compounds
時崎 久夫
Proceedings of the annual meeting of Linguistic Society of America   2(21) 1-10   2017年6月   [査読有り]
Historical changes of word order and word stress: An introduction
時崎 久夫
Phonological Externalization Volume 2   83-100   2017年3月
Word Order and Prosody in the Adnominal Modification Structures
時崎 久夫 稲葉 治朗
Phonological Externalization Volume 2   45-52   2017年3月
Ancrene Wisse における本動詞と目的語の相対的語順と借入語
宮下 治政 時崎 久夫
JELS   (34) 98-104   2017年3月
Prominence and structure of compounds
時崎 久夫
English Linguistics   33(1) 119-144   2016年6月   [査読有り]
Phonological externalization of morphosyntactic structure: Universals and variable
時崎 久夫
Phonological Externalization Volume 1   1-10   2016年3月
Polar Question Particles and the Final-Over-Final Constraint
時崎 久夫 桑名 保智
『文化と言語』(札幌大学外国語学部紀要)   (84) 65-89   2016年3月
Dvandva compounds and Obligatory Contour Principle
時崎 久夫
科学研究費「必異原理の射程と効力に関する研究」成果報告書 2   61-72   2016年2月
A defense of Bare Mapping from syntax to phonology
時崎 久夫
文化と言語   (82) 89-102   2015年3月
Stress and restrictiveness in phrase and compound
時崎 久夫
JELS   32 346-352   2015年2月
必異原理と生成統語論
時崎 久夫
科学研究費「必異原理の射程と効力に関する研究」成果報告書   53-61   2015年2月
Prosody and Head-directionality in Chinese
時崎 久夫
『文化と言語』(札幌大学外国語学部紀要)   (81) 1-20   2014年
Tone in Chinese: Preserving tonal melody in strong positions
時崎 久夫, 那須川 訓也
『中國語文研究』   35(1) 31-46   2014年   [査読有り]
Deriving the Compounding Parameter from Phonology
時崎 久夫
Linguistic Analysis   38(3-4) 275-303   2013年11月   [査読有り]
Introduction to Universal Syntax and Parametric Phonology
時崎 久夫, 土橋 善仁
Linguistic Analysis   38(3-4) 147-151   2013年11月   [査読有り]
時崎 久夫
音声研究: 日本音声学会   17(1) 59-66   2013年4月
Tone in Chinese: Preserving tonal melody in strong positions
時崎 久夫, 那須川 訓也
Proceedings from Phonology in the 21st Century: In Honour of Glyne Piggott: McGill Working Papers in Linguistics,   22(1) 1-8   2012年9月   [査読有り]
音韻と統語の普遍的相関
時崎 久夫
明海大学 : 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)「自律調和的視点から見た音韻類型のモデル」成果報告書   121-131   2012年3月   [査読有り]
時崎 久夫
応用言語学研究 : 明海大学大学院応用言語学研究科紀要   0(14) 27-38   2012年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   76 61-68   2012年3月
The nature of linear information in the morphosyntax-pf interface
時崎 久夫
English Linguistics   28(2) 227-257   2011年12月   [査読有り]
時崎 久夫, 桑名 保智
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   74 87-108   2011年3月
In this paper, we discuss how the semantics of conjunctions affects prosody across clauses/sentences. Nespor and Vogel (1986) observe that phonological rules across sentences may apply when there exists a positive semantic relation (i.e., and, the...
Introduction: Linear information across grammar
時崎 久夫
English Linguistics   28(2) 222-226   2011年12月   [査読有り]
Stress Location and the Acquisition of Morpho-Syntactic Parameters
時崎 久夫
Online Proceedings of the 28th West Coast Conference on Formal Linguistics      2011年2月   [査読有り]
Recursive Compounds and Word-Stress Location
時崎 久夫
On Linguistic Interface II (Belfast)   1-11   2010年12月   [査読有り]
lingbuzz/001467 (http://ling.auf.net/lingbuzz/001467).
Linear information, structure and performance systems
時崎 久夫, 塩原 佳世乃, 那須川 訓也
JELS   (28) 196-197   2010年11月   [査読有り]
Syllable Structure, Stress Location and Head-Complement Order
時崎 久夫
音韻研究: 日本音韻論学会   13 135-136   2010年8月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   72 31-41   2010年3月
時崎 久夫, 桑名 保智
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   70 35-51   2009年3月
Consonant clusters across word-boundaries
時崎 久夫
Proceedings of 2008 the Phonology-Morphology Circle of Korea Annual Workshop   3-7   2008年12月   [査読有り]
Symmetry and asymmetry in the syntax-phonology interface
時崎 久夫
音韻研究: 日本音韻論学会   11 123-130   2008年   [査読有り]
Intrasentential prosody: Conjunction, speech rate and sentence length
時崎 久夫
Nouveaux cahiers de linguistique française   28 359-367   2007年9月   [査読有り]
Linearizing structure with silence: A minimalist theory of syntax-phonology interface
時崎 久夫
筑波大学      2006年12月
Prosody and phrase structure without labels
時崎 久夫
日本英語学会   22(2) 380-405   2005年11月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   63 33-43   2005年10月
Pause and hierarchical structure in sentence and discourse
時崎 久夫
Discourse and Prosody as a complex interface      2005年9月
Proceedings of IDP05: International Symposium.
Université de Province.
(CD-ROM, also available at http://www.lpl.univ-aix.fr/~prodige/idp05/idp05_en.htm)
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   61 103-119   2004年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   56 81-99   2002年3月
In this paper I will point out a number of problems with prosodic hierarchy theory (cf. Selkirk 1984 among others) and will propose an alternative theory based on prosodic boundaries.1 I will also show that the boundary-based theory explains phono...
時崎 久夫
北海道英語英文学   (46) 85-97   2001年6月   [査読有り]
Prominence, phrasing, and movement
時崎 久夫
日本英語学会   17(2) 459-487   2000年12月   [査読有り]
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   (53) 37-51   2000年10月
Syntax-Phonology Mapping and the Length of Constituents
時崎 久夫
University of Pennsylvania Working Papers in Linguistics   7(1) 275-286   2000年9月
Prosody and Information in Japanese and English
時崎 久夫
文化と言語: 札幌大学外国語学部紀要   (50) 161-194   1999年6月
再帰代名詞と中間態構文
時崎 久夫
日本英語学会(東京都立大学)研究発表論文集   15 241-250   1998年2月
Prosodic phrasing and bare phrase structure
時崎 久夫
Proceedings of the North East Linguistic Society 29   1 381-395   1999年9月   [査読有り]
英語における再帰代名詞の出没
時前 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   31(1) 53-81   1997年9月
時崎 久夫
札幌大学総合論叢   (2) 47-60   1996年10月
時崎 久夫
北海道英語英文学   (41) 81-90   1996年6月
時崎 久夫, 濱田 英人
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   29(1) 1-9   1995年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   28(2) 1-21   1995年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   27(2) 23-30   1994年3月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   27(1) 1-16   1993年10月
時崎 久夫
文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要   25(1) 29-46   1991年12月
時崎 久夫
北海道大学文学部紀要   39(3) 73-90   1991年3月
Variable intonational phrasing in English
時崎 久夫
Proceedings of the Tokyo Linguistics Forum 1st Summer Conference   p149-162   1988年   [査読有り]
時崎 久夫
北海道英語英文学   (32) p55-64   1987年
時崎 久夫
北海道英語英文学   (30) 21-32   1985年

