OHARA Ryoko

J-GLOBAL         Last updated: Mar 18, 2019 at 13:01
 
Avatar
Name
OHARA Ryoko
Affiliation
Aichi Prefectural University
Section
School of Nursing and Health
Job title
Associate Professor
Degree
Master(Nursing)(The Flinders University of South Australia(Australia))

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2000
Master of Nursing,, Flinders University,
 
 
 - 
2000
Nursing Management, Graduate School, Division of Medical Science, The Flinders University of South Australia
 

Published Papers

 
Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences
Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences   10(1) 35-47   Mar 2018   [Refereed]
へき地で乳児を育てる母親の健康ニーズ へき地中核病院小児科外来受診乳児の母親調査
成田 伸, 大原 良子, 黒田 裕子, 植竹 貴子, 西岡 啓子, 加藤 優子
自治医科大学看護学ジャーナル   6 153-154   Mar 2009
下野市周辺における地域助産師による育児支援活動
成田 伸, 大原 良子, 黒田 裕子, 植竹 貴子, 西岡 啓子, 加藤 優子, 藤川 智子
自治医科大学看護学ジャーナル   6 155-156   Mar 2009
1945年、広島における原爆投下後の看護活動に関する証言
松成 裕子, 野澤 幸江, 小林 敏生, 大原 与志子, 坂田 香代, 百田 由希子, 高橋 恵子, 植田 睦常美, 大原 良子, 川野 徳幸, 水元 和実
インターナショナルナーシングレビュー   31(5) 77-82   Oct 2008   [Refereed]
原爆投下後の広島における看護活動を明らかにすることを目的に、1945年8月6日の原爆投下後に現地で看護職として働いた経験のある看護師3名、保健師1名、助産師1名へ半構成的面接を行うとともに、関連文献を検討した。その結果、医療資源や人手が極端に不足する状況の中でも看護職は、日常の知恵や経験、日常品や薬草といった活用可能な資源を用いて柔軟に対処することの重要性が示唆された。
分娩時のモニタリングとケアの可視化の試み 臨床プロセスチャートとアルゴリズム表記法を用いて
成田 伸, 岡本 美香子, 大原 良子, 段ノ上 秀雄, 水流 聡子
自治医科大学看護学ジャーナル   5 3-14   Mar 2008   [Refereed]
助産師による分娩時のモニタリングとケアがどのような情報・知識・判断・行為によって展開されているか可視化する試みを行った。水流らが開発したアルゴリズム表記法と飯塚らが開発した臨床プロセスチャートを用い、助産師による分娩時のモニタリングとケアがどのような情報・知識・判断で展開されているか可視化する検討を行い、その結果を臨床プロセスチャートとして示し、臨床事例で検証した。2006年1月1日から3月20日の期間に開発した臨床プロセスチャートをA病院産科病棟の60ケースに適用した結果、ルートからの離...

Misc

 
メキシコ国ベラクルス州におけるジャイカ草の根技術協力活動(II) 思春期ピアリーダーによる健康教育の波及効果
江角 伸吾, 大原 良子, 青木 さぎ里, 中村 美鈴, 春山 早苗, 山本 洋子, 高村 寿子
日本健康教育学会誌   16(Suppl.) 142-143   Jun 2008
へき地で乳児を育てる母親の健康ニーズ へき地中核病院小児科外来受診乳児の母親調査
成田 伸, 大原 良子, 黒田 裕子, 岡本 美香子, 石井 貴子
自治医科大学看護学ジャーナル   5 52-52   Mar 2008
下野市周辺における地域助産師による育児支援活動
成田 伸, 大原 良子, 黒田 裕子, 岡本 美香子, 石井 貴子, 藤川 智子
自治医科大学看護学ジャーナル   5 51-51   Mar 2008
へき地における成人期にある人々、女性、子どもの健康ニーズに関する研究
成田 伸, 大原 良子, 岡本 美香子, 稲荷 陽子, 加藤 由香里, 川口 千鶴, 朝野 春美, 多田 敦子, 黒田 光恵, 中村 美鈴, 水野 照美, 山本 洋子, 内海 香子, 清水 玲子, 村上 礼子, 棚橋 美紀
自治医科大学看護学部紀要   4 123-123   Mar 2007
へき地における成人期にある人々、女性、子どもの健康ニーズに関する研究の可能性を検討することを目的に、離島で生活する子育て中の30代女性を対象に生活状況に関するインタビューを実施した。その結果、離島内に成人系の医療施設、小児科診療所があり、産科的な対応についてはある程度、事前の予測が可能なことから公共交通機関(本土とは定期船で約40分、橋経由で約2時間)の利用で問題を感じていなかったが、小児科に関しては、基礎疾患を有している場合の緊急時の対応に不安を感じていることが分かった。
Father's Experience of preterm Deliverry
The Japanese Journal of Nursing Research   161-169    2002

