木原 正博

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/01 12:10
 
アバター
研究者氏名
木原 正博
 
キハラ マサヒロ
所属
京都大学
部署
大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 国際保健学講座 社会疫学分野
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年
京都大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本エイズ学会  理事
 
1999年
   
 
日本公衆衛生学会  学会誌編集委員
 
2002年
   
 
日本性感染症学会  理事
 

受賞

 
1982年
国際高血圧学会 DeMuth賞
 
1983年
日本心臓財団 佐藤賞
 
1992年
上原記念生命科学財団 研究奨励金
 
1992年
神奈川県公衆衛生協会 奨励賞
 
1994年
神奈川県公衆衛生協会 奨励賞
 

論文

 
Changes in Sexual Behavior and Attitudes Across Generations and Gender Among a Population-Based Probability Sample From an Urbanizing Province in Thailand
1. Techasrivichien T, Darawuttimaprakorn N, Punpuing S, Musumari PM, Lukhele BW, El-Saaidi C, Suguimoto SP, Feldman MD, Ono-Kihara M, Kihara M
Arch Sex Behav   10    2014年11月   [査読有り]
Musumari PM, Wouters E, Kayembe PK, Kiumbu Nzita M, Mbikayi SM, Suguimoto SP, Techasrivichien T, Lukhele BW, El-Saaidi C, Piot P, Ono-Kihara M, Kihara M
PLoS One.   9(1)    2014年6月   [査読有り]
S.P. Suguimoto; T. Techasrivichien; P.M. Musumari; C. El-saaidi; B.W. Lukhele; M. Ono-Kihara; M. Kihara
Current HIV/AIDS Reports      2014年   [査読有り]
B. Ghimire; S.P. Suguimoto; S. Zamani; M. Ono-Kihara; M. Kihara
BMC Public Health   13(1)    2013年   [査読有り]
P.M. Musumari; M.D. Feldman; T. Techasrivichien; E. Wouters; M. Ono-Kihara; M. Kihara
AIDS Care - Psychological and Socio-Medical Aspects of AIDS/HIV   25(10) 1271-1277   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Health of HIV-Infected People: Food, Nutrition, and Lifestyle without Antiretroviral Drugs
Patou Masika Musumari, Teeranee Techasrivichien, S.Pilar Suguimoto, Masako-Ono Kihara, Masahiro Kihara (担当:共著, 範囲:Undernutrition, Food Insecurity, and Antiretroviral Outcomes: An Overview of Evidence from sub-Saharan Africa)
Elsevier publisher/Academic Print (AP)   2015年   
医学的研究のデザイン第4版:研究の質を高める疫学的アプローチ
木原雅子、木原 正博 (担当:共訳)
メディカルサイエンスインターナショナル   2014年8月   
医学的介入の研究デザインと統計:ランダム化/非ランダム化研究から傾向スコア、操作変数法まで
木原正博、木原雅子 (担当:共訳)
メディカルサイエンスインターナショナル   2013年10月   
疫学と人類学:医学的研究におけるパラダイムシフト
木原正博、木原雅子 (担当:共訳)
メディカルサイエンスインターナショナル   2012年12月   
現代の医学的研究方法-質的・量的方法、ミクストメソッド、EBP.
木原雅子、木原正博 (担当:共訳)
メディカルサイエンスインターナショナル   2012年5月   

講演・口頭発表等

 
Changes in Sexual Behavior and Attitudes across Generations and Gender among a Population-based Probability Sample of an Urbanizing Province in Thailand (BEST POSTER AWARD)
Techasrivichien T, Darawuttimaprakorn N, Punpuing S, Musumari PM, Lukhele BW, El-saaidi C, Suguimoto SP, Feldman MD, Ono-Kihara M, Kihara M
World Health Summit Regional Meeting Asia – Kyoto   2015年4月12日   
Study of HIV/AIDS and Food Insecurity: Review and Implications for Interventions in Reducing Global Inequities
Patou Masika Musumari, Krishna Mohan
Conference on Reducing Inequities Global in a Global and Regional Area, Bangkok, Thailand   2015年3月   
The impact of maternal isolation on the child-rearing cost among mothers in Japan(口演優秀賞)
本多由起子、木原雅子、木原正博
第25回日本疫学会、名古屋   2015年1月21日   
都市に住む母親の孤独感と完全母乳栄養中断に関するMixed Methods研究
本多由起子、木原雅子、木原正博
第73回日本公衆衛生学会、栃木県   2014年11月5日   
Global Health Education: Need for documented examples to outline the multidisciplinary and interdisciplinary nature of global health
Patou Masika Musumari, Teeranee Techasrivichien, S.Pilar Suguimoto, Christina El-saadi, Bhekumusa Lukhele Wellington, Masako Ono-Kihara, Masahiro Kihara
Association od Pacific Rim Universities (APRU) Global Health Workshop, Taipei, Taiwan   2014年9月24日   

競争的資金等の研究課題

 
エイズの社会疫学的研究
発がんの遺伝素因に関する分子疫学的研究