酒井 宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/05 02:42
 
アバター
研究者氏名
酒井 宏
 
サカイ コウ
eメール
sakaics.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.cvs.cs.tsukuba.ac.jp/~ko/welcome.html
所属
筑波大学
部署
システム情報系
職名
教授
学位
博士(生体工学)(ペンシルバニア大学), 修士(生体工学)(ペンシルバニア大学), 工学修士(電気通信大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1991年8月
オリンパス光学工業株式会社
 
1995年
 - 
1997年
理化学研究所 フロンティア研究員
 
1997年
 - 
1999年11月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
1999年12月
 - 
2009年3月
筑波大学 助教授
 
2009年4月
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
電気通信大学 電気通信学部 機械工学科
 
 
 - 
1985年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 
 
 
 - 
1995年5月
ペンシルバルニア大学大学院 理工学研究科 生体工学
 

委員歴

 
2017年1月
   
 
日本視覚学会  世話人
 
2018年7月
   
 
総務省  「戦略的情報通信研究開発推進制度」専門評価委員
 
2017年4月
   
 
日本医療研究開発機構  SICP評価委員会/委員
 
2017年
   
 
International Conference on Neural Information Processing  Program Committee
 
2017年4月
   
 
日本神経回路学会  顧問
 
2016年2月
 - 
2016年12月
International Conference on Neural Information Processing, 2016  Organizing Committee
 
2013年3月
   
 
Frontiers in Computational Neuroscience  Editorial Board, member
 
2013年1月
 - 
2015年3月
日本神経回路学会  副会長
 
2010年4月
 - 
2013年12月
日本神経回路学会  理事
 
2011年
 - 
2016年11月
Asia Pacific Neural Network Society  Board of Governors, member
 
2011年5月
   
 
電子情報通信学会  ニューロコンピューティング専門委員会,委員
 
2010年5月
 - 
2011年5月
電子情報通信学会  ニューロコンピューティング研究専門委員会、委員長
 
2010年1月
 - 
2013年12月
Neural Networks (Elsevier)  Editorial Board, member
 
2009年5月
 - 
2010年5月
電子情報通信学会  ニューロコンピューティング研究会 副委員長
 
2008年9月
 - 
2009年7月
文部科学省  HFSP20周年記念式典等企画委員会 委員
 
2008年7月
 - 
2008年11月
International Conference on Neural Information Processing  Program Committee
 
2006年7月
 - 
2009年7月
Human Frontier Science Program  Grant Selection Committee, member
 
2003年4月
 - 
2007年3月
映像メディア情報学会  ヒューマンインフォメーション研究会 幹事
 
2002年3月
 - 
2011年3月
文部科学省  ヒューマンフロンティアプログラム国内連絡委員
 

受賞

 
2018年10月
日本神経回路学会 日本神経回路学会 優秀研究賞
受賞者: 蓮池正晴; 山根ゆか子; 田村 弘; 酒井 宏
 
2013年11月
Cognitive Science Paper Award ICONIP 2013
受賞者: K. Sakai & S. Michii
 
2006年5月
映像情報メディア学会 映像情報メディア学会 船井賞(技術賞)
 
