MIZOWAKI Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 6, 2018 at 19:07
 
Avatar
Name
MIZOWAKI Takashi
Affiliation
Kyoto University
Section
Graduate School of Medicine
Job title
Lecture
Degree
Doctor of Medicine
ORCID ID
0000-0002-8135-8746

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Iwai A, Umeda K, Uto M, Nihira H, Kawaguchi K, Mikami M, Nodomi S, Saida S, Hiramatsu H, Ogura K, Tanji M, Arakawa Y, Sakamoto T, Adachi S, Mizowaki T, Heike T
Pediatric blood & cancer   64(8)    Aug 2017   [Refereed]
Matsuo Y, Shibuya K, Okubo K, Ueki N, Aoyama A, Sonobe M, Nakamura M, Mizowaki T, Date H, Hiraoka M
Acta oncologica (Stockholm, Sweden)   56(7) 957-962   Jul 2017   [Refereed]
Shintani T, Matsuo Y, Iizuka Y, Mitsuyoshi T, Umeoka S, Nakamoto Y, Mizowaki T, Togashi K, Hiraoka M
European journal of radiology   92 58-63   Jul 2017   [Refereed]
Mukumoto N, Nakamura M, Akimoto M, Miyabe Y, Yokota K, Matsuo Y, Mizowaki T, Hiraoka M
Medical physics      May 2017   [Refereed]
Hirata K, Yoshimura M, Mukumoto N, Nakamura M, Inoue M, Sasaki M, Fujimoto T, Yano S, Nakata M, Mizowaki T, Hiraoka M
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology      May 2017   [Refereed]
Uto M, Mizowaki T, Ogura K, Miyabe Y, Nakamura M, Mukumoto N, Hirashima H, Hiraoka M
Practical radiation oncology      Apr 2017   [Refereed]
Ishihara Y, Nakamura M, Miyabe Y, Mukumoto N, Matsuo Y, Sawada A, Kokubo M, Mizowaki T, Hiraoka M
Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   35 59-65   Mar 2017   [Refereed]
Ito H, Itasaka S, Sakanaka K, Araki N, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of radiation research   58(1) 106-113   Jan 2017   [Refereed]
Yamazaki H, Fushiki M, Mizowaki T, the Kansai Cancer Therapist Group .
Journal of radiation research   58(1) 71-78   Jan 2017   [Refereed]
Nodomi S, Umeda K, Ueno H, Saida S, Hiramatsu H, Funaki T, Arakawa Y, Mizowaki T, Adachi S, Heike T
Journal of pediatric hematology/oncology   39(1) e39-e42   Jan 2017   [Refereed]
Uto M, Mizowaki T, Ogura K, Arakawa Y, Mineharu Y, Miyamoto S, Hiraoka M
International journal of clinical oncology   21(6) 1023-1029   Dec 2016   [Refereed]
Mukumoto N, Nakamura M, Yamada M, Takahashi K, Akimoto M, Miyabe Y, Yokota K, Kaneko S, Nakamura A, Itasaka S, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Medical physics   43(12) 6364   Dec 2016   [Refereed]
Iramina H, Nakamura M, Iizuka Y, Mitsuyoshi T, Matsuo Y, Mizowaki T, Hiraoka M, Kanno I
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   121(1) 46-51   Oct 2016   [Refereed]
Matsuo Y, Nakamura M, Mizowaki T, Hiraoka M
Medical physics   43(9) 5195   Sep 2016   [Refereed]
Mampuya WA, Nakamura M, Hirose Y, Kitsuda K, Ishigaki T, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   17(5) 6338   Sep 2016   [Refereed]
Mampuya WA, Nakamura M, Hirose Y, Ishigaki T, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   17(5) 1-7   Sep 2016   [Refereed]
Mizowaki T, Norihisa Y, Takayama K, Ikeda I, Inokuchi H, Nakamura K, Kamba T, Inoue T, Kamoto T, Ogawa O, Hiraoka M
International journal of clinical oncology   21(4) 783-790   Aug 2016   [Refereed]
Kishi T, Matsuo Y, Nakamura A, Nakamoto Y, Itasaka S, Mizowaki T, Togashi K, Hiraoka M
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   120(2) 217-221   Aug 2016   [Refereed]
Inoue S, Fujita A, Mizowaki T, Uchihashi Y, Kuroda R, Urui S, Kurihara E, Kohmura E
No shinkei geka. Neurological surgery   44(6) 501-506   Jun 2016   [Refereed]
[Intensity-modulated radiation therapy (IMRT)].
Mizowaki T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74 Suppl 3 508-513   May 2016   [Refereed]
Takamiya M, Nakamura M, Akimoto M, Ueki N, Yamada M, Tanabe H, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M, Itoh A
Medical physics   43(4) 1907   Apr 2016   [Refereed]
Mizowaki T, Norihisa Y, Takayama K, Ikeda I, Inokuchi H, Nakamura K, Kamba T, Inoue T, Kamoto T, Ogawa O, Hiraoka M
International journal of clinical oncology   21(1) 148-155   Feb 2016   [Refereed]
Inokuchi H, Mizowaki T, Norihisa Y, Takayama K, Ikeda I, Nakamura K, Nakamura M, Hiraoka M
International journal of clinical oncology   21(1) 156-161   Feb 2016   [Refereed]
Curent status and issues in the application of intensity-modulated radiation therapy to pediatric cancers
Takashi Mizowaki
The Japanese Journal of Pediatric Heamatology / Oncology   53(5) 371-375   2016   [Refereed]
Mitsuyoshi T, Nakamura M, Matsuo Y, Ueki N, Nakamura A, Iizuka Y, Mampuya WA, Mizowaki T, Hiraoka M
Medical dosimetry : official journal of the American Association of Medical Dosimetrists   41(4) 305-309   2016   [Refereed]
Nakamura M, Takamiya M, Akimoto M, Ueki N, Yamada M, Tanabe H, Mukumoto N, Yokota K, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   31(8) 934-941   Dec 2015   [Refereed]
Iizuka Y, Matsuo Y, Ishihara Y, Akimoto M, Tanabe H, Takayama K, Ueki N, Yokota K, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   117(3) 496-500   Dec 2015   [Refereed]
Kishi T, Nakamura A, Itasaka S, Shibuya K, Matsumoto S, Kanai M, Kodama Y, Takaori K, Mizowaki T, Hiraoka M
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   15(6) 694-700   Nov 2015   [Refereed]
Akimoto M, Nakamura M, Miyabe Y, Mukumoto N, Yokota K, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(5) 373-380   Sep 2015   [Refereed]
Long-term stability assessment of a 4D tumor tracking system integrated into a gimbaled linear accelerator.
Akimoto M, Nakamura M, Miyabe Y, Mukumoto N, Yokota K, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(5) 5679   Sep 2015   [Refereed]
Mizowaki T, Aoki M, Nakamura K, Yorozu A, Kokubo M, Karasawa K, Kozuka T, Nakajima N, Sasai K, Akimoto T
Journal of radiation research   56(4) 750-756   Jul 2015   [Refereed]
Kishi T, Matsuo Y, Ueki N, Iizuka Y, Nakamura A, Sakanaka K, Mizowaki T, Hiraoka M
International journal of radiation oncology, biology, physics   92(3) 619-626   Jul 2015   [Refereed]
Hirata K, Nakamura M, Yoshimura M, Mukumoto N, Nakata M, Ito H, Inokuchi H, Matsuo Y, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(4) 52-64   Jul 2015   [Refereed]
Dosimetric evaluation of the Acuros XB algorithm for a 4 MV photon beam in head and neck intensity-modulated radiation therapy.
