酒井 宏

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 02:54
 
アバター
研究者氏名
酒井 宏
eメール
sakaics.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.cvs.cs.tsukuba.ac.jp/~ko/welcome.html
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(生体工学)(ペンシルバニア大学), 修士(生体工学)(ペンシルバニア大学), 工学修士(電気通信大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1991年8月
オリンパス光学工業株式会社
 
1995年
 - 
1997年
理化学研究所 研究員
 
1997年
 - 
1999年11月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
1999年12月
 - 
2009年3月
筑波大学 助教授
 
2009年4月
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
電気通信大学 電気通信学部 機械工学科
 
 
 - 
1985年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 
 
 
 - 
1995年5月
ペンシルバルニア大学大学院 理工学研究科 生体工学
 

委員歴

 
2016年2月
 - 
2016年12月
International Conference on Neural Information Processing, 2016  Organizing Committee
 
2013年3月
   
 
Frontiers in Computational Neuroscience  Editorial Board, member
 
2013年1月
 - 
2015年3月
日本神経回路学会  副会長
 
2010年4月
 - 
2013年12月
日本神経回路学会  理事
 
2011年
 - 
2016年11月
Asia Pacific Neural Network Society  Board of Governors, member
 

受賞

 
2013年11月
Cognitive Science Paper Award ICONIP 2013
受賞者: K. Sakai & S. Michii
 
2006年5月
映像情報メディア学会 映像情報メディア学会 船井賞(技術賞)
 
1998年
日本神経回路学会研究賞
 

論文

 
視覚皮質の相互作用が決定するBorder-Ownership細胞のダイナミクス.
Nobuhiko,Wagatsuma;Sakai,Ko
日本神経回路学会,全国大会,講演論文集   38-39   2015年9月   [査読有り]
A search for material representation in the cortex
Sakai,Ko
The Proceedings of Annual Conference of Japanese Neural Network Society   1(1) 42-43   2014年9月   [査読有り]
Hatori,Yasuhiro;Sakai,Ko
Journal of Optical Society of America, A   31(4) 716-729   2014年4月   [査読有り]
Construction of surface is a crucial step toward the representation of shape through the integration of local information. Physiological studies have reported that the primary visual cortex (V1) codes the medial axis ( MA) that is a skeletal struc...
Wagatsuma,Nobuhiko;Potjans,Tobias C.;Diesmann,Markus;Sakai,Ko;Fukai,Tomoki
PLOS ONE   8(12)    2013年12月   [査読有り]
Sakai,Ko
Lecture Notes in Computer Science   8228 291-300   2013年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
感覚・知覚の科学
内川恵二編;+酒井, 宏
朝倉書店   2008年10月   
面知覚の基礎としての境界所有の皮質メカニズム
酒井, 宏 (担当:監修)
日本神経回路学会誌   2007年1月   
ヒューマンインフォメーション
塩入, 諭;酒井, 宏;井上哲理;小峯一晃;新井啓之 (担当:監修)
映像情報メディア学会誌   2006年8月   
ブレインサイエンスレビュー2007
伊藤正男・川合述吏編;+酒井, 宏
クバプロ(株)   2006年1月   
ヒューマンインフォメーション
塩入諭;酒井, 宏;井上哲理;小峰一晃;新井啓之 (担当:監修)
映像情報メディア学会誌   2004年8月   

講演・口頭発表等

 
Wavelet変換を用いた光沢感を生起する照明の探索
森 唯人;酒井 宏
視覚学会 2017 冬季大会   2017年1月18日   日本視覚学会
表面質感の皮質表現―順応実験による心理物理学的探索―
工藤功基;酒井 宏
視覚学会 2017 冬季大会   2017年1月18日   日本視覚学会
対称軸への順応形状とパターンの相互作用
坂田結衣;酒井 宏
視覚学会 2017 冬季大会   2017年1月18日   日本視覚学会
Figure-Ground Segregation by a Population of V4 cells.
Sakai,Ko
Society for Neuroscience, Annual Meeting 2016   2016年11月12日   Society of Neuroscience
Adaptation to Symmetry Axis.
Sakata, Yui;Sakai, Ko
Vision Sciences Society, Annual Meeting 2016   2016年5月14日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
皮質における形状表現の形成 - 図地分離と物体の中間表現
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 酒井 宏
視覚数理モデル構築のための基盤プラットフォーム開発
理化学研究所: INCF日本ノード Visiome PF
研究期間: 2017年3月 - 2018年3月    代表者: 山口陽子
神経情報処理国際研究集会
国立研究開発法人 情報通信研究機構: NICT 国際交流プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 酒井 宏
近距離通信センサの受信距離拡張と位置情報
総務省: SCOPE
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: マウリシオ・クグレ
視覚モデル構築のための協調的環境に関する研究
東北大学電気通信研究所/共同プロジェクト: 
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 酒井 宏