楠見 孝

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 18:16
 
アバター
研究者氏名
楠見 孝
 
クスミ タカシ
eメール
kusumi.takashi.7ukyoto-u.ac.jp
URL
http://cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/index-j.htm
所属
京都大学
部署
大学院教育学研究科 教育科学専攻
職名
教授
学位
博士(心理学)
その他の所属
学際融合教育研究推進センター
ORCID ID
0000-0001-7968-2304

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1990年
学習院大学文学部 助手
 
1990年
 - 
1994年
筑波大学社会工学系 講師
 
1994年
 - 
1999年
東京工業大学 工学部/大学院社会理工学研究科 助教授
 
1999年
 - 
2008年
京都大学 大学院教育学研究科 助教授/准教授
 
2008年
 - 
現在
京都大学 大学院教育学研究科 教授
 
2016年
 - 
現在
京都大学 大学院教育学研究科 副研究科長
 
2017年
 - 
現在
京都大学 教育研究評議会 評議員
 
2017年
 - 
現在
京都大学 学際融合教育研究推進センター デザイン学ユニット長
 

委員歴

 
2004年
 - 
2014年
日本教育心理学会  常任編集委員,年報編集委員
 
1998年
 - 
現在
日本心理学会  編集委員, 現在代議員,教育研究委員会委員
 
2003年
 - 
現在
日本認知心理学会  編集委員,現在理事
 
2005年
 - 
現在
日本認知科学会  監査委員,編集委員, 現在運営委員
 
2014年11月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 

受賞

 
2016年
日本心理学会 学術大会優秀発表賞 課題動機づけと努力に及ぼす遂行結果の影響
受賞者: 市村 賢士郎・上田 祥行・楠見 孝
 
2014年9月
日本感性工学会 論文賞
受賞者: 松田憲,楠見孝,瀬島吉裕
 
CGで作成された人物の印象形成に外見特徴と背景が及ぼす効果
- 反復接触に基づく検討 -
松田憲,楠見孝,瀬島吉裕
日本感性工学会論文誌 第12巻1号(2013.02発行)14回大会特集, PP.67-75
[講評] CGで表現された人物に対して直感的に感性的な判断をする際に,人物CGと背景との適合度合が,その認知過程に及ぼす影響を解明している論文である.心理学を基礎としながら,サイバー空間上での工学的存在である人物CGを綿密な実験により分析・評価しており,心理学,工学に多くの知見を与える...
2014年
日本心理学会 優秀発表賞 リスクコミュニケーションにおける対立情報回避:放射能・食品リスクに関する情報源信頼性とリスク認知
受賞者: 楠見 孝・平山 るみ・嘉志摩 佳久
 
2013年12月
日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞 放射能リスクに関する対立情報の統合 -片面-両面提示情報源の信頼度-
受賞者: 楠見 孝・平山るみ・嘉志摩佳久
 
2006年
日本心理学会 優秀論文賞 反復呈示と二重課題がアウトプットモニタリングに及ぼす影響
受賞者: 杉森絵里子・中西政志・米田英嗣・常深浩平・楠見 孝
 
2003年
The Literati Club Award for Excellence:Outstanding paper Salesperson's procedural knowledge, experience and performance: An empirical study in Japan .
受賞者: Matsuo,M.&Kusumi,T.
 