Hirata K, Nakamura M, Yoshimura M, Mukumoto N, Nakata M, Ito H, Inokuchi H, Matsuo Y, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(4) 5222   Jul 2015   [Refereed]
Nakayama S, Monzen H, Oonishi Y, Mizote R, Iramina H, Kaneshige S, Mizowaki T
Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   31(4) 414-419   Jun 2015   [Refereed]
Nakamura M, Akimoto M, Mukumoto N, Yamada M, Tanabe H, Ueki N, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   31(3) 204-209   May 2015   [Refereed]
Tanaka K, Sasayama T, Irino Y, Takata K, Nagashima H, Satoh N, Kyotani K, Mizowaki T, Imahori T, Ejima Y, Masui K, Gini B, Yang H, Hosoda K, Sasaki R, Mischel PS, Kohmura E
The Journal of clinical investigation   125(4) 1591-1602   Apr 2015   [Refereed]
Akimoto M, Nakamura M, Mukumoto N, Yamada M, Tanabe H, Ueki N, Kaneko S, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(2) 4896   Mar 2015   [Refereed]
Sato S, Miyabe Y, Takahashi K, Yamada M, Nakamura M, Ishihara Y, Yokota K, Kaneko S, Mizowaki T, Monzen H, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(2) 5080   Mar 2015   [Refereed]
Nakamura M, Akimoto M, Ono T, Nakamura A, Yano S, Nakata M, Itasaka S, Mizowaki T, Shibuya K, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   16(2) 5123   Mar 2015   [Refereed]
Iizuka Y, Yoshimura M, Inokuchi H, Matsuo Y, Nakamura A, Mizowaki T, Hirano S, Kitamura M, Tateya I, Hiraoka M
Acta oto-laryngologica   135(1) 96-102   Jan 2015   [Refereed]
Ueki N, Matsuo Y, Togashi Y, Kubo T, Shibuya K, Iizuka Y, Mizowaki T, Togashi K, Mishima M, Hiraoka M
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   10(1) 116-125   Jan 2015   [Refereed]
Umeda K, Shibata H, Saida S, Hiramatsu H, Arakawa Y, Mizowaki T, Nishiuchi R, Adachi S, Heike T, Watanabe K
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   57(1) 169-171   2015   [Refereed]
Ikeda I, Mizowaki T, Ono T, Yamada M, Nakamura M, Monzen H, Yano S, Hiraoka M
Medical dosimetry : official journal of the American Association of Medical Dosimetrists   40(4) 325-332   2015   [Refereed]
Iizuka Y, Matsuo Y, Umeoka S, Nakamoto Y, Ueki N, Mizowaki T, Togashi K, Hiraoka M
European journal of radiology   83(11) 2087-2092   Nov 2014   [Refereed]
Ishihara Y, Sawada A, Nakamura M, Miyabe Y, Tanabe H, Kaneko S, Takayama K, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   15(6) 4961   Nov 2014   [Refereed]
Ono T, Miyabe Y, Yamada M, Yokota K, Kaneko S, Sawada A, Monzen H, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Medical physics   41(10) 101706   Oct 2014   [Refereed]
K. Sakanaka; Y. Matsuo; Y. Nagata; S. Maki; K. Shibuya; Y. Norihisa; M. Narabayashi; N. Ueki; T. Mizowaki; M. Hiraoka
International Journal of Clinical Oncology   19(5) 814-821   Oct 2014   [Refereed]
Mampuya WA, Matsuo Y, Ueki N, Nakamura M, Mukumoto N, Nakamura A, Iizuka Y, Kishi T, Mizowaki T, Hiraoka M
Journal of radiation research   55(5) 934-939   Sep 2014   [Refereed]
Matsuo Y, Ueki N, Takayama K, Nakamura M, Miyabe Y, Ishihara Y, Mukumoto N, Yano S, Tanabe H, Kaneko S, Mizowaki T, Monzen H, Sawada A, Kokubo M, Hiraoka M
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   112(3) 360-364   Sep 2014   [Refereed]
Tsuruta Y, Nakata M, Nakamura M, Matsuo Y, Higashimura K, Monzen H, Mizowaki T, Hiraoka M
Medical physics   41(8) 081715   Aug 2014   [Refereed]
Koubuchi S, Takakura T, Nakamura M, Mizowaki T, Nakata M, Hiraoka M
Radiological physics and technology   7(2) 373-378   Jul 2014   [Refereed]
Aoki M, Mizowaki T, Akimoto T, Nakamura K, Ejima Y, Jingu K, Tamai Y, Nakajima N, Takemoto S, Kokubo M, Katoh H
Journal of radiation research   55(3) 533-540   May 2014   [Refereed]
Shiinoki T, Sawada A, Ishihara Y, Miyabe Y, Matsuo Y, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M
Journal of applied clinical medical physics   15(3) 4594   May 2014   [Refereed]
A. Nakamura; S. Itasaka; K. Takaori; Y. Kawaguchi; K. Shibuya; M. Yoshimura; Y. Matsuo; T. Mizowaki; S. Uemoto; M. Hiraoka
Strahlentherapie und Onkologie   190(5) 485-490   May 2014   [Refereed]
N. Mukumoto; M. Nakamura; M. Yamada; K. Takahashi; H. Tanabe; S. Yano; Y. Miyabe; N. Ueki; S. Kaneko; Y. Matsuo; T. Mizowaki; A. Sawada; M. Kokubo; M. Hiraoka
Radiotherapy and Oncology   111(2) 301-305   May 2014   [Refereed]
Watanabe T, Mizowaki T, Arakawa Y, Iizuka Y, Ogura K, Sakanaka K, Miyamoto S, Hiraoka M
Molecular and clinical oncology   2(2) 197-202   Mar 2014   [Refereed]
N. Ueki; Y. Matsuo; M. Nakamura; N. Mukumoto; Y. Iizuka; Y. Miyabe; A. Sawada; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Radiotherapy and Oncology   110(3) 523-528   Mar 2014   [Refereed]
T. Ono; Y. Miyabe; M. Yamada; T. Shiinoki; A. Sawada; S. Kaneko; H. Monzen; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   41(3) 031705   Mar 2014   [Refereed]
K. Ogura; T. Mizowaki; Y. Ishida; M. Hiraoka
Journal of Applied Clinical Medical Physics   15(2) 4608-234   Mar 2014   [Refereed]
I. Ikeda; T. Mizowaki; Y. Norihisa; K. Takayama; T. Kamba; T. Inoue; E. Nakamura; T. Kamoto; O. Ogawa; M. Hiraoka
Japanese Journal of Clinical Oncology   44(2) 180-185   Feb 2014   [Refereed]
I. Ikeda; T. Mizowaki; Y. Sawada; M. Nakata; Y. Norihisa; M. Ogura; M. Hiraoka
Journal of Radiation Research   55(1) 168-174   Jan 2014   [Refereed]
Y. Sakai; T. Hirose; A. Tomono; F. Kawakami; T. Nakai; C. Ohbayashi; T. Mizowaki; K. Tanaka; E. Kohmura; T. Itoh
Brain Tumor Pathology   1-6   2014   [Refereed]
T. Mizowaki; T. Nagashima; K. Yamamoto; A. Kawamura; M. Yoshida; E. Kohmura
World Neurosurgery      2014   [Refereed]
Ogura K, Mizowaki T, Arakawa Y, Sakanaka K, Miyamoto S, Hiraoka M
Cancer medicine   2(6) 942-949   Dec 2013   [Refereed]
Effect of audio instruction on tracking errors using a four-dimensional image-guided radiotherapy system
M. Nakamura; A. Sawada; N. Mukumoto; K. Takahashi; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Journal of Applied Clinical Medical Physics   14(5) 255-264   Sep 2013   [Refereed]
M. Akimoto; M. Nakamura; N. Mukumoto; H. Tanabe; M. Yamada; Y. Matsuo; H. Monzen; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   40(9) 091705   Sep 2013   [Refereed]
W.A. Mampuya; M. Nakamura; Y. Matsuo; N. Ueki; Y. Iizuka; T. Fujimoto; S. Yano; H. Monzen; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Medical Physics   40(9) 091718   Sep 2013   [Refereed]
