共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年 - 2012年

高速対応型快削鋼の切削におけるセラミック工具の工具摩耗抑制手法の確立

文部科学省  科学研究費助成事業(若手研究(B))
  • 田中 隆太郎

課題番号
23760111
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,550,000円
(直接経費)
3,500,000円
(間接経費)
1,050,000円
資金種別
競争的資金

旋削加工においてBN添加鋼を被削材とすることで普通鋼と比べて大幅に長い工具寿命を得ることが出来た. 特にTiC添加アルミナセラミックが優れた切削性能を示し工具寿命基準を逃げ面摩耗が0.3mmとしたときおよそ10時間の工具寿命を得ることが出来た.正面フライス切削においてもTiC添加アルミナセラミック工具を用いれば,切込みを小さく抑えて加工すればある程度の時間,加工の継続が可能であることが分かった.

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/23760111.ja.html