小室 広昭

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/21 11:49
 
アバター
研究者氏名
小室 広昭
 
コムロ ヒロアキ
学位
博士(医学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 人間総合科学研究科 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻 准教授
 
1991年
 - 
1993年
 東京大学医学部附属病院 医員・助手
 
1993年
 - 
1996年
 St.Jude Children's Research Hospital 留学
 
1996年
 - 
1997年
 埼玉県立小児医療センター
 
1997年
 - 
2000年
 自治医科大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
小切開・鏡視下手術学会  評議員
 
2009年
   
 
日本再生医療学会  評議員
 
2006年
   
 
日本小児がん学会  評議員
 
1993年
 - 
1994年
日本小児外科学会  評議員
 
2009年
   
 
日本小児泌尿器学会  評議員
 

受賞

 
2005年
川野小児医学奨学財団第16回研究助成金
 

Misc

 
Pediatric Surgery International   Epub ahead of print   2010年
TATEKAWA Y., KOMURO H., KANEKO M., IKADA Y.
Journal of Surgical Research   160(1) 114-121   2010年
Journal of Pediatric Surgery   in press   2010年

書籍等出版物

 
Tissue engineering and regenerative medicine for treatment of congenital birth defects
Nova Science Publisher   2010年   
乳ビ胸・乳ビ腹水に対する内視鏡手術:漏出部位がわからなかったらどうする?
小児外科   2010年   
先天性奇形に対する多孔質材料を用いた膀胱・横隔膜の再生
化学工業   2010年   
二分脊椎の胎内治療
小児外科   2009年   
Cancer stem cell in neuroblastoma: Diagnostic and therapeutic implications
Nova Science Publisher   2008年   

Works

 
難治性小児固形腫瘍の根治を目指した腫瘍幹細胞標的療法の開発
2004年
生体材料を用いたtisssue engineeringの小児外科疾患への応用
2000年
自己組織再生用コラーゲンスポンジを用いた食道の再生
1999年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
羊膜上皮細胞の神経分化誘導による再生医療の開発
研究期間: 2001年   
小児外科疾患に対する幹細胞を用いた新たな治療法の開発
研究期間: 2002年   
小児固形腫瘍における腫瘍幹細胞の研究
研究期間: 2005年   
神経芽腫における血管新生に関する研究
食道の再生実験