谷 哲弥

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 16:19
 
アバター
研究者氏名
谷 哲弥
 
タニ テツヤ
所属
近畿大学
部署
農学部
職名
講師
学位
農学博士(近畿大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2007年
 近畿大学農学部 助手
 
2008年
   
 
- 近畿大学農学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年
近畿大学 農学研究科 畜産学
 

論文

 
Effect of phytohemagglutinin (PHA) on nuclear transfer pig embryos in vitro
谷 哲弥
Journal of Mammalian Ova Research   36 33-43   2019年4月   [査読有り]
Tani T, Eitsuka T, Katayama M, Nagamine T, Nakaya Y, Suzuki H, Kiyono T, Nakagawa K, Inoue-Murayama M, Onuma M, Fukuda T
PloS one   14(8) e0221364   2019年   [査読有り]
Katayama M, Hirayama T, Tani T, Nishimori K, Onuma M, Fukuda T
Journal of cellular physiology   233(2) 990-1004   2018年2月   [査読有り]
Katayama M, Hirayama T, Kiyono T, Onuma M, Tani T, Takeda S, Nishimori K, Fukuda T
The Journal of reproduction and development   63(3) 311-318   2017年6月   [査読有り]
Tani T, Kato Y
Cellular reprogramming   19(2) 95-106   2017年4月   [査読有り]
For reprogramming a somatic nucleus during mammalian cloning, metaphase of the second meiotic division (MII) oocytes has been widely used as recipient cytoplasm. High activity of maturation-promoting factor (MPF) and mitogen-activated protein kina...
Fukuda T, Tani T, Haraguchi S, Donai K, Nakajima N, Uenishi H, Eitsuka T, Miyagawa M, Song S, Onuma M, Hoshino Y, Sato E, Honda A
Journal of cellular biochemistry   118(3) i   2017年3月
Fukuda T, Tani T, Haraguchi S, Donai K, Nakajima N, Uenishi H, Eitsuka T, Miyagawa M, Song S, Onuma M, Hoshino Y, Sato E, Honda A
Journal of cellular biochemistry   118(3) 537-553   2017年3月   [査読有り]
Ezoe K, Yabuuchi A, Tani T, Mori C, Miki T, Takayama Y, Beyhan Z, Kato Y, Okuno T, Kobayashi T, Kato K
PloS one   10(5) e0126801   2015年   [査読有り]
Hirai H, Tani T, Katoku-Kikyo N, Kellner S, Karian P, Firpo M, Kikyo N.
Stem Cells   Sep;29(9) 1349-61   2011年9月   [査読有り]
Induced pluripotent stem cells (iPSCs) can be created by reprogramming differentiated cells through introduction of defined genes, most commonly Oct4, Sox2, Klf4, and c-Myc (OSKM). However, this process is slow and extremely inefficient. Here, we ...
Hiroyuki Hirai, Tetsuya Tani, Nobuaki Kikyo
International Journal of Developmental Biology   54 1589-1596   2011年8月
Induced pluripotent stem cell (iPSC) technology is a promising approach for converting one type of a differentiated cell into another type of differentiated cell through a pluripotent state as an intermediate step. Recent studies, however, indicat...
Tani T, Shimada H, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning Stem Cells   9(9) 267-280   2007年7月
Despite the long-held assumption that reprogramming factors are present in mammalian oocytes at the second metaphase stage, the molecular nature of these factors is not known. Here, we demonstrated that oocytes with the potential to reprogram soma...
Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Frontires in Bioscience   12(1) 2693-2705   2007年1月   [査読有り]
Tani T, Shimada H, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning Stem Cells   8(8) 61-66   2006年4月
The present study demonstrated that demecolcine treatment for at least 30 min produces a membrane protrusion in metaphase II-stage bovine oocytes. The maternal chromosome mass is condensed within the protrusion, which makes it easy to remove the m...
S. Matsushita, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Animal Reproduction Science   84 293-301   2004年9月
The present study examined the competence of oocytes from bovine ovaries stored at low temperatures for at least 1 day, which is the necessary time period to complete inspection for bovine spongiform encephalopathy. Storage of ovaries at 10°C for ...
Kato Y, Imabayashi H, Mori T, Tani T, Taniguchi M, Higashi M, Matsumoto M, Umezawa A, Tsunoda Y
Biology of reproduction   70(2) 415-418   2004年2月   [査読有り]