Y. Kita; M. Imamura; T. Mizowaki; Y. Norihisa; K. Yoshimura; M. Hiraoka; O. Ogawa
Japanese Journal of Clinical Oncology   43(8) 835-837   Aug 2013   [Refereed]
H. Kinoshita; Y. Shimizu; T. Mizowaki; K. Takayama; Y. Norihisa; T. Kamoto; T. Kamba; Y. Hayashino; M. Hiraoka; O. Ogawa
International Journal of Urology   20(8) 806-811   Aug 2013   [Refereed]
N. Mukumoto; M. Nakamura; A. Sawada; Y. Suzuki; K. Takahashi; Y. Miyabe; S. Kaneko; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   40(4) 041706   Apr 2013   [Refereed]
T. Watanabe; H. Monzen; M. Hara; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Annals of Nuclear Medicine   27(3) 279-284   Apr 2013   [Refereed]
K. Ogura; T. Mizowaki; Y. Arakawa; M. Ogura; K. Sakanaka; S. Miyamoto; M. Hiraoka
Radiation Oncology   8(1) 97   Apr 2013   [Refereed]
T. Mizowaki; K. Takayama; K. Nagano; Y. Miyabe; Y. Matsuo; S. Kaneko; M. Kokubo; M. Hiraoka
Journal of Radiation Research   54(2) 330-336   Mar 2013   [Refereed]
N. Ueki; Y. Matsuo; K. Shibuya; M. Nakamura; M. Narabayashi; K. Sakanaka; Y. Norihisa; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Journal of Radiation Research   54(2) 337-343   Mar 2013   [Refereed]
A. Nakamura; K. Shibuya; M. Nakamura; Y. Matsuo; T. Shiinoki; M. Nakata; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Medical Physics   40(2) 021701   Feb 2013   [Refereed]
K. Matsugi; M. Nakamura; Y. Miyabe; C. Yamauchi; Y. Matsuo; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Radiological Physics and Technology   6(1) 233-240   Jan 2013   [Refereed]
W.A. Mampuya; Y. Matsuo; A. Nakamura; M. Nakamura; N. Mukumoto; Y. Miyabe; M. Narabayashi; K. Sakanaka; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Medical Dosimetry   38(1) 95-99   2013   [Refereed]
K. Sakanaka; T. Mizowaki; S. Sato; K. Ogura; M. Hiraoka
Medical Dosimetry   38(2) 204-208   2013   [Refereed]
Y. Arakawa; T. Mizowaki; D. Murata; K. Fujimoto; T. Kikuchi; T. Kunieda; J.C. Takahashi; Y. Takagi; S. Miyamoto
Neurologia Medico-Chirurgica   53(11) 779-785   2013   [Refereed]
T. Mizowaki; K. Takayama; Y. Norihisa; M. Ogura; T. Kamba; T. Inoue; Y. Shimizu; T. Kamoto; O. Ogawa; M. Hiraoka
International Journal of Clinical Oncology   17(6) 562-568   Dec 2012   [Refereed]
Salvage hormonal therapy against recurrence after curative external beam radiotherapy for locally advanced prostate Cancer at kyoto University Hospital
K. Kato; T. Inoue; T. Mizowaki; T. Kamoto; T. Kamba; Y. Shimizu; Y. Norihisa; T. Yamada; M. Hiraoka; K. Yoshimura; O. Ogawa
Acta Urologica Japonica   58(11) 599-603   Nov 2012   [Refereed]
Y. Norihisa; T. Mizowaki; K. Takayama; Y. Miyabe; K. Matsugi; Y. Matsuo; M. Narabayashi; K. Sakanaka; A. Nakamura; Y. Nagata; M. Hiraoka
International Journal of Clinical Oncology   17(5) 505-511   Oct 2012   [Refereed]
N. Mukumoto; M. Nakamura; A. Sawada; K. Takahashi; Y. Miyabe; K. Takayama; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   39(10) 6287-6296   Oct 2012   [Refereed]
M. Akimoto; M. Nakamura; N. Mukumoto; M. Yamada; N. Ueki; Y. Matsuo; A. Sawada; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   39(10) 6309-6315   Oct 2012   [Refereed]
A. Nakamura; K. Shibuya; Y. Matsuo; M. Nakamura; T. Shiinoki; T. Mizowaki; M. Hiraoka
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics   84(2) 369-375   Oct 2012   [Refereed]
K. Ogura; T. Mizowaki; M. Ogura; K. Sakanaka; Y. Arakawa; S. Miyamoto; M. Hiraoka
Journal of Neuro-Oncology   109(2) 425-432   Sep 2012   [Refereed]
M. Narabayashi; T. Mizowaki; Y. Matsuo; M. Nakamura; K. Takayama; Y. Norihisa; K. Sakanaka; M. Hiraoka
Journal of radiation research   53(5) 777-784   Sep 2012   [Refereed]
Y. Matsuo; K. Shibuya; M. Nakamura; M. Narabayashi; K. Sakanaka; N. Ueki; K. Miyagi; Y. Norihisa; T. Mizowaki; Y. Nagata; M. Hiraoka
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics   83(4) e545-9   Jul 2012   [Refereed]
T. Mizowaki; K. Hatano; M. Hiraoka
Journal of radiation research   53(4) 608-614   Jul 2012   [Refereed]
M. Nakamura; K. Shibuya; A. Nakamura; T. Shiinoki; Y. Matsuo; M. Nakata; A. Sawada; T. Mizowaki; M. Hiraoka
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics   82(5) 1619-1626   Apr 2012   [Refereed]
K. Sakanaka; T. Mizowaki; M. Hiraoka
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics   82(2) e273-80   Feb 2012   [Refereed]
Y. Matsuo; K. Shibuya; Y. Nagata; Y. Norihisa; M. Narabayashi; K. Sakanaka; N. Ueki; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Journal of Thoracic Oncology   7(2) 453-456   Feb 2012   [Refereed]
K. Nakamura; T. Akimoto; T. Mizowaki; K. Hatano; T. Kodaira; N. Nakamura; T. Kozuka; N. Shikama; Y. Kagami
Japanese Journal of Clinical Oncology   42(1) 53-57   Jan 2012   [Refereed]
M. Nakamura; Y. Miyabe; Y. Matsuo; T. Kamomae; M. Nakata; S. Yano; A. Sawada; T. Mizowaki; M. Hiraoka
Medical Dosimetry   37(1) 20-25   2012   [Refereed]
T. Shiinoki; K. Shibuya; M. Nakamura; A. Nakamura; Y. Matsuo; M. Nakata; A. Sawada; T. Mizowaki; A. Itoh; M. Hiraoka
International Journal of Radiation Oncology Biology Physics   80(5) 1567-1572   Aug 2011   [Refereed]
T. Kamomae; Y. Miyabe; A. Sawada; O. Matoba; M. Nakata; S. Yano; T. Takakura; T. Mizowaki; A. Itoh; M. Hiraoka
Radiological Physics and Technology   4(2) 140-147   Jul 2011   [Refereed]
[Intensity-modulated radiation therapy (IMRT)].
T. Mizowaki
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 5 412-417   Jun 2011   [Refereed]
Y. Miyabe; A. Sawada; K. Takayama; S. Kaneko; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
Medical Physics   38(5) 2535-2541   May 2011   [Refereed]

Misc

 
全骨盤照射後に発生した不全骨折の検討
藤井 康太, 井口 治男, 堤 ゆり江, 後藤 容子, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 46-46   Feb 2017
中・高リスクB期前立腺癌におけるネオアジュバント内分泌療法併用高線量IMRTの長期治療成績
溝脇 尚志, 井口 治男, 中村 清直, 高山 賢二, 則久 佳毅, 池田 格, 平岡 真寛, 神波 大己, 井上 貴博, 小川 修
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 46-46   Feb 2017
胃癌術後リンパ節再発に対する放射線治療成績
岸 徳子, 坂中 克行, 石田 祐一, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 42-42   Feb 2017
局所進行非小細胞肺癌に対する術前化学放射線療法(CRT)後の腫瘍体積縮小率(TVRR)による病理学的治療効果(Ef)の予測
光吉 隆真, 松尾 幸憲, 新谷 尭, 飯塚 裕介, 溝脇 尚志, 金 永学, 陳 豊史, 園部 誠, 伊達 洋至
肺癌   56(7) 1071-1071   Dec 2016
拡散強調MRI(DW-MRI)は、肺癌に対する定位放射線治療(SBRT)後の治療効果予測因子となりうるか?