1990年
日本認知科学会 大会発表賞
 

論文

 
比喩表現の産出しやすさに説明対象が及ぼす影響-感情と行動の説明の差異-
岡隆之介・楠見 孝
認知科学   24(3)    2017年9月   [査読有り]
The present study aimed to verify whether topic description affects ease of metaphor production. It also aimed to verify whether the effect of topic description differs between metaphor and literal expressions. In Experiment 1, participants (N = 2...
岡 隆之介,楠見 孝
日本感性工学会論文誌   doi: 10.5057/jjske.TJSKE-D-16-   2017年   [査読有り]
This study investigates how expression type (literal or metaphorical) and topic description type (action or emotional states)
affects emotional evaluation of expressions. We collected 368 examples of different expression types and topic descriptio...
Yuta Kawamura, Takashi Kusumi
Evolution and Human Behavior      2017年   [査読有り]
.
後藤 崇志, 川口 秀樹, 野々宮 英二, 市村 賢士郎, 楠見 孝, 子安 増生
心理学研究      2017年   [査読有り]
We investigated the reciprocal influences between autonomous motivation and the use of motivational
regulation strategies. We analyzed the data of longitudinal surveys of junior high school and high school students
(N = 745) at three time points. ...
市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝
心理学研究      2017年   [査読有り]
The anagram task is widely used in psychological research as a manipulation of independent and dependent variables. The purposes of this study were to develop a database of anagrams and to clarify the relationship between material word characteris...
興梠 盛剛, 松田 憲, 楠見 孝
日本感性工学会論文誌   16(1) 137-145   2017年   [査読有り]
This study examined the effects of approach-avoidance behavior on animacy and preference to the object. We operated the direction of movement (approach, avoidance and control), change frequency (1, 3 and 7) and change timing (constant, random) in ...
Oishi, S.,Yagi, A., Komiya,A.,Kohlbacher,F.,Kusumi, T.,& Ishi, K.
European Journal of Personality   inpress    2017年   [査読有り]
Does a major natural disaster change human values and job preferences? The present studies examined whether the experience of a natural disaster experience shifts people's values and job preferences toward pro-social directions. In Study 1 (cross-...
Kusumi, T., Kashima, Y., & Hirayama, R.
Risk Analysis: An International Journal   in press    2017年   [査読有り]
Individuals’ perceptions and their interpersonal communication about a risk event, or risk talk, can play a significant role in the formation of societal responses to the risk event. As they formulate their risk opinions and speak to others, risk ...
楠見 孝・南部広孝・西岡加名恵・山田剛史・斎藤有吾
京都大学高等教育研究   (22) 55-66   2016年12月   [査読有り]
京都大学では、「高大接続」を追求して、平成28(2016)年度入試から特色入試(学力型AO入試)を導入した。特色入試導入の背景には、文部科学省において推進されている大学入試の改革があった。教育学部では、全学の委員会の方針を踏まえつつ、独自の特色入試を構想した。その特徴は、パフォーマンス評価を活用している点にある。具体的には、ポートフォリオを添付する「学びの報告書」、将来の計画や見通しを示した「学びの設計書」、与えられた複数の資料を活かして論考する「課題」、ならびに「口頭試問」などを組み合わ...
Komeda H, Osanai H, Yanaoka K, Okamoto Y, Fujioka T, Arai S, Inohara K, Koyasu M, Kusumi T, Takiguchi S, Kawatani M, Kumazaki H, Hiratani M, Tomoda A, Kosaka H.
Scientific Reports   6(Article number: 37875) 37875   2016年11月   [査読有り]
Autism spectrum disorder (ASD) is characterized by problems with reciprocal social interaction, repetitive behaviours/narrow interests, and impairments in the social cognition and emotional processing necessary for intention-based moral judgements...
Ryuta ISEKI and Takashi KUSUMI
Psychologia:An International Journal of Psychological Sciences   58(3) 127-144   2016年9月   [査読有り]
This study investigated whether source information attached to texts influences multiple-text comprehension about genetically modified (GM) foods—a controversial science topic. Participants in the experiment read two texts from two sources: an ex...
三浦麻子・楠見 孝・小倉加奈代
社会心理学研究   32(1) 10-21   2016年8月   [査読有り]
This study examined chronological changes in attitudes towards foodstuffs from the areas contaminated
by the Fukushima Daiichi nuclear disaster, using citizens’ data (n=1,752) from the panel surveys conducted
in 4 waves between September 2011 and ...
市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝
心理学研究   87(3) 262-272   2016年8月   [査読有り]
本研究では,課題困難度に関する情報が課題努力に及ぼす影響を課題動機づけとの関連から検討するために,2つの実験を行った。実験では,アナグラム課題を実験課題に用い,課題動機づけに関わる個人差変数を質問紙で測定した。実験1では,60名の参加者に対し,実際は解決不可能なアナグラムに“易しい”と“難しい”との表示をつけて提示した。結果,内発的動機づけが低い参加者は“易しい”と表示されている場合に,“難しい”と表示された場合よりも努力が促進された。実験2では,60名の参加者を,実験操作する遂行結果(ポ...
Yuji Ogihara, Yukiko Uchida, and Takashi Kusumi
SAGE Open      2016年8月   [査読有り]
We examined temporal changes in self-esteem among elementary and middle school students in Japan. Previous research has shown that self-esteem decreased among various sectors of the population, from middle school students to adults between 1984 an...
Kusumi, T.,Yama, H.,Okada,K., Kikuchi, S. and Hoshino, T.
Japanese Psychological Research   58(S1) 4-18   2016年7月   [査読有り]
This study reports the results of a national survey of psychology programs in Japan, conducted by the Committee on the Education and Research of the Japanese Psychological Association, based on 443 responses from program heads of 378 colleges, uni...
楠見 孝・村瀬 公胤・武田 明典
日本教育工学会論文誌   40(1) 33-44   2016年6月   [査読有り]
本研究は,児童・生徒用一般的批判的思考態度(CT-G)と学習場面の批判的思考態度(CT-S,各10項目)を用いて,認知的熟慮性-衝動性,認知された学習コンピテンス,教育プログラムとの関係を解明した.小学校5,6年生312人,中学1,2,3年生306人に,4ヶ月間隔をおいた2回の調査を実施した.そのうち,中学1年生160人に対しては,28ヶ月後の3回目調査を実施した.1回目調査において一般的および学習場面の批判的思考態度の2尺度の信頼性を内的整合性によって確認した.さらに,構成概念妥当性を確...
田中 優子・楠見 孝
心理学研究   87(1) 60-69   2016年4月   [査読有り]
The present study examined when people decide to choose an expression that is based on critical thinking, and
how situational and individual variables affect such a decision process. Given a conversation scenario including
overgeneralization with ...
石川敦雄・西田恵・渡部幹・山川義徳・乾敏郎・楠見孝
環境心理学研究   4(1) 1-14   2016年3月   [査読有り]
室内空間の多くは社会的交流のための場であり,より良い対人関係・行動に配慮した室内空間が期待されている。本研究の主な目的は,一般的な水準の広さや明るさ等の室内空間要因が印象形成に影響を及ぼすかどうかを検証することである。実験1の156名,実験2の364名の社会人は,室内空間CGと人物の合成画像を見て対人印象と対人関係への期待を評価した。次に,室内空間CGを見て広さ,明るさなどの室内空間要因と感情的要因を評価した。パス解析により,室内空間の「広々した」印象が対人印象「共同性」因子に影響し,その...
小山内 秀和, 楠見 孝
パーソナリティ研究   25(1) 50-61   2016年   [査読有り]
物語を読むときに読者が体験する「物語に入り込む」現象を示す概念として,近年「物語への移入」が注目されている。本研究では,Green & Brock(2000)が作成した物語への移入尺度と,さらにそれを元にAppel, Gnambs, Richter, & Green(2015)の提案した短縮版の日本語版をそれぞれ作成し,信頼性と妥当性の検討を行った。調査1(920名)および調査2(275名)の結果,日本語版移入尺度は高い信頼性を持つことが示され,並行して測定したイメージへの没頭尺度や文学反...
黒田怜佑, 松田 憲, 楠見 孝, 辻 正二
日本感性工学会論文誌      2016年   [査読有り]
Rapid urbanization and information technology has reduced human connection and a sense of regional community among local populations around the world. This may have led to a decrease in people's sense of belonging and feelings of fellowship toward...
Joonha Park, Paul Baina & Takashi Kusumi
Journal of Pacific Rim Psychology   9(2) 78-85   2015年10月   [査読有り]
Despite ongoing controversies regarding possible directions for the nuclear plants program throughout Japan since the Fukushima disaster, little has been researched about people's belief structure about future society and what may affect their att...
上市秀雄・楠見 孝
認知科学   22(3) 326-340   2015年9月   [査読有り]
本研究では,施行前と施行3年後とを比較し,裁判員参加意向を規定する要因間の関連性がどのように変化したのかを明らかにする.そして裁判員参加意向を高めるための提言を行う.
 質問項目は,意思決定スタイル尺度(43項目),上市・楠見(2010)が2007年3月に実施した項目(裁判員制度知識量4項目,不安感5項目,ストレス4項目,裁判員コスト認知3項目,裁判員ベネフィット認知3項目,裁判員参加意向1項目など),およびその他項目からなる.それらを2012年10月にWeb調査(回収数700名)で実施し...