1998年
日本神経回路学会 研究賞
 

論文

 
サルV4図地選好性細胞の受容野構造
木村, 耕治;山根, ゆか子;田村, 弘;酒井, 宏
電子情報通信学会技術報告   118(470) 181-185   2019年3月
Sakata, Yu;Kurematsu, Ken;Wagatsuma, Nobuhiko;Sakai, Ko
JOURNAL OF THE OPTICAL SOCIETY OF AMERICA A-OPTICS IMAGE SCIENCE AND VISION   36(2) 283-291   2019年2月   [査読有り]
Wagatsuma, Nobuhiko;Urabe, Mika;Sakai, Ko
Frontiers in psychology   9    2018年9月   [査読有り]
Analysis of real-world illumination -Lighting changes perception of specularity-
Mori, Yuito;Sakai, Ko
Journal of Science and Technology in Lighting   42 in press   2018年   [査読有り]
Hasuike, M.;Yamane, Y.;Tamura, H.;Sakai, K.
Lecture Note in Computer Science, Springer   9947 131-137   2016年10月   [査読有り]
Figure-ground (FG) segregation is a crucial function of the intermediate-level vision. Physiological studies on monkey V2 have reported border-ownership (BO) selective cells that signal the direction of figure along a local border. However, local ...
Kudou, K.;Sakai, K.
Lecture Note in Computer Science, Springer   9950 208-212   2016年10月   [査読有り]
Perception of the material quality of a surface depends on its reflectance properties. Recent physiological studies reported the neural selectivity to glossy surfaces in the Inferior Temporal cortical areas [e.g., 1]. In the present study, we exam...
Hatori,Yasuhiro;Sakai,Ko
JOURNAL OF THE OPTICAL SOCIETY OF AMERICA A-OPTICS IMAGE SCIENCE AND VISION   33(4) 527-537   2016年4月   [査読有り]
Sakai,Ko;Matsuoka,Shouhei;Kurematsu,Ken;Hatori,Yasuhiro
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   6 1685   2015年11月   [査読有り]
Hasuike,Masaharu;Ueno,Shuto;Minowa,Dai;Yamane,Yukako;Tamura,Hiroshi;Sakai,Ko
Lecture Notes in Computer Science   9490 617-622   2015年11月   [査読有り]
Sakai,Ko;Meiji,Ryoko;Abe,Tetsuya
VISION RESEARCH   115(B::SI) 188-198   2015年10月   [査読有り]
We investigated whether specular highlights facilitate the perception of shape from shading in a search paradigm and how highlights interact with shading to facilitate this perception. Our results indicated that stimuli containing highlights led t...
視覚皮質の相互作用が決定するBorder-Ownership細胞のダイナミクス.
Nobuhiko,Wagatsuma;Sakai,Ko
日本神経回路学会,全国大会,講演論文集   38-39   2015年9月   [査読有り]
Qiu,Wei;Hatori,Yasuhiro;Sakai,Ko
NEUROCOMPUTING   149(B) 546-558   2015年2月   [査読有り]
The perceptual constancy of shape, including view invariance, is an amazing property of the visual system. Cortical representation by the medial axis (MA) is an attractive candidate for maintaining the constancy of a wide range of arbitrary shapes...
A search for material representation in the cortex
Sakai,Ko
The Proceedings of Annual Conference of Japanese Neural Network Society   1(1) 42-43   2014年9月   [査読有り]