新谷 尭, 松尾 幸憲, 飯塚 裕介, 光吉 隆真, 溝脇 尚志, 梅岡 成章, 中本 裕士
肺癌   56(7) 1070-1070   Dec 2016
高次医療連携システムによる医療情報の有効活用について 患者と医療者のためのがん治療の道標の可視化 情報連携型がん治療決定評価支援システムの開発
宮部 結城, 秋元 麻未, 溝脇 尚志, 金子 周史
医療情報学連合大会論文集   36回(1) 130-132   Nov 2016
【放射線治療情報BOOK 2016】 (DIVISION 2)IMRTの新たな展開 CLINICAL REPORT 膵がんに対する追尾IMRT
後藤 容子, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
Rad Fan   14(14) 54-57   Nov 2016
2013年6月よりVero4DRTを用いて膵がんに対するリアルタイムモニタリング下の動体追尾強度変調放射線治療(動体追尾IMRT)を世界で初めて開始した。これは呼吸により移動するがん病巣をモニタリングしながら高い精度で照射する動体追尾の技術にIMRTを融合した治療法であり、放射線による高い治療効果と消化管毒性低減の両立により膵がんの予後改善が期待される。(著者抄録)
前立腺 前立腺がんのホルモン療法 前立腺癌根治的EBRT前LHRHantagonist療法後の血清testosterone値・性機能に関する研究
井上 貴博, 溝脇 尚志, 山崎 俊成, 根来 宏光, 寺田 直樹, 小林 恭, 井口 治男, 中村 清直, 神波 大己, 平岡 真寛, 小川 修
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS67-2   Oct 2016
肝臓 限局性肝がんに対する新たな治療選択肢 肝腫瘍に対するリアルタイムモニタリング下動体追尾定位放射線治療の臨床成績
飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 高山 賢二, 植木 奈美, 光吉 隆真, 植木 一仁, 田邊 裕朗, 中村 光宏, 小久保 雅樹, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS35-1   Oct 2016
前立腺 治療成績 前立腺癌に対する中程度寡分割定位的強度変調放射線治療の前向きパイロット臨床試験
溝脇 尚志, 中村 清直, 井口 治男, 池田 格, 神波 大己, 井上 貴博, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS24-5   Oct 2016
脳腫瘍 グリオーマに対する治療戦略 高齢者膠芽腫に対するテモゾロマイド併用寡分割放射線治療の治療成績
宇藤 恵, 溝脇 尚志, 小倉 健吾, 荒川 芳輝, 峰晴 陽平, 丹治 正大, 宮本 享, 平岡 真寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS15-2   Oct 2016
膵臓 耐容性の低い患者に対する包括的がん治療 局所進行膵癌に対する化学放射線療法におけるサルコペニアの予後因子としての有用性
岸 高宏, 松尾 幸憲, 中村 晶, 板坂 聡, 澁谷 景子, 後藤 容子, 坂中 克行, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 WS5-5   Oct 2016
肺 次世代の肺がん治療戦略 肺腫瘍に対するリアルタイムモニタリング下動体追尾SBRTの初期治療成績
光吉 隆真, 松尾 幸憲, 高山 賢二, 植木 奈美, 飯塚 裕介, 新谷 尭, 田邊 裕朗, 中村 光宏, 小久保 雅樹, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS46-2   Oct 2016
大腸 直腸がん・肛門管がんに対する放射線療法の進化 肛門管扁平上皮癌に対して、強度変調放射線治療を利用した化学放射線療法の治療成績
坂中 克行, 板坂 聡, 石田 祐一, 堀松 高博, 溝脇 尚志, 坂井 義治, 平岡 眞寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS17-5   Oct 2016
膵臓 局所進行膵がんに対する治療戦略 局所進行膵癌に対する化学放射線治療 IMRTの有用性の検討
後藤 容子, 中村 晶, 岸 高宏, 坂中 克行, 板坂 聡, 澁谷 景子, 松本 繁巳, 児玉 裕三, 高折 恭一, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS13-4   Oct 2016
前立腺IMRTにおける膀胱容量と前立腺位置偏位の相関解析
河村 綾乃, 佐々木 誠, 中田 学, 矢野 慎輔, 溝脇 尚志, 東村 享治
日本放射線技術学会雑誌   72(9) 874-874   Sep 2016
溝脇 尚志, 小倉 健吾, 坂中 克行, 宇藤 恵, 荒川 芳輝, 北条 雅人, 宮本 享, 平岡 真寛
脳神経外科ジャーナル   25(8) 646-653   Aug 2016
術後残存/再発頭蓋咽頭腫に対する通常分割高精度放射線外部照射療法の長期治療成績を遡及的に検討した。解析対象は29例。年齢中央値は54歳。28例で放射線治療直前の手術は不完全切除であった。三次元原体照射または定位放射線治療を用い、中央値で54Gy/30分割を残存腫瘍を含む腫瘍床へ投与した。経過観察期間中央値は73ヵ月で、5年の局所制御率、無増悪生存率、全生存率は、それぞれ、85.3%、81.4%、95.8%であった。放射線治療後に甲状腺刺激ホルモン値の低下を認めた1例以外、放射線治療に起因す...
溝脇 尚志
臨床泌尿器科   70(9) 674-679   Aug 2016
<ポイント>IGRTは,照射直前に治療室内で取得した画像などによってターゲット位置のずれを確認し,必要な位置補正を行った後に照射する,高精度放射線治療技術である.IGRTにはさまざまな方法があるが,現在では体内埋め込みマーカーやCBCTを用いてターゲットの内部移動を含めた位置補正を行う方法が主流となっている.前立腺癌においては,IGRTによって確実な線量投与が可能となり,治療成績の向上や有害事象リスクの低減が報告されている.(著者抄録)
診断に苦慮している頭蓋内外播種を合併した小児小脳腫瘍
峰晴 陽平, 荒川 芳輝, 山口 真希, 南口 早智子, 梅田 雄嗣, 溝脇 尚志, 丹治 正大, 三國 信啓, 宮本 享
Brain Tumor Pathology   33(Suppl.) 082-082   May 2016
患者目線から見た、泌尿器科医と放射線治療医とのベスト・ダイアローグ 前立腺がんユニット開設12年におけるパートナーシップ 放射線治療医の視点
井口 治男, 溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 小倉 昌和, 池田 格, 中村 清直, 平岡 真寛
日本泌尿器科学会総会   104回 PPS11-3   Apr 2016
高リスク前立腺癌に対する戦略 あなたはどの治療を選択する? 強度変調放射線治療(IMRT)
溝脇 尚志
日本泌尿器科学会総会   104回 SPS06-4   Apr 2016
前立腺癌に対するLHRHアンタゴニストを用いた根治的放射線治療ネオアジュバント療法後の血清テストステロン値および性機能回復に関する研究
井上 貴博, 溝脇 尚志, 山崎 俊成, 根来 宏光, 寺田 直樹, 小林 恭, 松井 喜之, 井口 治男, 中村 清直, 神波 大己, 平岡 真寛, 小川 修
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-240   Apr 2016
前立腺癌に対するLHRHアンタゴニストを用いた根治的放射線治療ネオアジュバント療法後の血清テストステロン値および性機能回復に関する研究
井上 貴博, 溝脇 尚志, 山崎 俊成, 根来 宏光, 寺田 直樹, 小林 恭, 松井 喜之, 井口 治男, 中村 清直, 神波 大己, 平岡 真寛, 小川 修
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33(Suppl.1) S110-S110   Apr 2016
術後残存/再発頭蓋咽頭腫に対する通常分割定位放射線治療成績
荒川 芳輝, 溝脇 尚志, 小倉 健吾, 宇藤 恵, 平岡 真寛, 宮本 享
日本内分泌学会雑誌   91(Suppl.HPT) 5-7   Feb 2016
術後残存/再発頭蓋咽頭腫に対し、NOVALIS(BrainLAB AG)を用いて通常分割定位放射線治療を施行した17例を対象に、治療成績を検討した。その結果、PTVの体積は平均27ml(7.3〜52.2ml)であった。経過観察期間は中央値53ヵ月(19〜79ヵ月)であった。5年無増悪生存率および全生存率はそれぞれ94.1%、100%であった。急性期症状は宿酔・脱毛を含めて出現を認めなかった。脳壊死、視神経障害等の晩期有害事象も確認されなかった。20歳以下で加療された3例中2例に成長ホルモン...