Yusuke Karouji, Takashi Kusumi
Psychologia   58 1-14   2015年9月   [査読有り]
This paper argues that implicit self-stereotyping is moderated by the potential for
social evaluation in that situation. It was hypothesized that implicit self-stereotyping
is facilitated when social cues (i.e., gaze cues) signal social evaluation...
愛の概念を支える放射状カテゴリーと概念比喩:実験認知言語学的アプローチ
楠見 孝
認知言語学研究   1 80-98   2015年9月   [招待有り]
本稿では,認知言語学における諸概念を実験的,計量的に検討する手法として実験認知言語学的アプローチを提起した。研究1では,概念地図法を用いて,[愛]の概念の放射状カテゴリーを明らかにした。114名の大学生に[愛]の概念地図を描かせた結果,放射状の複数の下位カテゴリを明らかにした。研究2では,比喩生成法,および恋愛規範と恋愛経験の評定法に基づいて,比喩生成が恋愛経験や恋愛規範の影響を受けることを明らかにした。
Terai A, Nakagawa M, Kusumi T, Koike Y and Jimura K
Frontiers in Psychology   6:892 892   2015年6月   [査読有り]
Emergence of creative ideas often involves sudden linking of unrelated ideas. Here we demonstrate that the production of insights about novel metaphor was preceded by prolonged visual inspection of metaphorical sentences. The participants made fre...
Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T.
Psychologia   57(3) 213-223   2015年4月   [査読有り]
河村悠太・楠見 孝
心理学研究   86(1) 21-31   2015年4月   [査読有り]
Advertisements for charity generally employ one of two advertising strategies. The first appeals to the efficacy
of support, while the second appeals to the necessity of support. Two experiments investigated the effect of each
type of charity adve...
後藤崇志・石橋優也・梶村昇吾・岡 隆之介・楠見 孝
心理学研究   86(1) 32-41   2015年4月   [査読有り]
We developed a free will and determinism scale in Japanese (FAD-J) to assess lay beliefs in free will, scientific
determinism, fatalistic determinism, and unpredictability. In Study 1, we translated a free will and determinism
scale (FAD-Plus) int...
楠見 孝
日本看護診断学会誌(看護診断)   20(1) 33-38   2015年3月   [招待有り]
クリティカルシンキング(批判的思考)は, 目標に基づいて行われる論理的思考であり, 意識的な内省を伴う思考である. 第1に, クリティカルシンキングと看護のプロセスと構成要素を対応づけて検討した. 第2に, クリティカルシンキング教育の方法と, 看護教育における適用について述べた. 第3に, クリティカルシンキングの評価方法について比較検討し, 看護に適合した評価課題を作成する必要性について述べた. 最後に, クリティカルシンキング教育の視点から, 優れた看護師を育成するために必要な教育や...
GOTO Takayuki, KUSUMI Takashi
Learning and Individual Differences   37 241-248   2015年   [査読有り]
We examined whether and how regret contributes to acquiring autonomous motivation with the aim of gaining a deeper understanding of the intrapersonal process of the internalization of academic motivation. We conducted a longitudinal survey to exam...
石川 敦雄, 楠見 孝
心理学評論   58(4) 530-554   2015年   [査読有り]
楠見 孝
組織科学   48(2) 6-15   2014年12月   [招待有り]
ホワイトカラーの熟達化と,それを支える実践知(暗黙知)の構造,その獲得について認知心理学の知見に基づいて論じた.そして,ホワイトカラーに質問紙調査を実施し,マネジメントの暗黙知の獲得は,管理職経験年数,経験学習態度,批判的思考態度,類推,省察,職場内の暗黙知と形式知の知識変換が関与していることを示した.最後に,個人学習と組織学習の相互作用が実践知の獲得を促進し,管理職への熟達を導くことを議論した.
Kusumi T.,Ogura, K. & Miura, A.
International Journal of Web Based Communities   10(4) 445-465   2014年10月   [査読有り]
We report findings from a chat log analysis of a support group in
which two to five patients and one or two facilitators chatted in a virtual space;
weekly sessions lasted 1.5 hrs. each, and we followed them over five years. In
the virtual space, ...
Inohara, K., Honma, R., Goto, T., Kusumi, T., & Utsumi, A.
Scientific Study of Literature   4(1) 46-67   2014年9月   [査読有り]
松田 憲, 楠見 孝, 細見 直宏, 長 篤志, 三池 秀敏
心理学研究   85(3) 240-247   2014年9月   [査読有り]
栗田 季佳・楠見 孝
教育心理学研究   62 64-80   2014年6月   [査読有り]
ノーマライゼーションや平等主義的規範が行き渡った今日においても, 障害者に対する偏見や差別の問題は未だ社会に残っており, これらの背景となる態度について調べることが重要である。従来の障害者に対する態度研究は, 質問紙による自己報告式の測定方法が主流であった。しかしながら, これらの顕在的態度測定は, 社会的望ましさに影響されやすく, 無意識的・非言語的な態度を捉えることができない。偏見や差別のような, 表明が避けられる態度を捉えるためには間接測定による潜在指標が有効だと考えられる。本論文は...
Hepper, Erica G.; Wildschut, Tim; Sedikides, Constantine; Ritchie, Timothy D.; Yung, Yiu-Fai; Hansen, Nina; Abakoumkin, Georgios; Arikan, Gizem; Cisek, Sylwia Z.; Demassosso, Didier B.; Gebauer, Jochen E.; Gerber, J. P.; González, Roberto; Kusumi, Takashi; Misra, Girishwar; Rusu, Mihaela; Ryan, Oisín; Stephan, Elena; Vingerhoets, Ad J. J.; Zhou, Xinyue
Emotion   14 733-747   2014年5月   [査読有り]
楠見 孝
IDE現代の高等教育   (560) 23-27   2014年5月   [招待有り]
批判的思考力は,大学での学習,日常生活から職業生活,学問にわたって応用可能なジェネリックスキルとして位置づけることができる。とくに,大学教育においては,良き学習者,研究者として,学問や研究を行うためのリテラシーの中核として育成がおこなわれている。そのアウトカム評価として,米国では,批判的思考力を測るジェネリックスキルテストは,大学入学資格や大学教育のアウトカム評価,さらに,就職のための思考能力の指標としても利用されている。
後藤崇志・楠見 孝
パーソナリティ研究   23 109-112   2014年   [査読有り]
This study examined the relationship between autonomous motivation and anticipated regret in self-control dilemmas. We conducted an Internet survey with 200 employed individuals in their twenties. Participants read scenarios of self-control dilemm...
Sugimoto, Masashi & Kusumi, Takashi
Cognitive Processing   15 65-75   2014年   [査読有り]
Previous research has shown that people need spatial-sequential ability to process route information. In the current study, we focused not on the participant’s ability but on the process of how spatial information is presented. We examined the hyp...
楠見 孝
サイエンスコミュニケーション : 日本サイエンスコミュニケーション協会誌   2(1) 66-71   2013年9月   [招待有り]
楠見孝
日本リスク研究学会誌   23(1) 29-36   2013年6月   [査読有り]
都築章子・楠見 孝・鳩野逸生・鈴木真理子
科学技術コミュニケーション   (13) 59-71   2013年6月   [査読有り]
Inohara,K., Tsunemi, K., & Kusumi, T.
Psychologia:An International Journal of Psychological Sciences   56(1) 1-19   2013年5月   [査読有り]
荻原 祐二, 内田 由紀子, 楠見 孝
対人社会心理学研究   (13) 9-14   2013年3月   [査読有り]
後藤崇志・楠見孝
社会心理学研究   28(3) 125-136   2013年3月   [査読有り]
井関,龍太・楠見 孝
心理学評論   55(4) 415-435   2013年3月   [査読有り]
常深 浩平, 楠見 孝
いわき短期大学研究紀要   (46) 35-46   2013年3月
E. Manalo; T. Kusumi; M. Koyasu; Y. Michita; Y. Tanaka
Thinking Skills and Creativity   10 121-132   2013年   [査読有り]
This study sought to elucidate some aspects of the relationship between culture and critical thinking by examining whether a number of culture-related factors might relate to university students’ reported use of critical thinking. The participants...
楠見 孝,平山るみ
日本リスク研究学会誌 = Japanese journal of risk analysis   23(3) 165-172   2013年   [査読有り]
松田憲・楠見孝・小林剛・一川誠・興梠盛剛・黒川正弘 ,
認知心理学研究   10(2) 133-150   2013年   [査読有り]
松田 憲,楠見 孝,瀬島 吉裕
日本感性工学会論文誌   12(1) 67-75   2013年   [査読有り]
田村 綾菜, 常深 浩平, 楠見 孝
昭和女子大学大学院生活機構研究科紀要   22 17-30   2013年
小山内 秀和, 楠見 孝
心理学評論   56(4) 457-473   2013年
都築章子・楠見孝・鳩野逸生・鈴木真理子
科学技術コミュニケーション   (12) 63-74   2012年12月   [査読有り]
楠見 孝, 田中 優子, 平山 るみ
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   19(1) 69-82   2012年3月   [査読有り]
猪原 敬介, 楠見 孝
認知科学   19(1) 100-121   2012年3月   [査読有り]
In the area of educational psychology, much research has suggested that habitual reading
of texts improves people’s vocabulary (e.g., Stanovich, Cunningham, &West, 1998).
However, there are few cognitive approaches addressing why reading texts cha...
田中 優子, 楠見 孝
認知科学   19(1) 56-68   2012年3月   [査読有り]
栗田 季佳, 楠見 孝
特殊教育学研究   49(5) 481-492   2012年1月   [査読有り]
本研究では,近年用いられるようになった「障がい者」表記に注目し,ひらがな及び漢字の表記形態が身体障害者に対する態度に及ぼす影響について,接触経験との関連から検討することを目的とした。身体障害者に対する態度については,イメージと交流態度の2つの態度次元に着目した。SD法及び交流態度尺度を用いて,大学生・大学院生348名を対象に調査を行った。その結果,身体障害者イメージは身体障害学生との交流に対する当惑感を媒介として身体障害学生と交友関係を持つことや自己主張することに対する抵抗感に影響を与える...
幸福感の国際比較研究 : 13カ国のデータ (特集 幸福感と文化)
子安 増生, 楠見 孝, CARVALHO FILHO Moises Kirk de et al.
心理学評論   55(1) 70-89   2012年   [査読有り][招待有り]
楠見 孝
心理学評論   55(1) 114-130   2012年   [査読有り]
都築 章子, 加納 圭, 楠見 孝,鈴木真理子
科学技術コミュニケーション   (10) 89-101   2011年12月   [査読有り]
杉本 匡史, 楠見 孝
認知心理学研究   9(1) 55-64   2011年8月   [査読有り]
都築 章子, 西村 祐治, 楠見 孝, 鳩野 逸生, 鈴木 真理子
科学教育研究   35(2) 218-220   2011年6月   [査読有り]