Hatori,Yasuhiro;Sakai,Ko
Journal of Optical Society of America, A   31(4) 716-729   2014年4月   [査読有り]
Construction of surface is a crucial step toward the representation of shape through the integration of local information. Physiological studies have reported that the primary visual cortex (V1) codes the medial axis ( MA) that is a skeletal struc...
Wagatsuma,Nobuhiko;Potjans,Tobias C.;Diesmann,Markus;Sakai,Ko;Fukai,Tomoki
PLOS ONE   8(12)    2013年12月   [査読有り]
Sakai,Ko
Lecture Notes in Computer Science   8228 291-300   2013年11月   [査読有り]
酒井,宏;Y.Hatori
Lecture notes in computer science   8131 327-334   2013年9月   [査読有り]
Physiological studies have reported that the intermediate-level visual area represents primitive shape by the selectivity to curvature and its direction. However, it has not been revealed that what coding scheme underlies the construction of the s...
Sparse representation in the construction of curvature selectivity in V4
Hatori,Y.;Mashita,T.;Sakai,K.
PERCEPTION   42(S) 149-149   2013年8月   [査読有り]
Wagatsuma,Nobuhiko;Oki,Megumi;Sakai,Ko
Frontiers in Psychology   4 1-17   2013年3月   [査読有り]
We investigated psychophysically whether feature-based attention modulates the perception of figure ground (F-G) segregation and, based on the results, we investigated computationally the neural mechanisms underlying attention modulation. In the p...
面表現に基づく情報統合により生起される曲率選択性
羽鳥,康裕;酒井,宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   112(480) 73-78   2013年3月
低次の視覚領野により符号化された局所的な情報を統合することにより,高次領野における複雑な形状に対する選択性が生成される.本研究は,低次の視覚領野(V1/V2)において生成される図方向情報(面表現)が局所的な方位情報の統合に寄与することを,計算論的アプローチにより検討した.モデルと生理実験の結果をsingle cell,populationレベルで比較したところ,モデルは生理実験の結果をよく再現した.これらの結果は,低次の視覚皮質において生成される面表現がV4細胞の選択性の生成において重要な...
自然画像における輪郭の対称性 : シンメトリーによる形状の皮質表現の探索(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般)
榑松, 憲; 酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   37(12) 13-16   2013年2月
ヒトが図地分離を行う過程で利用する特徴の一つとしてGestalt要因が知られている。いくつかのGestalt要因は先行研究で定量化され、その特性が検討されている。しかし、対称性は動物などのBiological Shapeや人工物にもよく見られる特徴であるが、定量的な指標が作られておらず、数理的解析も行われていない。本研究では、対称性に注目し、まず自然画像中の輪郭が幾何学的にどの程度対称であるかを示す指標として対称度を定義することを試みた。次に提案した対称度がヒトの知覚する「対称な度合」とな...
Surface-based construction of curvature selectivity from the integration of local orientations
Y.,Hatori and Ko Sakai
Lecture Notes in Computer Science   7663 425-434   2012年11月   [査読有り]
Structures of Surround Modulation for the Border-Ownership Selectivity of V2 cells
Y.,Nakata and K. Sakai
Lecture Notes in Computer Science   7663 383-392   2012年11月   [査読有り]
K., Sakai;H., Nishimura;R., Shimizu;K., Kondo
Neural Networks   33 257-274   2012年9月   [査読有り]