Books etc

 
The Nuclear Catastrophe in Hiroshima, Japan, August 1945, in Nurses and Disasters: A Global historical perspective
OHARA Ryoko, M Grehan, S Nelson, T Rudge ,p169-199 (Part:Joint Work)
Springer Publishing company   Jun 2015   
Points of Nursing : Normal pregnancy, abnormal pregnarcy, abnormal delivery, abnormal postpartum, obstetric operation and obstetric anesthesia.
Clinical Nursing Guide 13 Maternal Care Edited by Tsuyomu Ikenoue   1995   

Conference Activities & Talks

 
Master Course Midwifery Students' Self Evaluation of Outcome of Clinical Placement: Compared with One-Year Course Students
Ryoko OHARA , Setsuko KAMIYA, Yuki KATSUMURA, Yukako ANDO
The 8th Hong Kong International Nursing Forum   17 Dec 2018   
Perception of safety and security during the clinical placement at Japanese nursing students
Ryoko Ohara, Mieko Sokabe,Takako Yasuda, Misuzu Yuge, Yukako Ando, Mina Yonekawa
The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference   4 Aug 2017   
Japanese Nursing students sense of belongingness during the clinical placement
Yukako Ando,Takako Yasuda, Ryoko Ohara, Misuzu Yuge, Mieko Sokabe, Mina Yonekawa
The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference   4 Aug 2017   
“East meets West: Dr Anita McGee’s American nurses in the Russo-Japanese War, 1904"
Ryoko OHARA, Madonna Grehan 
15th Biennial conference Australian and New Zealand society of the history of medicine   11 Jul 2017   
Makurazaki Typhoon attacked Hiroshima at September 1945, just after a month from historical tragedy (1)
Ryoko Ohara
21 Jun 2014   

Works

 
nurses'experiences of the atomic bomb survivors'nursing
2001

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Shin NARITA
To prevent unintended pregnancy and sexually transmitted infections(STIs), we developed the program for training counsellors in contraception and prevention STIs and a system using a website to support the program for training. Then we evaluated t...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Ryoko OHARA
Introduction: In Japan, 3 or 4 among 100 deliveries are perinatal loss. There is very few health care facilities which are provided grieving support for such experienced mothers or fathers. The purpose of this project is to investigate program to ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): Yukiko MIYAKOSHI
The aim of this article is to develop the curriculum for clinical nurse specialist (CNS) of rehabilitation due to the lateness in developing it in Japan comparing with foreign countries. To achieve it, in terms of training of CNS of rehabilitation...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): Ryoko OHARA
At 8 : 15 A.M. on 6 August 1945, the first Atomic Bomb (A Bomb) was deployed against the city of Hiroshima in Japan. After Hiroshima city was destroyed, relief parties began medical treatment for the victims immediately, and a lot of nurses partic...
The First-time fathers' experience of premature infant born by Cesarean Section