Tetsuya Tani, Yoko Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Biology of reproduction   69: 1890 - 1894 1890-1894   2003年12月
Cloned mammals with normal fertility have been produced by nuclear transfer. Thus, oocyte cytoplasm has the ability to convert differentiated somatic cell nuclei into a state that resembles the conditions that occur at fertilization (nuclear repro...
Masahiro Kawakami, Tetsuya Tani, Xi Jun Yin, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   48 409-414   2002年12月   [査読有り]
The effects of oxygen tension (5% and 20%) during in vitro culture of oocytes and fetal fibroblast cells on the developmental potential of parthenogenetic and nuclear-transferred porcine oocytes were examined. The potential of parthenogenetic oocy...
Yin XJ*, Tani T*, Yonemura I, Kawakami M, Miyamoto K, Hasegawa R, Kato Y, Tsunoda Y (*equal contribution)
Biology of Reproduction   67(67) 442-446   2002年1月   [査読有り]
The present study demonstrated that brief treatment of in vitro-matured porcine oocytes with demecolcine results in a membrane protrusion that contains a condensed chromosome mass, which can be easily removed by aspiration. This simple, chemically...
Tomokazu Amano, Tetsuya Tani, Yoko Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Journal of Experimental Zoology   289 109-118   2001年2月   [査読有り]
Yabuuchi A, Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Journal of Experimental Zoology   289(3) 208-212   2001年2月   [査読有り]
The in vitro and in vivo developmental potential of nuclear transferred embryos receiving follicular epithelial cells pretreated with spermine (5 and 20 mM), protamine (0.25 and 25 mg/ml), or putrescine (1 and 100 microg/ml) at room and reduced te...
Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Biology of Reproduction   64(64) 324-330   2001年1月   [査読有り]
We examined the in vitro developmental potential of non-activated and activated enucleated ova receiving cumulus cells at various stages of the cell cycle. Eleven to 29% of activated ova receiving donor cells stopped developing at the 8-cell stage...
X. J. Yin, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   54 1469-1476   2000年12月   [査読有り]
The present study determined a suitable parthenogenetic activation procedure for rabbit oocytes and examined the developmental potential of enucleated oocytes receiving cultured cumulus cells. Unfertilized oocytes recovered from superovulated rabb...
T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53(8) 1623-1629   2000年5月   [査読有り]
An efficient method for freezing donor cells is necessary when using nucleus transfer of somatic cells for large-scale cloning. In the present study, we developed a method for freezing and thawing bovine cumulus cell-derived cultured cells to be u...
T. Amano, K. Nakamura, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1449-1458   2000年4月   [査読有り]
The sensitivity of the inner cell mass (ICM) and trophectoderm (TE) of mouse blastocysts to high temperatures was examined. When blastocysts with a diameter of 100 to 120 μm treated for 15 to 20 min at 45°C were cultured in vitro, the cell number ...
B. X. Nguyen, B. X. Nguyen, Y. Sotomaru, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1439-1448   2000年4月   [査読有り]
Preservation by vitrification of Day 7 and Day 8 bovine blastocysts derived from nuclear transfer with cumulus cells was compared with preservation of in vitro fertilized blastocysts. In Experiment 1, embryos were vitrified in PBS containing 60% e...
Kato Y, Tani T, Sotomaru Y, Kurokawa K, Kato J, Doguchi H, Yasue H, Tsunoda Y
Science   282(282) 2095-2098   1998年12月   [査読有り]
Eight calves were derived from differentiated cells of a single adult cow, five from cumulus cells and three from oviductal cells out of 10 embryos transferred to surrogate cows (80 percent success). All calves were visibly normal, but four died a...