Determination of the figure region in an image is a fundamental step toward surface construction, shape coding, and object representation. Localized, asymmetric surround modulation, reported neurophysiologically in early-to-intermediate-level visu...
図方向知覚を生起する周辺変調構造のSVMによる数理的解析
中田, 悠介;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   111(483) 69-74   2012年3月
任意の点でBorder-Ownership(図方向)を決定することは、図地分離において重要なステップである。BO選択性を持つ細胞がサルの視覚皮質(V2,V4)において報告されており、そのメカニズムとして周辺変調が提案されている。しかし,自然画像のように複雑で多様な形状に対して、単一の細胞が正確で冗長なBO判断をすることは困難で,複数の細胞が協働していると考えられる。本研究では、どのようなBO選択性細胞が何個程度あれば自然画像に対して高い識別率を示すことができるのかをSupport Vect...
複数のGestalt要因による図方向知覚促進(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般)
松岡, 昭平;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   36(13) 13-16   2012年2月
図方向知覚の手掛かりとして、Gestalt要因が知られている。先行研究では、自然画像の局所的輪郭に含まれるGestalt要因のうち、凸性および閉合性がそれぞれ図方向知覚を促進することが示唆された。しかし、混在する要因の相互作用が図方向知覚に及ぼす影響は知られていない。そこで本研究では、凸性、閉合性が相互作用して図方向知覚に及ぼす影響に関して、心理物理学的に検討する。具体的には、自然画像を対象にして凸性と閉合性を定量化した指標により局所的輪郭刺激を選定した。それを用いて図方向を答える心理物理...
Sakai, Ko;Ogiya, Mitsuharu;Hirai, Yuzo
JOURNAL OF THE OPTICAL SOCIETY OF AMERICA A-OPTICS IMAGE SCIENCE AND VISION   28(7) 1445-1452   2011年7月   [査読有り]
皮質V4領野における形状表現の符号化方式の研究(視聴覚技術,ヒューマンインタフェース)
益田, 達朗;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   35(16) 97-100   2011年3月
本研究は、V4が行っている符号化方式がSparse Codingであるという仮説を提示し、これを検討することにより、V4における神経細胞の受容野特性の本質的理解を目的とする。仮説検討のため、V4にコネクションを持つ視覚野の受容野特性を考慮した画像patchを、Sparse Codingモデルへの入力としてシミュレーション実験を行った。V2の受容野特性を考慮した実験では、V4受容野特性に類似した特定の曲率を持った曲線に反応を示す構造を持つ基底が生成された。この結果より、V4が行っている符号化...
Medial Axis for 3D Shape Representation
W.,Qiu and K.Sakai
Lecture Notes in Computer Science   7062 79-87   2011年1月   [査読有り]
中心軸による3次元形状の皮質表現(一般及び雑音を有効利用する神経系やそのモデル)
裘, 為;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   110(388) 81-86   2011年1月
皮質における物体形状の表現形式の理解は、視覚における最も重要な問題のひとつである。霊長類では、初期視覚皮質(V1)の神経細胞によって、2次元形状が中心軸(Medial Axis)によって表現されていることが示唆されている。さらに、両眼融合はV1から行われ、それを基に高次視覚野において曲面を基にして3次元形状が表現されることが報告されている。したがって、視覚経路の早い段階において、左右の網膜像から面を表現する2次元中心軸がそれぞれ計算され、それらが視差に基づいて融合されて3次元中心軸が算出さ...
研究最前線---ニューロコンピューティング
花沢明俊;酒井, 宏;三浦健一郎
電子情報通信学会,情報・システムソサエティ誌   15(4) 16-17   2011年1月
中心軸による3次元形状の皮質表現(一般及び雑音を有効利用する神経系やそのモデル)
裘, 為;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   110(387) 81-86   2011年1月
皮質における物体形状の表現形式の理解は、視覚における最も重要な問題のひとつである。霊長類では、初期視覚皮質(V1)の神経細胞によって、2次元形状が中心軸(Medial Axis)によって表現されていることが示唆されている。さらに、両眼融合はV1から行われ、それを基に高次視覚野において曲面を基にして3次元形状が表現されることが報告されている。したがって、視覚経路の早い段階において、左右の網膜像から面を表現する2次元中心軸がそれぞれ計算され、それらが視差に基づいて融合されて3次元中心軸が算出さ...
図方向選択性細胞が導くゲシュタルト要因の定量評価(脳活動の計測と解析,一般)
近藤, 慧一;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   110(149) 57-61   2010年7月
