諸坂 成利

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:41
 
アバター
研究者氏名
諸坂 成利
 
モロサカ シゲトシ
eメール
morosaka.shigetoshinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
法学部総合科目
職名
教授
学位
修士(文学)
科研費研究者番号
40220107

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年
早稲田大学 文学部 文芸
 
 
 - 
1991年
早稲田大学 大学院 文学研究科 英文
 

委員歴

 
2013年10月
   
 
日本ホイットマン協会  副会長
 
2013年6月
 - 
2015年6月
日本比較文学会  理事
 
2013年6月
 - 
2015年6月
日本比較文学会  東京支部事務局長
 
2009年10月
 - 
2013年10月
日本ホイットマン協会  幹事
 
2009年6月
 - 
2013年6月
日本比較文学会  本部事務局長
 

受賞

 
2010年5月
平成22年度国際文化表現学会学会賞 『中島敦「古譚」講義』(彩流社)
 
2005年6月
日本比較文学会 第九回日本比較文学会学会賞
 
2005年5月
国際文化表現学会 第一回国際文化表現学会学会賞
 

論文

 
ブリューゲルの「バベルの塔」とボルヘスの「バベルの図書館」――《土(アダーマ)》と《人(アーダーム)》との切り離し、あるいは《発狂》のなかの《真実》、《真実》のなかの《発狂》――
諸坂成利
桜文論叢   97 1-30   2018年3月   [査読有り]
メタフィクションの不可能性――志賀直哉「小僧の神様」について――
諸坂成利
『桜文論叢』 ジョン・B・パワー先生古稀記念号   91 171-197   2016年2月   [査読有り]
エドガー・ポオ「盗まれた手紙」における誤訳から――Prudenceについての一考察――
諸坂成利
『桜文論叢』   87    2014年10月   [査読有り]
“The Sleepers”について――文学研究、そしてホイットマンと仏教、特に華厳経の「一即多」から――
諸坂成利
日本ホイットマン協会『ホイットマン研究論叢』   29 1-13   2013年9月   [査読有り][招待有り]
ホイットマン研究の可能性
日本ホイットマン協会『ホイットマン研究論叢』   26 1-15   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
ホイットマンにおけるPrudence――日本ホイットマン協会創立50周年を記念して――
諸坂成利
ホイットマン研究論叢   31    2015年9月   [査読有り]
原作者に《なる》――ボルヘス「『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール」から――
諸坂成利
井上健編『翻訳文学の視界 近現代日本文化の変容と翻訳』      2012年1月

書籍等出版物

 
中島敦「古譚」講義
彩流社   2009年11月   ISBN:978-4-7791-1494-6
虎の書跡―中島敦とボルヘス、あるいは換喩文学論
水声社   2004年12月   
Basic Word List for High School Students
進学教育研究社   2003年6月   

講演・口頭発表等

 
ホイットマンにおける《慎重さ》について――“Song of Prudence”から、あるいはトマス・アクィナスの存在論をめぐって――
諸坂成利
日本ホイットマン協会第52回創立50周年記念全国大会   2014年10月25日   日本ホイットマン協会
“The Sleepers”について [招待有り]
諸坂成利
日本ホイットマン協会第50回記念全国大会   2012年10月27日   日本ホイットマン協会
比較文学の再生――小林秀雄、あるいは文学研究における非対象性について [招待有り]
諸坂成利
日本比較文学会北海道大会   2012年7月14日   日本比較文学会北海道支部
中島敦における《文字》、あるいは近代批判について
諸坂成利
中島敦の会   2011年11月12日   中島敦の会
ユートピアと比較文学
日本比較文学会東北大会シンポジウム「ユートピア文学はどこにあるのか」   2010年12月4日   日本比較文学会東北支部