Misc

 
Non-existent word orders and left-branching structure
時崎 久夫, 桑名 保智
GLOW Newsletter   60 145-146   2008年   [査読有り]
"Eel sentences in Japanese and English" A New Century of Phonology and Phonological Theory:A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. ed. by Takeru Honma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tabata, and Shin-・・・
Kaitakusya   571-581   2003年
"Eel sentences in Japanese and English" A New Century of Phonology and Phonological Theory:A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday. ed. by Takeru Honma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tabata, and Shin-ichi ...
慣用的分詞構文は例外か?
時崎 久夫
英語学と現代の言語理論   33-36   1999年10月   [査読有り]
自動詞構文の強勢と音調
時崎 久夫
音韻研究——理論と実践 <音韻論研究会10周年記念論文集>: 音韻論研究会(編), 開拓社   33-36   1996年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集
時崎 久夫 (担当:共著, 範囲:音韻論と全体的類型論)
開拓社   2016年9月   
最新英語学・言語学用語辞典
時崎 久夫 (担当:分担執筆, 範囲:音韻論16項目)
開拓社   2015年11月   
“A Stress-Based Theory of Disharmonic Word Orders” in Theoretical approaches to disharmonic word orders, ed. by Theresa Biberauer and Michelle Sheehan
時崎 久夫, 桑名 保智 (担当:共著)
Oxford University Press in Oxford   2013年12月   
“Unattested Word Orders and Left-Branching Structure” in Challenges to Linearization, ed. by Theresa Biberauer and Ian Roberts
時崎 久夫 (担当:共著)
2013年3月   
“Limited Consonant Clusters in OV languages” in Consonant clusters and structural complexity(Interface Explorations [IE] 26), ed. by Philip Hoole, Lasse Bombien, Marianne Pouplier, Christine Mooshammer and Barbara Kühnert
時崎 久夫, 桑名 保智 (担当:共著)
Mouton de Gruyter in Berlin   2012年10月   
"Spell Out before you Merge" in Explorations of Phase Theory: Interpretation at the Interfaces. (Interface Explorations) ed. by Grohmann, Kleanthes K.
時崎 久夫 (担当:共著, 範囲:95-113)
Berlin: de Gruyter   2009年3月   
「自動詞構文の強勢と音調」『音韻研究--理論と実践<音韻論研究会10週年記念論文集>』音韻論研究会(編)
時崎 久夫 (担当:共著)
開拓社   1996年11月   
「慣用的分詞構文は例外か」『英語学と現代の言語理論』
北海道大学図書刊行会   1999年   
"Syntactic Structure and Silence"
時崎 久夫
ひつじ書房   2008年   ISBN:4894763958

講演・口頭発表等

 
Japanese accent in word-prosodic typology
時崎 久夫
NAPhCX Tenth North American Phonology Conference   2018年5月5日   
全体的類型論による日本語の韻律分析
時崎 久夫
科学研究費 基盤研究(B) 隣接諸科学乗り入れ型の手法による音韻理論の外的・内的検証の研究 2017年度研究成果発表会   2018年3月26日   
Borrowing, Stress Shift and Word Order Change in the History of English
SLIN 18 (Storia della Lingua Inglese)   2018年3月16日   
韻律から見たドイツ語の語順
稲葉治朗・時崎久夫
形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異 第6回ワークショップ   2018年2月17日   
ドイツ語の主要部パラメターと語強勢
稲葉 治朗・時崎 久夫
日本独文学会 秋季研究発表会   2017年6月15日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異
日本学術振興会: 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 時崎 久夫
強勢と語順の変化に関する理論的・実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 時崎 久夫
音声データによる統語論と音韻論のインターフェイス研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 時崎久夫
非対称写像に基づく音韻と統語の相関研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 時崎 久夫
ロンドン-ルンド・コーパスによる遂行的音調の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 時崎 久夫

社会貢献活動

 
教員免許更新時講習
【講師】  2010年8月 - 2010年8月