ヒトの視覚処理において,図地分離を行うメカニズムとして知られているのがBorder-Ownership(図方向,BO)の存在である.BO選択性を持つ細胞がサルの視覚皮質(V2,V4)において報告されている.周辺変調に基づくBO細胞の計算論的モデルも提案されている.心理物理学的には,輪郭の凸な部分や平行な部分の内側を図として判断する傾向がゲシュタルト要因として知られている.周辺変調モデルも凸や閉合方向を図として判断する傾向を示していた.本研究では平行性・近接性・類同性の数学的定量化を試み,こ...
Representation of shape by medial axis in cerebral cortex (ヒューマンインフォメーション 立体映像技術)
Quiros-Ramirez,Maria Alejandra;Hatori,Yasuhiro;Sakai,Ko
映像情報メディア学会技術報告   34(11) 1-4   2010年3月
Daily life presents us with a wide variety of shapes that we recognize immediately even if the figures are occluded partially. Physiological studies with macaques suggested the presence of Medial Axis (MA) transform for shape coding in the cortica...
3ZN-7 輪郭の同期/非同期による形状知覚の変調(情報爆発時代におけるビジュアルデザイン,学生セッション,「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会)
松本, 隆二;酒井, 宏
全国大会講演論文集   72(5) -153   2010年3月
3ZN-5 特徴注意による図方向知覚の変調(情報爆発時代におけるビジュアルデザイン,学生セッション,「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会)
沖, めぐみ;我妻, 伸彦;酒井, 宏
全国大会講演論文集   72(5) -149   2010年3月
特徴に基づく注意が果たす図方向知覚変調効果
我妻, 伸彦;沖, めぐみ;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(461) 379-383   2010年3月
特徴に基づく注意が、図方向知覚に重要な役割を果たすborder-ownership選択性細胞の反応変調に果たす役割を検討した。生理学に基づいた計算モデルを構築し、運動方向により図地が分離される暖昧図形を用いた心理物理実験と比較した。モデルは、心理物理実験で示されたヒトの図方向知覚に対する特徴に基づく注意の影響を定量的に再現した。これらの結果は、注意が初期視覚野へ作用する事により、図地分離や形状知覚に重要な役割を果たす事を示唆する。
3ZN-2 オブジェクトの配置が人に与える印象の定量的評価(情報爆発時代におけるビジュアルデザイン,学生セッション,「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会)
山崎, 翔;酒井, 宏
全国大会講演論文集   72(5) -143   2010年3月
3ZN-6 周辺変調効果によるゲシュタルト因子検出の定量的評価(情報爆発時代におけるビジュアルデザイン,学生セッション,「情報爆発」時代に向けた新IT基盤技術,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会)
近藤, 慧一;酒井, 宏
全国大会講演論文集   72(5) -151   2010年3月
Roles of Early Vision for the Dynamics of Border-Ownership Selective Neurons.
N., Wagatsuma;K., Sakai
Lecture Notes in Computer Science   6443 99-106   2010年1月   [査読有り]
運動方向に基づく特徴注意が図方向知覚に及ぼす変調
沖, めぐみ;我妻, 伸彦;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(333) 1-6   2009年12月
我々が物体を知覚するとき,視野中の物体位置を判断しそれらを背景から分離する図地分離が行われる.図地分離の中でも,図が輪郭のどの方向に存在しているかを知る図方向知覚は最も注目される過程である.この図方向知覚は多義図形などで知られるように,空間的注意によって変調される.本研究では,特徴注意が図方向知覚を変調するかどうかを検討した.具体的には,ある運動方向に注意をむけたとき,その運動方向をもつランダムドット群によって構成される領域が図として知覚されやすくなるかを,心理物理学的に検討した.実験の結...
形状知覚に輪郭の同期が与える効果(視聴覚技術,ヒューマンインターフェース)
光岡, 亜弥;羽鳥, 康裕;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 41-44   2009年3月
形状知覚のメカニズムとして注目されているものに、一次視覚皮質(V1)における物体形状の中心軸表現と神経細胞の同期発火がある。同期に関する研究は主に電気生理で進んでいるが、同期の形状知覚過程への直接の寄与は未だ明らかになっていない。本研究では、異なる同期率で点滅する輪郭で構成された刺激を用いて、図方向知覚に対して同期が与える効果を心理物理実験により検討した。実験の結果、同期率の高い刺激に対して図知覚が促進されることがわかった。また、刺激の形状の違いによる図方向決定の変調に差はなく、形状によら...
Sparse Codingを制約としたV1受容野情報表現モデルの統計的評価(視聴覚技術,ヒューマンインターフェース)
