Miyazaki Kazuo

J-GLOBAL         Last updated: Jan 16, 2020 at 02:40
 
Avatar
Name
Miyazaki Kazuo
E-mail
miyazaki.kazuo.geu.tsukuba.ac.jp
Affiliation
University of Tsukuba
Section
Faculty of Humanities and Social Sciences
Job title
Associate Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1993
 - 
Jul 1997
Research Assistant, University of Tokyo
 
Jul 1997
 - 
Jul 2007
assistant professor, University of Tsukuba
 
Apr 1999
 - 
Mar 2000
Part-time Lecturer, University of Tokyo
 
Jul 2007
   
 
associate professor, University of Tsukuba
 

Education

 
 
 - 
1988
Faculty of Literature, The University of Tokyo
 
Apr 1988
 - 
Mar 1990
Graduate School, Division of General Culture, The University of Tokyo
 
Apr 1990
 - 
Aug 1993
Graduate School, Division of General Culture, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
レコンキスタの完遂を祝い続ける人々
宮崎,和夫
地中海学会月報   (404) 5-5   Nov 2017
(新刊紹介)関哲行・踊共二『忘れられたマイノリティー―迫害と共生のヨーロッパ史』
宮崎,和夫
史学雑誌   126(7) 104-105   Jul 2017
スペイン王権治下のアメリカ「副王領」とイタリア諸王国
Miyazaki,Kazuo
スペイン史学会会報   (112) 12-13   Jan 2017
セビーリャ-新大陸の富に翻弄された都市-
宮崎, 和夫
季刊民族学   (50) 26-31   Jan 1989
16世紀カスティーリャ王国の都市社会:メディナ・デル・カンポの商人社会を中心に(口頭発表)
宮崎, 和夫
スペイン史学会第42回定例研究会      Jan 1990

Books etc

 
スペイン帝国と複合君主政
宮崎,和夫 (Part:Contributor, インディアス諸王国―スペイン領アメリカは「植民地」だったか?)
昭和堂   Apr 2018   
本章は、ハプスブルク期のスペイン領アメリカの国々が、それぞれの副王に統治されて複合君主政を構成しているという点で同時代のスペイン王の地中海圏の諸領国と同じでありながら、前者のみが「王国」や「公国」ではなく「副王領」と呼ばれていることへの疑問から出発する。アラゴン連合王国の拡大は、征服戦争の結果として征服民が先住民を排除しながら形成した新たな政治体がアラゴン王を君主として戴くケースが珍しくなかったことを指摘した上で、ヌエバ・エスパーニャで副王制が成立するまでの過程を、同時期のイタリア諸国の副...
Velázques and the Celebration of Paintings: The Golden Age in the Museo del Prado
宮崎,和夫 (Part:Contributor, A Historical Overview of the 17th-Century Spanish Court)
The Yomiuri Shimbun / The National Museum of Western Art, Tokyo   Feb 2018   
商業と異文化の接触--中世後期から近代におけるヨーロッパ国際商業の生成と展開
宮崎,和夫 (Part:Contributor, スペイン・ハプスブルク朝治下のカスティーリャ王国のマグリブ交易)
吉田書店   Jul 2017   
本章では、スペイン・ハプスブルク王権が地中海でのムスリム勢力との戦争にあまり関心を持たなくなったがゆえに交易の障害が比較的少なくなった、一五七〇年代後半以降に焦点を当て、同王権の支配地域の中核であるカスティーリャ王国と、隣接するマグリブとの交易を扱う。王権によって交易が事実上認可される一方で、イギリス、オランダ、フランスなどがマグリブとの交易に参入してくる中での、小麦や蝋の輸入、銀の流出、縁なし帽などの繊維製品の輸出などの動向を、主として研究文献に基づいて検討し、貿易の大幅な拡大は確認でき...
イスラーム・スペインの終わらない終末:モリスコの予言とスペイン・キリスト教社会
宮崎, 和夫
Jan 1996   
スペインの新大陸進出
宮崎, 和夫
Jan 1998   

Conference Activities & Talks

 
Franciso Hernández de Liébanaの活動に関する史料探索の中間報告 [Invited]
宮崎, 和夫
「16、17世紀における王権・政治社会関係の西仏比較」第2回研究会   23 Mar 2018   「16、17世紀における王権・政治社会関係の西仏比較」研究会
フェリペ2世期のイタリア統治とインディアス統治の制度設計 の研究開始のための覚え書き [Invited]
宮崎,和夫
「16、17世紀における王権・政治社会関係の西仏比較」第1回研究会   18 Nov 2017   「16、17世紀における王権・政治社会関係の西仏比較」研究会
スペイン系ハプスブルク家の宮廷社会 [Invited]
宮崎,和夫
スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会2018年度研究会   28 Apr 2018   スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会
スペイン王権治下のアメリカ「副王領」とイタリア諸王国 [Invited]
Miyazaki,Kazuo
スペイン史学会第38回大会「スペイン近世国家像の再検討―カルロス1世即位500周年によせて―」   30 Oct 2016   スペイン史学会
『再』征服後のグラナダへのカスティーリャ商人の移動
宮崎, 和夫
____   Dec 2002   

Research Grants & Projects

 
the concept of Empire in Imperial Spain
Court Society in Habasburg Spin
Western Mediterranean Trade in Early Modern Era
Morisco and Christian Merchants in Early Modern Granada