都築 章子, 楠見 孝, 鳩野 逸生,鈴木真理子
科学技術コミュニケーション   (9) 53-64   2011年6月   [査読有り]
潜在意味解析に基づく概念間類似度の心理学的妥当性 : 言語統計解析アプローチの効用と限界
猪原 敬介, 楠見 孝
心理学評論   54(2) 101-122   2011年   [査読有り]
平 知宏, 楠見 孝
心理学研究   82(3) 283-299   2011年   [査読有り]
The study of the metaphor is interdisciplinary and focuses mostly on three points in cognitive psychology:
(a) the cognition of metaphoricity, (b) metaphor comprehension processes, and (c) the reason why one
concept is represented by another conce...
楠見 孝
日本認知言語学会論文集   11 551-558   2011年   [招待有り]
Morimoto, Y., Nakashima, S. F, & Kusumi, T.
Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences   54 27-38   2011年   [査読有り]
平山 るみ, 楠見 孝
日本教育工学会論文誌   34(Suppl.) 157-160   2010年12月   [査読有り]
本研究では,知識や学習について個人がもっている認識論的信念(epistemological beliefs)を測定するために,SCHOMMER(1990)の認識論的信念尺度に基づいて,日本語版認識論的信念尺度を構成した.大学生426名の評定値に基づいて因子分析をおこない,「生得的な能力」,「じっくりした学習」,「自己努力による学習」,「単純な知識」の4因子25項目の日本語版認識論的信念尺度を構成した.さらに,認識論的信念と批判的思考態度との関連性の検討をおこなった.認識論的信念の「生得的な...
Kusumi, T., Matsuda, K., Sugimori, E.
Japanese Psychological Research   52(3) 150-162   2010年9月   [査読有り]
We investigated the triggers and functions of nostalgia in consumers' processing of television advertisements in relation to aging. Study 1 explored the contents and triggers of nostalgic experiences by requesting 451 undergraduates to write four ...
栗田 季佳, 楠見 孝
教育心理学研究   58(2) 129-139   2010年6月   [査読有り]
In Japanese, various writing systems can be used for part of a word that means “people with disabilities”. The purpose of the present study was to examine the effect of the writing system used on attitudes toward people with physical disabilities...
永岑 光恵, 楠見 孝
科学技術コミュニケーション   7 119-132   2010年3月   [査読有り]
What do people know about the state-of-the-art neuroscience research and developments promoted by it? Recently it is empathized that to be educated consumers, people need to acquire neuroscience literacy (NL). What is the NL? This study investigat...
山内 隆史, 楠見 孝
認知科学   17(1) 54-65   2010年3月   [査読有り]
What is ontology? There is a theoretical disagreement in the proper status of ontology. One group regards ontology as a tool for characterizing human knowledge; the other considers ontology to be a systematic method for representing reality. This ...
平山 るみ, 田中 優子, 河崎 美保, 楠見 孝
日本教育工学会論文誌   33(4) 441-448   2010年2月   [査読有り]
本研究では,批判的思考を支える能力を測定するための尺度としてコーネル批判的思考テスト・レベルZ(ENNIS et al.1985)を用いて,日本語版批判的思考能力尺度を構成した.まず,コーネル批判的思考テスト(ENNIS et al.1985)を日本語に翻訳し,その内的整合性および難易度を検討した.さらに,批判的思考態度尺度,および認知能力としての知能を測定する京大SXとの関係性を検討した.大学生43名に対し,批判的思考能力尺度,批判的思考態度尺度,認知能力尺度を実施した.そして,批判的思...
上市秀雄・楠見 孝
認知心理学研究   7(2) 89-101   2010年   [査読有り]
本研究の目的は,裁判員制度に対する参加意向や要望に,認知・感情要因がどのように影響しているかを明らかにすることである.分析対象者は,20から70歳の成人321名である.その結果,裁判員への参加意向は低く,裁判員に対する不安感やストレスそして裁判員になることのリスクが大きいと認識していることが示された.定職がない人のほうが,定職がある人より,裁判員になることに対して不安感やストレスが大きく,裁判員制度に対して強い要望をもっていることが明らかとなった.また定職のある人は,裁判員制度に関する知識...
平 知宏, 楠見 孝
日本認知言語学会論文集   10(0) 513-523   2010年
楠見孝・中本敬子・子安増生
心理学研究   80(6) 467-475   2010年   [査読有り]
小宮 あすか, 渡部 幹, 楠見 孝
心理学評論   53(2) 153-168   2010年   [査読有り]
山内 隆史, 楠見 孝
認知科学   17(1) 54-65   2010年
What is ontology? There is a theoretical disagreement in the proper status of ontology. One group regards ontology as a tool for characterizing human knowledge; the other considers ontology to be a systematic method for representing reality. This ...
楠見 孝;松田 憲;杉森 絵里子
基礎心理学研究   28(1) 142-146   2009年9月
In several studies, we used surveys and experimental methods to investigate the factors evoking consumers' sense of safety and feelings of nostalgia in relation to the mere exposure effect in consumer's ad processing. The first series of studies r...
楠見 孝
人工知能学会誌   24(2) 237-244   2009年3月   [招待有り]
平山るみ;楠見孝
日本リスク研究学会誌   19(1) 41-46   2009年3月   [査読有り]
This study examined whether people take sample size information into consideration when judging the dietary effect and the side-effect risk of dietary food. Undergraduate students (N = 152) were required to read one of three passages, each with di...
鍋田 智広, 楠見 孝
心理学評論   52(4) 545-575   2009年   [査読有り]
False memories refer to memories of events that did not occur. The Deese-Roediger-McDermott (DRM) paradigm represents a conventional experimental methodology for examining false memories; this paradigm involves the presentation of associated words...
物語理解を支える知覚・運動処理--擬似自伝的記憶モデルの試み
常深 浩平, 楠見 孝
心理学評論   52(4) 529-544   2009年   [査読有り]
唐牛祐輔・楠見 孝
認知心理学研究   6(2) 155-164   2009年   [査読有り]
本研究は,潜在的なジェンダーステレオタイプ的知識(すなわち,"女性—依存")が,対人印象判断におけるコンストラクト・アクセスビリティ効果とどのような関連を持つかを検討した.大学生男女各36名は,表面上無関係な二つの課題を行った.まず,参加者は,単語の位置同定課題において,中立刺激または依存関連刺激に接触した.次に,男性または女性ターゲット人物に関する文章を読み,その印象を評定した.加えて,Implicit Association Test (IAT)を行い,知識連合強度を測定した.その結果...
唐牛祐輔・楠見 孝
認知心理学研究   6(2) 155-164   2009年   [査読有り]
平知宏・中本 敬子・木戸口英樹・木村 洋太・常深 浩平・楠見 孝
認知心理学研究   7(1) 57-66   2009年   [査読有り]
平山 るみ, 楠見 孝
日本リスク研究学会誌   19(1) 1_41-1_46   2009年
This study examined whether people take sample size information into consideration when judging the dietary effect and the side-effect risk of dietary food. Undergraduate students (N = 152) were required to read one of three passages, each ...
KUSUMI Takashi, KOMEDA Hidetsugu, KOJIMA Takatsugu
Educational Technology Research   31(1) 173-183   2008年11月   [査読有り]
We investigated how an avatar's facial expression function affects users' motivation to engage in conversation and ability to understand a partner's emotion during online chat communication and attempted to improve the chat system based on the usa...
森本 裕子, 渡部 幹, 楠見 孝
社会心理学研究   24(2) 108-119   2008年11月   [査読有り]
We investigated how differently people punish a free-rider in three experiments. Experiment 1 was conducted to examine how individual levels of trust and self-fairness influence their punishing behavior in a 5-person social dilemma. The results sh...
楠見 孝, 栗山 直子, 齊藤 貴浩, 上市 秀雄
キャリア教育研究   26(1) 3-17   2008年4月   [査読有り]
福田斎;伊藤良子;楠見孝;藤田潤;駿地眞由美;山本喜晴;井上嘉孝;築山裕子;西田麻衣子;松本拓磨
日本遺伝カウンセリング学会誌   28(2) 33-41   2008年3月   [査読有り]
楠見 孝, 米田 英嗣, 小島 隆次
日本教育工学会論文誌   31(4) 415-424   2008年3月   [査読有り]
本研究は,教育用の3次元仮想空間オンラインチャットコミュニケーション・システムにアバターの表情機能を導入して,ユーザの会話に対する動機づけや相手の感情理解の精度に及ぼす効果とユーザビリティの評価に基づくシステムの改良を検討した.実験1では,15組の大学生ペアが,スマイリー入力表情システムと表情なしシステムの両方を用いて英語でチャットを行い,ユーザビリティを評価した.その結果,大学生のユーザビリティ評価においては,スマイリー入力表情システムの表情なしシステムに対する優位性を示すことはできなか...
小島 隆次, 竹鼻 圭子, 楠見 孝
日本教育工学会論文誌   31(supple.) 205-208   2008年2月   [査読有り]
本研究では,英語前置詞overの空間的意味学習のために視覚イメージを利用した教材を認知言語学の知見を利用して作成する際に,トラジェクター(TR:主として文の主語)とランドマーク(LM:主としてoverの目的語)との間に接触の要素が必要か否かという点を実験によって検討した.その結果TRとLMの接触の要素は学習効果にあまり影響しないが,TRの移動経路がLMに依存する場合には影響する可能性が示唆された.この結果は,overの中心的意味を視覚イメージで表現する際に,接触・非接触よりもTRの移動経路...
猪原 敬介, 堀内 孝, 楠見 孝
認知心理学研究   5(2) 141-152   2008年   [査読有り]
This study investigates online inferences within script-based texts. The three types of inferences examined relate to causal antecedents (e.g., why did an accident happen?), superordinate goals (e.g., why did he say that?), and subordinate goal-ac...
田中 優子, 楠見 孝
教育心理学研究   55(4) 514-525   2007年12月   [査読有り]
本研究では, 大学生を対象とし, 目標や文脈という状況要因が批判的思考の使用に関わるメタ認知的判断に及ぼす影響を検討することを目的として, 研究1では, 批判的思考が「効果的」な文脈と「非効果的」な文脈を収集した。研究2では, 収集した文脈の分類を行い, それぞれの特徴を抽出した。2つの文脈にはそれぞれ異なる特徴がみられた。研究3では,「正しい判断をする」「物事を楽しむ」という2つの目標と文脈を独立変数として, 批判的思考をどの程度発揮しようとするかというメタ認知的な判断に及ぼす影響を検討...
杉森絵里子, 楠見孝
心理学評論   50(2) 99-118   2007年11月   [査読有り]