廣瀬, 義崇;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 33-36   2009年3月
本研究ではV1細胞が周囲変調を含めたときに,その情報表現がSparse Codingになるかどうかを議論していく.係数分布のSparseness(まばらさ)を観察するため,尖度,KL距離という統計量に注目して周囲変調モデルと古典的受容野モデルの係数分布の比較を行なった.その結果,尖度は高くないが,KL距離からは従来モデルに近い係数分布を形成することが確認された.そこで,係数分布の尖度向上の可能性を検討するため,コスト関数においてSparsenessを規定する非線形関数の変更を考えた.その結...
特徴に基づく注意が図方向知覚に及ぼす影響 : 運動方向への注意を用いた心理物理学的アプローチ(視聴覚技術,ヒューマンインターフェース)
沖, めぐみ;我妻, 伸彦;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 37-40   2009年3月
ヒトが物体を知覚する際、どこに物体があるのかを判断しそれらを背景から分離する図地分離が行われる。図地分離の中でも、図がどの方向に存在しているのかを知る図方向知覚は最も注目される過程である。この図方向知覚に空間的注意が影響を及ぼすことが示されている。これを踏まえ本研究では、特徴に対する注意が図方向知覚に影響を及ぼすかどうかを心理物理学的に検討した。まず、ある運動方向に注意をむかせた。その直後に、その方向と、それに直行する方向に運動するランダムドット群によって構成する領域が形成する多義図形を呈...
Border-Ownership決定に関する初期視覚野への注意が果たす役割
我妻, 伸彦;清水, 亮平;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(480) 165-169   2009年3月
初期視覚野への注意が、図方向知覚に重要な役割を果たすborder-ownership選択性細胞の反応変調に果たす役割を検証した。生理学的に忠実な計算モデルを構築し、図方向があいまいな図形を用いた心理物理実験と比較した。モデルは、心理物理実験で確認されたヒトの図方向知覚への注意の影響を定量的に良く再現した。これらの結果は、図地分離や形状知覚に、初期視覚野への注意が重要な役割を果たすことを示唆する。
同期発火に基づく中心軸による物体形状の符号化
羽鳥, 康裕;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(480) 153-157   2009年3月
頑健な形状認識能力の実現において,物体形状の符号化は特に重要な役割を果たす.サルを用いた近年の生理学研究により,物体形状は初期視覚皮質(V1)において中心軸によって符号化されていることが示唆された.本研究では,V1による中心軸表現を実現するためのメカニズムを計算論的アプローチにより検討した.そして,図方向選択性細胞の同期発火により,物体形状を中心軸で符号化することが可能であることを示した.さらに,得られた中心軸表現から任意の物体の概形を復号可能であることを示した.
視点光源画像からの3次元形状知覚 : ハイライトの機能(視聴覚技術,ヒューマンインターフェース)
村上, 友佳子;酒井, 宏
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 77-80   2009年3月
本研究では,視点に点光源をもつ画像中に生じるハイライトに注目して,これからの3次元形状知覚について,心理物理学的に検討した.具体的には,視点光源と上方光源のそれぞれについて,知覚される3次元形状の確度(accuracy)と信頼度(confidence)を求め,ハイライトの有無による差異を検討した.その結果,ハイライトは信頼度を上げるが,確度は上がらないことが判った.この結果は,ハイライトは3次元形状を正しく知覚することよりも,形状を一意に知覚することを促進することを示す.このことは,ハイラ...
周辺変調を起源とする図方向選択性が導くGestalt要因
青野, 健介;清水, 亮平;酒井, 宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(480) 171-175   2009年3月
サルの初中期視覚野において,Border-Ownership(図方向)に選択性を示す細胞が報告されている.このBO選択性は,周辺変調によって生じることが,計算論的研究によって示唆されている.周辺変調に基づくモデルを自然画像100枚(Berkeley Segmentation Dataset)に適応したところ,約70%の正答率を得た.自然画像の輪郭に対して,凸性・平行性といったGestalt要因を算出し,モデルの反応と比較したところ,その内側を図として判断する傾向が認められた.ヒトに同一の自...
Robust detection of medial-axis by onset synchronization of border-ownership selective cells and shape reconstruction from its medial-axis.
Y., Hatori;K., Sakai
Lecture Note in Computer Science (ICONIP 2008)   5506 301-309   2009年1月   [査読有り]
There is little understanding on representation and reconstruction of object shape in the cortex. Physiological studies with macaque suggested that neurons in VI respond to Medial-Axis (MA). We investigated whether (1) early visual areas could pro...