Misc

 
ウシインターフェロンタウの高感度定量法の確立
谷 哲弥
日本畜産学会第124回大会      2019年9月
谷哲弥
Journal of Reproduction and Development   64(Suppl Japanese Issue) j74-j74   2018年9月
PHA処理がブタ体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼす影響(Effect of phytohemagglutinin(PHA) on nuclear transfer pig embryos in vitro)
ンドゥブイシ・マチェベ, 清水 聡一郎, 秦 仁樹, 大畠 一輝, 谷 哲弥, 加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   36(1) 33-43   2019年4月
本研究では、ブタ単為発生卵ならびに体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼすPHAの影響を検討した。単為発生卵ではPHA処理するとミトコンドリア活性が向上することがわかった。体細胞核移植卵では細胞融合前にPHAで5分間処理すると卵割率と胚盤胞への発生率が有意に向上した。また、ミトコンドリア関連遺伝子であるATPase6とND1の発現量が有意に増加した。以上の結果から、PHAの前処理は、ミトコンドリア活性に影響を及ぼしてブタ体細胞核移植卵の体外発生能を向上させることが示唆された。(著者抄録)
福田智一, 谷哲弥, 原口清輝, 土内憲一郎, 中嶋信美, 上西博英, 永塚貴弘, 宮川誠, 宋相憲, 大沼学, 星野由美, 佐藤英明, 本多新
日本畜産学会大会講演要旨   124th 215-215   2018年3月
片山雅史, 片山雅史, 平山貴士, 谷哲弥, 西森克彦, 大沼学, 福田智一, 福田智一
Program & Abstracts. Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology   30th 63   2017年7月
山口正義, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J156-92-P-92   2015年9月
【目的】哺乳動物では,個体が老化するにつれて生殖能力が低下する。すなわち,雌では,個体の老化に伴い卵子の老化も生じているためである。卵子の老化には,核(染色体)と細胞質中因子の両者に生じる様々な変異が含まれており,一度生じた卵子の老化を消去することは困難で,老齢個体から採取した卵子を若返らすことは容易にはできない。一方,近年,母体の栄養状態や給餌内容(栄養素)が,母体の生殖能力に影響を及ぼすことが相次いで発表されている。そこで,本研究では,老齢マウスの生殖能力を経時的に検討するとともに,給...
片山雅史, 片山雅史, 片山雅史, 平山貴士, 谷哲弥, 西森克彦, 大沼学, 大沼学, 福田智一, 福田智一
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   23rd 76   2017年
秦仁樹, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J135-50-P-50   2015年9月
【目的】ICSIにより卵母細胞内に注入された精子は,先体反応や卵母細胞膜との融合を経ておらず,卵細胞質内において先体および完全な細胞膜を有したまま存在することになる。そのため,先体および精子細胞膜の存在が,ICSIでの一連の受精現象の不成立,特に精子核の脱凝縮や前核形成の遅延や阻害を引き起こしている可能性が考えられる。TritonX (TX)やリゾレシチン(LL)といった界面活性剤で精子を前処理して,予め細胞膜を除去し,先体反応を誘起すると,マウスICSI卵の産仔作出率が向上することが報告...
Pre-fusion treatment with phytohaemaglutinin-P (PHA-P) increases relative expression of mitochondria related genes in somatic cell nuclear transfer embryos in pig
Ndubuisi Samuel MACHEBE, Masaki HATA, Kohei ARIFUKU, Yurika NARUMIYA,Yuki ITANI, Kazuki OHATA, Tetsuya TANI and Yoko KATO
The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societie      2016年8月
片山雅史, 平山貴士, 堀江健吾, 清野透, 土内憲一郎, 谷哲弥, 竹田省, 西森克彦, 福田智一
Journal of Reproduction and Development   62(Suppl Japanese Issue) j79-j79   2016年9月
福田智一, 谷哲弥, 原口清輝, 土内憲一郎, 中嶋信美, 上西博英, 永塚貴弘, 宮川誠, 宋相憲, 大沼学, 星野由美, 佐藤英明, 本多新
日本実験動物学会総会講演要旨集   64th 227   2017年4月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   61(Suppl Japanese Issue) J150-80-P-80   2015年9月
【目的】マウス体細胞核移植クローンの作出効率,特に移植後の後期発生率は依然として低く,その改善が求められている。核移植胚では発生を通して多くの遺伝子が異常な発現を示しており,低発生能の一因であると考えられる。我々は核移植胚の遺伝子発現に着目し,その発現を指標に高発生能を有すると推察できる核移植胚を,移植前選別することによる効率の改善を試みてきた(第106回本学会等)。本実験では,Oct3/4,Nanogの発現様式を指標として胚盤胞期での選別を行い,体内発生能を検討した。【方法】核移植のドナ...
Evaluation of the impact of pre-exposure to PHA on developmental efficiency of porcine PA and SCNT embryos
Ndubuisi Samuel MACHEBE, Masaki HATA, Kohei ARIFUKU, Yurika NARUMIYA,Yuki ITANI, Kazuki OH
日本畜産学会第121回大会      2016年3月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Mamm Ova Res   32(2) S27-S27   2015年4月