Misc

 
指定討論:秋山隆(企画)自主シンポジウム <ポストp値時代>の統計学 :t検定,F検定,カイ2乗検定相当の分析をどうするか
楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会      2016年10月
指定討論:倉盛美穂子・梶井芳明・羽野ゆつ子(企画)自主シンポジウム   適応的熟達化をめざす教員養成:被教育経験を超えた教育課題に学生・教員はどう応えるか
楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会      2016年10月
杉森 伸吉, 本蔵 達矢, 神山 雅美, 平山 秀人, 佐藤 洋平, 古屋 真, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   (55) S48-S49   2013年7月
武田 明典, 村瀬 公胤, 大野 雄子, 松田 恵子, 古屋 昌美, 埋橋 玲子, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   (54) 896-897   2012年11月
藤澤 伸介, 小野瀬 雅人, 石隈 利紀, 楠見 孝, 秋田 喜代美
日本教育心理学会総会発表論文集   (54) 862-863   2012年11月
渡部 洋, 楠見 孝, 奈須 正裕, 松井 仁, 吉田 寿夫, 仲 真紀子, 南風原 朝和
教育心理学年報   33(0) 8-12   1994年
書評:瀬戸賢一著『認識のレトリック』
楠見 孝
月刊言語   27(1) 146-146   1998年1月   [依頼有り]
楠見 孝, 辻 幸夫
言語   31(2) 90-97   2002年2月   [依頼有り]
楠見孝, 米田英嗣, 小島隆次
高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用に関する研究 平成14年度 計画研究   69-74   2003年
楠見 孝, 横地 早和子, 小林 由紀
認知科学   11(4) 340-342   2004年
楠見 孝, 横地 早和子, 小林 由紀
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   11(4) 340-342   2004年12月
内田 伸子, 稲垣 佳世子, 渡辺 雅子, 武田 忠, 楠見 孝, 秋田 喜代美
教育心理学年報   45(0) 19-23   2006年
楠見 孝
心理学ワールド(日本心理学会)   (32)    2006年1月   [依頼有り]
小宮 あすか, 楠見 孝, 上田 祥行, 嶺本 和沙, 坂野 逸紀, 陳 蕾
研究開発コロキアム : 平成20年度 成果報告書 (Colloquium for Educational Research and Development)   14-15   2009年3月
楠見孝
行動科学に基づく対象者別リスクコミュニケーションの手法の開発と評価 平成23年度研究報告書   18-24   2012年
楠見 孝
心理学評論   55(1) 3-5   2012年
沖林 洋平, 藤木 大介, 楠見 孝
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   19(1) 3-8   2012年3月
楠見 孝
子どもの生命性と有能性を育てる教育・研究をめざして   0(2007) 50-51   2012年3月
楠見 孝
子どもの生命性と有能性を育てる教育・研究をめざして   0(2007) 52-53   2012年3月
楠見 孝
子どもの生命性と有能性を育てる教育・研究をめざして   0(2007) 48-49   2012年3月
吉田 寿夫, 西林 克彦, 楠見 孝, 吉川 肇子, 杉浦 淳吉, 坂本 美紀
教育心理学年報   52(0) 258-285   2013年
楠見 孝・上野美果
心理学ワールド(日本心理学会)   (63) 34-35   2013年3月   [依頼有り]
楠見 孝
円環する教育のコラボレーション(京都大学大学院教育学研究科教育実践コラボレーション・センター)   73-74   2013年3月   [依頼有り]
楠見 孝, 服部 弘, 一色 伸夫
子ども学   (15) 75-102   2013年3月
楠見 孝
心理学ワールド(日本心理学会)   (61) 5-8   2013年4月   [依頼有り]
楠見 孝・小宮あすか
脳科学辞典      2015年9月
 後悔回避とは、意思決定場面において、将来の結果について予測をおこない、後悔による不快な状態を避けるように決定を行うことを指す。余計な行動をして失敗したときや、普段と違うような行動をとって失敗したときには、後悔が大きいため、リスク回避に結びつく。逆に行動しなかったことの予期的後悔が大きいときは、リスクをとることもある。神経基盤として、内側前頭眼窩皮質と扁桃体の活動が増すことが知られている。このことは、特に内側前頭眼窩皮質が、後悔という高次感情に基づく適応的な意思決定を支えていることを示唆し...
楠見 孝
心理学ワールド(日本心理学会)   (72) 30-31   2016年1月   [依頼有り]
楠見 孝
大阪市立大学 大学教育   14(1) 27-42   2016年12月   [依頼有り]
大阪市立大学第23回教育改革シンポジウム : 全体テーマ「 高大接続の観点からの入試・教育改革について」
の講演記録