書籍等出版物

 
感覚・知覚の科学
内川恵二編;+酒井, 宏
朝倉書店   2008年10月   
面知覚の基礎としての境界所有の皮質メカニズム
酒井, 宏 (担当:監修)
日本神経回路学会誌   2007年1月   
ヒューマンインフォメーション
塩入, 諭;酒井, 宏;井上哲理;小峯一晃;新井啓之 (担当:監修)
映像情報メディア学会誌   2006年8月   
ブレインサイエンスレビュー2007
伊藤正男・川合述吏編;+酒井, 宏
クバプロ(株)   2006年1月   
ヒューマンインフォメーション
塩入諭;酒井, 宏;井上哲理;小峰一晃;新井啓之 (担当:監修)
映像情報メディア学会誌   2004年8月   

講演・口頭発表等

 
自然光景における図地分離の局所的手掛かり
碓氷隼也;酒井, 宏
日本視覚学会 冬季大会   2019年1月29日   
覚醒感情による色知覚の変調
柴田紀代;酒井, 宏
日本視覚学会 冬季大会   2019年1月29日   
Receptive field structure of border ownership-selective cells in response to natural images.
酒井,宏
平成30年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会   2019年2月21日   
サルV4図地選好性細胞の受容野構造
木村, 耕治;山根, ゆか子;田村, 弘;酒井, 宏
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会   2019年3月5日   電子情報通信学会
対称軸への順応---形状とパターンの相互作用
坂田結衣;酒井, 宏
日本神経回路学会,全国大会   2017年9月20日   日本神経回路学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
被虐待児童へのアートセラピーの適応:認知神経科学による現象理解と有効なアートワークの提案
公益財団法人 三菱財団: 平成30年度 三菱財団助成金
研究期間: 2018年10月 - 2020年3月    代表者: 酒井 宏
皮質における形状表現の形成 - 図地分離と物体の中間表現
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 酒井 宏
視覚数理モデル構築のための基盤プラットフォーム開発
理化学研究所: INCF日本ノード Visiome PF
研究期間: 2017年3月 - 2018年3月    代表者: 山口陽子
神経情報処理国際研究集会
国立研究開発法人 情報通信研究機構: NICT 国際交流プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 酒井 宏
近距離通信センサの受信距離拡張と位置情報
総務省: SCOPE
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: マウリシオ・クグレ
視覚モデル構築のための協調的環境に関する研究
東北大学電気通信研究所/共同プロジェクト: 
研究期間: 2013年4月 - 2019年3月    代表者: 酒井 宏
疎表現に基づく質感と3次元形状の同時推定
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 酒井 宏
質感からの3次元形状知覚
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 酒井 宏
形状の知覚と皮質表現
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 酒井 宏
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト「視覚認識機能のモデル実現のための協調的システムの研究」
国内共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 塩入 諭
自然画像における形状認知:注意による領域・物体の選択
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 酒井 宏
内視鏡画像からの3次元構造理解を目的とする心理物理的・計算論的研究
富士フィルム(株): 企業からの受託研究
研究期間: 2009年1月 - 2009年3月    代表者: 酒井 宏
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト「視覚情報の脳内表現に関する研究」
国内共同研究
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 塩入 諭
高い頑健性を実現する形状認知とその形状表現メカニズム
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 酒井 宏
図地分離を導く因子の同定とその皮質メカニズムの解明               
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 酒井 宏
形状知覚の神経メカニズムに基づく自然画像を対象にした図地分離アルゴリズム
財団法人大川情報通信基金研究助成: その他
研究期間: 2006年9月 - 2007年8月    代表者: 酒井 宏
財団法人大川情報通信基金研究助成
面知覚を基礎とする情報の選択と表現
ブレインサイエンス財団寄付金: その他
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 酒井 宏
面知覚の皮質メカニズムを生理学的に忠実な計算論的モデルとして提案する。 ブレインサイエンス財団寄付金
物体属性の知覚における特微詳化と刺激文脈依存性-心理物理学的・計算論的研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 酒井 宏
物体認識過程と3次元知覚過程の分離・統合機構解明の心理物理学的・計算論的研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 酒井 宏