Development of porcine cloned embryos produced using fibroblast and porcine induced pluripotent stem cells as nuclei donor cell types
Ndubuisi Samuel MACHEBE, Masaki HATA, Kohei ARIFUKU, Yurika NARUMIYA,Yuki ITANI, Kazuki OHATA, Tomokazu FUKUDA, Tetsuya TANI and Yoko KATO
International Symposium on the Future of Nuclear Transfer and Nucleara Reprogramming      2016年3月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   60(Suppl Japanese Issue) J142-85-P-85   2014年8月
【目的】マウス体細胞核移植卵は,胚盤胞までは高率に発生するが,移植後の体内発生能は非常に低い。低発生能の原因は多く存在するが,それを初期発生の時点で見つけ出し,発生予後が良いと推測される核移植卵のみを移植することができれば,移植効率は向上すると考えられる。我々は以前,核移植由来の双子胚を作り,胚盤胞における遺伝子発現レベルを指標に核移植卵の選別を行ったが改善には至らなかった(第106回本学会大会)。また,形態的な選別法として核移植卵の2細胞期における割球サイズの差異による選別を試みた結果,...
福田智一, 谷哲弥, 原口清輝, 土内憲一郎, 星野由美, 西森克彦
J Reprod Dev   60(Suppl Japanese Issue) J67-10-OR1-10   2014年8月
【目的】人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは人工的に遺伝子を導入し,終末分化した体細胞に生殖細胞を含む全身の細胞へ分化できる全能性を付加する技術である。ヒトおよびマウスにおいてこのiPS細胞誘導技術は確立されているが,重要な家畜であるブタにおいてその技術の確立は十分とは言えない。我々はブタ由来胎児性線維芽細胞から人工多能性幹細胞の形態を示す細胞を得て,その生物学的特性を解析した。【方法】山中4因子(Oct3/4, Sox2, Klf4, c-myc)を発現するSTEMCCAレンチウィルスおよ...
谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   60(Suppl Japanese Issue) J78-32-OR1-32   2014年8月
【目的】排卵及び体外成熟した多くの哺乳動物の未受精卵は,第二減数分裂中期で細胞周期を停止した後,ある一定期間内に受精することにより胚発生を開始する。受精しなかった未受精卵は,加齢期間に伴いその発生能を徐々に失うことが知られている。我々は,ブタ体外成熟卵を24及び48時間培養した体外加齢未受精卵においても単為発生及び体細胞クローン胚の体外発生能を,低下させない培養法を報告した(第105,106回本大会)。本研究では,体外加齢培養に伴う生物学的特性を解析と体外受精卵の体外発生能を検討した。【方...
清水聡一郎, 谷哲弥, 加藤容子
J Mamm Ova Res   31(2) S44-S44   2014年4月
大畠一輝, 谷哲弥, 加藤容子
J Mamm Ova Res   31(2) S54-S54   2014年4月
松下淳, 谷哲弥, 加藤容子
日本畜産学会大会講演要旨   118th 202-202   2014年3月
谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   59(Suppl Japanese Issue) J76-j76   2013年8月
【目的】排卵された未受精卵は,第二減数分裂中期で細胞周期を停止しており数時間以内に受精することで発生を開始する。体外受精や体細胞クローンなどの発生工学研究において,排卵直後の状態の未受精卵を用いることが一般的であり,体外及び体内での未受精卵の加齢は,卵細胞質の機能変化やその後の胚発生を大きく阻害することが知られている。特にブタ体細胞クローン研究では,胚移植に多数のクローン胚を準備する必要があるが一回の実験で操作できる未受精卵数は限られてくる。我々は,体外成熟したブタ未受精卵の単為発生及びク...
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
J Reprod Dev   58(Suppl Japanese Issue) J109   2012年8月
【目的】未受精卵をレシピエント卵細胞として作製された体細胞クローン胚は、卵細胞質内で起こる核リプログラミングが不完全ため個体への発生能が低く、その原因の一つとして未受精卵子に含まれている核リプログラミング因子の量的問題が推測されるが不明な点が多い。またES細胞と体細胞の融合法では、ES細胞に予めNANOGを強発現することでその効率が向上することやiPS細胞の誘導においてもそれぞれの核リプログラミング因子の量的バランスが重要であることが報告されている。そこで本研究では、予め既知の核リプログラ...
中野真夕, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
J Mamm Ova Res   26(2) S81   2009年4月
谷哲弥, 島田浩明, 加藤容子, 角田幸雄
J Reprod Dev   53(Supplement) J126   2007年9月
Radical Acceleration of Nuclear Reprogramming by Chromatin Remodeling with the Transactivation Domain of MyoD
谷 哲弥
第34回日本分子生物学会年会      2011年12月
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
J Reprod Dev   52(Supplement) J118   2006年8月
MECHANISM OF NUCLEAR REPROGRAMMING DURING IPS CELL GENERATION
Kellner Steven, Hirai Hiroyuki, Tani Tetsuya, Katoku-Kikyo Nobuko, Firpo Meri, Kikyo Nobuaki