書籍等出版物

 
楠見 孝・津波古澄子 (担当:共著)
医学書院   2017年9月   ISBN:4260032100
学校教育における批判的思考と市民リテラシーの育成 武田明典(編)教師と学生が知っておくべき教育動向
楠見 孝 (担当:分担執筆, 範囲:p29-35)
北樹出版   2017年9月   ISBN:4779305500
楠見 孝 (担当:分担執筆, 範囲:pp.68-71)
新曜社   2017年3月   ISBN:4788515113
ブータン王国の教育変容――近代化と「幸福」のゆくえ
杉本 均(編) 楠見 孝(分担) (担当:分担執筆, 範囲:ブータン王国における批判的思考教育-日本との比較,コラム:ブータン王国における聴覚障がい児教育)
岩波書店   2016年8月   
批判的思考と市民リテラシー: 教育、メディア、社会を変える21世紀型スキル
楠見 孝・道田泰司 (担当:共編者)
誠信書房   2016年6月   ISBN:441430007X
高校生のための心理学講義:こころの不思議を解き明かそう (心理学叢書5) 
内田伸子・板倉昭二(編) (担当:分担執筆, 範囲:認知心理学:よりよい決定をするには)
誠信書房   2016年2月   
楠見 孝 (担当:分担執筆, 範囲:問題解決と意思決定)
ナカニシヤ出版   2016年3月   ISBN:477951049X
デザイン学概論
楠見 孝 (担当:分担執筆, 範囲:教育のデザイン)
共立出版   2016年   
実験・実習で学ぶ心理学の基礎
日本心理学会認定心理士資格認定委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:「単語記憶の再生:覚えたとおりに思い出すのか?」鍋田智宏・楠見孝 )
金子書房   2015年8月   
心理学検定 基本キーワード 改訂版
日本心理学諸学会連合心理学検定局 (編) (担当:分担執筆, 範囲:批判的思考)
実務教育出版   2015年5月   
The Palgrave Handbook of Critical Thinking in Higher Education
Martin Davies & Ronald Barnett (担当:分担執筆, 範囲:Do Students from Different Cultures Think Differently about Critical and other Thinking Skills?;Emmanuel Manalo, Takashi Kusumi, Masuo Koyasu, Yasushi Michita, and Yuko Tanaka)
Palgrave Macmillan   2015年4月   
http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-1-137-37805-7_19
In this chapter, we explore what students from different cultural backgrounds think “good” thinking skills are, including the skills they perceive as being necessary in their studies. W...
心理学検定 公式問題集 2015年度
日本心理学諸学会連合 心理学検定局 (編) (担当:分担執筆, 範囲:認知心理学)
実務教育出版   2015年3月   
楠見孝・道田泰司 (担当:共編者)
新曜社   2015年1月   ISBN:4788514141
海保 博之・楠見孝 (担当:監修)
朝倉書店   2014年9月   ISBN:4254520204
思考 下山晴彦・遠藤利彦・齋木潤 (編) 誠信 心理学辞典 [新版]
楠見 孝 (担当:分担執筆)
誠信書房   2014年9月   
楠見 孝 (担当:編者)
誠信書房   2014年5月   ISBN:4414311128
鈴木 真理子, 都築 章子, 鳩野 逸生, 松下 佳代, 楠見 孝 (担当:共著)
北大路書房   2014年3月   ISBN:4762828343
田中優子・楠見孝 (担当:共訳, 範囲:意思決定)
丸善出版   2014年3月   ISBN:4621087991
批判的思考,メタ認知,日常記憶,記憶術 藤永保他(編) 最新 心理学事典
楠見 孝 (担当:分担執筆)
平凡社   2013年12月   
ヒューリスティック 日本認知心理学会(編) 認知心理学ハンドブック (有斐閣ブックス)
楠見 孝 (担当:共編者)
有斐閣   2013年12月   
上市秀雄・楠見 孝. (2013). リスク認知 矢守克也, 前川あさ美(編) 発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間,第16章 (pp.165-172)
上市秀雄・楠見 孝 (担当:分担執筆)
新曜社   2013年12月   
繁桝算男他(監訳)APA心理学大辞典
楠見 孝 (担当:共訳)
培風館   2013年9月   
がん患者オンラインサポートグループのチャット分析 石崎雅人・野呂幾久子(編)これからの医療コミュニケーションへ向けて
楠見 孝・三浦麻子・小倉加奈代 (担当:分担執筆)
篠原出版新社   2013年8月   
比喩表現の理解過程:その認知心理学的分析. 表現学会(編), 言語表現学叢書 第2巻: 言語表現学の諸相  (pp.233-244)  
楠見 孝 (担当:分担執筆)
清文堂出版   2013年6月   
金井壽宏・楠見孝 (担当:共編者)
有斐閣   2012年3月   ISBN:4641163863
楠見 孝・子安増生・道田泰司 (担当:共編者)
有斐閣   2011年9月   ISBN:464117380X
北山修, 伊谷信彦, 大山泰宏, 角野善宏, 鎌田東二, 楠見孝, 高橋靖恵, 竹中菜苗, 田中康裕, 西平直, 松木邦裕, 稲垣恭子, 井上嘉孝 (担当:共著)
創元社   2010年11月   ISBN:4422115014
楠見孝 (担当:編者)
北大路書房   2010年7月   ISBN:4762827193
大人の学び:熟達化と市民リテラシー 渡部信一(編)・佐伯胖(監修)『「学び」の認知科学事典』
楠見 孝 (担当:分担執筆)
大修館書店   2010年   
小口 孝司, 今井 芳昭, 楠見 孝 (担当:共著)
北大路書房   2009年4月   ISBN:4762826774
New Trends in Psychometrics.
K. Shigemasu, A. Okada, T.Imaizumi, and T. Hoshino (Eds.) (担当:分担執筆, 範囲:Structural equation modeling of risk avoidance in everyday life.(Ueichi, H. & Kusumi, T.) (pp.491-500))
Universal Academic Press   2009年   ISBN:4904164068
楠見孝 (担当:編者)
ひつじ書房   2007年10月   ISBN:4894763176
海保 博之, 楠見 孝, 佐藤 達哉 (担当:共著)
朝倉書店   2006年6月   ISBN:4254520158
K.Fujita & S. Itakura(Eds.) Kusumi,T. (担当:分担執筆, 範囲:Human metacognition and the deja vu phenomenon.)
Kyoto University Press   2006年4月   ISBN:4876986711
瀬戸 賢一, 楠見 孝, 辻本 智子, 山本 隆, 沢井 繁男 (担当:共著)
海鳴社   2005年3月   ISBN:4875252234
小口 孝司, 今井 芳昭, 楠見 孝 (担当:共著)
北大路書房   2003年4月   ISBN:4762823023
守 一雄, 都築 誉史, 楠見 孝 (担当:共著)
北大路書房   2001年7月   ISBN:4762822191
市川 伸一, 服部 雅史, 竹村 和久, 高橋 和弘, 楠見 孝, 伊藤 毅志 (担当:共著)
東京大学出版会   1996年2月   ISBN:4130151045
日本労働研究機構, 今井 芳昭, 小口 孝司, 亀田 達也, 楠見 孝, 長縄 久生
日本労働研究機構   1998年   
坂元 昴, 安達 淳, 岡本 敏雄, 落合 優, 開原 成允, 菊川 健, 楠見 孝, 坂内 正夫, 田崎 篤郎, 根木 昭, 浜野 保樹, 棟方 哲弥, 村上 陽一郎, 安田 靖彦
[大学入試センター]   1995年   
落合良行・楠見孝 (担当:編者)
金子書房   1995年10月   ISBN:4760892141
箱田 裕司(編)楠見孝 (担当:分担執筆, 範囲:比喩の生成・理解と知識構造)
サイエンス社   1992年1月   ISBN:4781906400
梅岡 義貴, 斎賀 久敬, 薮内 稔(ファジィ), 楠見 孝
[梅岡義貴]   1991年   
楠見 孝 
風間書房   1992年   ISBN:4759909222
よりよい医療を支える心理学​(心理学叢書)
原田悦子 (担当:分担執筆, 範囲:健康リテラシーとは何か:健康・医療情報を読み解く力)
誠信書房   