膵癌放射線治療の予後予測因子としてのMRI拡散強調画像ADC値の有用性の検討
片桐 幸大, 中村 晶, 岸 高宏, 宮部 結城, 溝脇 尚志, 平岡 真寛, 磯田 裕義, 富樫 かおり, 板坂 聡, 澁谷 景子
Japanese Journal of Radiology   34(Suppl.) 54-54   Feb 2016
転移性脊椎腫瘍による脊髄圧迫に対する放射線治療の検討
川西 彩加, 吉村 通央, 小倉 健吾, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   34(Suppl.) 50-50   Feb 2016
甲状腺未分化癌の術後照射症例の検討
諏訪 達也, 井口 治男, 吉村 通央, 松尾 幸憲, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   34(Suppl.) 44-44   Feb 2016
中村 光宏, 植木 奈美, 中村 晶, 飯塚 裕介, 椋本 宜学, 石原 佳知, 秋元 麻未, 宮部 結城, 松尾 幸憲, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
臨床放射線   61(2) 285-292   Feb 2016
強度変調放射線治療 15年の歩みと将来展望
溝脇 尚志
INNERVISION   31(3) 82-84   Feb 2016
本講演では、京都大学における強度変調放射線治療(intensity-modulated radiation therapy:IMRT)の立ち上げから15年の歩みと、最適化について気づいたこと、また、将来展望として、IMRTの標準化とその実現への貢献が期待される最新ソフトウエアについて述べる。(著者抄録)
ダウン症候群に合併した多発性頭蓋内germinomaの一例(Multiple intracranial germinoma associated with Down syndrome)
納富 誠司郎, 梅田 雄嗣, 川口 晃司, 岩井 篤, 三上 真充, 上野 浩生, 才田 聡, 平松 英文, 舟木 健史, 荒川 芳輝, 溝脇 尚志, 足立 壯一, 平家 俊男
日本小児血液・がん学会雑誌   52(4) 284-284   Oct 2015
小児ならびにAYA世代腫瘍に対する放射線療法の進歩 小児がんに対する強度変調放射線治療適用の現状と課題
溝脇 尚志
日本小児血液・がん学会雑誌   52(4) 163-163   Oct 2015
全脳照射後に18年以上の経過で神経膠芽腫を発症した2例
川西 彩加, 小倉 健吾, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   50(3) 2342-2342   Sep 2015
局所進行NSCLCに対するCRT後の予後因子の検討
光吉 隆真, 松尾 幸憲, 伊藤 仁, 岸 高宏, 飯塚 裕介, 中村 晶, Mampuya Ange Wambaka, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   50(3) 1781-1781   Sep 2015
前立腺 前立腺がん放射線療法の新たな工夫 前立腺癌根治的放射線治療後の骨盤リンパ節再発に対する救済放射線治療の検討
中村 清直, 溝脇 尚志, 井口 治男, 池田 格, 則久 佳毅, 神波 大己, 井上 貴博, 山崎 俊成, 小林 恭, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   50(3) 388-388   Sep 2015
再発に対して放射線治療を積極的に施行した後頭蓋窩退形成性上衣腫の2例
窪田 博仁, 納富 誠司郎, 才田 聡, 渡邉 健一郎, 大封 智雄, 濱端 隆行, 加藤 格, 梅田 雄嗣, 平松 英文, 荒川 芳輝, 溝脇 尚志, 平家 俊男, 足立 壯一
日本小児血液・がん学会雑誌   52(2) 178-178   Aug 2015
高リスク限局性・局所浸潤前立腺がんの治療戦略 高リスク前立腺癌に対する外部照射療法における全骨盤照射の意義
溝脇 尚志, 井口 治男, 中村 清直, 神波 大己, 井上 貴博, 山崎 俊成, 小林 恭, 小川 修, 平岡 真寛
泌尿器外科   28(8) 1429-1431   Aug 2015
高リスク非転移性前立腺癌においては、一定の割合で潜在的な骨盤リンパ節転移を有することが知られており、治療成績改善の試みの一つとして骨盤リンパ節領域への予防照射が行われてきた。しかしながら、現在までのランダム化比較試験結果はすべてnegativeであり、安全な局所線量増加が可能な現在においては、治療成績改善効果が証明されている局所線量増加を優先すべきであると考えられる。ホルモン療法併用下で局所線量増加に全骨盤照射を組み合わせた高強度治療の有効性については、今後の検証が待たれる。(著者抄録)
前立腺IGRTにおける臓器位置照合の観察者間変動の評価
松下 矩正, 藤本 隆広, 中田 学, 奈良井 昇, 佐々木 誠, 矢野 慎輔, 東村 享治, 溝脇 尚志
日本放射線技術学会近畿部会雑誌   21(1) 163-163   May 2015
【前立腺がんに対する放射線治療最前線】 放射線治療の新規技術による治療成績と適応拡大 強度変調放射線治療(IMRT)
溝脇 尚志
Prostate Journal   2(1) 13-17   Apr 2015
強度変調放射線治療(Intensity-modulated radiation therapy:IMRT)は、従来法では実現困難であった線量分布による治療を可能とする革新的な照射技術である。前立腺癌は局所線量増加により生化学的非再発率が改善することが証明されているが、IMRTは晩期直腸障害頻度を増加させることなく安全に高線量投与を実現可能である。前立腺癌は最もIMRTの適応が多い癌種であり、主要な治療手段としての地位を確立している。(著者抄録)
膵癌に対する動体追尾強度変調放射線治療の実現
中村 晶, 溝脇 尚志, 板坂 聡, 中村 光宏, 石原 佳知, 椋本 宜学, 秋元 麻未, 松尾 幸憲, 門前 一, 平岡 真寛, 小久保 雅樹
Japanese Journal of Radiology   33(Suppl.) 76-76   Feb 2015
当院での声門上癌に対する放射線治療
芦田 良, 吉村 通央, 井口 治男, 松尾 幸憲, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
Japanese Journal of Radiology   33(Suppl.) 70-70   Feb 2015
聴神経腫瘍に対する定位放射線治療後に一過性増大を来した1例
遠山 幸果, 溝脇 尚志, 小倉 健吾, 中村 太祐, 坂中 克行, 平岡 眞寛
Japanese Journal of Radiology   33(Suppl.) 64-64   Feb 2015
ヘリカルトモセラピーで全腹膜照射を施行した線維形成性小円形細胞腫の1例
牧田 智誉子, 立花 弘之, 富田 夏夫, 清水 亜里紗, 竹花 恵一, 古平 毅, 平田 希美子, 溝脇 尚志, 梅田 雄嗣, 渡邉 健一郎
Japanese Journal of Radiology   33(Suppl.) 62-62   Feb 2015
感度解析を用いた前立腺IMRT治療プランの頑強性評価法とその臨床応用
宇都宮 悟, 門前 一, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   33(Suppl.) 4-4   Feb 2015
【高精度放射線治療の最新トピックス】 Vero4DRTを用いた動体追尾強度変調放射線治療の臨床適用
中村 光宏, 中村 晶, 飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Rad Fan   13(3) 57-60   Feb 2015
当院では2011年9月に肺癌に対してVero4DRTによるリアルタイムモニタリング下の動体追尾定位照射を開始し、2013年3月には肝癌に対して本照射法を適応拡大した。さらに、2013年6月からは膵癌に対して、2014年9月からは肝癌に対してリアルタイムモニタリング下の動体追尾強度変調放射線治療を開始している。本稿では、動体追尾強度変調放射線治療の使用経験について報告する。(著者抄録)
当院における思春期・若年成人(AYA)世代のがんの実態と診療体制についての検討
高田 亜希子, 梅田 雄嗣, 才田 聡, 加藤 格, 平松 英文, 渡邉 健一郎, 平家 俊男, 足立 壮一, 荒川 芳輝, 溝脇 尚志, 岡本 健, 北野 俊行, 近藤 忠一, 岡島 英明, 武藤 学
日本小児血液・がん学会雑誌   51(4) 337-337   Oct 2014