Internatinal Society for Stem Cell Reserch      2010年6月
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   105th 74   2005年8月
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   110th 83   2009年3月
中野 真夕, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   26(2)    2009年4月
谷口雅律, 佐藤敬明, 川辺久浩, 松本道夫, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
熊本県農業研究センター畜産研究所試験成績書   2001 120-121   2002年11月
Demecolcine処理がウシ体細胞核移植卵の発生能に及ぼす影響
谷 哲弥
第95回日本繁殖生物学会(岩手)      2002年9月
ウシ体細胞核移植において、Demecolcine処理は有効である事が明らかとなった。
川上雅弘, 谷哲弥, いんき俊, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   100th 102   2002年3月
培養中の酸素濃度の影響について検討した。
谷口雅律, 中嶋達彦, 松本道夫, 田川博稔, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
熊本県農業研究センター畜産研究所試験成績書   2002 130-132   2003年11月
活性化条件とドナー細胞の種類が豚体細胞由来再構築卵の体外発生能に及ぼす影響
角田 幸雄, Yin Xi Jun, 谷 哲弥, 川上雅弘, 加藤 容子, 米村功
第 99 回日本畜産学会 (長野)      2001年9月
ブタ体細胞核移植卵の 10%が胎盤胞へ発生することを明らかにした。
角田幸雄, 谷哲弥, 加藤容子
日本畜産学会大会講演要旨   98th 21   2001年3月
シンポジウムで、 体細胞クローン作出研究の現状と問題点について紹介した。
YIN X J, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   98th 106   2001年3月
ドナ細胞を未受精卵に融合後、 時間をおいて除核した場合の核移植卵の発生能を検討した。
Tomokazu Amano, Tetsuya Tani, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Experimental Zoology   289 109-118   2001年2月
Plasma leptin and thyroxin concentrations of eleven raccoon dogs and eleven blue foxes were monitored for 6 months. Half of the animals were placed on a 3-week fast in November. Leptin levels were low in summer, but in October they rose significan...
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
J Reprod Dev   45(Supplement) A14   2000年12月
JUN Y X, 谷哲弥, 米村功, 川上雅弘, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   99th 56   2001年8月
川上 雅弘, 谷 哲弥, YIN Xi Jun, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of reproduction and development   48(4) 409-414   2002年8月
角田幸雄, 谷哲弥, 加藤容子
J Reprod Dev   45(Supplement) J61-J64   2000年12月
薮内晶子, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   97th 118   2000年3月
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   97th 117   2000年3月
YIN X J, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   97th 118   2000年3月
天野朋和, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   96th 85   1999年9月
天野朋和, 谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   97th 119   2000年3月
谷哲弥, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   96th 84   1999年9月
外丸祐介, 谷哲弥, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   91st 47   1998年8月
谷哲弥, 外丸祐介, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本繁殖生物学会講演要旨   91st 47   1998年8月
外丸祐介, 谷哲弥, 高橋清也, 今井裕, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   94th 176   1998年3月
谷哲弥, 外丸祐介, 高橋清也, 今井裕, 加藤順也, 加藤容子, 角田幸雄
日本畜産学会大会講演要旨   94th 175   1998年3月
角田 幸雄, 谷 哲弥, 加藤 容子
Journal of Reproduction and Development   45(0) j61-64   1999年12月
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   16(2)    1999年4月
谷 哲弥, 外丸 祐介, 加藤 順也, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   15(2)    1998年4月