講演・口頭発表等

 
方向感覚の自己評価と空間認知課題成績とのズレ -「自信満々な方向音痴」の経路探索-
杉本 匡史、楠見 孝
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月4日   
刺激の色によるパワー操作が単純接触効果に及ぼす影響
松田 憲、内田 岳人、興梠 盛剛、楠見 孝
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月4日   
動機づけの量的側面の動的変化を捉える実験パラダイムの提案
市村 賢士郎、長谷部 育恵、市村 晴香、西澤 園子、宮一 愛美、後藤 崇志、楠見 孝
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月3日   
パワープライミングとインターバルが単純接触効果に与える影響
興梠 盛剛、松田 憲、寺田 智史、楠見 孝
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月3日   
作品舞台の旅“聖地巡礼”における没入感
楠見 孝, 米田 英嗣
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月3日   
裁判官における確証バイアス:批判的思考に基づく修正
楠見 孝
日本認知心理学会第15回大会 シンポジウム 司法における確証バイアス: 認知心理学から見た問題と対応策   2017年6月3日   
懐かしさ感情のポジティブ効果の加齢による増大:社会情動的選択性理論に基づく検討
楠見 孝
日本認知心理学会高齢者心理学部会第14回研究会   2017年3月11日   
Neural Mechanisms associated with Emergent Interpretations in Metaphor Comprehension
Terai, A., Nakagawa, M., Kusumi, T., Sakagami, M., & Jimura, K
The 1st ABiS Symposium: Towards the Future of Advanced Bioimaging for Life Sciences, National Institutes of Natural Sciences   2017年2月19日   
Who can be a critical thinker? A two-wave longitudinal study on critical thinking attitudes
Takahashi, Y., Kusumi, T., & Manalo, E
The 16th Annual Hawaii International Conference on EducationThe 16th Annual Hawaii International Conference on Education   2017年1月4日   
感情ヒューリスティックに基づくリスク認知:ニューメラシーと批判的思考態度による抑制効果
伊川美保, 楠見 孝
日本リスク研究学会第29回年次大会   2016年11月25日   
Process of metaphor-literal expression production in emotional contexts
Oka, R., & Kusumi, T
57th Annual Meeting of Psychonomic Society   2016年11月17日   
「他者の目」が利他行動を促進するとき -社会的規範の調整効果-
河村悠太, 楠見 孝
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会   2016年10月9日   
学習空間と空間情報が創造性に及ぼす影響――ラーニングコモンズは創造性を高めるか
市村賢士郎, 河村悠太, 楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月8日   
ニューメラシーがリスクに関する意思決定バイアスに及ぼす影響
伊川 美保, 楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月8日   
注意喚起メッセージに対する関与性がリスク認知に及ぼす影響 内集団‐外集団事例に着目した検討
長谷部育恵・清河幸子・楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月8日   
高校生の探究的学習スキルと批判的思考態度の育成 スーパーグローバルハイスクールにおける生徒の変容の評価
楠見 孝
日本教育心理学会第58回総会   2016年10月8日   
嗜好品摂取と規範の関連に対するセルフコントロールの調整効果
後藤 崇志, 楠見 孝
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月17日   
ポジティブな懐かしさ感情の加齢による増大 社会情動的選択性理論に基づく検討
楠見 孝
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月17日   
オーガナイズド・セッション:「観光」を産業・組織心理学から研究する
楠見 孝
産業・組織心理学会32回大会   2016年9月3日   
看護師看護師の熟達化に及ぼすアンラーニングと批判的思考態度の影響
楠見 孝
産業・組織心理学会32回大会   2016年9月3日   
楠見孝
産業・組織心理学会大会発表論文集   2016年8月6日   
Effort to Buy a Gift Affects Estimates of Recipients' Appreciation
Kawamura, Y., & Kusumi, T
he 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology   2016年7月30日   
Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem among older children and early adolescents in Japan
Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T
The 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology   2016年7月30日   
KUSUMI Takashi
31st International Congress of Psychology   2016年7月26日   
Health literacy refers to the ability of individuals to obtain and understand health risk information using critical thinking about ways in which to prevent disease. According to our studies, there are four components of health literacy: media, sc...
Does unconscious reward undermine intrinsic motivation?
Ichimura, K., Fujino, M.., Okada, A., Kobatake, J., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
Influence of self-ranking feedback on learning performance and task motivation
Ichimura, K., Ueda, Y., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
The effects of nostalgia on mood and perceived social support while drinking "CALPIS".
Kawaguchi, K., Kotani, M., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
Age differences in the relationship between the Big-Five personality traits and altruistic behavior
Kawamura, Y., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
The effects of power priming and exposure sequence on mere exposure effect
Matsuda, K., Onoda, S., Kouroki, M, & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
The effects of listener topic involvement in interpretation of emotion-descriptive metaphors
Oka, R., Kojima, T., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
The effect of perspectives and time-intervals on evaluation of inconsistent behaviors
Shirasuna, Y., Hiraoka, D., Ishiguro, S., Himichi, T., Yanaoka, K., & Kusumi, T.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
Quasi-development of critical thinking attitude during adulthood, and links to the big five personality traits. Does Unconscious Reward Undermine Intrinsic Motivation?
Takahashi, Y., Kusumi, T., & Manalo, E.
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月24日   
Dynamic neural mechanisms associated with emergence of creative metaphor interpretations
Terai, A., Nakagawa, M., Kusumi, T., Sakagami, M., & Jimura, K
第39回日本神経科学大会   2016年7月20日   
興梠盛剛, 松田憲, 中元俊介, 小島隆次, 長篤志, 楠見孝
日本認知心理学会大会発表論文集   2016年6月18日   
本研究は無意味輪郭図形に対する選好に刺激図形への接触回数と視線移動距離が与える影響を検討した。刺激図形の呈示回数は4,8,12回であり,呈示位置は呈示回数条件毎に画面中央(0度)と,画面中央から上下左右に7.5,15度離れた位置にそれぞれ3秒間呈示した。また,刺激呈示前に画面中央に1秒間注視点が提示された。実験は接触フェーズと評定フェーズから成り,接触フェーズではアイトラッカーを用いて参加者の視線データを記録した。評定は新旧項目への好意度,価値観の7段階評定(4:どちらでもない)と再認判断...
物語の読書量と没入体験が小学生のマインドリーディングに及ぼす効果
小山内秀和・米田英嗣・古見文一・楠見 孝
日本発達心理学会第27回大会   2016年4月29日   
Losing confidence over time: Temporal changes in self-esteem in Japan
Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T
The 17th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology, San Diego, California, USA   2016年1月29日   
市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝
日本認知心理学会発表論文集   2016年6月18日   
心理学研究においてアナグラム課題は,成功・失敗や認知的負荷といった独立変数の操作,認知処理能力や課題努力といった従属変数の測定など,幅広い用途で用いられている。本研究の目的は,アナグラム課題の困難度に関わる要因を明らかにすることと,心理学実験に利用可能なアナグラム課題のデータベースを作成することであった。19名の大学生が,清音ひらがな5文字のアナグラム課題147問に取り組んだ。困難度の指標として,課題解決に要する時間および主観的困難度を測定し,答えとなる単語の語彙特性として,熟知価,心像性...
松田 憲, 興梠 盛剛, 小野 史典, 杉森 絵里子, 楠見 孝
日本認知心理学会発表論文集   2016年6月18日   
パワープライミングとは,抑制的な先行手掛かりが安全・安心といった認知を高め,促進的な手掛かりが成長・発展・発達といった認知を高めることである。本研究では参加者にパワープライミング課題を課してハイパワーとローパワーの操作を行い,ノスタルジックな画像ないし先進的な画像と広告との連合形成及び広告の評価に及ぼす影響について検討を行った。商品カテゴリーとして,食品(お茶,レトルトカレー)と家電(液晶TV,ノートPC)を用いた。参加者にはパワープライミング課題を課した後に広告と画像を連続対呈示し,その...
楠見 孝
日本認知心理学会発表論文集   2016年6月18日   
共感覚的比喩(五感や認知機能を代表する名詞(9個)と形容語(10個)、擬態語(2個)、動詞(5個)を組み合わせた共感覚比喩(例:甘い音、きらきらした音、音を味わう)を構成し、1060人の市民が、理解容易性および、快不快、強弱の評定を5段階で評定した。その結果、形容語、動詞、擬態語のそれぞれにおいて、低次から高次の感覚への修飾方向性と、各モダリティにおける共通の意味構造が見いだされた。<br>
興梠盛剛, 松田憲, 楠見孝
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   2016年   
松田憲, 黒田怜佑, 楠見孝, 辻正二
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   2016年   
Effects of Shared Sense of Time on the Immerse in the Virtual Scene
KEN MATSUDA and RYOSUKE KURODA,TAKASHI KUSUMI, SHOJI TSUJI
56th Psychonomic Society Annual Meeting   2015年11月19日   
Rapid urbanization and information technology has reduced human
connection and a sense of regional community among local
populations around the world. This may have led to a decrease
in people’s sense of belonging and feelings of fellowship
toward...
なつかしさのポジティブ-ネガティブ傾向性とトリガー―孤独感と幸福度に及ぼす影響―
楠見 孝
日本社会心理学会第56回大会   2015年10月31日   
Are people giving more unique names to their dogs? Rising uniqueness and individualism in Japan
Ogihara, Y., Uchida, Y. & Kusumi, T
The 62nd Annual Meeting of Japanese Group Dynamics Association   2015年10月11日   
