木谷 公哉

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 17:54
 
アバター
研究者氏名
木谷 公哉
 
キタニ キミヤ
URL
http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/~kitani/
所属
京都大学
部署
東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
京都大学 東南アジア研究所 助教
 
2004年4月
 - 
2007年3月
京都大学 東南アジア研究所 助手
 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都大学 東南アジア研究センター 資料部・助手
 

学歴

 
 
 - 
2000年
京都産業大学 工学研究科 情報通信工学
 
 
   
 
京都産業大学 工学部 情報通信工学科
 

論文

 
東南アジア逐次刊行物の共有化 - データベース構築を通じて -
木谷 公哉, 北村 由美
専門図書館協議会機関誌   (251) 54-60   2012年1月
動画画像の再構築
木谷 公哉
京都産業大学      2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
マレーシア地方大学・研究機関における学術情報基盤環境の構築・整備への支援
木谷 公哉 (担当:共著, 範囲:東南アジア逐次刊行物データベース構築スキーム)
京都大学東南アジア地域研究研究所   2017年10月   
東南アジア逐次刊行物の現在 - 収集・活用のためのガイドブック -
木谷 公哉 (担当:共著, 範囲:データベース開発)
東南アジア逐次刊行物プロジェクト   2013年3月   
OpenVPNを使ったテレビ会議システム
木谷公哉
Software Design 2007年6月号 P61-66, http://gihyo.jp/magazine/SD/archive/2007/200706   2007年5月   
多言語資料におけるガジェットデバイス活用の可能性について
木谷公哉,大野美紀子
東京大学経済学部資料室年報第4号 P75-80, http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=5190   2014年3月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
安全なネットワークの構築
研究期間: 2000年 - 2002年
タイ・インドネシアの通信事情
研究期間: 2000年 - 2002年
多言語データベース構築
研究期間: 2002年 - 2006年

社会貢献活動

 
WordCamp Kansai 2015
【講師, 運営参加・支援】  WordCamp Kansai 2015  2015年4月1日 - 2015年7月31日
WordCamp Kansai 2014
【運営参加・支援】  WordCamp Kansai 2014  2014年1月 - 2014年7月
Googleトップレベルユーザー(Gmail日本語版)
【助言・指導, 運営参加・支援】  Google  2011年6月28日
クラウドサービス Gmail に関するトップレベルのヘルプサポーターとして、広く利用されているシステムの機能改善・要望に大きく寄与。
関西オープンフォーラム
【運営参加・支援】  KANSAI Open Forum  2002年
Googleトップレベルユーザー (Google Apps for Work日本語版)
【助言・指導, 運営参加・支援】  Google
統合クラウドサービス Google Apps for Work に関するトップレベルのヘルプサポーター(国内唯一)として、広く利用されているシステムの機能改善・要望に大きく寄与。