書籍等出版物

 
幹細胞・クローン研究プロトコール―再生医学をめざした幹細胞の分離・培養・分化制御から再プログラム化の研究まで (ポストゲノム時代の実験講座)
谷 哲弥 (担当:分担執筆, 範囲:体細胞クローンウシの作製)
羊土社   2001年11月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 谷 哲弥
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 谷 哲弥
iPS細胞による転写因子型初期化において、Oct4の標的領域への結合力が極めて重要であり、他の転写因子MyoD及びVP16の転写活性化領域をOct4に付加することでその結合を強め効率的にまた均一にiPS細胞へ初期化されることを見いだした。しかしながら体細胞核移植による卵細胞質型初期化は促進しなかった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 谷 哲弥
体細胞核移植における核リプログラミング能力を強化するために、iPS細胞の誘導に必要な核リプログラミング関連因子(Oct3/4,sox2,klf4,c-Myc,Nanog,Gadd45a)を強発現させたブタ未受精卵を作出してレシピエント卵細胞として用いたが、核移植卵の体外発生能を向上させることはできなかった。
未受精卵からの体細胞核初期化因子の同定と体細胞クローン技術への応用
稲盛財団: 研究助成金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 谷 哲弥
改変未受精卵を用いた体細胞核移植の初期化促進の試み
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 谷 哲弥
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 谷 哲弥
核移植技術を用いた体細胞クローン動物の作出は、未受精卵子の中に含まれると考えられる体細胞核を初期化することができる因子の存在を明らかにした。また、細胞周期制御の観点から核移植卵の正常性を検討した結果、MII期卵が紡錘体阻害剤により活性化されるスピンドルチェックポイントを核移植卵で調べると、未受精卵子の場合と異なり活性化しないことが明らかとなった。体細胞核の初期化を誘導する可能性のある因子をウシ未受精卵子のプロテオームにより同定した。そのタンパクは、リン酸化されたTCTP(transcrip...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 角田 幸雄
胚性幹細胞(ES細胞)とは、1個の胚盤胞内細胞塊に由来する継代培養可能な細胞であり、他の胚と集合したり注入したのち受胚雌に移植するとキメラ個体が得られることから、遺伝子組換えを行ったES細胞から作出したキメラを正常なマウスと交配することによって多数のモデルマウスが作出されている。1999年に、ES細胞を除核未受精卵へ移植することによって生殖能力を持つマウス個体が得られる場合のあることが明らかとなった。しかしながら、産子への発生率は極めて低く、また得られた産子の多くは分娩直後に死亡することが...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 角田 幸雄
1997年に、成雌羊乳腺培養細胞を未受精卵に核移植することによって1頭の子羊が作出されて以来、体細胞クローン作出技術を家畜の育種・改良へ応用するための研究が行われてきた。その結果、成雌牛あるいは雄牛の体細胞の核移植によって確実に子牛を生産できるようになった。一方で、流産、死産、産直死等の異常が頻発することも明らかとなった。これに対して、体細胞クローン豚では牛でみられたような異常は認められていないが、成功率がきわめて低く、また成功例も乏しい。核移植の成功率を左右する要因として、ドナー核の単離...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 谷 哲弥
哺乳動物の卵子を用いた核移植の実験において、ドナー細胞とレシピエント未受精卵細胞質の細胞周期の同調が極めて重要とされている。また、体細胞核を用いた核移植において、G0期のドナー細胞をM期の除核したレシピエント卵細胞質に同調及び融合することでクローン個体を作出する事ができる。そこで、各細胞周期(G0,G1,S、M及びG2期)に同調された細胞をドナーとして用いて核移植を行った。すなわち卵細胞質は、第二減数分裂中期の卵細胞質(M期)とその卵細胞質に活性化刺激を与えた活性化卵子(S期)をレシピエン...