羽田野 祐子

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
羽田野 祐子
eメール
hatanorisk.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
   
 
筑波大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 工学部 原子力工学科
 
 
 - 
1990年
東京大学 工学研究科 システム量子工学専攻
 

委員歴

 
1998年
 - 
2001年
日本原子力学会  プログラム委員
 

受賞

 
1997年
日本原子力学会賞奨励賞
 

論文

 
Ichige, Hiroyuki; Fukuchi, Shun; Hatano, Yuko
ATMOSPHERIC ENVIRONMENT   103 156-162   2015年2月   [査読有り]
Fractal fluctuation of aerosol concentration near chernobyl.
羽田野, 祐子
Atmos. Environ.   31 2297-2303   1997年1月   [査読有り]
Dispersive transport of ions in column experiments : an explanation of long-tailed profiles.
羽田野, 祐子
Water Resour. Res.   34 1027-1033   1998年1月   [査読有り]
Aerosol migration near chernobyl : Long-term data and modeling.
羽田野, 祐子
Atoms. Environ.   32 2587-2592   1998年1月   [査読有り]

エアースパージングのべき乗則 tailing
の invasion
percolation
による解釈
川西,琢也;Rehan,Dastagir;+羽田野,祐子

地下水・ 土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   14 4 pages   2008年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
21世紀安全科学技術最前線
八坂哲雄ほか;+羽田野, 祐子
東京教育情報センター   2003年7月   
リスク工学シリーズ第4巻 リスク工学の視点とアプローチ ---現代生活に潜むリスクにどう取り組むか
古川宏;佐藤美佳;亀山啓輔;谷口綾子;梅本通孝;羽田野祐子
コロナ社   2009年5月   

講演・口頭発表等

 
Power law tailing associated with matrix diffusion with the exponent other than minus 1.5
T., Kawanishi;D.M., Rehan;Y., Hatano
EOS Trans. AGU, Fall Meeting Suppl., Abstract__89_53_H31B-0848   2008年   
連続時間ランダムウォークの基礎事項と研究動向
羽田野祐子
第1回土壌不均質研究会、金沢大学環日本海COE____   2008年   
CTRW approach on soil and groundwater pollution
Y., Hatano
Tsukuba Workshop 2008 on Nonlinear Stochastic Processes in Complex Systems____   2008年   
チェルノブイリ原発事故により放出されたCs-137の拡散挙動の長期的予測
小林健太;羽田野祐子
土木学会関東支部第36回技術研究発表会概要集_土木学会関東支部___   2009年3月   
LAT-PIVの結果に基づく連続時間ランダムウォークによる土壌中の汚染物質拡散予測
瀬川紘人;羽田野祐子
土木学会関東支部第36回技術研究発表会_土木学会関東支部___   2009年3月   

競争的資金等の研究課題

 
自然環境中での汚染物質の運命予測・移行挙動の解明