線量計算アルゴリズム変更に伴うカウチモデリングの最適化
桑原 潤一, 藤本 隆広, 矢野 慎輔, 中田 学, 中村 光宏, 東村 享治, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
日本放射線技術学会雑誌   70(9) 1017-1017   Sep 2014
B期前立腺癌に対するネオアジュバント内分泌療法併用高線量IMRTの長期治療成績
溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 井口 治男, 池田 格, 神波 大己, 賀本 敏行, 井上 貴博, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   49(3) 2254-2254   Jun 2014
前立腺癌根治的放射線治療後のPSA再発に対する間歇的内分泌療法の検討
寺田 直樹, 武田 将司, 根来 宏光, 小林 恭, 杉野 善雄, 山崎 俊成, 松井 喜之, 井上 貴博, 神波 大己, 吉村 耕治, 溝脇 尚志, 小川 修
日本癌治療学会誌   49(3) 2229-2229   Jun 2014
限局期前立腺癌に対する78Gy高線量強度変調放射線治療における晩期障害の長期観察
井口 治男, 溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 池田 格, 小林 恭, 神波 大己, 井上 貴博, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   49(3) 1187-1187   Jun 2014
【前立腺癌治療に伴う排尿障害】 外照射療法の下部尿路症状(LUTS)に及ぼす影響
吉村 耕治, 溝脇 尚志
排尿障害プラクティス   22(1) 48-54   Mar 2014
外照射放射線療法は非転移性前立腺癌に対する根治治療法のひとつとして重要な位置を占めるが、他の治療法と同様に特徴的な身体機能への影響を及ぼす。下部尿路症状(LUTS)への影響については、急性あるいは晩期尿路毒性という観点と、QOLという観点から検討されてきた。一般的には急性反応をみるものの、長期的な影響は軽度だと考えられる。照射方法などについて、治療効果の上昇とともに、さらに毒性あるいは悪影響を軽減する目的も含めてさまざまな工夫がなされてきている。(著者抄録)
非小細胞肺癌に対する定位放射線治療の予後予測における拡散強調MRIとFDG-PETの検討
飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 植木 奈美, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛, 梅岡 成章, 中本 裕士, 富樫 かおり
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 44-44   Feb 2014
限局期前立腺癌IMRTにおいてMLC幅が晩期直腸出血に与える影響
井口 治男, 溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 池田 格, 平岡 真寛, 賀本 敏行, 中村 英二郎, 神波 大己, 小川 修
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 37-37   Feb 2014
膵癌に対するGEM併用化学放射線療法 FDG-PET検査における予後因子としてのSUVmax値の解析
中村 晶, 澁谷 景子, 中本 裕士, 板坂 聡, 吉村 通央, 松尾 幸憲, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 37-37   Feb 2014
Vero4DRT(MHI-TM2000)を用いた動体追尾照射の初期経験
植木 奈美, 松尾 幸憲, 宮部 結城, 中村 光宏, 金子 周史, 溝脇 尚志, 平岡 真寛, 矢野 慎輔, 澤田 晃, 小久保 雅樹
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 31-31   Feb 2014
肝腫瘍に対するリアルタイムモニタリング下動体追尾照射の初期経験
飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 中村 光宏, 宮部 結城, 矢野 慎輔, 山田 昌弘, 溝脇 尚志, 門前 一, 小久保 雅樹, 平岡 眞寛
定位的放射線治療   18 9-16   Jan 2014
72歳男。肺腺癌の単発肝転移で径36mmであった。腫瘍位置の参照として腫瘍近傍に金マーカー(Visicoil)を経皮的に留置し、毎回の治療前に腹壁の赤外線反射マーカーとVisicoil間の相関モデルを作成した。治療中は腹壁のマーカー位置に基づいて照射ビームのヘッドを制御して動体追尾照射を施行し、同時にX線透視でVisicoilの位置をモニタリングした。処方線量は56Gy/4frであり、特に問題なく終了した。治療時間は平均38.5分であり従来の照射法(15-30分)より延長していたが、計画標...
左室転移や脳転移を含む多発再発に対し集学的治療を行ったAYA世代の骨肉腫例
納富 誠司郎, 蓮池 史画, 平松 英文, 大封 智雄, 森嶋 達也, 加藤 格, 梅田 雄嗣, 渡邉 健一郎, 溝脇 尚志, 足立 壯一, 平家 俊男
日本小児血液・がん学会雑誌   50(3) 491-491   Oct 2013
C期前立腺癌に対するネオアジュバント内分泌療法併用高線量IMRTの長期治療成績
溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 井口 治男, 池田 格, 神波 大己, 賀本 敏行, 中村 英二郎, 井上 貴博, 清水 洋祐, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   48(3) 2943-2943   Sep 2013
前立腺癌に対するIMRT/IGRT併用寡分割照射法の第2相臨床試験
中村 和正, 鹿間 直人, 二瓶 圭二, 幡野 和男, 荒木 仁, 遠山 尚紀, 溝脇 尚志, 池田 格, 齊藤 吉弘, 中村 直樹, 小久保 雅樹, 伊藤 善之, 加賀美 芳和
日本癌治療学会誌   48(3) 2940-2940   Sep 2013
根治的治療を受けた前立腺癌患者の終末期合併症の検討
小林 恭, 寺田 直樹, 山崎 俊成, 井上 貴博, 神波 大己, 吉村 耕治, 中村 京平, 池田 格, 井口 治男, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛, 小川 修
日本癌治療学会誌   48(3) 2509-2509   Sep 2013
Vero4DRTを用いた動体追尾肺定位放射線治療の初期治療成績
植木 奈美, 松尾 幸憲, 高山 賢二, 中村 光宏, 宮部 結城, 田邊 裕朗, 金子 周史, 溝脇 尚志, 門前 一, 澤田 晃, 小久保 雅樹, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   48(3) 1172-1172   Sep 2013
食道癌に対する化学放射線療法の新しい展開 頸部食道癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の初期成績
板坂 聡, 伊藤 仁, 坂中 克行, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   67回 132-132   Jun 2013
成人脳幹部グリオーマ治療後11年で発症した小脳膠芽腫の1例
服部 悦子, 荒川 芳輝, 森吉 弘毅, 三上 芳喜, 溝脇 尚志, 羽賀 博典, 宮本 享
Brain Tumor Pathology   30(Suppl.) 167-167   May 2013
術後残存/再発頭蓋咽頭腫に対する通常分割定位放射線治療
溝脇 尚志, 坂中 克行, 小倉 健吾, 荒川 芳輝, 北条 雅人, 宮本 享, 平岡 真寛
定位的放射線治療   17 37-44   May 2013
画像誘導放射線治療装置「ノバリス」を用いて通常分割定位放射線治療(Conv-FSRT)を行った頭蓋咽頭腫13例(中央値56歳)の成績を報告した。既往外科的手術回数は1回6例、2回7例で、いずれも部分切除であった。Conv-FSRT前のMRIでは全例残存腫瘍が確認でき、何らかの下垂体ホルモン補充療法が必要な状態であった。Conv-FSRTは計画標的体積7.3〜52.2ccで、処方線量は54Gyが7例、52.2Gyが6例、一回線量1.8Gyとした。経過観察期間17〜50ヵ月で、局所制御率、頭蓋...