Does individualization of culture bring risk of being isolated in Japan? A Cultural Psychological Perspective.
Ogihara, Y., Uchida, Y. & Kusumi, T.
The 13th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences   2015年10月9日   
批判的思考における二重性:批判的思考研究の立場  [招待有り]
楠見 孝
日本心理学会第89回大会 シンポジウム「認知の二重性(3)」   2015年9月23日   
よりよい意思決定をおこなうための批判的思考  [招待有り]
楠見 孝
日本心理学会第89回大会 シンポジウム「よい意思決定」とは何か   2015年9月22日   
裁判員参加意向と死刑制度賛否に及ぼす知識,態度,能力認知の影響−裁判員裁判制度の認知(2)−
上市秀雄・楠見 孝
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
裁判員裁判における裁判官,自己,他者の能力認知の規定要因:裁判員裁判制度の認知(1)
楠見 孝・上市 秀雄:
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
入試・教育改革に思考研究を活かす [招待有り]
楠見 孝
日本認知科学会第32回大会 シンポジウム「大学教育改革と認知科学 」   2015年9月19日   
健康リテラシーに批判的思考態度が及ぼす影響:健康・医療・人生の満足度への効果
楠見 孝
日本教育心理学会第57回総会   2015年8月27日   
本研究の目的は,第一に,健康に関わる情報を獲得し,理解する能力である健康リテラシー(楠見,印刷中;WHO, 2013)尺度を構成すること,第二に,健康リテラシーに及ぼす批判的思考態度の影響,さらに,健康・医療への満足度,人生満足度に及ぼす影響を検討することである。
批判的思考とは,証拠に基づく論理的で偏りのない思考である(楠見,2014)。批判的思考は,医療・健康情報を,テレビやインターネットなどで探し,情報を受け取り,決定する健康リテラシーを支えている。批判的思考の役割としては,第一に...
伊川 美保, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
小山内 秀和, 古見 文一, 米田 英嗣, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
後藤 崇志, 市村 賢士郎, 岡 隆之介, 河村 悠太, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
楠見孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
伊川美保, 楠見孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
批判的思考力をどう育てるか [招待有り]
楠見 孝
第27回日本看護学校協議会学会   2015年8月6日   
認知の二重性 批判的思考における二重性
楠見 孝, 菊池 聡
日本心理学会大会発表論文集   2015年8月   
よい意思決定とは何か 心理学における規範的アプローチの探索
竹村 和久, 高橋 英彦, 岩満 優美, 楠見 孝
日本心理学会大会発表論文集   2015年8月   
松田憲, 荻野優香, 三重佳世, 楠見孝
日本心理学会大会発表論文集   2015年8月   
伊川 美保, 楠見 孝
日本心理学会大会発表論文集   2015年8月   
自信を失う日本人 日本における自尊感情の経時的変化
荻原 祐二, 内田 由紀子, 楠見 孝
日本心理学会大会発表論文集   2015年8月   
楠見孝
産業・組織心理学会大会発表論文集   2015年7月10日   
Hidetsugu Komeda , Hidekazu Osanai , Yoko Mano , and Takashi Kusumi
25th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse   2015年7月7日   
ニュメラシーが低線量放射能リスク情報理解に及ぼす影響
楠見 孝・伊川美保
日本認知心理学会第13回大会   2015年7月4日   
人はなぜ昔を懐かしむのか:幸せになる「ノスタルジア」の心理学 [招待有り]
楠見 孝
京都市生涯学習総合センター アスニーセミナー   2015年6月26日   
Gender differences in the evaluation of men's altruistic behavior.
Kawamura, Y., &  Kusumi, T.
The 14th Justice and Morality Preconference (at the 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology)   2015年2月   
Does individualism damage interpersonal relationships and subjective well-being in Japan? Longitudinal examination for a causal link.
Ogihara, Y., Uchida, Y., & Kusumi, T.
The 16th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2015年2月   
Are unique names increasing? Rise in uniqueness and individualism in Japan.
45. Ogihara, Y., Fujita, H., Tominaga, H., Ishigaki, S., Kashimoto, T., Takahashi, A., Toyohara, K., Uchida, Y., & Kusumi, T.
Are unique names increasing? Rise in uniqueness and individualism in Japan. The 11th Cultural Psychology Preconference   2015年2月   
松田憲, 中嶌拓希, 楠見孝
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   2015年   
寺井あすか, 中川正宣, 楠見孝, 坂上雅道, 地村弘二
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   2015年   
食品放射能のリスク知覚の地域差と時間的推移:in被災県・首都圏・関西圏
楠見 孝
「放射性物質のリスクはどう知覚され、リスクコミュニケーションはどう進んだか」第27回日本リスク研究学会年次大会   2014年11月29日   
Visual Attention Within the Generation of Emergent Features for Novel Metaphors.
44. Terai, A., Nakagawa, M., Kusumi, T., Koike, Y., & Jimura, K.
55th Annual Meeting of Psychonomic Society   2014年11月21日   
43. Matsuda, K., Nakamoto,S., Morioka, H., Hiyama, K., Goto, T., Koganei,M., & Kusumi, T.
55th Annual Meeting of Psychonomic Society   2014年11月21日   
心理学は市民や社会のために何ができるか:市民のニーズと心理学教育の現状
楠見 孝
日本心理学会教育研究委員会調査小委員会企画シンポジウム 日本心理学会第78回大会   2014年11月11日   
高校出前授業による批判的思考イメージの変化 :批判的思考態度と探究学習スキルに及ぼす影響
楠見 孝
日本教育心理学会第56回大会総会   2014年11月8日   
秋田 喜代美, 小野田 亮介, 三輪 聡子, 一柳 智紀, 楠見 孝, 白水 始
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
平山 るみ, 楠見 孝
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
米田 英嗣, 小山内 秀和, 柳岡 開地, 猪原 敬介, 子安 増生, 楠見 孝, 小坂 浩隆
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
後藤 崇志, 川口 秀樹, 市村 賢士郎, 楠見 孝, 子安 増生
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
川口 秀樹, 後藤 崇志, 市村 賢士郎, 楠見 孝, 子安 増生
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
心のメタファと身体性: 認知心理学の立場から
楠見 孝
シンポジウム「心を生み出す身体のはたらき」 日本理論心理学会 第60回大会   2014年9月28日   
36. Goto, T., Ishibashi, Y., Kajimura, S., Oka, R., & Kusumi, T.
17th World Congress of Psychophysiology   2014年9月24日   
33. Sugimoto, M., Kojima, T., & Kusumi, T.
Spatial Cognition 2014   2014年9月18日   
市民・教員の心理学へのニーズと心理学教育-調査小委員会の活動-
楠見 孝
日本心理学会教育研究委員会シンポジウム「心理学と社会をつなぐ」日本心理学会第78回大会   2014年9月11日   
リスクコミュニケーションにおける対立情報回避:放射能・食品リスクに関する情報源信頼性とリスク認知
楠見孝・平山 るみ・嘉志摩佳久
日本心理学会第78回大会   2014年9月11日   
ジェネリックスキルとしての批判的思考力,問題解決力の測定
楠見 孝
日本テスト学会第12回大会   2014年8月30日   
Choice of desires over goals without regret requires congruency of intention and actual choice.
Goto, T. & Kusumi, T.
The 17th General Meeting of the European Association of Social Psychology   2014年8月8日   
リスクコミュニケーションにおける対立情報回避 放射能・食品リスクに関する情報源信頼性とリスク認知
楠見 孝, 平山 るみ, 嘉志摩 佳久
日本心理学会大会発表論文集   2014年8月   
なつかしさ経験に及ぼす加齢の影響-ノスタルジアとの差異の検討と傾向尺度の作成-
楠見 孝
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
21. Sugimoto, M., Kusumi, T., Kurita, T., Ishikawa, A., Sakaguchi, T. Nabetani, M., Takahashi, H., & Nishida, M.
The Thirty-Sixth Annual Conference of the Cognitive Science Society.   2014年7月23日   
The present study investigated the effect of ceiling height on the symbolic distance effect (SDE). We hypothesized
that a high/low ceiling height would produce a small/large SDE through divergent/convergent thinking. We prepared three SDE
tasks: n...
楠見 孝
第20回日本看護診断学会学術大会   2014年7月12日   
食中毒リスクに関する情報提供内容が知識と予防行動に及ぼす効果
楠見 孝
日本認知心理学会第12回大会   2014年6月29日   
寺井 あすか, 中川 正宣, 楠見 孝
JCSS Japanese Congnitive Science Society   2014年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
言語理解と行動制御に関する研究
2000年 - 2006年
双方向遠隔教育共同実験プロジェクト
2000年
フラッシュバルブ記憶の年齢差
1999年 - 2003年
内分泌攪乱物質のリスクコミュニケーションに関する研究
2001年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 乾 健太郎
本研究では,ネットユーザの情報信憑性判断を支援し,その能力を育成するヘルスリテラシー支援環境の研究開発を行うもので,本年度は次の3つの研究項目に取り組んだ.(A)相対言論空間生成(乾,岡崎,渡邉)・医療・健康情報に関連するWeb文書を数百万ページの規模で収集したドメインコーパスを用意し,これと医療関連知識ベースであるライフサイエンス辞書を用いて,種々の言語解析モジュールを医療・健康情報ドメインにチューニングした.・ドメインコーパスの一部に文脈情報や言明間関係を人手で付与した注釈付きコーパス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S), 基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 新山 陽子
課題1:リスク認知構造研究、情報理解・提供方法の心理実験国際比較調査から構造方程式モデリングにより日本の高リスク知覚ハザードの知覚構造を確定、メディアの大量報道とイメージ想起の影響が大きいことを解明、論文投稿(新山・鬼頭他)。情報源の信頼性が学習に及ぼす効果をWeb上で実験的に検証(楠見・井関)課題2:リスクコミュニケーション実験による提示情報と手法の提言米国の微生物リスク評価等に関するリスクコミュニケーションステップの調査(春日、筒井)。リスク管理措置の費用効果分析手法について、オランダ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 楠見 孝
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 鈴木 真理子
研究代表者と研究分担者,研究協力者が担当を分担し,高等教育機関・社会教育施設・学校園・教育センターを訪問し,あるいは国際会議に参加し,資料収集とインタビュー調査を行った.収集したデータを1)社会的背景,2)歴史的経緯,3)SCデザインに活用可能な知の概要,4)複数機関に分散された知とそのネットワーキングの概要,5)個々の機関の概要と関係性,6)人的リソースの配置,7)運営経費の出所,8)知のネットワーキングを促すデジタル環境の有無と概要,9)評価の方法,10)その他の枠組みで分析した.平成...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 鈴木 宏昭
本研究の最終的な目標は,問題発見・洗練や論証の概念をその技法とともに理解し,自らのレポートにおいてそれらを適切に利用し,独創的でありかつ論理的レポートを作成できる学生を育てる学習プログラムの作成と学習環境の構築である.この目的の達成のため,批判的思考研究の成果を利用しつつ問題発見・洗練のスキルの獲得を促すとともに,Toulminの議論モデルに基づいた論証の概念の理解と利用を促進する学習プログラムを開発する.またこれらを繰り返しのドリル形式で学習させるのではなく,他者との学び合いから獲得する...