根治的治療を受けた前立腺癌患者の終末期合併症の検討
小林 恭, 寺田 直樹, 山崎 俊成, 井上 貴博, 大久保 和俊, 神波 大己, 吉村 耕治, 則久 佳毅, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛, 小川 修
日本泌尿器科学会雑誌   104(2) 479-479   Mar 2013
非小細胞肺癌に対する定位放射線治療の予後予測における拡散強調MRIと18F-FDG-PETの検討
飯塚 裕介, 松尾 幸憲, 梅岡 成章, 中本 裕士, 植木 奈美, 溝脇 尚志, 富樫 かおり, 平岡 眞寛
日本医学放射線学会学術集会抄録集   72回 S384-S385   Feb 2013
市立長浜病院における転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療成績の検討
川畑 秀雄, 伏木 雅人, 川上 正邦, 田邉 啓太, 辻 雅之, 西村 正明, 村上 義和, 佐藤 清香, 吉村 通央, 溝脇 尚志
日本医学放射線学会学術集会抄録集   72回 S270-S270   Feb 2013
肺癌定位放射線治療における金マーカー留置の初期経験
中村 清直, 植木 奈美, 松尾 幸憲, 飯塚 裕介, 宮城 健, 溝脇 尚志, 平岡 真寛, 冨樫 庸介
Japanese Journal of Radiology   31(Suppl.I) 57-57   Feb 2013
中間型松果体実質腫瘍に対し術後化学放射線療法を行った5例の検討
渡邉 翼, 飯塚 裕介, 小倉 健吾, 坂中 克行, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛, 荒川 芳輝, 宮本 享
Japanese Journal of Radiology   31(Suppl.I) 57-57   Feb 2013
当院における下咽頭癌術後照射の検討
飯塚 裕介, 吉村 通央, 松尾 幸憲, 中村 晶, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
Japanese Journal of Radiology   31(Suppl.I) 52-52   Feb 2013
Y. Ishihara; A. Sawada; Y. Miyabe; N. Mukumoto; M. Nakamura; N. Ueki; Y. Matsuo; T. Mizowaki; M. Kokubo; M. Hiraoka
IFMBE Proceedings   39 IFMBE 1791-1794   2013   [Refereed]
局所進行性前立腺癌における根治的放射線外照射治療後の再発に対する救済ホルモン治療の臨床的検討
加藤 敬司, 井上 貴博, 溝脇 尚志, 賀本 敏行, 神波 大己, 清水 洋祐, 則久 佳毅, 山田 知美, 平岡 眞寛, 吉村 耕治, 小川 修
泌尿器科紀要   58(11) 599-603   Nov 2012
1997年9月〜2006年1月の間に局所進行性前立腺癌(stage III)53症例に対して行われた根治的放射線外照射治療後の、その生化学的再発(BCR)における救済ホルモン治療の奏功期間(去勢療法抵抗性前立腺癌(CRPC)に進展するまでの期間)と、および効果に影響する因子について後ろ向きに検討した。その結果、1)53例中17例が観察期間内にCRPCに進展していた。救済ホルモン療法開始からCRPCまでの期間の中央値は17ヵ月で、経過中に画像上臨床再発を認めたのは12例であり、3例が癌死して...
【明日を見据えた前立腺癌診療】 高リスク前立腺癌に対する治療戦略
斉藤 史郎, 大山 力, 溝脇 尚志, 萬 篤憲
カレントテラピー   30(9) 970-980   Sep 2012
前立腺がん京都地域医療連携の試み(第1報)
井上 貴博, 清水 洋祐, 神波 大己, 吉村 耕治, 小川 修, 小倉 昌和, 則久 佳毅, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛, 鎌刈 裕道, 岸本 寛史, 横出 正之
日本泌尿器科学会雑誌   103(2) 340-340   Mar 2012
MHI-TM2000(Vero)を用いたリアルタイムモニタリング動体追尾照射の初期経験
松尾 幸憲, 金子 周史, 中村 光宏, 植木 奈美, 椋本 宜学, 矢野 慎輔, 澤田 晃, 溝脇 尚志, 小久保 雅樹, 平岡 真寛
日本医学放射線学会学術集会抄録集   71回 S260-S260   Feb 2012
転移性肺腫瘍に対する定位放射線治療成績の検討
宮城 健, 松尾 幸憲, 植木 奈美, 則久 佳毅, 溝脇 尚志, 平岡 眞寛
日本医学放射線学会学術集会抄録集   71回 S221-S221   Feb 2012
T4食道癌の根治的放射線治療
中島 良太, 板坂 聡, 中村 晶, 楢林 正流, 溝脇 尚志, 光森 通英, 平岡 眞寛
Japanese Journal of Radiology   30(Suppl.I) 51-51   Feb 2012
小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療の初期経験
平田 希美子, 松尾 幸憲, 植木 奈美, 澁谷 景子, 坂中 克行, 楢林 正流, 溝脇 尚志, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   30(Suppl.I) 50-50   Feb 2012
Log fileを用いたRapidArc照射の精度検証
佐々木 恒平, 伊藤 秋男, 宮部 結城, 佐藤 清香, 溝脇 尚志, 澤田 晃, 平岡 真寛, 高倉 亨, 坪田 恵里, 中田 学
Japanese Journal of Radiology   30(Suppl.I) 39-39   Feb 2012
頭蓋外転移後に中枢神経再発を認めた退形成性上衣腫の1例
納富 誠司郎, 大封 智雄, 加藤 格, 平松 英文, 渡邉 健一郎, 荒川 芳輝, 溝脇 尚志, 足立 壯一, 平家 俊男
小児がん   48(プログラム・総会号) 296-296   Nov 2011
T4食道癌の根治的放射線治療の成績向上を目指して
板坂 聡, 中島 良太, 中村 晶, 楢林 正流, 坂中 克行, 溝脇 尚志, 光森 通英, 平岡 眞寛
日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   65回 318-318   Sep 2011
京都大学における前立腺癌に対する三次元原体照射の治療成績
池田 格, 溝脇 尚志, 則久 佳毅, 小倉 昌和, 高山 賢二, 神波 大己, 井上 貴博, 清水 洋祐, 小川 修, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   46(2) 968-968   Sep 2011
京都大学における前立腺癌に対するネオアジュバント内分泌療法併用IMRTの治療成績
溝脇 尚志, 則久 佳毅, 小倉 昌和, 高山 賢二, 神波 大己, 井上 貴博, 清水 洋祐, 小川 修, 賀本 敏行, 平岡 真寛
日本癌治療学会誌   46(2) 676-676   Sep 2011
【前立腺癌(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】 臨床 前立腺癌の治療 放射線療法 外照射 強度変調放射線治療(IMRT)
溝脇 尚志
日本臨床   69(増刊5 前立腺癌) 412-417   Jun 2011
【JROSG(Japanese Radiation Oncology Study Group)の現状】 泌尿器腫瘍委員会
秋元 哲夫, 中村 和正, 溝脇 尚志, 萬 篤憲, 加藤 弘之, 小塚 拓洋, 前林 俊也, 青木 学, 幡野 和男, 刈谷 真爾, 辻 比呂志, 築山 巖, 溝脇 貴志, 石川 仁, 平塚 純一
癌の臨床   56(7) 525-529   Apr 2011
前立腺癌に対するIMRT(Intensive Modulated Radiation Therapy)の短期治療成績
小倉 啓司, 高橋 彰, 宮崎 有, 千菊 敦士, 溝脇 尚志, 堀井 直敏, 芥田 敬三
日本泌尿器科学会雑誌   102(2) 494-494   Mar 2011
下咽頭癌に対するIMRTの初期治療経験
吉村 通央, 松尾 幸憲, 中村 晶, 楢林 正流, 溝脇 尚志, 平岡 真寛, 堀井 直敏, 永田 靖
日本医学放射線学会学術集会抄録集   70回 S353-S353   Feb 2011
限局型胚腫に対する全脳室強度変調放射線治療
坂中 克行, 溝脇 尚志, 高山 賢二, 平岡 真寛
Japanese Journal of Radiology   29(Suppl.I) 55-55   Jan 2011
脳定位照射におけるiPlan Ver.4.0の臨床使用に向けた線量精度検証
加茂前 健, 伊藤 秋男, 宮部 結城, 澤田 晃, 溝脇 尚志, 平岡 真寛, 中田 学
Japanese Journal of Radiology   29(Suppl.I) 54-54   Jan 2011
ゾレドロン酸を併用し2週間毎にVDC/IEを行った腸骨原発Ewing肉腫stageIVの一例
河田 紗耶架, 甲原 貴子, 才田 聡, 藤野 寿典, 平松 英文, 渡邉 健一郎, 足立 壮一, 平家 俊男, 中山 富貴, 戸口田 淳也, 溝脇 尚志
小児がん   47(プログラム・総会号) 303-303   Dec 2010
クッシング病術後22年後に再びクッシング病と診断された1例
山下 貴史, 金本 巨哲, 上田 依利子, 山下 唯, 近藤 絵里, 山田 豪, 藤井 寿人, 曽根 正勝, 三浦 晶子, 八十田 明宏, 田村 尚久, 溝脇 尚志, 荒井 宏司, 中尾 一和
日本内分泌学会雑誌   86(3) 714-714   Dec 2010
【泌尿器がんのネオアジュバント療法の現況】 前立腺癌 放射線外照射治療のネオアジュバント内分泌療法
神波 大己, 井上 貴博, 清水 洋祐, 溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 矢野 慎輔, 平岡 真寛, 小川 修
泌尿器外科   23(12) 1713-1716   Dec 2010
前立腺癌の根治的放射線外照射治療におけるネオアジュバント内分泌療法併用については、複数のランダム化比較試験の結果、70Gyまでの処方線量に関する限り、外照射単独治療に対する優位性が立証され、各種ガイドラインでも中リスク以上の限局性前立腺癌にはネオアジュバント内分泌療法が推奨されている。一方、C期前立腺癌などさらにリスクの高い症例には長期のアジュバント内分泌療法併用が推奨されている。3D-CRTやIMRTにより線量増加した場合のネオアジュバント内分泌療法の意義については未解決である。ネオアジ...
肺癌に対する高精度放射線治療の現状 最新放射線治療装置の現状
高山 賢二, 小久保 雅樹, 溝脇 尚志, 松尾 幸憲, 小坂 恭弘, 澤田 晃, 平岡 眞寛
肺癌   50(5) 457-457   Oct 2010
【最新の放射線治療の動向 IMRTガイドライン改定をふまえて】 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)の現状と課題
溝脇 尚志, 高山 賢二
Rad Fan   8(12) 49,14-51,14   Oct 2010
頸部食道癌の治療 手術と化学放射線療法の接点 頸部食道癌に対する強度変調放射線治療の試み
板坂 聡, 松尾 幸憲, 宮部 結城, 溝脇 尚志, 光森 通英, 平岡 真寛
日本食道学会学術集会プログラム・抄録集   64回 117-117   Aug 2010
局所進行性前立腺癌に対する根治的放射線治療後の救済ホルモン療法の検討
清水 洋祐, 井上 貴博, 神波 大己, 高山 賢二, 則久 佳毅, 溝脇 尚志, 光森 通英, 賀本 敏行, 平岡 眞寛, 小川 修
泌尿器外科   23(8) 1109-1110   Aug 2010
Stage C期前立腺癌に対する根治的放射線治療後のPSA再発に対してはホルモン治療が選択されることが実際的である。その成績はおおむね良好で、多くの症例で病勢はコントロールできている。しかし中には早い段階からホルモン治療の効かなくなる症例があり、今後このような症例に対しては早期にdocetaxelなどのcytotoxic therapyを開始することが必要ではないかと考えられた。(著者抄録)
Stage C前立腺がんの治療戦略 C期前立腺癌に対する放射線外部照射療法の至適治療ストラテジー ネオアジュバント内分泌療法併用高線量局所外部照射の治療成績
溝脇 尚志, 高山 賢二, 則久 佳毅, 矢野 慎輔, 神波 大己, 井上 貴博, 清水 洋祐, 小川 修, 平岡 真寛
泌尿器外科   23(8) 1049-1051   Aug 2010
C期前立腺癌に対しては、現在のところ長期内分泌療法併用の放射線外部照射療法(EBRT)が第一選択の治療法とされている。しかしながら、根拠となる臨床試験における放射線投与法や投与線量は旧来のものであり、現在の高線量投与下における至適な内分泌療法の併用法および併用期間は明らかではない。6ヵ月程度のネオアジュバント内分泌療法併用のEBRTのみでも比較的早期に救済内分泌療法を開始すれば良好な治療成績が得られる可能性が示唆されており、今後の本領域における研究の進展が待たれる。(著者抄録)
聴神経鞘腫に対する定位放射線治療の長期治療成績
坂中 克行, 溝脇 尚志, 蓮池 史画, 平岡 真寛, 荒川 芳輝, 岸 陽
Japanese Journal of Radiology   28(Suppl.I) 56-56   Jul 2010
【粒子線治療と高精度X線照射 cost-benefitからみた真の適応】 高精度X線外部照射時代のX線と粒子線の適応の切り分け
溝脇 尚志
臨床放射線   55(7) 853-859   Jul 2010
前立腺全摘除術後のPSA再発に対する救済放射線療法の検討
清水 洋祐, 神波 大己, 井上 貴博, 則久 佳毅, 高山 賢二, 溝脇 尚志, 光森 通英, 平岡 眞寛, 吉村 耕治, 賀本 敏行, 西山 博之, 小川 修
日本泌尿器科学会雑誌   101(2) 234-234   Feb 2010
神波 大己, 溝脇 尚志, 井上 貴博, 清水 洋祐, 高山 賢二, 則久 佳毅, 平岡 真寛, 小川 修
日本泌尿器科学会雑誌   101(2) 89-89   Feb 2010

Books etc

 
Functional image registration in brachytherapy Basic and advanced techniques in prostate brachytherapy (Editors: Dicker AP, Merrick GS, Waterman FM, Valicenti RK, Gomella LG)
Mizowaki T and Zaider M
Taylor and Francis 205-14   Jan 2005   
Dicker Adam P.
Talor & Francis   2005   ISBN:1841842982

Conference Activities & Talks

 
Hypo-fractionated intensity-modulated radiation therapy over three weeks for localized prostate cancer.
MIZOWAKI Takashi
6th Taiwan-Japan Radiation Oncology Symposium   19 May 2018   
Clinical applications of new EBRT techniques: dynamic tumor tracking & dynamic wave arc irradiation [Invited]
MIZOWAKI Takashi
Taipei-Kyoto Medical Summit   9 Dec 2017   
Salvage stereotactic radiotherapy for recurrent malignant glioma [Invited]
MIZOWAKI Takashi
The 14th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology   29 Oct 2017   
High-precision external-beam radiotherapy for skull base tumors intending to preserve cranial nerve functions
MIZOWAKI Takashi
12 Oct 2017   
A medical oncologist’s view to medical physicists [Invited]
MIZOWAKI Takashi
Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics   15 Sep 2017   

Research Grants & Projects

 
Study on the Intensity Modulated Radiation therapy
Developement of a 4 dimensional radiotherapy sysyem.